2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

矛盾同一。

世、のなかを、良、くするために、いい女、にめがくらんでも、公、きょうのこうつうき、則、をまもってくれるように!

超神力=弁証法力。

今、アポロン的調和にある時に、向後の超アポロン的を目指してディオニッソス的であらんとする、内なる弁証法の虫(或いは脱構築の虫)、を自覚する者であれ。そろそろ波風立てなくっては、ってか? 停滞、漸進的発展(しかし有限極限の)、弁証法的発展、否定無媒介的跳躍的発展、無限発展的漸進的発展!

石炭も掘るのも

皆、大変だってばよ、神。より高い年収でニュース・アナウンサーなぞ、がされてしまっている!

それまで談笑していた者達の顔が、

決意して真実を指摘すると、皆、急に引きつる、土曜ワイド劇場のような現実世界、ってか!

判断・決断・断行、

何時の時代も、神の責任完遂、御苦労様です。ついては、嘆かわしい傍観副神の教育も宜しく御願いします。非力な自分も便利な道具・機械にでも場合によっては助けられて少し頑張ってみたいと存じます!

どうして

好きで好きな人に ・・・(2:52 即時収録)

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい。 先進国民の五倍から十倍の人口の途上国民が、その十分の一、二十分の一の生活をしている。その生活向かって板の生活が落ちることをとんでもないと思い、さらなる成長が当たり前等と思っているようでは、この先今次地震等とは比較にならない、決定的な報いを受ける。 世渡りのための口先だけの被災地への同情はいずれ報いを受ける。今まで貧しい外国関係国に無関心であって、そしてあり続ける者達に、被災地への真の同情など期待出来るものでははなかろう!

神以上の超神を

を堅く信じ、そして同時に同じように超神を信じて自らを我々に謝ってくれていると思しき神への信仰、でなければ、此の星の改善・改良に役に立たない!

2011年4月29日 (金)

松島の海神は、徒に津波を

報いたりはしない筈だ。居直っていたら、芭蕉だって同じく句でもって嘆きますぜ!

デカルトの三角関係。

 物体と地球(神)との牽引を引き離す、心に負担のかかる、愛の共産労働、を求めたのだった。しかし人間は、科学技術を駆使しして、都会人の多くのような軽い心で、利便、の方を愛して、神の心を甚く傷つけたのであった。そんな神を人間皆、人間をそのように仕掛けた彼等共々、どうか赦して上げて下さい!

現の実存

一個一個の向上の目標は、自分を含めた現の実存の総体を、現の超神(本来の自分達)、として並び立たせることだ。その大目標のために、自在に共に誰とも酒池肉林にも耽って回復出来ることも目指す、抜けた指導者がいていい!

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

姉は膝を抱いて

私の瞳に ・・・(3:04 即時収録)

劣等は優等の扱いへ

不満を言えないだけだ。心に溜めた不満は、癌のポリープのようなものだ。ポリープ発生は顔色をうかがえば分かる。そんなこんなで、癌の末期症状のような此の星の状(情)況を、此からでも、のりこえて行こう!

2011年4月28日 (木)

徒にしつけようとする神は、

こうして嫌われる。思想家・吉本隆明も批判している!

不具・無能、を、

それが視力だったら、誰も馬鹿にしたりはしないであろう。一切の不具・無能についてもそう考えるべきではないのか?またおそらく、その心の徹底したる者を、超神、と言う。労働意欲の不具だって有り得ようから。こうして此の星で、悪意、とは超神への希求であったことが、多くの方に良く分って頂けたであろう!

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい。いのちをまたからんとおぼするひと、はそうしてやって下さい!

2011年4月27日 (水)

自然災害=神の仕置、

に負けない、という反抗的な心を早く止めにして上げて下さい!

非神に向かって愛の薄い

星の神の、現、の能力発現の有様は、かようなものになってしまう。魂の、現、の能力の発現、とはなべて、そのようなものなのだ!

超神は

既にそうしている者達と同じく、むしろ、自分をやって行くための一人一人の、、魂の芸(或は処星術)を練成せよ、と言っている。例えばヴァイオリニスト、パガニ二、のように!

強制破壊、

ちょっとだけで良かった。此からも、正確な応報、宜しくお願いします!

ジャズ、

卑怯、が名誉回復する日まで。因みに副神は、卑怯者を軽蔑的に言って回っている!

城山三郎、田中正造、

谷中村の辛酸なぞ、此の星に置けば、ままごと、みたいなもんだ。今も、神国権力による、解放区帝国潰しの時が迫っている!

超神ならば非神の

安楽願望をそのままに受け容れ、自分も調子を合わせる!

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい。 非神一部の暴虐神への抵抗・糾弾が時間を超えているという此の星の現事実がもたらす虚無に苛まれるしかないとしても、少しでもそのような神への副神衰法等のようなひたすらの服従、ということを超えて行きたい!

2011年4月26日 (火)

あんたのバラード。

 世良よ、君の体験感情をこのソングをシャウトしてよく分からせて貰いながら、このように哲学的認識を恵みたいと思う。また、このソングの日々のシャウト、が私の、高齢期心身健康法、だ!

超神の絶対愛の下、

神と非神多様の体験感情が、絶対矛盾的自己同一をしていた。そこから神と非神多様に分れ出た。そしてその昔の本来を回復するのが、私達の存在の意味だ。優等生が不良にその体験感情(ハードロックに表現されているような)を分らして貰いながら、その優等を恵む、と言った仕方で!

原発事故もJRの事故も、

神が我々にまじめに仕事をするんだ、と仕向けてなければ(それが逸らされたので震神になった)発生しようがありません。大人しく言うことを聞いた方がいいですよ。

此の星の神も赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年4月25日 (月)

怠れば他人を殺すことになる、

そしてそれだから自分も生きていられないことになる、貴方が仕向けた厳しい共産労働ノルマ(またそれだからそれが大幅に怠らられば地震も報いられるそれ)に、自分の現の小さい胸も耐えられません。そのような労働者として生きることも、自殺することもしないで、此の時代引きこもる多くの者達のためにも申し上げて置きます!

日本よ、震神に頭を下げて、

先駆けて、超先進国、に発達するつもりはないのか?

震神は、徒らの競争も、

経済弱者の支配も、認めず、また超神のように自分より劣った者に頭を下げて御奉仕するということ(それをしないと劣者に所謂、見返し行動に出られ、その後に両者の間に容易に解消しない冷たい心の関係が形成されてしまう)も、今だ御受容れにはならないであろう!

超小泉の震神(

まだ馬鹿をやり続ける、衰法等を嘆いてもいる)懸り無きこれより以降の日本政治は全く無意味である!

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年4月24日 (日)

神が頭を撫でる学校秀才が

その時代、年少(少年院)送りになる不良(ルシファー等が此の地上に潜り込ませたと思しき)に頭が下がっていなかったので(そもそも神が下がっていないから)、追って社会でその恨み返しに、組による政党舎弟化・企業舎弟化が横行し、神の震神としての一人哀れなお出まし(頭を撫でて来た善人自体は、行儀はよくても魂ひ弱にしか育てられなかったので)ということになってしまったのてある。こんな震神を赦して、早く世の中の出直し、始めてみて下さい!

宇宙即我。

青空、太陽の下の、公園の桜を観て、無論被災地も地球も含みこむ(そしてそれだからそれらへと、正しく、慈悲うのが優先なのだが)、大宇宙、まで本当に慈悲う心になれたら、貴方は、即我、だ!

中東アラーの神は震神を

態しての荒ぶる神だ。霊界的には主神(震神でもある)直下の大霊エンリル(ユダヤ教の神、エホバも兼ねる)であって、ルシファー等の直接の元上司で、永年、闘争となっている。それは威張るアラーに、人間の方に超神同様の謂わば逆アラーを要求しての闘争だ。因みに、中東域は、エンりル由来の正統イスラム教、正統改革派、ルシファー等由来の邪宗派入り乱れて、最早、正しい審神が、誰にも難しい状況であろう!

被災地ばっかりに

苦労させていると、それぞれ必ず、直下から見舞われるぞ.。非被災地(日本の、先進国の)のキチンと生活を削って貰って被災地の非被災地同等の生活保障、ということを早くすべきです。

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年4月23日 (土)

表参道。

道に倒れて 誰かの名を 呼び続けたことがありますか?・・・・・・

間さん、

アンタ、御医者いらずの、鉄人じゃなかったのかえ?

酒・タバコ・賭博に塗れた

邪な生活は止めましょう!

日本人、先進国民、

中段の次に、東から回された位で、気付けよ。

優は優と

ブツカルことから認め合うことで愛の交流を。劣は劣と引きこもる者同士から、語り合う者同士へとなり愛の交流を。優は劣と、劣の感情体験と、優の具有を、交換し合う者となり両二者以上の深い愛の交流を。例えば神という魂中の最優と、人間の中の引きこもり・ホームレスという魂中の最劣と!

万国の労働者諸君、

地球と物体との愛の牽引(重力)に負けない、愛の自由共産労働力をこそ、宜しく御願い申し上げます!

好きやねん

好きやねん ・・・(4:59 即時収録)

筋違い。

原発や東電が悪いのではない。これほどの巨大地震を想定しなかった地震学者やそれを信用した政府が悪いのだ。また被災地が、先進国、そして日本、の中で、比較的一番心が悪かったからだ、と認めさせられるのは、震神を態した、鉄管首相、だけなのである!

物質質量自体、

神の、愛情滲出を伴う精神労働である!

此の星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

怖い(しかし彼等は

怖がっていず、その系列の者達もあまり怖がってはいない)震神(床下神)は、副神語らず、自分がこれしき語らぬ時、自分自らが出て来て、自分の労働の押し付けが悪かったとは言わないのですか?

2011年4月22日 (金)

人間の安楽願望を

をよく分って上げられる超神のようでこの際星の神であったなら、次には人間の方が神の人間への願望をよく分って上げ応える、人間であったことだろう!

手先ヒトラー等にユダヤ人殲滅

を強行させた彼等(他者多数の差別犠牲は普遍的に、彼等の、神の造りしこの世界への批判ということになっている)、を将にその現事実から偲ぶことも出来よう。温厚日本民族も、少しはかようなこの星の過酷な人間現実を直視すべきだ!

自由共産労働ノルマは、

それぞれ国家の為政者がそれを大幅に歪めている以上、世界自由共産化の運動へと絡めて、自主的に判断するしかない。現の社会的要求とは直接関係はない!

震神は、再び無視されて、

此の時代も決定的なことをやっておしまいになるのだろうか?この際、彼等の要求(世界ヒルズ化、対応身体改造(現身体は、安楽生活をしていると癌になることになっています))を潔く受け容れてみたら。貴方のこの世界における餓死裏張り(北朝鮮の惨状を見よ)の厳しい均等共産労働の要求は、どこの為政者も人民を説得するに難しい要求であろうから!

超神はその下の内容最低の

非神にまで、自分が率先して、頭を下げて、御奉仕する。その質のない御奉仕は、劣者に対して全く無価値どころか害だ。此れまでのこの星の一切の御奉仕のことだ!

震神、此れからも、

貴方の言うことを、心、から、聞かせて頂きます。 震神を赦して、帝国を早く止めにしてやって下さい!

・・・壊れ物

愛しては 傷つき ・・・(1:20 即時収録)

2011年4月21日 (木)

一切他に、

その者の自己分割直後の片割れのような愛の感情引力電磁気力。中性相同分割、物理的には引力。異性分割、物理的には電磁気力。超神力!

恋の涙か

蘇鉄の花が ・・・(7:39 即時収録)

先進国中で比較的日本が、

日本国中で比較的東日本(小沢さん等の地元)が、現在心悪い、という認定です。これに従い、被災支援というものも考えるべきです!

超神を拝んで超神のように、

神も、神で非い者も、反抗者の彼等や彼等の地上的手先達を愛しみなさい。そうすれば結果、この世界の一切のもの(存在)が、愛しく思えるだろう!

神は自分のように

広く深くこの星を愛する者になれと言った。その要求の仕方が気に食わないと盾を突き、人にも突かせようとする者が現れた。自分は超神を拝んで、どちらも最優等をひけらかして威張っている者の言うことは心からは聞かない!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

瓦礫の山の撤去

その他の余計な災害復旧の労働、は此までの、人間の、神の求める共産労働からの怠りを如実に示している。きちんと働き税金を払っていれば、そんな贅沢は出来なかった筈なのたから。地震は神により、国中(或は先進国中)の贅沢是正ということがされたことなのだから。余計な予算は一切計上しないことです!

愛知衆院補選の

幸福実現党候補は、腹の中で何を思っているか分らない表面の笑顔での選挙活動は御止めになって頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます!

2011年4月20日 (水)

地震神、済みません、

有難う、こんな自分等で此れからも、大変なんでしょうね(自分のことでないから、大変ですねと断定型に言わずに、こういう言い方を心がけるんですよ)、だよヤッパリ!

同型。

 第一の自然内の柿の木からの柿の収穫と、低賃金搾取による外国工場という、彼等の先進帝国資本への仕掛けになる、付加的第二の自然からの、自動車・パソコンの収穫、と。そうやって設える、先進帝国というこの世界内の非神(神の意向に盾を突く)安楽解放区、は早く止めにした方が身のためですよ!

引力の考察。

 神霊の精神緊張=精神労働の。所産の、質量充実の物体、がそれに伴う愛情の噴出による相互牽引により、結びつく。そこで全ての科学技術の基礎たる、物理的エネルギーは、神の愛情噴出と共にある精神労働によっている。然るに、人間はその科学技術を、神が御前達も自分にまで、と人間に求める愛情開発の労働ということを損なうことなく善用すべきところを、自分達の恣の快楽充足のために濫用の限りを尽くして、この憂き目に合わされたのである。しかし彼等が、そもそも御前の労働も愛情も全く足りていないからだ(白秋のデカダンス、は?)と内々からの、超神裁き、を神に突き付け続けている!

人に働かせて

買った*の上で腰を振るべからず。その辺でしょう、この先地震学破りの激高震神慰撫、の反省点は!

パフィー、

人も詩であり詩も人とであった場所へ俺を連れて行ってくれ。きっとそこでは、神は悪魔であったし悪魔は神であったろうから。或いはそこは、すがりつく詩人と制する詩人が交んで逃げて行こうとして、罰せられた場所だろうから!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月19日 (火)

神は愛する者に

責任を要求する。しかし同じように超神もその神にすら、愛する者としての責任を要求する!

自分にも悪ところがあるくせに

(労働押しつけ等)、それを決して言わない神(震神)にそれを言わせるために、億年、地獄の底で頑張り抜いて来た者達がいる。こう書きながら、その神にビビっている自分は、魂、あんまり差を付けられてしまったもんだゼ!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月18日 (月)

魂は自分の分らぬことを

分っている相手に教えて貰うには宜しく態度を調えよ。そうしないと相手は決して教えず、さらには教えて貰えないことが自分の七転八倒の苦しみとなるような、報いを送ってよこす!

魂は人品の内容を

中核に持ちつつ、しかも常に他と共存在するもの(或いは少なくとも常に共存在を観念せざるを得ないもの)としてその場合の、一個の思考・感情体験の全体だ。そこで内容粗末な者ほど、他者との関係において体験が大変となり、またそれを他者へと望ましく訴える術も完結的に具わっていなくてさらに体験は大変で、苦悩の塊として蟠って、犯罪への潜伏期を作り上げてしまうのである。魂はそこで、人品低劣でるあるからこそ、その体験が大変になり、その体験の大変さが反って魂の価値であるとするなら、存在して人品低劣な者ほど、反って価値高いという逆説的な存在構造を持ってしまうのである。強力に反社会に構えたヤクザを、抑え込むのではなく、その心を覆す自信のある御仁がこの社会にいらっしゃるのだろうか。また美川憲一のNHKの顔幅一杯の画像が、自分を反って最高に偉い男、として黒澤映画の男達を睥睨したとも言い得ることであろう。またそもそも、この星の神より無論内容劣った彼等が、反逆的に帝国主義を仕掛け、その帝国に下生した副神・大川隆法の想念浄化の活動を無力化し、阪神・淡路から始まった、主神による帝国の全的掃討、を余儀ないものにしてしまっているのだ。自分主神が、この星で品物最高としか思えなかったた低級神への必然的な返報だと、嘯く彼等の声が聞こえるようではある!

そうかも知れない!

去年から育った魚を獲って食い、或いは百姓の作った米・野菜を交換して貰って食い、来年に備える。その労働の継続により、それぞれ魂の芯に、自分と同じように全体を思う愛情が滲みだして快ければ十分、徒な豊かな暮らしは要らない、と思って欲しかった。金が幾らでも欲しくて、乱獲に走るのではなく。かような心で恵んだ神は彼等反逆者に仕掛けられた漁師達に裏切られて大揺らしに揺らし、津波も報いた。これから一人でも多く、震神、津波神の心を汲める漁師が現れ出て欲しい。

離さないで。

民族の、他の犠牲的関係民族への離人感覚は、ビルテロや大地震によってしか自覚させられない。いつの間にかその他民族を大自然の中に組み入れてしまう。誰も秋に枝に実のなる木の内部で、小人達がひたすら働いていたなどとは思わない。しかしだから、地震を起した神よ、そもそも貴方が、・・・、ということにもなってしまうのだ!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月17日 (日)

カズオ イシグロ、

、君の言う、D`ont leave me alone という当たり前が、この日本でも蔑にされたので、東日本大震災、ということになった!

ベート―ヴェン、此れからは、

アレ メンシェン、が同一年収・同一資産に、だ。マルクス、と共に宜しく頼む!

バッハ、

俺は此の星の神に何も文句はないってか。そうだねえ、まあ、それはそれで敵わねえや!

多数に盾を突かれている

この星の神の存在に囚われず、一実存主体として、それだから此の星の神も全く行き着いていない、完璧な博愛、ということ向こう見ずにも企てて此処まで来た。その場合、神と彼等との対立の狭間で、一実存主体として孤立せざるを得ないこと、その対立そしてその狭間で孤立、ということの彼岸に、理想の神=超神、を想定せざるを得なかったこと、を恐らく多くの方に理解して頂けたであろう!

神の恵みの身体は、

無限の低胸声から、無限の高頭声までの、可能性を秘めている。愛の無限を自在に表現して欲しくて!

信仰によって義とされる。

寄進によってではない。進化の早い時代の宗教改革。新幸福の科学。真幸福の科学。場合によっては宗教戦争?(自分には超神、そしてそれに一緒に帰依してくれている筈の震神(家の親父のような)、がついている積り。)取り敢えず無教会主義。聖ブログ主義。万霊超神!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月16日 (土)

酒・タバコ・賭博に

に塗れた邪な生活は、主神に地震で潰されるから止めましょう、と、日本・宇都宮の下生副神・大川隆法が言っている。気を付けます!

太宰の対人恐怖から

その高い文学表現力も消去して、最悪の人間実存の戦慄すべき体験に想像的に共感してみよ。我等、本来超神、という我が認識、が誰しにも納得出来ることであろう!

私の非ユダヤ教等的エデンの園。

 神は原始のアダムとイヴにむしろ、食糧獲得の協働(行く行く子孫では、定住食糧共産に変化して行くところの)を仕向けたのだった。そして人間の堕罪とは、一部子孫のその歴史社会の階級支配ということだった(カ-ル=マルクスと共に)、今も、神の震災叱責を受けつつ、先進帝国主義として、刻々継続しているところの、神がそれを克服して全人類に、文明力により新エデンの園の再現(空気からの、新アダムと新イヴ等の合成)へと向えと暗に示しているところの!

オヤジバトル、

世良、よ、名に願いを込めて、の大シャウト、有難う。この星の神にも、バラードのあんた、のようになって貰えるのだろうか? 

神がヤクザ漁師達に負けずに、

鉄砲玉エチゼンクラゲを遣わし襲撃させた段階で、漁師皆が自分達の振舞いの誤りに気づき悔い改めれば、こんな目に合わされることはなかった。 栄養学によると、ビタミンDは殆ど魚類にしか含まれておらず、そしてこれが不足すると人間は骨の病気なってしまう。しかも魚の多くは手近で獲れるものではなく、不可避的に、漁、という労働が、仕向けられてしまう。この漁を、皆仲良くと神が願っていたところ、展開する資本主義社会に翻弄され金に目が眩み、漁師達が大相撲疑惑等同等の醜い漁場獲得の争い等を何時までも悔い改めなかったままに、この被災の憂き目に合ってしまったのである。但しこれは一部東日本だけ、また日本だけへの叱責ではないので、全日本国民、がさらには全先進国民が、自分の身銭を切って(その裏付けの全うな労働で持って)、つまり公債等には決して頼らずに支えよ。人間に徒に安楽な暮らしをさせる気はこの星の神にはない、と弁えて支えよ!

労働は魂の芯に愛情を滲出させる。

それだから、神は物質粒子となってその精神緊張によるそれ自体愛情滲出を伴う精神労働により、物質粒子の慣性力その他、を実現し、それが構成された物体により、人間生活にに労働的抵抗をもたらし、人間の魂にも愛の滲出を促し、自分へ向かっての魂の成長、回復を求めていらっしゃるのである。然るにその願いや空しく、金に目の眩んだ漁民達に、津波による破壊により、瓦礫という物体が突き付けられた。自由共産的でない(よって資本家・労働者の本質的に区別のある)資本制階級社会に流通する金、という、自分が労働せず他者を労働的に犠牲にする手段獲得に狂った者達へ、怠るだけ怠った本来の労働分の労働のツケが、瓦礫の撤去、という形で突き付けられたのである。自然災害に負けないではないのです。居直って次にM10.0ということにならないように、これからは自分達の醜い利己心、に負けない、だ!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

素粒子の慣性力も、

素粒子間の、引力も、電磁気力も、原子核結合力も、放射能力も、神霊粒子の愛情を滲出させはがらの精神緊張による精神労働の所産である。人間生活に一方で生活抵抗をもたらし、一方で科学技術を介して、諸々の利便をもたらす。そこで後者の場合、人間は徒に利便に溺れることなく、新たな生活上の労苦を求めて引き受けるべきなのである。こうして被災地の瓦礫は、人間のそのような労働の怠りへ向かっての神の有り難き報いの山と考えて、人間皆の素朴には安楽に流れたい気持ちはよく分るが、不平不満を言ってはならないことになる!

想定外地震による

今回被災は、恐らく先進国全体への付き付けなのである。よって東電事故にせよ、先進国全体で引き受けるべきである!

2011年4月15日 (金)

東電事故の責任は、

想定外の地震発生の因となる利己的想念を国中に蔓延させた、国民全体の責任、さらには同等連関の先進国民全体の責任なのである!

此の世界に優劣として

実存して、優の劣への頭を下げての御奉仕の怠り、故の、劣の超優への自助努力的発達の果の優への返報は、優の往時の自己の到らなさへの心からの謝罪によってしか停止しない。此の優に例えば神を、劣に非神を、当て嵌めてみよ!

神の潰しを怖がっている自分から、

その類のものを何も怖がっていない貴方達へ、反逆者である貴方達への同情心が自分には多分にありますが、自分は貴方達のことも自分の現状、怖いので深い付き合いは勘弁させて頂きます。ついては、このように我儘なこの星の神を、平に赦して、彼の歴史計画=新エデンの園計画=文明の発展による生態系パッチ計画=発展的自由共産主義、を全うさせてやって下さい!

今に生きて

そう出来ただけの満足で足るを知りなさい。マニ構造=神悪魔対立構造、が時間を超えている星で!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

愛しては 愛しては

いけない人 ・・・(0:20)。

2011年4月14日 (木)

税金不払・厄介払の

普通人にその厄介者が食らい付いて不払をさらに高じさせて、震神の今回の思いきりのお出ましか?また未だに苦しめている外国人のことなぞ殆ど誰も考えていない。震神はあくまで正しく働かせる積りでおろう。この先真実、善人として生きて帰天したい者は、頼んで震神懸りにして貰うんだ!

原始共産制(肯定)から

共楽・共過労階級制(否定)へ、そして共楽・共産(学の)自在の自動生産(物資の)制(超肯定)へと。 この世界という、神塗れ・反抗非神(超神の遣い)塗れ!

物質粒子=神霊粒子の

の科学法則的持戒行動と超法則的破戒行動との臨界点。こうして世界はいみじく、神塗れだ、しかし、それが分っていてしかも反逆を企てた彼等も存在してしまったところの。超神力=根源弁証法力!

物質粒子=神霊緊張粒子=

=神霊愛情粒子。それが構成された物体である、被災地の瓦礫、はこうして、神の愛、の塊だ。帝国金権に堕落し世界共産労働(在日外国人をあからさまに搾取しているな)から遥かに外れてしまった者達への!

それが普通だ。

警察もヤクザも怖いってのが。 ギリギリまで居直らせ突っ張らせる積りの彼等と、その度に地震をクレッシェンドさせる積りの神と。 南無超神 南無超神 自分の中の神以上の本来の自分よ 魂は一人ではやっていけないので、こんな際に、御支え、宜しく御願い致します!

絶対矛盾的自己同一。

アッコとカール=マルクスが、このように、自分の中で、共存している、ってことですよ。

アッコチャン ドンガラガッタ

ジシンコワクテ ニゲテミタガ アッコチャン ドンガラガッタ ドコノトチデモ ジメンガユレテ アーアーアアア コワーイ!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月13日 (水)

私の原則性。

 本来超神的実存当為=自分達を統べる神への、自分の思いを偽らないこと、が当該実存を、どこにどの位の年月連れて行くことになるか、の刻々現象し続ける過酷な現事実から決して目を逸らさないこと。半信仰に家財破壊の報いを送られ怯み、それ以来ブログが神追従の記述に成り下がってしまっている自分を、何とか少しでも立て直したく思います。自分として真に、この星のためにするために!

自然災害に負けない、という

意思は、自己を宿しての大自然の下、仕向けた自由共産歴史社会を帝国主義歴史社会にと撓めた者達への地震の報いに、対抗して居直ろうとする意思である。つまり神への反抗者の意思を引き続き態してさらに大きな自然災害を招き寄せる危険な意思であることを知りなさい!

先進国資産家は、

この際、被災地への大義援から始めて、同等精勤・同一収入・同一資産、の自由共産主義=人民資本主義への、先鞭をつけよ!

被災医療も心いかがわしい

金権医師に頼るより、震神を恐れ、自己反省という心療により、身体病に対しても心身相関を実現した方が確実ですよ!

穀潰しに神潰しが

報われるような官僚を止めさせ、民間企業の一々の経営公共志向のリードの努力のために降嫁させ、小さい政府と自由共産主義を実現しなさい!

食糧産業(農業、

畜産業、水産業)、鉱業、建設業、等を嫌がっているようでは、この星の神の仕向ける、共産労働者の資格はない。他の産業の従事していても、人の足りない時に臨時に雇ってくれと言える位になりなさい!

欧米追随の日本地震学は

M9.0を全く想定しておらず、一切防災計画を実は虚妄なものにしていたことになる。元々特に西欧諸国は、近代数百年に及ぶ帝国主義の責任を何も取っていない国々なのである。そこでされている学問に十分な学問的良心なぞ期待出来ない。それかあらぬか恐らくはそれに追随する日本学問界に、植草教授、高橋教授、東北大教授群、等、いかがわしい教授連のいかがわしい行状(学問自体のいかがわしさと呼応するであろう)報知されてしまっているのである。こうして信じて頼むならば、大自然に宿る神をこそ、と多くの皆様に御勧め申し上げます!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい。被災は先進帝国全体の罪滅ぼし、連帯責任として、先進国全体で支えよう!

2011年4月12日 (火)

餓死消去の協働、

の仕向けが、人を犠牲にしての共同怠業(公共部門)、や、競争的利己的致富(富の追求)(民間部門)、へと逸らされてしまった!

貧困・

労働強要・周囲の虐待・弱気・痴呆・自己中心・倒錯・身体的不具等々。実存の世界への怨恨の発出・増進の種!

地震に負けないとは、

それが震神のこの国土への応報である以上、この国土へ、優勝劣敗の帝国金権を仕掛け、震神への、全員安楽生活可能の、世界改造・身体改造の要求を億年突き付け続けている(御前がそういう世界・身体にしないから、人が人を犠牲にするようにしてやるんだ、と)、ルシファー等の手先に無自覚になって震神に徹底抗戦し、海洋プレート性・内陸活断層性を自在に操る震神の、最終的全的掃討引き受けにまで行き着かんと(これは愚行?それとも、彼等同等の潔癖な行為?)していることになっている(むろんさらに堕地獄に、苦しい責め苦が待っている、彼等だけは遠の昔にそれを、ブチ破ったところの)。まあ多くには、自分のように一応震神の言うことを聞いてそして、それなりの報いを受けることをお勧めするが。

自分達を虚仮にした国民を

そのまま震神の始末に任せることにし、そこで今回震災時には主宰以下、心の中でその国民へ向かって、ザマアミロ、と言いながら自分達だけあの世の天国・浄土に帰って行く算段をしている者達は、魂の、幸福、を、十分に、科学、する者達とは言えないであろう!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

地震継続の心悪しき

社会に斜に構える方策無き者は、震神帰依の神懸かりで乗り超えよ。自己の行状に無反省に過分な災害支援予算を強要する者達は心悪しき者達である!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月11日 (月)

国中の心の反省を伴わぬ

震災復興は真の復興ではなかった。阪神・淡路の時点でも、一国の主要資源の採掘をして貰っている国外の労働者の酷い生活に知らない振りをしているな、さらにそのような仕方で一国に集中した冨の奪い合い国中でしているな、と厳しく叱りとばす指導者が一人でもいたなら、復興を錦の御旗にして、結果、それが叱られていた筈の財政赤字をさらに積み増す虚妄の復興の果てに、今次の地震学者全く想定外の大震災の激発、ということには成り得なかったのである。それだから今次復興については、何卒、宜しく御願い申し上げます!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

べ氏の七番。

弦の乱奏は、現代ハードロックの接点となるかのような、力強い戦闘性を表わすものだった。これを人間の物資生産に絡めれば、先ずは原始の移動的、狩猟・漁労の段階の生活感情に対応するものであろう。然るに神は、この段階でも、集団の協調・平安という要素も求めていた筈なのである。時代追って歴史は定住農耕の段階に移行した。そして自ずと、後者の要素が強調されることとなった。所謂、中世的平安、ということであってそれは近代ブルジョア勃興時にも、むしろその方が社会の基底の守旧的感情として保持されたであろう、と推測されるのである。こうしてかかる社会事情の下、ベ氏の音響は実は、一部ブルジョアの意を迎えるばかりの、独善的、なものであったことを、良く納得して頂けるかと考える。

2011年4月10日 (日)

協働。

一人が怠ると、皆が飢える、という働かれされ方から始められた。出来心を起こした者が、他の多数を差別して自分のために余分に働かせる、体のいい理由を拵え上げた。人に働かせる罪責は多数に分散され、その罪責の感覚は弱められた筈だ。しかしそれを他の一人に押しつければ、必ず彼を過労死に追いやる罪責だった筈である。それで世の外の、他者一人の殺人は基本遍く、死刑が相当ということになっているのだから!

被災。

 美川の、生まれつきの、個性内部の、被災、とどちらが?副神・大川は、そのどちらの被災にも、何も公式に発言する訳でもない!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

この星でそれぞれの、

時に絶対孤独、の必然性は、自分がいなかったら、地上下生傍観副神・大川隆法、無言虐殺東日本震災主神、ということになった、この時代この有様によっても証明されてしまった。そこで自分は、自分の中にその本来の自分、超神、と共存していると思いなして、形、絶対孤独であっても、実は絶対孤独でない、ということで十分だ!

TUNAMI。

 TUNAMI桑田、を東日本TUNAMI神、は歌の発音が行儀悪いその他で、良く思っていない。これがこの星の現実だ。桑田よ、悲しみに耐えなければならないのは、この星にはそんな神しかいらっしゃらないからだ!

咲き誇っている花々の中に、

一人蕾のままの奴が隠れていたのが分った。私は、他の皆が同じ蕾になってあげるのが、場合によっては、愛(自己犠牲の愛)ではないか、と言って来たが。間違っているだろうか?

2011年4月 9日 (土)

桜は

無論、震神と昵懇である!

東京、

神が、京は西、だと定めたのに。此の民族の、罪深い歴史、をこよなく愛する!

原発が 悪いのではない。

原発を運用する心が悪くて、想定外の自然災害を被るのだ!

震神は、心正さずば、

容赦無く、報いを継続させる。前行をよく反省し特別の予算措置に頼らずに自助努力で復興せよ!

愛するために、

一つの魂であれば足りるだろう?

コルトレーン、自分も、

この世界に向かって、ジャズ系、だ!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月 8日 (金)

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

言ったでしょ、早く震神に

済みませんでした、って言いなさい!

2011年4月 7日 (木)

亡くなった人達、

さらにその後、あの世で責められている筈である(仲良く一生懸命働くということから外れたので)。被災回避の最善策は、震神の求めに適うべく、心を正しくすることだ。このままでは此れからさらにやって来かねない被災を自分だけでも免れたかったら(この自分だけ、も決して誉められたことではないが)、震神に向かって、心から済まなかった、と言うことです!

発音きっと、行儀悪い、

ってことになる、桑田、も危ない!

被災と人間の幅。

直ぐに逃れられるから逃れた人、仕方が無いから踏みとどまった人、余所から態々支援に来た人、・・・、自分?一つに定まらないみたいです。何しろ、超神ならば、あれもよし、これもよし、だ!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月 6日 (水)

元、政宗、と思しき政治家は、

逆に、宗政(宗教優位)、と筋を通した震神に畏れ慄き、悔い改めなさい。復興は厳しいが、日本その他先進国民間の資金により(それで一時的に景気悪化ということになるにしても)、間違っても阪神・淡路の時のような新たな国家的借金によっては(その国情に無反省な安易な復興が結局、今回の想定外の大震災に行き着いたのだから)ならないのである!

被災地の子供は

生まれつき強くて何事にも負けない明るく元気な、或は素直な子供達ばかりでない。そのことと、被災と大いに関係があることを洞察出来る御仁は少ない、震災を呼び込んだ角界を初めとする一国の想念の利己的悪化をリードしたのは、実はその昔生まれて如何にも暗い、或は素直でない子供だった者達なのである!

現の被災地報道のように、

それ以前から、例えば日本関連中東油田労働の過酷さを常時報道するNHKであったなら、こんな大被災にならなかったのかも知れない。しかし被災地支援も掛け声倒れに終わりかねず、民放の居直り番組も次々復活している。しかし悪いことは言わないから、被災地支援のみならず経済圏の待遇の平準化の努力を皆で少しでも宜しく御願いします!

労働か餓死かと

強いると、貴方が仕方無く抹殺にかかるギリギリまで金を騙しとる者達も横行することになる。殺して後あの世で責めても聞かれず反抗的に小悪魔に発達される(或は聞く振りをされる、この方が発達改善をとのこの星の神の要求を完璧に逸らすという観点から、最高の非神(神で非い者、或はその者が神の言うことを聞かないこと)の対応ということになるのかも知れない)ことにもなる。この星の神は宜しく、人間一人一人に好きなようにさせてやる神に超え出て下さい!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月 5日 (火)

弱音を吐くな。

 (だったら、最初から貴方と同じく、強くして下さい。それでなければ、既に、今次以上の潰しも、その後の責め苦もにも負けない程に、貴方の強要(原始から。餓死を裏張りにして、食糧その他の生活物資共産仕向けている、それで多くにこの時代も、恐らく全く生活の苦労のないであろう(少なくとも物資面では)、柳内さんの家族や、孫さんの家族を羨望させるに至っている)を聞かないためにだけ逆に強くなった者達ち(或は本当に、聖、なるものに、飢、えて、貴方に反抗する、魔、へと走った者達。と言っても好い)のようでもなく、本当にたまに暴れて周囲に些かの自分の気持ちを分からせては弱者を貫き通す、本来超神、の面目ヤクジョたる者にならせて頂きます!)、という億年弱者貫徹の者、の声が聞こえる!

彼等もこの星の神が、

神で非い者の心を自分が代って語って、一人一人に刻々頷いて貰える神だったら、この年月、決して赦さぬ、と言い続けることはなかったであろう!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい! しかし生活物資共産を仕向けている此の星の神よ、戸塚ヨット潰しの死に遂げ児童や入水太宰のことも考えて、貴方の方の自己反省も宜しく御願いします。強い者は弱い者に、自分の身勝手な要求をしてはならないと、超神は言う筈である!

2011年4月 4日 (月)

空港の悲惨。

その日は奇しくも、公共工事の完成の日だった。私は此の破壊が偶然だと言うなら、此から此の星で何もやって行く気はしない。厳しいがさらに財政赤字を積みますだけの、虚妄の復旧・復興では仕方が無い、ということになるのである!

冷戦。

 顧みれば、自由ではあっても共産でない陣営と、共産ではあっても自由ではない陣営との戦いであった。そして、先ず、後者の、自由ではない、が正され、前者の勝利のような形で終結した。しかしそれは。縷々説明したように、真の勝利であった訳ではないのだ!

ハリケーンやラクイラ震災や

阪神淡路震災やアイスランド噴火やら、と自然神は、帝国の卑劣な非帝国収奪(中東を初めとする、だから、同時多発テロとは、自然神のそれをも含めて、拡大的に考えられねばならなかった、また奇しくも、イスラムの神は、震神等自然神を態しての、荒ぶる神、なのである!)が誹り続けられいたのに全く改善されることなく、今次の地震学者全く予想外の規模の東日本震災で、新たな段階に移行したのだと言える!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月 3日 (日)

復旧・復興は、目に見えるもの

を回復しても、裏でそれまでの財政赤字を何割増か積み増してのそれであったとすれば、真の復旧・復興とは言えなかったのではないでしょうか?日本の継続する豊かな生活が当たり前、という意識が、間違っていたのではないでしょうか?全体生活の贅沢を正すために、一地域を被災させ、全体の、現在よりもの耐乏、によって支えさせるという、神仏の意図なのではないでしょうか?

M9.0を全く想定していず、

一切防災計画を実は虚妄なものにしていたことになる地震学者は、一切専門家の信用回復のために、納得の行く釈明を宜しく御願致します!

野菜、汗水垂らして作ったのに、

便利好き、危険嫌い、の都会人に、ちょっとした風評で買われなくなってしまうのは、何処の誰の責任だあ?

お早う、限りなく存在しないに近い無能神、

それだから私達は貴方を含めて、本当は超神、だ。それだから早くカラッキシ満たして上げられぬ者達のために。何かにと強いる者は、その分だけ相手へ向かって薄情、ということになるのだから・・・・・・

アート=クライム。

億年の、絶世のアーティスト達、此の時代に貴方達のアートの完結の時が近いのかも知れない。神の気付かれぬクライムに、神で非い者のクライムが、帰って来ていた?

都会は何処かの国の密偵も

蠢いている場所。今日の仕事仲間をそうだ、と直感した。こんな星ではそんな時、甘い感傷と共に、心に、アディオス、が浮かぶ!

自分の国だけ、そして

自分の国の中で自分だけ、に居直り貫いて来た人達は、この先プレート性・直下活断層性によって、呑まれ、潰され、さらに死んだ後責められても、彼等に励まされて頑張って下さい。一方それがけしからんと言う人は、震神その他の威勢でやって下さい!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月 2日 (土)

小泉二世なら、

もしかして、この先、神に成り代ってこの日本その他をブッコワセルのか?

物が豊かでも、

他を思う心=愛、がそれはそれは貧しい、って判断で、そういう仕方で思っきり、自分のその愛とやらを放りこんだ積もりなんだね、震神は。御前等が犠牲にしたり、蔑にしたりしている民族と同じ体験をしてみろ、と。しかし、その程度の愛では恐らく、心が枯れ井戸のような者達を深く満たして、さらには新しい泉のように滾々と湧き出でさせること出来ないであろう。億年の自分等のどうにもならない心の荒涼を分かたんとした彼等に仕掛けられてそれはそれはエゴくなった者達だから。押し付けることを、決して自分達への愛とは認めず、拒絶し、拒絶させ、御返しのエゴでこの星を満たそうと企てて来た彼等に仕掛けられた者達なのだから!

コイン 指で弾くように

涙を 捨てればいい ・・・・・・・

美川も、

伏目副神隆法にならともかく、東日本震神にまで、オダマリ!、はきついであろう。さらに彼等を目指して、頑張ってね!

あー、翼の折れたス-パーゴッド、

皆飛べないス―パーゴッド・・・・・・・。神よ、早く彼等のためにね!

僕達男の子

(神に対して、ルシファー等反抗者達)、君達女の子(神に対して、隆法等信仰者達)、現実の性別じゃないぜ!

此れまでの副仏(神)、大川隆法、は、

自分の霊格低下に絡めて正しく、無常、ということを説き、悔い改め、自分の呼びかけに早く従って頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます!

秋田、怖ーい!

M9.0、予想も付かなかった科学者の言うことと違って、海底プレート性・内陸活断層性操作自在なんだね。ところで、被災地は貧しい途上国と同じ生活水準になった。この際思い切って、豊かな先進国の被災地以外が努力して、世界の生活を平均化することたね。人の犠牲が謗られて震災なのに、もしかしてそのまま人を犠牲にしての復興(原発現場作業は誰がやっている?今、現実を嘘偽りなく見るにも、震神の強い心が必要なのだ)、は止めにして貰いたい!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年4月 1日 (金)

海底プレートも内陸活断層も

しっかり具えてあるから、自分の国だけの贅沢、は早く止めるんだ!

黙示録(真相は怒号録)のルシファー等

仕込みの快楽主義先進帝国日本この度潰しの、この星の慢性の虚無情状創出の張本人の無能主神、を恐れるだけ恐れて来た日本・宇都宮のこの時代地上下生そして只今状況傍観中副神大川隆法は、早く主神に成り代わり、全人類・全非神、そして潰し・あの世での責め苦、遠に無効の、反抗者ルシファー等に、土下座して詫びてみたら?

御教えします。

働きたくない人間は、組み合わされた合わない人間(親・兄弟その他)とすぐ喧嘩にもなります。また、生まれ出された家庭やそれを取り囲む社会と、自分が面白くないから対決出来る人間もざらにいます。こうして貴方の仕向けた労働や人付き合いを親やその向こうの貴方の圧力に怯むことなく拒絶する者が次々現れ出るのは必然です!

世界中ヒルズ、の世界改造の要求、

をこの星の神に突き付けて、この億年、諦めないで来た者達よ、その心中深い、深いところまでの、淋しさ、よーく御察し申し上げます!

怠業に飢餓苦が

報われており、負けないで拒絶し自殺すると地上の労働ノルマ対応の間欠的な責め苦、が待っている筈です。そしてさらに拒絶すると、形相、ホリエモンのような、小悪魔に自分を発達させて、反抗者ルシファー等魔の勢力の末端に連なることになります。無論、この地上で居直って、人の搾取や強盗へと逸らして、報いを先延ばしにすることも出来ます!

金に不自由しないので

絵具箱を持って寒くないようにして車で田舎に行って、呑気に田植え風景を描いていようとしたら、自分を見つけた頻りに汗を拭いている百姓の一人に、ギロリと睨まれた。昼食に蕎麦がでた。姉が言うには、蕎麦は場所を選べば、実らせるのに全く手が掛らないとのこと。昨日は、米作農家が、この春まで種籾の消毒のために、休日返上だったというニュースを聞いていた。

エリートサラリーマン

収入的数千回人生(一回生涯年収数億円として)分資産の柳内さんの義援はないんですか?或はホリエモン初め、六本木ヒルズ族の義援は。或は金満瞑想、今では家庭不和、野間佐和子敵視、宗教家、自称下生副神(って、自分はその通りだと信じているんですがね。そのような無能な副神(そしてそれに毛の生えたような主神)が、この星では実存して来たんだ、と)、大川隆法、の義援は?

国家財政はどこも逼迫の

先進国民間の大資産家は今回の被災義援のみならず、今回被災の原因であるところの、不当に自国に集中した冨の途上国への民間ベースの償還のリーダーシップを取って、ヨハネの黙示録のような、これ以上の各地の被災(その後、死後の、責め苦)を免れて頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »