2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

超神=絶対脱構築者、

神を最高とする一切の価値階梯の、否、一切の価値階梯の。価値ある者は価値なき者が最初に悟る互いの内奥の本来の=超神によって、何時の間にか反って自分の方が価値なき者、相手の方が価値ある者にされていてしまう。此の星の神が、その扱いが悪いと受け止めたホームレスにそうされたように!

性的同一性障害。

男にして人間が丸いのは広義の性的同一性障害だ。障害にはそれが克服出来る可能性があるなら居直らない方がいい。時の某人もそれを弁えなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月30日 (金)

脱走した象にも、

きっと飼育係が頭を下げて御奉仕するのを怠ったのだろう!

一見内容悲惨に存在する者を見たら、

自分も出来るだけ同じ存在の仕方を想像的に存在してみよ。そうすれば側にいるその悲惨を免れている自分が彼に頭を下げて御奉仕せねば、自分が彼に刻々害悪を与え続ける者になることがよく分かるであろう。億年多くの此の星の非神に反抗され続けている此の星の神がそうだったように。他への害悪は、その者の積極的な行為だけがその他に及ぼすのではなく、一個魂として他にやるべきことをやらないこともその害悪を及ぼしてしまうことになるのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい、つい去年も自己が、神にして同時に悪魔であるように絶対矛盾的自己同一させている者、であることを示した此の星の神の!

2012年3月29日 (木)

高齢で人を責めたり

怒ったりすると、よく脳出血になったりする。きっとそうあってはならない、とされているんだろう。しかし今日はそんなこんなを恐れて人を責め切らないで抑えた自分が酷く卑しい者に思えたことだった。言語に絶する境涯を歩んで来ている者達が此の星にはいることを告知して来た!

機械や理屈の嫌いな音楽家が、

実は、その機械と理屈の塊としてこの世界に実現出来たブログに日々の感興を書いた。音楽家よ、ブログが神が魔法で一気にこの世界に実現させた、と勝手に思い込んでいてはならない。嫌いなものを避けてばかりいる者の愛情は決してそれ以上に深くならない。従ってその者が音楽家ならその音楽も。嫌いなものの齎す不快がそれに耐えている内にあなたの心の底からあなたの思ってもみなかった他への愛情を抉り出す。そしてその愛情が或いはあなたの営みの行き詰まりを打開させ、或いは全くの新境地を開く!

尾崎豊からも行ってこいと

と肩を叩いた、ルシファ―御大を偲んでみよう・・・。

去年作った米を食いながら

来年食う米を秋までに作る営みが始まっているぞ。パソコンを製るのも、自動車を製るのも間接的にはそのためにだ。半日来年のためにしっかり働いて、去年作った米による、一飯を、だ。稔りの秋まで頑張ろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月28日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月27日 (火)

神霊は一点求心も延長も自在で

この地球地点に在り、その延長により霊空間を形成しそこに諸霊魂も分出したのだった。さらに霊空間の内腔に物理空間を孕み、物質粒子も分出し科学法則の下に置いたのだった。そしてその神霊力と科学法則との適宜活用により次第次第に物体地球を形成した。この時点で物体地球にそれを身体とするがよろしく自己の分身を宿しもした。さらに地球表面の地勢的形成の果てに、原始生物の遺伝子構成的身体と霊界から移出した霊魂との結合により地上生命となし、その後神為による遺伝子突然変異により多様に進化的に諸生物を形成し生態系となし、そして終端中心には原始人が作られ原始社会営為が始められ、諸生物共々、大調和的かつ神霊回帰的進化を目的として、地上界・霊界輪廻ということが繰り返されることとなった!

居直りのいい度胸の科学研究は

即刻止めよ。マグニュチュ―ドをとんでもない誤想定をした君達にその根本的研究態度に反省なくば正しい科学研究など決して出来ない。君達の科学理論の大前提が、現象が初期条件と科学法則だけで決定されるという誤謬を採用しているるからである。君達が此までひたすら阿諛追従し続けてきた欧米の学者達にもそれを言っておけ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。労働(或いは、一人前の労働能力獲得のための学習)と引き換えにその者の飢餓消去を許して一生掛けて心を鍛えることを、弱者にまで可及的にさせる厳しい神だからそう諦めなさい。それを特に怠った東日本では弱者も容赦なく命を奪われている!

2012年3月26日 (月)

中道的日和見宗教。

何時果てるとも知れぬ地球分け目の戦いの彼岸のもの(しかしそれは同時に絶対矛盾的に此岸自己深奥のものでもある)を掴み取り先ずそれに帰依し、その戦いを時間・空間を超えて日和見して行こう。日和見する者に本質的な自己の内なる虚無を愛して。然るにこの時代はこの通り形、神の側につく方が得、と見た!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月25日 (日)

カラスのいる仙台のゴミ置き場を

を見据える、あのゴッホ、の比ではない大きな眼が、次第次第にその決意を固めていたのである!

大合唱。

君達、米のなる木、麦のなる木、野菜のなる木、牛のなる木、豚のなる木、魚のなる木、テレビのなる木、・・・、なんて何時までもそんな、大合唱、やってるな―

中国奥地も日本からは航空機的に

近い。同じようにこの地球も宇宙からは、UFO的に近いのである!

時給から推して漁師

一籠十五円(一時間百籠扱うとして)、彼一行一千万円、この社会のこの格差絶対変だよね。魚を食わないとビタミンD不足で皆、骨の病気になります。ということで、そんなこんなにしている此の星の主神様だから諦めなさい!

隆法よ、人は説法によって

腹はくちくならない。君の説法により食糧生産へ向かって、君が直に食糧生産かに加わる以上の得が実現される、つまり君が直に食糧生産に加わるよりそれを抜け出て説法した方が反って全体の生産が安定しさらには伸長して行く所以(そうでなければ、皆で先ずは食糧生産をするしかないこの地上世界で君が独り食糧生産から抜け出る正当性はないわけだから)を全世界の宗教家・政治家・学者等に先駆けて明確にせよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。マルクス主義に葬られた筈の、自己精神の、許し難い階級社会の観念形態(人に自己行為との正当な互換理由もなく食糧その他の生活物資を作らせて、自分は気ままな精神生活を営む者の精神状態)であるを自己批判出来ぬ某既成大宗教指導者は、内外で階級支配的である帝国よりはまだましなマルクス主義国家への賢しらな批判は止めなさい。また東西の残存マルクス主義国家は、居直りの醜悪な資本主義国家とはまた別に、その不信仰唯物論哲学は悔い改めて、我が、信ずる超マルクス主義(自由共産主義)、ラヴミドル教・超マルクス主義、つい昨年、一先進帝国日本に、暴力的超マルクス主義革命の促しを突き付けたところの、我が神、に帰依しなさい!

2012年3月24日 (土)

シルヴィ マイ ラヴ、

シルヴィ マイ ラヴ、・・・・・・

日本維新を言う者は、

東日本被災について確かな見解を述べよ!

存在は超神由来の

悲喜劇、或いはゲームだ。全ては現れ出で全ては終わる。何時か無償の非神乱舞も。近々は、非神(神を信じぬ、或いは真の神を信じぬ)帝国間の、そして非神帝国・非神非帝国間の乱戦が(第一次戦、第二次戦、植民地戦、冷戦)があった。そして見込まれる 第三次戦(南北(先進・途上)東西(自由・旧共産)熱戦)も!

原発問題は無責任な学者の提言より、

神を信ずる宗教家の提言により、此までの社会行状を正すことの方が優先のことですぜ!

おっさん、金銭交渉もつれて

至近距離でズドンだなんて、でもこのおっさん、あのルシファ―御大から較べりゃあ、何下、位か分からないぜ。神に付く方も負けていられないぜ!

此の星の主神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。一国百文の営みを早く止めにしなさい!

日本・宇都宮(或いは既にどこかに

逃亡したか?)の此までの此の星の副神・大川隆法は、主神震神が、一月回避一回抹殺の此の星の厳しい人間教育原理に従い既に大決意をされている人間達を恐れて、反って付き従う者達と直に俗世で接しさせ稼がせてその金で俗世に斜に構えて生活する醜態を止めなければならない。主神震神も、彼を初め多くをそんな虚弱宗教家通有の有様にした自己自体を十分に反省ししつつ、同じく彼への促しを宜しく御願い申し上げます!

2012年3月23日 (金)

繁栄に悪びれぬ大英帝国が輝く。

輝かす者は恐らくそれだから、此の星の神よりも彼岸の者、であろう!

二度***鳴らす、****二度死ぬ、・・・

主題歌が自分の心に染みる映画が思い出される。そうするうちに、二度、が、人のように蠢き始め、自分の方を見る。言葉が人であったその在処を偲ばせながら。

しかし容易な現実論は困難な理想論を回避

したことにより何時か結局無に帰す、というのが一般道理であろう。そこで現実論達成により、行く行くの理想論達成に弾みをつける、というのが考えであろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。無論、結果としての帝国国内のあの通り最後は神に無にされてしまう、無駄な金権公共工事も止めなさい。また帝国解体より先ず、国内金権解消に手を着けるのが現実論でしょう!

2012年3月22日 (木)

東洋の儒教徒・仏教徒も

その旧態依然の世界認識を超えられないのなら、我が教、西洋宗教・東洋宗教統合の神仏天教(ラヴブミドル教)に速やかに転向帰依せよ!

キリスト教等の創世記。

神は記述の通り自然や生物や人間を創ったが、生物を超自然力により遺伝子突然変異を連鎖させて整然たる進化を遂げさせたのであり、この旧態依然たる伝承は最早現代的には通用しない。また神は歴史の原始に即、人間が採集・狩猟・漁労の共産労働になるようにした模様でこれも楽園伝承とは違っている。また世界創造からハム・セム・ヤべテという子孫に致るまで実は既に何億年も経っており、そしてその間何度も文明史が盛衰しており、その後の記述は逆に現代までのほんの数千年の記述に過ぎない(下生副神大川隆法開示)。また黙示録記述の終末は信ずる人間の努力で乗り超えて行ける。こうしてキリスト教等の我が主張に共鳴する少数改革派により導かれて、行く行くは該教信徒の一切が我が未来宗教に帰依されんことを望む!

君は今日食っている米を去年作ってくれ、

今は来年食う米を作ることを始めてくれている百姓に、一日何を返していることになるか問え。 半日、百姓として働かざる者、或いは百姓に返すべく働かざる者、勉強せざる者、昼飯を食うべからず!

国連指導部の皆様も、

今ある科学理論を踏まえながらの我が主張になる超科学的神霊関与の可能性につきどうか早く啓発されて頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます!

震神、困ったもんだ、貴方の核テロも

(あんまり愛っての)、諸国指導者に逸らされそうでさあ!

震災に負けないと言っている輩達は、

震災前社会行状に無反省であろうとする、当今も震神となった此の星の神への霊界次元での反抗者達に、無自覚に霊界から此の地上で反抗者に仕立てられている者達である。そこであくまで震神の側につかんとする者は震神と共に、いざという時の積もりを固めて置け!

乗り超えて行くには 、

皆で先ず、現実の真実を直視することから始めなけれぱならない。苦しみたくなくて現実の真実を自分に都合の良いように歪めて視て、当震災前空前の選挙大敗の醜態を演じた堕落教団のようであってはならない。震神のように心を鬼にして、さらにそれ以上の超神のように心をもっと鬼にしてこの現在のこの星全体の現実の真実すらも皆に先ず直視させる、一昔前の阪神淡路震災後皆に殺される積もりで一定の改革を成し遂げた小泉以上に志高い諸々の指導者よ、現れ出よ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月21日 (水)

心身存在としての人間、感染菌。

人間心の悪しきが悪しき身体行状を派生させ、応報の感染菌を招き寄せる。薬物などによるより、神及び感染菌に謝って、悪心、そして悪行状を正すべきです。そうすれば自然に感染菌は去って行ってくれる!

1日渾身の力で労働を拒絶

してみよ。周囲は先ず匙を投げるであろう。次にさらに死に至らぬまでの拷問による強要、さらに殺してあの世に移行後の責め苦(今次の東日本の金持ちのような)にも対抗してみよ。周囲は完璧に匙を投げるだろう。此が彼等が鼓舞する、我等本来超神の反抗力だ!

限りなく無神に近い無能神、

と言えなくいもない神の、震災応報にも負けない、超神覚醒の反抗が逆に報いられて来ている!

非(存在、無)(存在でも無でもない、第三の超存在性)。

自分からの退行者、非神、の心をその非神に頭を下げぬ平の態度で傷つけ事態をこの有様にした、神、を信仰するのでもなく、に反抗するのでもなく!

困難な一切優劣の無(勝ち負けの無)=

超神等価、を実現せよ!

消費増税を阻む輩は

阪神・淡路、東日本、震神、を怖れよ。復興税もガッチリ取り、帝国解体のためのODA増税も取って然るべきなのに、国内金権財政赤字解消に必須の消費増税すらも阻んで、震神の神経を逆撫でにするものだからであるる。諸増税を総計徴収されたとしても、途上国一般の何倍もの生活だからである。震神は徒に快楽過剰な生活を許してはいないからである!

アヨア=西世界。

アメリカヨーロッパアフリカ。環大西洋。北米、西欧がリ―ドして、取り残され海賊国家群化しかねない西アフリカを取り込んで、自由共産一体経済圏を、他の中央世界(環中東)・東世界(環中国)に先駆けて形成しなさい。アトランティス文明(崩壊前文明)、ガ―ナ文明(崩壊前々々文明、中間に現の南極(しかし当時は極が現とちがっていて極ではなかった)にミュートラム文明があったと言われる(副神大川隆法開示)。)を偲びつつ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。見せしめ被災帝国の被災地を、非被災地、非被災帝国が支えなさい。そうしてそれから始めてそれぞれ、国外帝国経済支配、国内金権争奪戦、ということを正すのです!

2012年3月20日 (火)

思いつき

表の優劣の裏の逆優劣、つまり早くにオ―ル1と判明した奴の方が。 吉本よ、純文学と大衆文学とはやはり違う。純、とは常に、神にも物申して偽らぬ、ということなのだから。 気に食わない、ただその偽りない感情が確信させる反抗力の可能性だった。これをこそ、逆説的な愛の力と言うべきなのか? 経済学を学校教育の核心に据えよ、暗々に言っていることになる此の星の神なのである!

東京、アメリカ、

ジャニーズ、自分の言いたい感覚、すぐ分る人いる?

俺は踊りも好き、

だけど震神にあんなふうに踊らされんのはゾッとしねえよな!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月19日 (月)

環太平洋より

環大西洋=アヨア=西世界経済圏、環中国=東世界経済圏、そして環中東=中央世界経済圏創出の努力を!

糸井重里vs震神(超神対談)。

オミィ ダスィんだよ(と言ってみたところで、受け容れる積もりはない(公務員・会社員よりさらに、皆、百姓・漁師・牛豚飼のように、なんだと)ようだから諦めなさい!)

此の時代居直っている者に非を

を認めさせるのに極真空手(仏の手)震仏(神)のエネルギーがいるのである。震仏(神)なら、先進帝国民数億と組手を打って、帝国金権を即座に止めさせられる!

同等精勤・同一日当。

能力実績に関わらず、頑張った者には同一待遇を報いるのである。能力実績は生来の能力が基本の規定要因なので、わざわざ一生の差別待遇を受けるために人が生まれて来ることになる愚劣な社会にしないために!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月18日 (日)

震神様、労働者は人類のために

御前が替わって全部やれよ、と言わんばかりの世界の不労資本家達に地震その他の自然変動で報いて返す現状を少しでも超えて頂きたく此処に宜しく御願い申し上げます!

共生。

皆といると心が安らぐのにも根拠がある。一方、魂の理想と共にある時の満足にも根拠がある。人間は人間他者との共生、と人間の理想との共生、双方に心を掛けて、バランスを取るべきだ。 集団からの個人への無言の疎外により、その個人に反省を促す、といいう仕方は、時に理想とは少しも共生せず集団としては共生し続ける者達、の表わす人間存在の最たる醜態ともなってしまうだろう。この時孤立させられた者が反って、その共生する理想と共に、魂の深い深い満足を味わうことは間違いない!

繁栄、しかも人を犠牲にしてのそれなら、

人を(そしてそれを構わないという、偽法、を説く者をも)を豚を殺して食い過ぎて、自分が今度は神に殺される太った豚にしてしまった。ガリガリに痩せて過度に禁欲的、哲学的なソクラテスまでは必要ないが、中肉中背、性愛も思索も適度に嗜む準ソクラテス位にはなれ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月17日 (土)

悔い改めて貨幣を流通させながら

経済圏の皆が来年もまた生きていられる為の食糧獲得生産労働が核の、昔と本質は変わらない経済圏の隅々までの自由共産労働創出の努力を此の春から始めよう!

不具のよけいな苦労はどんな場合も、

具有がその苦労を取り除いてあげるよけいな苦労に対応しているから、国富にしたって・・・

震災復興は非被災地が被災地を復興税や

瓦礫受け入れで支える格好で震災前の国全体のあらぬ贅沢を正し(それをしても途上国の何倍もの生活水準だ)震災神を鎮撫せよ。そのために国政は太子党、共産青年団一体の中国共産党のような実質の日本復興党にして日本自由共産党であれ。因みに中国共産党も四川震神等を鎮撫すべく信仰ある中国自由共産党へと超え出よ。また北朝鮮共産党も、核軍備を遥かに上回る自然神の暴力が示されたばかりなのだから、一国の改革解放と抱き合わせで同じくだ。また同じく他の諸国も出来るだけ信仰ある自由共産化、をだ!

何時かヒトの受精卵を空気から体外合成

させようという営々たる神の仕向けだった。新エデンの園計画。それが今頓挫の危機に。皆、何とかしてみないか?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月16日 (金)

大衆の原像は

それの考察を可能にする時間をその大衆に負うている自覚の下その大衆に頭が下がり、また彼等より知的には遥かに優位であるという下らない価値意識を捨て、食糧生産労働を不可避的に引き受けた彼等こそ自分などより価値優位であると価値転倒をし遂げた思想家によってしか真の、彼等の実体験同等の想像的原像を結ばせることは出来なかったであろう。こうしてこの道理が彼吉本の思想に大なる錯誤を齎したことは間違いない。古来、村落の大衆はその不可避的な労働に最終的には、彼吉本が言うようには被害感を持つことはなかった。此の星の神の創造した世界構造から然らしむる人間教育は半ば成功していたのである。がしかし、吉本が取り出したような大衆の初期的解放願望(安楽願望)の世界構造的圧殺へ向かっての大衆の恨みがその無意識下にも皆無であったと言うとすれば、これもまた大衆の真相的原像を掴み損なっているということになるのかも知れない。此より後、死後後生、の神天上体制勢力との不可避的な思想闘争の幸甚あらんことを祈る!

超神、神体験と非神体験の

究極の深い強い愛による絶対矛盾的自己同一。神の非神に向かっての禁止が、非神にとってその違反の価値を魅力的に高めるという非神体験なぞも。あのユダヤ伝承のエデンの園のアダムとイブのそれのように!

日常の絶対矛盾的自己同一。

未来のエネルギー発現のための摂取物の圧力で、過去のエネルギー発現後の老廃物を、この現在において押し出す。此が日常の排便、ということだ!

神をも含めて、

神への長きの反抗者達の如くに、魂の死(転生輪廻を掛けた、最終超神的完成)へ向けて本来の自己を表せ!

諸国政界通有の

伝統保守、共産的革新の対立は、主神のおろす自由共産主義の下、止揚される!

此の星の魂、総数数百億、

今地上界に数十億出ていて、それぞれに魂の兄弟・準兄弟がそれぞれ数体ずつ、ということになっていて地上霊を守護(或いは地上霊に憑依)している。大別、神・天使(菩薩)・人間となる。地域霊界と専門霊界が交差している。神天上とルシファ―地獄が億年対立していて、地上的には自由共産主義と帝国主義の対立ということになっている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

魂を生きるとはその星を仕切る神と

そのまま、時間・空間を超えた対決になる可能性に怯まぬことだ。それを超神が祝福する!

2012年3月15日 (木)

やたら勝ちたがる者は

人前で平気で糞をしたがる者と抽象同一である。つまり自分さえ気持ち良ければ、側の人間が逆に嫌な思いをしていても知ったことではないという人間本質は同じということだ!

体制の公刑、反体制の私刑、

を共々かいくぐって、一人一人我等本来の超神回復の修行だ!

例えば日本の室町・江戸両幕府の比較研究

なぞが、それを国連強化の資として行く、此の時代有為な学問研究だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。帝国、しかし、神、オメエ、オメエに役として神を振ったんだから、そんな神で御茶を濁していずもっと目一杯の神をやれよ、と億年此の星で神と対等感覚で嘯いて来た、此の星の神で非(な)い者の一部(魔の勢力)が繰り返し神の仕向ける人間社会(歴史社会)に仕掛け突き付けて来た、帝国、を!

2012年3月14日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。国連もそれを促しなさい。そして三極先進国、近隣新興国手を携えて取り敢えず、神と自分の提唱になる三世界(西世界・中央世界・東世界)ブロック経済を営み、行く行くは世界自由共産主義を実現しなさい!

2012年3月13日 (火)

見せしめ東日本を見て

これ以上の原発破壊と死後責め苦(生前の特別な富裕者としての、本来誰しもへの一生の労働ノルマの逸らし分)を免れたかったら、帝国金権を早く止めにしなさい。せめて国内金権位止めにしなさい。阪神・淡路による改革の促しに偶々対応した小泉改革を次々実質骨抜きにしたのが悪かった。それをリードした政治家の責任は重い。そこで再びの改革の出直しのために、非被災地が被災地を復興税でしっかり支え、先ず国内全体のあってはならなかった贅沢を是正し、さらに懸案の財政赤字を同じく何らかの税負担により(無論どちらも、国民の自主的国庫納付がされればそれが一番良い)速やかに解消することです。そして先進国、新興国、或いはその他も皆、日本に習うことです!

地滑り、帝国金権を悔い改めぬ限り、

夥しい自然災害は続く!

伝統大宗教は一切が

現代科学からの教義批判に耐え得ず、必然的に過去の遺物となって行くであろう!

自分が核開発をしていて

人の核開発を謗るのは公正なことではない。核不用の関係を作る努力を先ずして、その後に相互の核削減だ。因みに、人間間の愛なき闘争自体に負けない神の力が近々示された!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

人は自分の職能技術で

メシを食うのではなく、その星の主神(自然神・霊界神一体)への信頼でメシを食う。もっとも反抗者達の手先になって、しかしそれだから自分頼みで人を凌ぐ考えばかりで最後は神の潰しに合うまでメシを食うことも出来る!

2012年3月12日 (月)

外地の関連労働者の低賃金を黙認することが

結果内地の労働者の高賃金実現に与って力があり、内地で税金等の不払いによってセーブした金とも相俟って、その分だけ本来はあらぬ消費生活が内地でされ続けて悔い改められず、震神の一括、破砕対象になった訳なのである。だから早く、かような帝国、を止めにしなさい!

共産労働の一月もの怠業者は

抹殺対象という、此の星の神の押し及ぼしていた村落の生活原理は産業拡大しても変えてはならない!

出来ることも出来ない、

と言っている甘えはその者に*を突きつければ判明する!

スリリングな我が超神・震神への

二重信仰、どう?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月11日 (日)

漢とやまと。

我愛ニイ、から、わたしはおまえをあいする、まで、文法・語彙・表記にわたって、表現的に多様に遷移して行く距離がある。例えば中間に我ニイ愛する、なんて混交表現が考えられる。この位両言語は遠く、従って両民族精神は遠いが、しかし中国当局よ、四川と、阪神・淡路、東日本とは、資本主義の失敗の報いとして、抽象同一なのである!

道徳外れず此の未曽有の大災害なら、

国民一人一人最早生きている甲斐がないであろう。神仏は何時も何時も見守っていらっしゃるのである!

民主党某枢要代議士も、

震神泣かせの堕落邪教団を早く離れ震神に帰依し、国政に大なる貢献をして頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます!

思いつき

人を苦しめれば、人から或いは神から返される。日本経済圏の辺縁(外国の石油や鉄の採掘現場)は、今次被災地現状に毛の生えた生活ではないのか? 震神は何時も誰かが口を利いてくれるの待っている。 勝利に執着するのは、人に嫌な思いをさせても自分が気持ち良ければよい、という、人前で平気で排便をする輩のようなものだ。結果その者の心がその便のようになってしまっている!

復興理念。

震災被害がそれまでの社会行状の善悪なぞとは無関係いう、復興理念の錯誤は早く止めにしなさい。後に続く具体的な政策努力が全く無意味になってしまうからである。旅行も北へ行くのと、南へ行くのとでは、支度が全く違ってしまうであろう。非被災地の生活を削って貰って被災地の復興を図り(言い換えると被災地被害の全国及ぼしの平準化)、全体として震災前のあらぬ贅沢(税金等の不払いで金を家計にその分だけセ―ブしてして来た)是正をし遂げる、というのが正しい復興理念であろう!

今日も当地は季節らしからぬ

無情な寒さみたいだね、やっぱり、それだから・・・

魂の善意は、ただ一人の者として

行儀善くすることから、他の者の行儀善さから外れての居直りを決して許さず、この度の震神の程度までに打ち砕く位までの発達の差がある。卑近な制限速度遵守ということに絡めて、皆考えてみよ!

震災を有り難き神の御沙汰と思わぬ者も、

そう分かっていてそう思わぬ者に何ら自覚を促さぬ者(大川隆法等)も同罪である。早く悔い改めなさい!

此の星の震災神(仏、天)その他の

犠牲召命に深く感謝し、犠牲者を深く慰霊しつつ(犠牲者の皆様には、引き続き御冥福を御祈り致します)、帝国金権を諸国に先立って早く止めにしなさい。暗々に自然災害迷惑と言っていることになる、国中の愚劣かつ偽善的な慰霊の繰り返しは早く止めにしなさい!

2012年3月10日 (土)

世界に一つだけの花。

だけど此の星では、それが害花になるのもいて、それ等が幅を利かしてしまうと、一気に毟り取られることにもなる!

3・11までの異常寒波は、

恐らく未だ殆ど悔い改めぬ日本国への震神兄弟天空神による牽制であろう。来る日には、少しでも多くの人間が、真の慰霊の儀につかれんことを!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月 9日 (金)

学校教育私見。

理科で、生態系論、社会で、共産社会論、国語で家族論、英語で、外国論、数学は科学認識の手段として。つまり、世界認識の核心を先ず。そこから超越者神や霊界の実存を皆が自然に信じられるように!

東京大空襲も関東大震(災)神の

民族的強欲の大陸進出を止めよ、の無言の叱りを無視した報いだ。近々の歴史の蹉跌(失敗)に学ぶんだ!

来る日には偽善的慰霊(

ルシファ―等反抗者達による居直りの仕掛けの)を少しでも払拭した、心ある者の被災者に成り代わっての国中の悔い改め決意の、そのための厳粛な犠牲的奪命へ感謝の、真実の慰霊により、震神の心を少しでも鎮撫して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます!

見殺し得意の隆法・幸福の科学等は、

東日本の被災者にも、一昔前の阪神・淡路の被災者にも、自分と手を取り合うべき救星活動の我儘な分離効果相殺行動を仕出かして犠牲的被害を此だけのものにしてしまったことを、心から謝罪せよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。帝国とは、デジタルデバイドということでもある。デジタル国家群の研究者はそのデジタルによってそのデジタルの基礎資源からのワーク的存立の全体性を究らめ、今次震災のような神仏の働きかけのさらなるを待たずに、自主的倫理的解体へとデジタル国家群=帝国群を導く一助となれ。話題のテレワークは恐らく人間を徒らに知能的で薄情なる者へと堕落させる、此の星の神仏の求める本来のワーク(帝国にも少数残存している、地に這い蹲り、額に汗する農作業が典型)からは非れたワークということになってしまっている!

2012年3月 8日 (木)

世界の地震学者諸君、真の地震科学メカニズムは、

信じて善なる人間生活を決して破壊しないばかりか、エネルギー源として利用出来ることにすらなっているはずだ。つまり原発も安泰だったし、さらに地震がそれに付加する電力源であり得たはずだ。どうか超越者神の超科学的関与を科学理論外に想定しつつの新時代の全く新しい科学理論を考え直してみてくれ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月 7日 (水)

此までの副神隆法等は、

阪神・淡路も無自覚な犯罪国民への報いだと分かっていたが、その国民を恐れて隆法が以後静観を決め込む指令を出した。その挙げ句に東日本の惨事となった。制限速度を守っている者が返って悪者にされる一事が万事であるところを国民は悔い改め、さにあらぬ時の、次なる東海や関東を免れよ!

半日怠業半日飢餓、

約一月怠業ほぼ餓死、約一月怠業他者転嫁(均等共産を逸らすと必然的にそうなる、例えば工場の安楽な現場監督はそうなる)抹殺相当、とする 厳しい此の星の神だ。家族の災害死につき省みてみよ。因みに横行する制限速度違反も神は決して構わぬとは言わないから此も告げ知らそう。一事が万事では仕方が無かろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月 6日 (火)

果たして此の時代自らが出て来て、

彼等の念願通り、皆に土下座して謝って下さるのか?

太宰も大江もその文学的知性すら欠いて、

魂の無内容・最低内容に居直ることを、折々の呻きによって神の遣いや神に向かってして来た者達が此の星には必ずいることを知れ。魂の、悲劇、はそれ自体その者の運命的悲劇であるところの、解読、者を待っていた。我等皆本来超神!

痛々しい東洋近代、

到底器でない日本を仮象覇権国とせざるを得なかった。この不快な地域の否定態が何時、止揚されるのだろうか?然るに誰の特権も無き社会をこの地にと、此の星の神の理想をその限度でなぞった、毛、の企ても、所詮は空しいことだったのかも知れない!

今朝はしかし億年来の引きこもりの

此の星の神への燃え上がる憎悪が何故か乗り移って来て仕方がない。此の星の神は十分な自己の愛の反省の程、宜しく御願いします。またこの方に皆の前で深々と頭を下げさせることに魂を掛けて来ている方々に深く敬意を表します!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月 5日 (月)

日本経済圏と言い条、

核はそこに内包される農民その他の食糧生産民が全体の来年分を生産することとなっている。これを他の物資生産共々、貨幣を流通させつつ、美わしの均等共産に調整えるべきなのだ!

異常寒波も不気味な冬過ぎて、

どうか被災民もその他日本国民もその他先進国民も、早く大震災への徒ら被害意識を捨てそれを厳粛に受け止めて下さいますように!

試練。

我欲・悪意の渦巻き心善なる者達が苦しめられるこの世界の直中で、自分は御前達の、ためにしていないことはない、ことを信ぜよ、と神よあなたは仰る。しかし心覚束ない非神人間達は、自分達のためにしてくれるとは、自分達の身になってくれることだ、と言い返すだろう。そしてそれをありがたい試練とは受け止めず単に自分への害と受け止めあなたに害を返し、あなたへの逆試練となすであろう。魂は相手と意識を完全に共有することなく、相手の意向を無視して相手のためと言うことが、神にでも許されるのでしょうか?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月 4日 (日)

星全体の民主化要求を掲げて

数限りない神・体制からの弾圧にも屈せず時間も空間も超えてこの時までこの所まで来てしまった者達よ、此からも頑張ってみて下さい。因みに非帝国を犠牲にしての例えば米帝国自由民主義が一部世界改造に等しい、これ等の者達による実験的解放区の仕掛け、神・体制への突き付けであり、その日常の実相虚妄なることが、あの同時多発テロにより露わにされたわけなのである!

愛する者はさらに、

相手の心を完璧に喩えて語る努力を永遠にさせて貰う!

いなくなった。心が辛い・・・

愛する者は相手に望ましく出来なかったことを常に自分を責めて謝る。超神の心がけであろう!

此の星の神、こうしてちょくちょく

震神だから、どうにも此の神、されどこの方がやはり神、だ !

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月 3日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月 2日 (金)

日本は島国で

外との付き合い少なで、文化の美感的精錬にエネルギーを注ぎ込んで裏で思想内容浅薄な文化を形成してしまった。箱入り娘の念の入った折紙細工のような文化。その諸々の意匠の精錬は現代の製造品にまで及んで欧米の政治的庇護の下の自由市場を席巻したのであったが、近々製品輸出が諸国で政治的バッシングの目にあって前途に暗雲が垂れ込めているわけなのである。敗戦国日本の政治的自立は何時になったら果たせるのか?民族本質的に不可能なのではないのか?と今、憂えられるところなのである!

思いつき

失楽園。楽園が多義的であるに従って多義的だ。・・・の、渡辺淳一の、ミルトンの、神の、超神の。 ユダヤ教の罪。有り得ぬ楽園。有り得ぬ原罪・楽園追放(降罰労働人生)、有り得ぬ終末・人間復活・楽園復活の教義で西洋史を呪縛した。 昔ならば子供は農作業を手伝うことが自分の食糧確保ということに対応していた。今は学校に行かされる。それは身に付けた知識による将来の成人としての自分及び自分の子女までもの食糧その他生活物資・用役の高い生産力の獲得を期してのこととなろう。然るにそのような通学の仕向けがある個性の者達に嫌われ逸らされ、結果それらに盗者の人生を歩ませることになってしまっているのである。此処にこの星の抱える根本矛盾が集約されている!

霊界の黒澤明よ、男の中の男として

生まれてきた者と、逆にオカマに生まれてきた者との心の交流をこそ、生まれ変わって描いて見せてくれ!

賃上げを、我が国並みに。

我が国関連の中東油田労働者やインド・ブラジルの鉄鉱山労働者の。また進出しているアジアの工場労働者の。また以上関連の食糧生産労働者の。また以上の第二次戦後以来の国家的収奪分の償還を。また以上を他帝国にも促すことを。無論以上から派生した帝国内金権・貧富格差を正すことも。以上を満点として最低合格点を計上する国政運営でもって、阪神・淡路、東日本震神、をよく鎮撫せんことを!

とんでもないマグニチュ―ド誤想定の

日本地震学が一切先進帝国の学問の虚妄を示して余りある。ハ―バ―ドの哲学教授もあの世のカントも、自然構造と人間の心身構造とが、根源において殆ど、人間の自律を奪い取っていること(大多数の食糧生産労働への従事を殆ど不可避のものにして)位は洞察して貰いたいものだ。帝国、という非倫理が帝国の学問に非真理をつかませ続けている。諸帝国追随の秋入学もないもんだ!

労働による心の愛情開発なぞより、

ひたすらの快楽生活をという多くの人間の偽らざる初期願望をよく汲んでやれる神ではなかった。そのことへの不満を噴出させるかのように、歴史社会は霊界の反抗者達に仕掛けられつつ一部民族、国家による快楽主義的解放区を現出させることとなった。そこで今、此の星の神は自分の意向を曲げるつもりはないが、それを自分の一定の非を認めながら人間に頼み込む神に進化しているものと信じたい!

暖かくなって生物皆の

春の目覚めと共に、百姓の初仕事、そして非百姓のそれに繋がる初仕事だ。そして秋の稔りまで、来年皆で食う米を実らせるための半日の仕事を怠る者は、去年作った米による次の飯(昼飯、夕飯・朝飯)を食うべからずという(此の哲学者西田幾太郎も吃驚の、過去時と未来時という絶対矛盾したものの自己同一したいみじき現在時)間違いのない心がけによる、一生掛けての互いの、同胞への愛情の培いである共産労働だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2012年3月 1日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »