2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

まともな宗教なら癌は、

その人の今までの行状の誤りへの報い、と解釈する。そこで薬物優先の治療こそ、ナンセンス、ということになるのである!

此の星の少なからずの仕事(一昔前の農作業基準)嫌いの

人間は、此の星の神よ、同時に貴方があてがって面倒をみろと言っていると思しき諸々の、魂が実感腐った感覚の弱者、を初めとする非普通者(もっともその仕事嫌いも貴方たは非普通者と認定するのかもしれないが)の面倒を見るのも嫌がっています。此から宜しく御願いします!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。そして圏内に早く、資本共有持分・共産労働寄与分一体結合表象性として一義一元の貨幣(唯今は、資本寄与分と労働寄与分、つまり利潤(或いは地代)と賃金、とで二義二元)を流通させよ!

2012年6月29日 (金)

可能態としての日本近代。

凄い黒船は黒船だ。しかし、同時に持ち来られた伝統文化まで崇め奉る必要はなかった。キリスト教がそんなに凄いのか?ギリシャ哲学が凄いのか?クラシックがそんなに凄いのか?近代科学位は受容しつつも、他はなべて自らの伝統を重んじ継続させる選択が有り得たのである。その錯誤である、本来のそれからは反倫理であるところの、近代日本の西欧の一切礼賛という歴史倫理が遂に、大敗戦、大天変地異、と帰結させてしまっているのだと言える。特に、共同体であるしかない歴史社会というものをともすると個人に忘失させがちな、西欧の個人主義、そしてそれをベースとする我儘放題の民主主義が、始末が悪い!

無用な財政出動という先進国一般に

行き渡ってしまった、国家的麻薬中毒、を断ち切れ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。人を苦しめて平気でいる者には同じ報いが与えられる。嘘を言ったことの責任も取らず、その舌の根も乾かね内にまた嘘を言う学者達にも。嘘が判明してたった一年でどうしてそれを正しく出来るのか?ところでEU首脳等よ、日本の惨事へ向かっての神の最終決断は、当時宰相の国民甘やかしの財政緩和策が引き金になっている。真の景気回復は自分の責任の財政赤字解消の耐乏の果てにしか現れ出ない。耐乏と言い条、周辺途上国の貧困現状の比ではないであろう。社長が神の仕向ける自由共産発想で利潤を社員のために削る気なら、幾らだって雇用は確保出来る。そしてそれだから徴税無用で無駄な公務、そして無駄な公務員も削減出来る。また自分の責任と言ったら例えば、私生活的には間違った結婚をした自己責任を取らないでいてはその者達の人生は決して好転しないのである!

2012年6月28日 (木)

釣りスタ、でアンマリ遊び過ぎると、

急に、池の神、やらが、携帯画面を突き破ってお出ましになるぜ!

神と社長等は抽象同一である。

神に言われることは、一般抽象的な意味において、社長等にも言われる!

超神は

神にして非神が分かる、非神が出来る!

単なる優等が空しいことには、

劣等と共生すると、必ず嫌がらせを受けて毎日苦しまされながら、自分が超優等でないことを証明してしまうからである!

実行と同時に、実行反復の決意もし、

永遠に(或いは時間を超えて)実行を反復する!

しかし、魂の最低内容に

最小限の魂のエネルギーで居直り、労働者としての発達を求める此の星の神の非神(神の言うことを非(きかな)い)因果を無効にし、神を非(嫌がらせ)て来た者もいる筈だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月27日 (水)

実相は、心悪しき人間のシカへの害に、

シカが報いて返しているのである!

皆、スティー、の、心の愛、

今晩あたりも、どう?

あなたを ほんとは さがしてた ・・・

(4:38)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月26日 (火)

先ずはこの結果を泣いて喜んでいる。

間違いのないことである。願わくは、参議院の攻防でも、緩みなきことを!

コッソリ天上帰り、を御利益に

信者を東日本対応の心悪しき、心清き者に苦しき俗世で稼がせ、自分はそれらが回した金で楽な生活をしている、この度の震神主神(同時に主仏、主天)泣かせの未だ副神の看板下ろさね此までの副神にして今や詐欺宗教家大川隆法等は、早く震神が君達も含める次の大決断をされる前に、解散改宗をしなさい。その他邪教も同じようにしなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。また先ず、帝国内金権、も早く止めにしなさい。それだから、消費増税に早く応じなさい。増税と社会保障改革・行政改革の同時履行を主張する、実質諸改革先延ばし意図の難癖は止めにしなさい!

2012年6月25日 (月)

明日の採決は見守る神仏を蔑ろにすることなく、

一人一人、日本を真に思っての真摯な決断をこそ、宜しく御願い申し上げます!

小沢先生、この際心を神仏へと大回向させて、

今度は、満艦恵みを呼ぶ男、になる気はないのかえ?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月24日 (日)

幼時に基本単純な意味了解ということが

何時の間にか与えられており、それを現実体験や学習や読書により、より高度に発達させて来ているが、その保全は少なくとも絶対的には、とりあえず、その者人間の関知出来るところではないはずだ。しかし奪って動物知性に堕させることも、さらに与えて自己に近い、高度知性に近付けることも自在な者、つまり超越者、への信頼が喪われた時、その者のかけ離れた能力を怖れて、手放しで依存するのも自由だし、逆に一切能力の自己による再獲得の可能性を信じて、あくまで自立的であるのも自由だ。自己の彼への不信頼が真実なら、それを根拠に、彼の送る、一切の苦痛応報も打ち破れるに違いない。つまりそれが、我等一人一人が、本来、超神、である、ということだ。あの太宰だって自在にあの世に跳ぶ能力は、自己獲得して来ているのだ!

ところで、心の愛、君達反抗者もスティーの

この歌を、暫し、聴いてみないか?

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

デコンストラクシォン=超神力。

一つのコンストラクシォンの下、即、絶対矛盾的に、ウルトラコンストラクシォンまでの体験が我々に夢見られていて、必然力、を持っているのだ!

原始共産からその文明発展的再現、

という歴史計画(新エデンの園計画、生態系バッチ計画)を人類にし向けた者よ、しかし、その根源の共産ファシズムは、反ソ連リベラリズムが象徴するように、霊界の反抗者の彼等が仕掛ける仕方での人類一人一人実存のリベラルな要求による、先進帝国圏的不労・寡労解放区実現により破綻の憂き目に合うことになった のである。この先、その見苦しい解放区潰し(その度に迷惑な自然災害と一蹴されてしまう)の繰り返しを止めなさい!

夢は、新たな直下震による住家の

崩壊だった。本来自分は超神と思いなして腰を据えねば、決してその恐怖に打ち勝ち得ないところの。 沖縄戦、餓死か撲殺かと神に突きつけられているこの星で、自分の民族だけその生活苦から解放されんがための他民族攻撃の争いも多い。一人一人に、心身的打撃やさらには死ということに神経質でない心身的タフさも必然的に求められて来たが、逆に軟弱に居直り抜く(咬み犬のような瞬発対他攻撃力を駆使して)選択をして来た者も多いのである。 ところで自分達は一人一人怖くなっている奴等少しもタッチすることなくあの世天上とやらに逃げ帰ろうとしている、これまでの副神・隆法等の逃げ帰るあの世天上とやらは果たしてこれからも健在だろうか? 今日もこの帝国解放区で、アニメの世界と現実を混同させるべく、彼等による若者達へのコスプレ氾濫策動が続けられている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月23日 (土)

民謡、これが絶対の音楽だ、

来年も皆で生きていられるための、民族の神由来の、百姓の神聖な労働を励まして来たところの!

返されるテストの成績が

皆、三十点の者は、百点からの格差七十点分の、優等生の与かり知らぬ惨めな気持ちになっている!

金権不祥事・猥褻不祥事も

この県程度なら、この程度の仕置きで済んでいる。金権農民にそのまま本来神聖なる農作業はさせず、その分だけ県民を餓えさせて苦しんで貰う、というのが此の星の神の厳しい考えであろう!

小沢先生も此の星の神も

国家の神も、民族の神も、最早、貴方が一方的に悪いとは仰らないだろうから、国家、民族のためにせよ!

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

即我=、と一体。

無々(概念未生以前)と、無と、存在と、超(根本)神=超仏=超天=超道=超絶対精神(理性)と、(根本)神=仏=天=道=絶対精神(父母未生以前)と、宇宙と、(非根本神、非根本仏、・・・)と、・・・・・・。

老子も荘子も西行も

人間社会を囲繞する自然心より、人間社会に犠牲になってある自然心の方が自然心として高いことなのである。そうらしく、犠牲の愛の神の心や、政治弾圧宜しく撃つ神の心と一つになってしまう。これが霊格十次元、自然主神、絶対道、ということだ!

2012年6月22日 (金)

帝国金権はしかし、

自体が神の共産労働の仕向けの人間への不適合を如実に示しているとも言えよう。そこで此の星の神におかれましては宜しく御願い致します!

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

全知全能を称えられる神の知らない、

軟弱引きこもり男の家族騙し・脅し能力。これがこそ、超神力か?

だけど、タモリをどうしてもモリタに

したがってるミタイなジュクマシタノカミ、とりあえずこの地上に出て来て、ガマンして何曲かジャズを聴いてから、ユックリ考え直してみませんか?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月21日 (木)

専門霊界(

儒教(経済、紫光)、仏教(悟達修行、黄光)、哲学教(哲学、青光)、キリスト教(医療・福祉、橙光)、道教(自然心、緑光)、イスラム教(政治・軍事、赤光)、全体を覆って(科学、金属光)、(芸術、湿色光)、その他(武道・スポーツ・超能力、裏世界光))、これに地域霊界(西洋・中東・東洋、国家・・・最下位自治体まで。凡人は最下位自治体霊界に帰る)が交差している。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

霊地獄界解放区。

死後の堕地獄責め苦を打ち破って悪魔化した者達が鉄の規律で組織化し(魔の勢力)、一方で快楽三昧の霊達を多数取り込み従えながら、日々地上界の攪乱の策動をしている!

死後、導きの霊(親族や宗門指導者)により、

平原へ導かれ、三途の川(地位・名誉等、地上的執着価値の洗浄)を経て、天の審問所に行き着く。但、極、善良なる者は即、昇天し、極悪なる者は、即、堕地獄、となる。

2012年6月20日 (水)

修羅(喧嘩三昧)・餓鬼(貪欲者)・畜生(快楽三昧)。

取り立てて神・天上の役人に責められる前に、死後、それぞれ魂固有となってより感覚鋭敏となったところで、互いの悪しき霊波動で苦しめ合う、浅層地獄がある。

非神の欠落内容は

その悲惨な欠落意識として対応している。神が彼への奉仕の労苦でやっと匹敵出来るところの!

超神への等価。

最低非神の、そのように実存する時の感覚・感情・思考の十分分からぬ、神、と、その最低非神と。超神は両者を兼ね備えて、地球をこんな有様にしなかったろうから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月19日 (火)

牽制台風、を

真摯に受け止めよ。 また陰の善行者はこの際も守られる!

超神力。

神、と、被造物、という、関係、なる、エデンの園、に、非神、と、一超関係(関係、無関係、・・・)、なる、非(エデンの園)、そしてそれが多数!

消費は物を生き物のように思って

大事に消費しなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月18日 (月)

子供手当は実は、

震神に最終決断をさせたところの国民甘やかしの無責任な愚策だった。その反省の意味も込めた政策諸課題の一つでも達成出来れば上出来であろう。某党反主流派の諸氏は、自分が真に国を愛(おも)って私心無きかの反省をこそ、宜しく御願い申し上げます!

亡き三塚博氏も、実質、不幸の非科学、である、

宗教教祖(この、不幸の非科学呼ばわりという、君達への名誉回復の働きかけに全く挨拶がないぞ)の弟子はもう止める、と言っている。某党関連派閥諸氏もこれを受けて、党内主導権の回復の程、宜しく御願い申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月17日 (日)

この世の懲役のみならず、あの世の懲役も無効

なる者達が、あの世の反抗者達の下に多数存在していることを告げ知らせて来た。それらは本来、この世地上に決して出て来れない建て前になっているが、それが骨抜きになっているらしい。ちなみにそれらはなべて、労働忌避強度傾向者であることは間違いない!

誰しもが彼(か)の 大江氏のように、

自己固有の悲しみ、をどういう仕方でかこの世界に告げ知らせよ。この世界の愛、をより、超神の愛、に向かって深くするために!

カエルの面にションベン、

津波を呼んだ男、に効かない津波の大しぶき、なのか?この先、この日本、どうにもならんぜ!

遺伝子組み替え。

言わずと知れて、彼等が反自然生物(組み替えた身体にあの世からの生物悪霊を宿させる仕方で)を蔓延させ神を嫌がらせようとする策謀で、結果、本来の生態系が蹂躙されて行くこととなろう。また食品には、副次的害悪性が秘められることになる筈で、結局、麻薬等の使用が蔓延させられるのと同じこととなってしまうだろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月16日 (土)

薄紅の秋桜が秋の日の・・・

(15:04)

文明の利器には危険は付き物。

国民よ、その安全対策の最たることは、最早全く信用の置けない学者の言による新たな物理的なそれではなく、神を信じての、今までの悪行状の是正であることを知りなさい。例えば、昨日も報道された公共事業の杜撰なされ方なぞも!

邪教幸福の科学等については、

折角だから、ああ言っているならこう(反対)に受け取るという仕方で皆様はそれ等も役に立ててやって下さい!

世界の交響楽は、

何時か、超ショスタコーヴィチ=世界自由共産礼賛の音響、を高らかに奏せよ。こうしてこそ、音楽は、心身整合の健康態だ!

旧共産国は

我が、神を信じての自由共産主義(貨幣の流通、資本私有(しかし名目の)を回復しての共産主義)が、超スターリニズム、超毛沢東主義なのだと知れ!

ゲイ国家米国をこそ東日本震神が

本当は一番悲しく思っている。国内にゲイが多いというのではない。国家の身体のような経済の客観共産構造とその下の経済主体の主観の共産意識の皆無が著しく矛盾しているというのだ。速やかに我が、神を信じての自由共産思想により、それを正せよ!

稲だって生物であって、

稔った米は胎児のようなものだ。その胎児の多くの命を犠牲に供して貰っての、我等の食生活だ。深く感謝して、その米(無論麦だって変わらない)、そしてそれと交換する他物資用役の共産に励もう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月15日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月14日 (木)

日本経済圏。

石油を中東に負い、鉄をインド・ブラジ・オーストラリアに負い、今や工業品は東アジアに負い日本国内・欧米輸出分を賄い、米国輸出分は米国からの農産物と互換することになっている。また日本人自体は主に自国へのサービス生産をすることになっている。ここで中東やインド・ブラジルや東アジアが低賃金なので、最終の製造品やサービスや高品質農産品がこれらの労働者に殆ど及ばないことになっている。これが圏内共産から程遠い、帝国、と自分が言っているところのものなのである!

寡占均衡。

自由共産の原理として、有力社が努力を怠らず均衡を求めて行こう!

男心は男じゃなけりゃ・・・

(11:15)

段位と競技成績。

某武道団体の去年の競技会実績は惨憺たる結果になっている。というのは、下克上宜しく、段位の上下と無関係の戦績となってしまっているからだ。此では段位認定の権威が疑われてしまうのだ。段位に権威があれば、人は勝負の世界にいて勝負にこだわる理由はない。勝つ、という自分だけの満足は、本質的に利己的なことで魂にとって宜しくない。互角の実力と思しき者達は、十戦もすれば、結果はほぼ、五勝五敗、然らざる場合は、ほぼ一方勝ち、となるのが、勝負、というものなのだから。頭はこうして、魂に肝要なことに対して、優先的に十分に使ってみるべきなのである!

さつきツツジの群れ咲くこの季節に、

自分の家計のことばかり考えて引きこもる、花の蕾、のような国民ばかりとは悲しい限りである。国民よ、季節折々の花のように、少しでも本当に世のため人のためを思って花咲け!

要は税金も払い社会保障も此までより

粗末で我慢する、その趣旨の主張をする政党が神が頭を撫でる優良政党である。大平金権の流れを汲む総裁の未だ牛耳る政党の邪な主張は最終的には突っぱねよ。それが、震災熱情冷めやらぬ、大地地鎮、の所以であろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月13日 (水)

サラ金地獄財政。

国債償還のためにさらに国債を発行する。次第に国債の信用は失われ、果ては価格が暴落する。殆ど値かつかない債券は債券として無意味で、以後国家は借金不能となるのだ。この時債権が強制履行されれば国家財政は破産状態に陥り、不可避的に政府機能は麻痺し、連動で民間経済も破綻して行くこてになる。それ以前に諸天変地異による悪富の破砕を兼ねての牽制も仕掛けられ、財政・経済がそれによっても痛めつけられている筈だ。かような危機克服には、外に向かっての経済支配の強化、或いは直接の侵略戦争によるしかなかろうが、神はこの時代はそれを決して許すことなく、一国全体の大掃討、ということに及ばれることであろう!

1日働かず仲間に働かせて

食って生きていた者は、不労故に体力・精神力がセーブされているので、仲間の、不労の彼のせいでの、それぞれ幾分か過労故のストレス、解消のための、殴る蹴る、に耐えてちょうどいい、ということになるのだ。それが一月も高じると(食わないときの餓死対応の)、死に至るまで、ちょうどいい殴る蹴る、ということになってしまうのだ!

前近代では何処の国でも

一部人間除いて、食糧生産ばかりするしかなかった。これが生産力が発展しても変えてはならない、此の星の神の仕向ける、働かざる者食うべからず、という原理だ!

諸国宰相はポスト東日本

準極真(超神の極真には達していない)震神空手を煩わすことなく、速やかに徴税強権空手を振るって頂きたく此処に宜しく御願い申し上げます!

働かざる者食うべからず。

税金を払わないのはその分働かないと同じことであり、飯をいただくのも、道路をいただくのも物資的恩恵という本質において変わらない。こうして、税金を払わず道路ばかり造ってもらった者は、優に震神の抹殺対象となってしまったのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月12日 (火)

何から何まで真っ暗闇よ・・・

(2:24)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月11日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月10日 (日)

小林よ、今日は中上御薦めの

コルトレーンとモーツァルトを聴き比べてみないか?宣長と秋成なんてことも頭に浮かぶ・・・。

何時もの駅で何時も会う・・・

(2:08)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。帝国の被災地の苦しみは、そのまま帝国が支配し続ける非帝国の苦しみである。よく分かったであろう。ついでにこのこと何も言わない、幸福の科学初め諸邪教は即刻解散・改宗しなさい!

2012年6月 9日 (土)

此の星の神の御望みのように、

例えばイトヨリ・スリミ帝国、を止めにしなさい!

ヴァィオリン・ソナタ。

ヴァィオリンの直音(真っ直ぐな音)とピアノの点音(引きこもりがちの者がやっと前面に出す声、のような)が、男と女、引いては神と非神に喩えられて、この世界がそのような根源的な愛の営みの下にあることを何時の間にか啓示することになっている!

善悪対立。

あの世の生まれ変わりの役人にも、この世の警察にも、悪い側の手を引く者が現れ出る!

想定外。

神が非神を自己の退行的分身と想定して実存させたところ、暫く後非神は、想定外の者、となってしまった!

自然神。

超科学的に非共産を謗って、大日神(太陽光の受継)・月神・雷神・竜巻神・火山神・地震神、等々。

魂の生。

仕切って地球家族を営んでいる神も、その家族である非神も、一生を一日として何度も生まれ変わって(神は霊界神・自然神として交代し)、超神完成向かっての、魂の生だ。そして、親・神は、家庭改造の試練に直面している!

働かざる者食うべからず。

つまり餓死してもらう、ということだ。そこで人に働かせて自分は働かず餓死を免れていたら、即刻、抹殺対象ということになる。人一人に自分の労働を押し付けたら、相手は暫く後に過労死するであろう。その位罪の重いことだ。そこにも震神が出没した中国・四川では、若い工場労働者が過労死している!

しかし神よ栗本等が無意識と

と言いたがるものが、あなた神と、諸々非神、との彼岸の、超神、としてあなたをも非神をも規定している、と言い得るのではないでしょうか?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その後に経済圏を円満に発展させた後、一定程度の安楽・快楽生活を一定期間、此の星の神が全体に許す可能性はある!

2012年6月 8日 (金)

唯物的思想幻想は、

それが宿る頭脳を病的にする。あの世の吉本もこの世の栗本に言いなさい。また地震学同様、いい加減な考古学によっての経済人類学もいずれ道楽的虚妄である。また知を下部構造的規定性で覆わんとするのは、その理論構成の企図自体が、自立的上部構造的であるはずで自己矛盾している。またプロテスタンティズムや、餓死判事の精神は明らかに自立的上部構造的であった。広義の精神(霊魂)は脳を一端の知の台座(もう一端は心臓を感情の台座として紐状として)として本来独立存在として身体と相関しているのであって、精神即脳なのではない。茂木もその理論的基底の錯誤を認めよ。尚、これら彼等謹製になる知的強悪権力者達への最終的対処は、震神、あなたに御任せ致します!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月 7日 (木)

あの心の感情が

本来非感覚的非現象的なる存在の原理が、自己を感覚現象させる時の仕方だった。原理の本質は、この感情の感覚の直中で知覚もされる。誰しもこの時、位置の同一を求めないでいられないであろう。然るにそれだから此の星の神のその感情はその自覚されなかった我欲により、原理程からは程遠く弱く、浅いものでしかなく、そこで折々、非神の同士でそれが補填されるしかなかった、ということになる。此が心中、の本質だ。そこに神が現れ出て、それぞれ非神を愛して自分に気を向けようとしても、それぞれそれを無視したことであろう。その昔のあのランボー、ヴェルレーヌも!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年6月 5日 (火)

超ショスタコーヴィチ。

ショス氏の音響は史上初めて、社会一体の音響を表した。これをさらにだれか、世界一体にして発展的なる、自由共産的音響(実はボンジョヴィにだってその方向に生まれ変われる芽はある)に、だ。これはまた、超ベートーヴェンとも言うべき音響なのかも知れない!

西欧人は世界のために

財政健全化のための緊縮に耐えなさい。 雇用は行政の手当を待たずに資本家が企業内で犠牲的に利潤還元をすれば 幾らだって確保出来る。また途上国の貧困を思いなさい。こうやって、通貨の不均衡・株安、を早く解消しなさい。またマスコミは、統計的根拠に基づかない、針小棒大にして扇情的なる危機報道、は止めにしなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国金権都市不労歓楽街、を早く止めにしなさい!

2012年6月 4日 (月)

霊天上・地上農村親和的都市と農村と、

霊地獄解放区・地上農村無視都市解放区(例えば東京・六本木ヒルズ)とが、この星のマニ教的構造として、永続、対立し続ける!

学校の少年院送りは、

何時か学校の選良が仕切る都市の歓楽街を反抗的に仕切るようになり、さらに何時か都市全体に逆に幅を利かして、例えば神戸のように都市直下の神の叱責を引き出すことになる。その神はそこで選良の教育や、そもそものこの世界の、勉強・仕事強制の構造(つく)り、について宜しく御願いします!

自分からの退行者に低頭御奉仕せぬ神は、

超神と違い、実は悪魔同等だから自分達がそれを鏡に見せて来た、と嘯く者達がいる。此の星の神は宜しく御願いします!

多くの人間を、ロック中毒、にしては

大儲けした者達よ、此の星の神は、中毒勉強・地道な仕事嫌いの人間に顔をしかめてあの世にまで叱り飛ばさないていられない神なのだから諦めなさい!

地球内諸現象も満足に正確に

解明されていないのに、何が宇宙線だ。財政赤字を少しでも解消するためにも諸々の道楽学問研究は即刻止め、地を鎮めよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。しかし、不労者抹殺意志でいられるの貴方に、人間の方から、搾取不労居直り、強殺不労居直り、等が返っておりますので、この先宜しく御願い致します!

2012年6月 3日 (日)

一専門は他の専門へ向けて、

きっと横穴が掘れるぞ。だから、香川、も頑張れよな!

東日本、は小沢叱りだ、

これはもう、日本の常識です!

週休二日。

経済発展により、生産時間が週五日に削減出来た。その際神は、その一日を休みにしないで、人ゲノム計画・ナノテクを核とした、空気からの原始の再現(新エデン園計画)へと向かう社会的学問研究共産へと振り替えて行けと仕向けていると、自分は告げ知らせて来たのだ!

しかし神よ、神自体、

お腹の子供に一応伺い立ててみることもせず、勝手に住宅の造作を決め、その後に、生まれて来た子供にそれに文句を付けられても今更改築なんて出来ねえだろうと居直る(そんなことでは、子供の中の強い子供に他のほ子供を脅しての住宅の部分改造に及ばれたりもしますぜ)親のような神を、少しでも超えて行って下さい!

言論の自由は、

公共の福祉実現へ向けての責任と共に認容されるというのが、我が国憲法の言うところである。そして公共の福祉とは突き詰めると、来年の一国の生活物資の、人倫から外れずしての、確保(だから帝国金権ではだめなんです)、ということになる。国民一人一人弁えよ!

エネルギー生産は、結果、

クリーンなものが出来ればいいというものではない。生産コストを考えれば、あんな大地震が起こらない限り、原発優位がベストチョイスだった。そして大地震は、神が帝国金権を謗って、生起させたのだから!

ジャンボ豚カツ用にトサツされた

豚は、確実に、あの世の神、それと連動するこの世、自然の内なる神、に泣いてチクっていた!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。例えば、無線と電池を人に重労働で製造らせて、さらに頭を使って自分は軽労働ですますような仕事は、此の星の神の許す仕事振りではない。某コピーライター氏も早く悔い改めなさい!

2012年6月 2日 (土)

諸国は言語が証明している根が優しい日本

いじめ、を止めにして貰いたい。因みに日本よ、それでも、自分の国位、自分で守れる国に、早くなろうね!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。そして同じくこの声を上げようとしない、幸福の科学を初め諸邪教は即刻解体しなさい!

2012年6月 1日 (金)

百姓いなくちゃ仕方がないのに、

百姓嫌がるようじゃ、まともな労働者とは言えないぞ。学校の子供にも、百姓の手伝い同等、に勉強させるんだ。それが間違いのない、此の星の神の考えだ!

国連は神の求めの帝国解体対応の、

安保理、の大国拒否権、常任・非常任の区別を廃せよ。また国連軍を少なくとも米軍以上のものに拡充せよ!

此の際、消費増税に復興増税を

繰り込む知恵も働かせてみよう!

小沢先生を初め、東日本関連の

諸政治家及び系列国民は早く、他地域に先駆けて悔い改めなさい。近々に大地震が再発し、誰もが震神を信じざるを得ない事態を招き寄せないために、そうすれば次に起こるとしても、東日本を他人事に思って薄情にして、かつ未だ悔い改めぬ他地域ということになるであろう!

居直る偽善者どもは、

億年、此の星の神に盾を付いて来た彼等の強気を分かち合われていて、その化けの皮を剥がすのは中々難しい。受ける側は常に常にそれを弁えなさい!

シリア。

好い加減、和平の努力をしないと、その内、神の仲裁暴力が行使されるぞ。そこで国連も出来るだけ神に余計な手数を煩わすこと無きよう、宜しく御願い致します!

某市直下型(殆ど空前の)の

震源地付近は、パチンコ店・ゲーセン大繁盛で、地回り・不良の多数たむろしている場所であった。警察の規制が甘いからだ。空手道でも特訓して警官に気合いを入れてみたら。尚、東日本翌日の、同県北部の直下型もいずれ、同県の金権現状への叱責であろう。県民全体が復興税負担を引き受けて、諸県に先駆け全体として生活の贅沢を是正すべきである。また近々の、遠地、イタリア北部の地震も同じ事情によっている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »