2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

よくぞしてくれた、地味めの紅白、

此の星の神と共に、ありがとう(でも千や秋川が・・・

ま―だやらかすつもりかい、ええ、

あ そう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月30日 (日)

人間が嫌がっていることを押し付けて、

平気でこの年月、星仕切る神として威張り続けて来た此の星の神、これから少しは何とかしてね、ボン・ジョヴィも叫んでいる!

労働組合。

その組織率の低下は、他国の労働者を同じ労働者として搾取して憚らない、帝国労働者の嫌らしさ躍如たるものがある。帝国の労働者よ、君達は自分達の生活が良くなりさえすればいいのか?滓のような生活で他国の労働者に鉄や石油を掘らせて、自分達ばかり、自動車を乗り回していていいのか?無論結局は人類の全体に生活物資生産の労働を仕向けたことになる、此の星の神がそれを決して許さぬから、例えば日本が二回の大震災で打ち据えられたのである!

しかし堕地獄責め苦(

既に阪神・淡路、東日本の被災死亡者が実体験しているところの)は、多くの金持ちが回避した労働負担と対応していて、無論単なる言葉ではない、半端でなく苦しい実際の感覚体験である、金権主導の政治家ばらも無論、免れ得ぬところの。そこで贅沢ボケの国民の反発に負けずに、反って増税デフレの耐乏生活(それでもお隣中国人の何倍もの生活水準だ)を引き受けさせ、財政赤字という一国経済の膿を出し切らせる、大政治家よ、此からでも続々現れ出よ!

金権の本質。

税負担なしの公共便益の要求は、税対応の金銭稼得の労働を回避して便益だけは得る、という、一般人の労働忌避の本音を示して余りあり、神への反抗者達が密かに一般人の心へと仕掛けるものなのである。こうして神の人間への労働の仕向けの不適合故の矛盾は決して解消されることなく、神への星全体の根本改造を暗々に要求して、行き着くところまで行き着くであろう。つまり、次なる震災も殆ど必至、ということだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月29日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

小泉潰し党員で固めた(

脆弱総理に漬け込んでの)再度の居直り震災シカト内閣により、数年後のM9.0以上は確定した。皆、覚悟を決めなさい。特に居直る者達は、その際の堕地獄責め苦に覚悟を決めなさい!

2012年12月28日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月27日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月26日 (水)

思いつき

我が心の外なる他者と広く仲良くして顔を広くするか、内なる絶対理想と仲良くして顔を長くするか、だ。 三人よっての文殊の知恵も、一人の邪鬼の悪知恵によって破壊されるようなことが、此の星ではザラに有り得る!

ドサ回り。

都会人の田舎の百姓への恩返し、これを多くがドンドンしたがらなくなったこども、震神の御不興の種だったのかも知れない!

超神。

内部で、初期神からの無償無媒介非神(非神に観念としては媒介されても現実には媒介されない)無限弁証法を反芻して。理由のある非神反抗もロクに弁証法的に止揚出来ない、此の星の初期神から限りなく遠く。此の星の神は早く、人間を先ず、遊びたいだけ遊ばせて上げられる星に此の星を造り変えてみよう!

本来超神。

人間はこの世に生まれて来て、気に食わない親や教師の向こうの星仕切る神に向かってまで)、その扱いを批判して、時間を超えた、そしてこの世もあの世もない闘争に、しかも独りで入れる可能性だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月25日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月24日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月23日 (日)

ショスタコーヴィチ、東日本等の主神、

と共に、甦れ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月22日 (土)

冬至りなば春遠からじ。

まだ日中は暖かいと思っていたうちに、流石に寒くはなってもこれからは、日は長く、高くなるばかりだぞ!

言っているその反対を実践すると

役に立つ人達を世間は、引き続き役に立てて下さい、今回も看板と反対の自らの不幸を実現した。ついでに国家は選挙荒らしへの特別徴税なんぞで、彼等のしこたまの悪銭を国家財政のための良銭として費消してやることも!

小泉潰しが東日本の

伏線だった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月21日 (金)

何やってんだ―?

仕事サボってパソコンゲームやってんだ―!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月20日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。しかし此の星の神は出来ることなら、自分に時間を超えて反抗することとなった彼等を此の星の本当の魂の尊貴者、幸福者と宣言し、かつこれから彼等がこの年月此の星一体の貢献者であったと同じことになるように彼等に向かって低頭御奉仕し、彼等に魂として、超神的に匹敵、する努力(自然改造その他)をしなさい!

2012年12月19日 (水)

震神は自分が完璧な始末をも

考えている社会の、怖い奴らの側で信者を働かせて稼がせ自分は斜に構える悪癖副神にしてはならなかった。それは同じく星仕切る神々の世界の大いなる嘆きでもあろう!

震神様、あなたの子飼いの傍観副神様等

と違い、自分は一人でも二人でも貴方様の御手数を煩わせぬ努力を致しますので、その節には特別賞を恵んで頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。ついでながら貴方様のこれからの同じく星仕切る神々様の世界での処遇を思い、傷み入るばかりで御座います!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月18日 (火)

復興金権期待の

大当選であろう。然るに被災を国内全体で引き受けて耐乏生活に入れ、というのが震神の求めなのだから、ビタ一文の復興債金権もせず、阪神・淡路後の震神の神経逆撫での、焼け太り、のようなことにしてはならない。自民党は反って心を鬼にして他民族も引き合いに出してその断行をする政党であれ。また出来ることなら他党も大同団結してそれをする政党であれ!

不具の想像的体験を

を誰もしたがらない。それが行き着けば行き着くほど、自分が不具として体験するのと同等になるからだ。しかしそれだけにそれをあえて苦労してすることは、それぞれの心の愛を超神のそれへと深めるものとして、いと価値高きことである!

副神政党は主神による震災直後に

正しい状況判断もなく再び議会選挙に打って出るなどして予想通り惨敗を喫した。此の星にはそんな主神・副神しかいないから、皆、諦めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月17日 (月)

増税民主党への国民的ソッポが

阪神・淡路後の金権居直りの、東日本後の繰り返しとして、数年後の三度目の震神行使による日本壊滅を殆ど確定的なものとした。ついては安倍新総裁があの阪神・淡路後の大改革者小泉の息のかかった者と信じて、一縷の望みをつないで置きたい!

美味の食糧。

額に汗して食糧生産その他に励んだ者の口に入ってこそ、此の星の神の考える真の美味だ。安楽遊興志向の消費者の口に受ける美味はそのような真の美味ではない。また一切芸術の美もそれに呼応して、此の星の神の考える、真の美だ!

遊興産業は

一時の余外の物資・金銭の獲得で釣って、最終的に客に金を吐き出させて虚しい思いをさせる、震神の認めぬ悪徳産業だ。学校時代のやんちゃ出身が主に始める、そして無論、東日本にもはびこったところの!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月16日 (日)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月15日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月14日 (金)

労働者の政党を

無論、震神主神は御望みである。金権居直りの政党や半端な維新政党は諦めなさい。また今回も身に付かないのが道理のその悪銭を放擲することになるであろう、宗教政党も諦めなさい。 ミサイルを打った北朝鮮は早く、周囲のそれでも未だ温かい視線の下その国家やんちゃ、を止めにして、普通の改革開放国家に生まれ変わり、御国の天地をも鎮め、この後の餓死惨状等を免れなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。 魂が自分の非を認めぬことが時間を超えるという絶望を此の星の神が実現した(人間の多くの安楽生活の願望を受け容れず、生活物資共産労働を強いて来た)。こんな神には、受ける方が抱懐する虚無の思いに耐えながら、形、言うことを聞くのが、魂として極々賢いことだ!

2012年12月13日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月12日 (水)

此の星の神の御望み のように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月11日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月 9日 (日)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月 8日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月 7日 (金)

増しな神ならば、

10年もキツく盾を突かれれば、自分の扱いの方に問題があると判断する。非神の身になるからである!

スーパーナンキンムシから北朝鮮まで

この世界にこの手の存在の仕方をしてしまっている者達には、やたらの駆除・抑圧は、さらなるスーパー衝動をそそり立てるだけということになるであろう!

こいつへの愛情。

実の親や実の兄弟より、ゲー・センの兄貴の方が余程いいというやつがざらにいる。こいつへの愛情がこのように逆転している。極限では、理解者は内なる本来の自分だけで、形は絶対孤独、ということにもなるだろう。此の星では誰も神も秘めたる超神程の愛情を開発し得ていない。がしかし、辛うじてその秘めたることだけを確信して何時も笑っていよう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月 6日 (木)

無々。

全ては現れ出で(存在)全ては終わる(無)、全てを現し出し全てを終わらせる、全てとして現れ出で全てとして終わる。無々の観・作・行。永遠回帰。憐れ無能な神も!

アトランティス以後のギリシャ史は、

可及的に人間に罪ということを忘れさせるべく、成員を選んでの明るく健康的な文化営為だったと言われるが、平行したオリエント史は人間の罪深さが繰り返し噴出し続けるような営為となった。罪深い人間現実から目を逸らすのも別種の罪であろう。そこでギリシャ史も終末期にはソクラテスの死に象徴される人間の罪を目の当たりにせざるを得ない、諸々の悲劇の誕生の時節となり終わり、オリエント由来のキリスト教の支配になるその後の西洋史に回収されて行くことになった。然るにそのキリスト教の教義こそ、自体継続する歴史の未来に何ら明るい展望持てぬものとして西洋を呪縛してしまったのである。近代のルネサンスによる反抗も、マルクス主義による反抗もあえなく、未だに西洋の全体を大呪縛していることは間違いない。これもルシファ―等に長く反抗を継続させてしまった此の星の主神の失態の最たるもの、と言わねばならないであろう!

原始生態系の追っての部分人為改造は、

原始本来の生物性行の強制変革と宿る生物霊体の彼等に同通する悪霊化を促して来たかに思われる。無論このような事態は、西洋の方に夥しい!

何でも社長・自惚れ校長(主神)、

何にも専務・ベンチャラ教頭(副神)、 造反遣手部長・中堅教師(彼等)、何時の日かの超社長・超校長の出現、を夢見て!

害虫は困難な遺伝子組み換えが

がその極め付けの対策だ、と自分が遠の昔に言ってるだろ。因みに害虫も、神系の因果害虫と、彼等系の害のための害虫に分極しているかに想定される!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。しかし、帝国の周りの自然を造り変えよ(生活物資の一切がニュートンのあの林檎のように恵まれるならいいよなあ)、人間身体も造り変えよ(パクパク食っても決してメタボならない身体ならいいよなあ)、というのが反抗者達の法外にして恐らく正当な要求(全世界が、全世界には取りあえず不可能な帝国並みの生活を欲していようから)である。此の星の神は出来ることなら(その能力につき限りなく無神に近い無能神、と評して早くに自分達は本来は超神、の認識を獲得して来た者も多いので)、この先何らか、宜しく御願いします!

2012年12月 5日 (水)

美味の食糧生産

(自分達及び同じく額に汗して働く仲間へ向かっての)という核なる集団芸術、それを他の一切の芸術が呼応して誉め称え、一人一人胸に、神同等の全体を思う深い愛を、一年、一年、と満ち満ちさせて貰える筈だった。此の星の神の見果てぬ夢。それがこのように現であるそのことを憐れみ、その夢をこれからでも見了せて上げんとする者は現れ出ないのか!

国民皆が粗末な食糧を作って

食っているだけの経済に出来るだけ戻して出直す積もりなら、財政赤字解消も、他民族支配解消も直ぐに出来る。食糧生産を一昔前の低度生産(余計な生産財不用の)にシフトさせながら、非食糧部門・食糧生産財(食糧高度生産には必要だった)部門の余剰労働者を食糧部門にシフトさせればいいわけなのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。帝国国民よ、君達に支配されている非帝国国民(例えば中東諸国国民)は、君達の何分の一、何十分の一の生活になっている。それだから先ず財政赤字解消分の税金を自主的に幾らでも払って、現状に或いは憂え、或いは憤っている神やその神を信ずる政治指導者を幾らでも喜ばせなさい!

2012年12月 4日 (火)

安倍氏はもっと増税でもいい位なのに、

公共事業は増やすんだなどと言って、国民に甘くて駄目だ。豪志で何時か仕切られることを展望して、民主党だ!

石油は中東に鉄はブラジル・印・豪に

依存している。それが中東、ブラジル・印は比較にならない低賃金になっている。そこで遠隔のブラジルはこの際止め、中東・印の賃上げを誘導し、先進三極中の先駆けとして、自由共産共栄圏を作るんだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。因みに、食糧生産が核の一定量の物資生産の機械化による全体的寡労生産(その機械製造までに及ぶ)恐らく幾らでも追求出来る(その極限が全体的自動生産)。また地震は科学法則的帰結で生起の定点・定規模を恐らく、神霊が介入して最終調整している。また核ミサイルの撃ち合いを全体的に掣肘する天変地異も恐らく起こせる筈だ!

2012年12月 3日 (月)

非食糧生産企業は食糧生産者に先ず

製品を確実に売って、全体経済を安定ならしめよ。一方自由主義憲法一般の、公共の福祉、なる人権抑制概念は、自由共産化された全体経済の安定・発展、というように解釈する!

無駄な公共工事は

手抜き工事として連鎖しかねないぞ。早く悔い改めて、この後のさらなる、国土垂直交通、を免れんことを!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年12月 2日 (日)

ヴァイオリンは既に人間の精神を

限定的に選択してしまっている。現在の悲しい音楽現実だ。芸術は精神の普遍を目指してこそ高まるのだから。つまり魚屋も演奏家も全く分け隔てのない社会であってこそだ。また社会をそうあらしめるべく努力する者とその努力を阻む者との対立の止揚あってこそだ。また、芸術は単なる曲芸の次元に止まってはならない筈だから!

芸術はそれを

誰が用いようとしたかを考えることなしに、その価値評価が意味を持つことになるだろうか?

食物連鎖。

生態系の原理としての犠牲の愛の連鎖。がしかし、人間世界内部の犠牲的関係は神は認めてはいまい!

民族の縄張り。

西暦紀元位にほぼ定まっているぞ。徒らに犯すなかれ。東アジアなら、極東ロシア・蒙古・満州・朝鮮・日本・漢・南蛮!

絶対矛盾的自己同一。

勝負の世界で引き分けになることを願っているという。 互いの勝負の結果は、年に十回もやれぱ、ほぼ、十勝、か、五勝五敗、か、十敗、かに最初から決まっている!

警察も政治経済という

人間本体の営みに付属している。その自覚が大事であろう。その自覚から正しい使命感も生まれ出る。そして同じように警察サスペンスもだ!

政治が悪いと一億総玉砕覚悟、の

憂き目にこの日本でもほんの数十年前に合わされている。引きこもりがちの弱者だって幾らだっていただろうし(そう言えば大江さん、でもこれも決めつけかもね)。そんなこんなで政治指導者が駄目なのは、彼等自体を指導する聖人君子や神仏が駄目なのである。自分等が、本来は超神、であるというた私の定立、が多くの方によく分かって頂けたであろう。一人一人自分でしっかりするんだ!

副神隆ちゃん、既に世間は

君の政党を泡沫政党扱い、事前に立候補を取り下げた方が以前の愚行の繰り返しにならなくて済むであろう。居直っている世間はそんなチョぼい企てで何とかなるタマではない。自分のように状況は革命的を要求していると高らかに宣言して自己の政治機関の下、一切の議会主義政党を叱咤して上げている方が余程増しであろう!

観客の成長。

アマ・スポーツと言い条、一流はプロに準じていて(生活のありようを辿ってみても、例えば企業アマでも、実質はプロ同等のことになっている)、本来誰しもがプロである世の中に、一流技量鑑賞の快楽を与える務めのある者としてみだりな失敗は許されぬと言っていい。しかしそれなら、周囲の観客はそれぞれが、それぞれの職場でそのようにプロであれ(生徒・学生だってそれに準ずる)。その前提なくして、観客が失敗者に文句を言う資格はない筈だ。またそのような彼我に公正な観客であってこそ、競技者もそのような観客に支えられて、円満な成長を遂げるであろう。また競技者も徒らに覇を競うのではなく、劣後者を庇う思いやりも持とう。また観客も、直の技量の立派さに感心するより、寧ろ競技者の以前よりもの確実な成長を見い出して誉めて上げられる人に愛ある視線を養って行こう!

国連世界世論調査を

するまでもないであろう。先進国富裕解放域が、人間の本音と、それだから此の星の神の人間への扱いの不適合、を証明してしまっている。そこで此の星の神は、これ以上多くの人間に恨まれたくなかったら、速やかに宜しく御願いします!

魂は労働によって

内なる愛情を搾り立てられる。あたかも果汁やなんかを搾りたてるように。一生そうして他に愛情深き者になって貰う(それを人間の真の幸福、と此の星の神は考えている)、それが目的だった。諦めなさい!

海の黄昏は

・・・・・・(3:32)。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。あらぬ贅沢には必ず報いの責め苦が待っている。次の、そこそこの内容のメシ、にありつくために、半日、渾身の思いで働く、それを繰り返す(但し、日曜日は寝て曜日、でも可(よ)かろう)、その心がけで出直しなさい。そうすればメタボだってすぐ解消出来る!

2012年12月 1日 (土)

トムラウシの嫁さんを、

此の星の神が、全世界の女の模範だと言っている。全世界の女、諦めなさい!

演劇は、その演劇の最中に、

役者をも、観客をも、共々に、厳粛にさせてしまう、そのような演劇であれ!

・・・砂に書いた名前消して

・・・(15:27)(涙ボロボロだあ・・・・・・)

小さな旅、映像製作労働者の快楽生産として。

現実の旅での、自然へ向かっての、人間へ向かっての感覚体験とは違う、茶の間のかような快なる感覚体験は、このような労働を媒介にしての、富裕民族ならではの新しい感覚体験だった。しかし何と言っても膨大な財政赤字形成に確実に加担している筈の一人一人庶民を誰しもが金勘定には全く無縁のように描く余りの虚構振りは早く反省して止めにして貰いたい。民族精神を蓄積的に確実に現実逃避的にして悪くした!

解体が至当の帝国の

一山百文の学界に例えば、、脳即精神ではない、ことを論証する哲学者、またその哲学に基づき、心身相関において身体病を考究する病理学者、また心物相関において経済過程を考究する経済学者等、豪気な学者達よ、現れ出よ。また西洋は秋入学などという学的悪習を派出した、反自然的主食穀物生産から構成されてしまったと思しいその不具文明を、東洋を見習い、根底から改めよ。西洋の凋落は恐らく、その不具文明の必然的帰結だった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »