2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

物の貧しい国を

思う心を豊かにして上げたくてそうした。君達のその悲しみは、世界の多くの国が前からそして今も刻々、味わっている悲しみだ、と!

神は、時に口で教えるより、

体で覚えさせる。イスラエルの医師達よ、世界を知ろうとしない日本人の、心の医療、も宜しく御願い致します!

慰め、励まし、・・・

(20:30 即時収録)

地奥=準天は、

共産逸らしの怠慢者(キチンと自分が辛い現場労働(漁場でも、原発でも)をやりなさい)の身を殺して仁をなす。危うきにも恐れず近づく。匹夫の志も奪う。こうして、超論語に即する根本儒者だ。現の私から遥か遠い目標の!

数万犠牲、数億回生、数十億回生、

この有難き法理も知れ!

科学法則と神の超科学法則的意思と。

 多くの方に納得して頂けたであろう。地震、当てれば懲らしめ、外せば有益。発電所破壊の地震から、発電に利用出来る地震へと!

激高地震。

 秋に各家庭に、手頃な高さの、一年分の食糧の成る木が設えていたなら、そうしなくて済んだことだろう。宜しく御願いします!

先進国民、

地震は明日の君達の身だ。民間の金持ち主導で、十分な義援、を宜しく御願いします!

オウム、インコ、

エチゼンクラゲ、が既に真理を語っていたのか・・・

男心は 男でなけりゃ

分かるものかと ・・・・・・

地震に負けない、とは、

自分達の此までの誤りを認めぬ、ということだ。こうして彼等反抗者は当国国民をもギリギリまで居直らせるつもりでいる。そして最終の異変掃討の後のあの世での責め苦にも耐え抜かせ、自分達反抗者の勢力に多くを組み込むつもりだ。そうされてもいいならそれでもいい。しかし勢力に組み込まれた後、抜けたくなった時の彼等の側からの責め苦もきついぞ、ヤクザや左翼ヤクザを抜ける時のように。古来一月もの人を犠牲にしての共産労働の怠りに死を送る神だ(だから、外国人を低賃金で漁労の現場作業に使っていたりしてはならない)。悪いことは言わない!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年3月30日 (水)

日本人という非論理非行民族。

あるものいっさいがあんまりりくつっぽくてはねえ、すかん。 この星の神は、この日本地域だけでも、人間にとって精神安楽な非合理行動で一切全たかるように(泰西の哲学者が、存在する者は理性的である、と告知しているので)、貴方によって超理性的補完的に、と宜しく御願い申し上げます。繰り返し、民族集団自決の企てなんてことになりませぬように!

現実態のマルクス、

何時か商品を、資本労働生産物、と正しく規定して、商品の交換価値から資本寄与分=利潤を丸取りして殆ど不労生活をしようとした(今もしている)、少数資本家の出来心に共感し、かつ、何者かが設えしこの世界、へと絶望する、可能態のマルクスたらんことを!

でも急には無理だと仰るなら、

仕方が無いから、帝国を止める、止めさせる努力を、少しでもさせて頂きます!

帝国解消の呼掛けは空しい。

皆、客観は神の仕置、である、自然災害に負けない、と言っている。ついてはこの星の神には、この際、ルシファー等億年の貴方への反抗者達の要求を容れて、今すぐ一切生活物資の自動供給される自然に造り替えて頂けませんか?序に、必要な時だけに妊娠出来るように身体改造なんぞも!

2011年3月29日 (火)

先進帝国は

神の帝国解消要求被災へ向けて、民間本位の義援の程、宜しく御願い申し上げます!

注目されるイスラエルの

日本被災地医療。どうか先ずは、御手柔らかに。

超神失格。

太宰、よーく分った。このように世界を設らえし神、またこのように自分に無理解な周囲の他者ばかりにそれらを教育せし神に、貴方への返す好い思い自分に少しも非ず、このままこの世界で自分はやっては行けず、とその昔遠く、神よりも彼岸、へと入水投身したことだったことが!

彼等の最低辺の手先の

この地上のヤクザすら怖がっている、この時代の普通の人達、そのヤクザに唆されて居直って彼等の手先になって神に向かって反抗なんて直ぐにはシンドイだけだぜ。因みにヤクザ追放というならは震神同等あの世にまで、の覚悟でしなければ到底おぼつかない!

このようにして帝国を止める、

止めさせる努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

隆法等はさらに、

中東等ゼネスト・海賊、本国ブレート性・活断層性連動同時多発原発付近直下地震で、国土が一巻の終りにならないように、自分の富の中東等へ償還の模範を他の先進国民に向かってまで示してみたら?

隆法等、

あの世に自分等ばっかり逃げ帰る算段をしてないで、正心館を被災民の避難場所に提供しながら、いざとなったら震神(仏)同様**積りで、被災という悪果となった自分達の悪因を教える位、やってみたら?

2011年3月28日 (月)

今次のガソリン逼迫は

徒に不平を言うことなく、中東蔑の報いのゼネスト発生時の同様の惨状、を神が未然に体験させてくれたことだとしてあくまで感謝して置かねばなるまい!

超神失格。

未だ超神でないんだから、太宰も被災民も諦めな!

先回も国土をブッタ、

根本仏の神経逆撫に、自分は悪衆生ホットケ、マダマシなのへと来世御利益金集めに走り、その報いか今は自身が離婚騒ぎを起こしてしまっている、此までの副仏・大川隆法は、先回を反省し被災民に震災原因のその罪状をはっきり告知し、またまだ金が余っているならそれを震災原因の国外人収奪の率先償いの償還へと速やかに回せ!

リアル。

 自分はもしかしたら、ヴァーチャルリアル、に堕してしまっているかも知れないが、自分の言っている、神、そして反抗者悪魔達、自体はリアル、だ!

おいら 岬の 灯台守は ・・・

 貨幣の流通に目を眩ませられることなく、世界の労働者は、生活支え合いの、自由共産労働、の原点に帰れ!

想定内。

 国外人収奪・国内金権を正すことなく財政赤字をさらに積み増す前震災の復興は、真の復興ではなかった(震災焼け太り)。その後も居直り続ける国情に、学者の想定以上の再びの震災が報われるのは、心ある宗教家にとっては、優に想定内のことであった。原発が悪いのではない。原発に向かって想定外の地震が報われてしまう人間の心が悪いのだ(逆に人間の心が悪くなければ、学者の想定内に優に止まる地震しか起こらない。原発復旧の現場危険作業を外国人に押し付けていたりしたら、それこそ震神の神経逆撫でですぜ)。そこで新たな復興は、間違っても、今度は津波被り太り、なんていう再びの虚妄な復興になりませぬよう御願い申しあげます!

帝国(ガソリン・自動車等の

一方的収奪)を止める、止めさせる努力を少しでもして、これより以降さらなる、神による潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年3月27日 (日)

日常は、

神に向かって超時間に、理解不能さを突き付けた、彼等同等、の魂互い、として!

本来超神ならば、

今以外、此処以外、のことに患うことなく、今、此処の、周囲の神気を嗅ぎ取っては、純粋に果敢に企てよ!

この時代さらにきつく

引きこもるしかなくなった者達に今すぐ出て来て土下座して謝り、星全体への反抗的悪魔へ発達の芽を早めに摘み採る、超神、にこの星の神は早く成長して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます!

市民社会。

へーゲルは、当時市民の経済的不対等を見据えることなく、マルクスの共産主義的批判を食らったかに思われる。来たるべき自由共産市民社会では、有職・有産(耐久消費財・土地・家屋・預金・株式)の対等小市民による社会構成が理想だ。観点を変えれば、人民資本主義、ということになる!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年3月26日 (土)

ギリシャ・ローマ。

 貴方、パゾリーニが好い?フェリーニが好い?罪深さを忘れたがった者達と、その直中にいようとし続けた者達と・・・・・・・・・

ヴェーバーvsマルクス.。

 プロテスタンティズムという、独立上部構造(観念形態)が、致富禁欲生活、というように、下部構造(物質生活)を逆規定した。こうしてこの世界の構造の実相は、超上部構造(霊天上界・霊地獄界)・上部構造(地上人間精神、そしてその総連関)・下部構造(地上人間身体、そしてその総連関)・超下部構造(地奥、その他自然内在の神霊)、の相互規定ということになってしまうのである。今次は、地奥の叱責の観念形態が、諸人の身体下部構造を超えて、諸人の精神上部構造を、震災恐慌、という観念形態、として、規定してしまった。因みに、下部構造=人間身体と自然との連関、それ自体が、神=絶対精神の観念形態(人間への共産督励、という)の物質化化体、ということになっているのだ!

再三震。

 地奥=準天=震神、は自ら助けぬ者をさらに突き放す。政治家を遣って怠業の限りを尽くしていた、震災前行状をよーく反省しなさい!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年3月25日 (金)

自由共産範型。

 農畜水(工)産地(非都市・都市近郊)ー鉱(林)工産地(非都市・都市辺縁)ー産業差配公務地(都市)。中世には荘園領主と都市領主との並立で、それぞれに階級支配的貢納制を内包しながら、物資・用役互換のための貨幣が流通させられたかに思われる。理想は共産的貢納・等価交換、ということだった訳である。

祟りっ子。

 家庭に、爺婆も顔を顰める子どもが生まれ出た。つまり彼は、家系の伝統核心にまで盾を突かないではいられない個性として、この世界に生まれ出たのだ。惑星統治神霊の上位に恐らく、惑星系統治の神霊がいまします。そして恐らく、近縁惑星系を集めた惑星系団統治の神霊がいまします。・・・・・・・。そして現地球での推測では、規模百数十億光年にナンナンとするかのこの大宇宙統治の神霊までが。しかし彼等この地球の反抗者達は、この大宇宙神霊に至るまでの貫通肯定性に異を立てて、一切実存の本来性をケザヤカに開示した者達なのである。我等本来、超(大宇宙神霊)!

漁師達よ、

ヤクザ紛いの漁場の争いも、他国人犠牲も、国家予算タカリ、も海神(海底プレートまでに広く宿った広い意味での)の許すところではなかった。海神・陸神、ひっくるめて自然神、そして人間歴史に人間を次々生まれ変わらす歴史神、一体の、この星の主神は、人間心身、一切の生物心身(進化論のいう生物遺伝子突然変異、は実は主神の働きかけだった)、そして科学者のいう素粒子すら御造りになって、一切を自分に向かって高まる営みを続ける、大調和の下に置こうとした者なのである!

相対精神。

 頭の働きの半端にして、その他通常の種類・程度の能力しか持ち合わせない者=人間、を相対精神と言う。一方同じ頭の者働きが完璧で、その他の能力も、完璧で、さらに超能力も持ち合わせている者=神、を絶対精神と言う。絶対精神はその昔、自己を多数分割して物質粒子化し、それを多段的に構成して、最終的にこの惑星地球を形成し、その地上地球を取り囲むように、自己を延長させ霊空間(霊界)を形成し、この世界の二元構造を造ったのである。そして霊界に、件の相対精神=人霊、非精神霊=多様生物霊、を造り、一方、それと対応の一切の、他生物摂食必要・生殖必要・有限存続身体を造り、地上界に生物心身として存在させ生態系を形成させ、地上・霊界の循環ということを形成し、自己へ向かっての霊的進化というlことを仕向けて来ているのである(自己は霊界尖頂にましますと同時に、地上自然界にも宿っている。この自己意識二元分裂、を一方一元に収斂させることも恐らく自在なのであろう)唯一精神である人間が、その時代なりの迂回的必要的学問(哲学・実学)・生産技術開発により食料生産力を発達させ、摂食以上の、精神享楽(芸術)、世界認識享楽(学問)の余裕も作り上げて、文明社会として生態系に異和、を立ち上げて来ている訳なのである!

ハイデッガー教授、

此れから北海の漁師へとそれを返す、天上にあってしかもこの地上の世界認識の漁の漁師として、ドイツを現の日本のようにしてしまわないために、現ドイツ地上の哲学者達の御指導の程、を宜しくお願い申し上げます!

規制値。

 厚労省って、近々に別のことで前科があるんじゃなかった?出来るだけ安上がりの復興にしてね。震災、さらにこの次、が怖いから!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年3月24日 (木)

震災迷惑、小泉迷惑、

の性根が変わらないのがいけなかかった。この先、霊地獄界最深部のルシファー等のような耐性霊魂に自分を発達させてみても、目先何の得はないぞ。震神の要求を受け容れて、帝国金権、を早く止めにしてやって下さい!

予算タカリの本質。

 税金を払わず、行政から貰う物だけは貰う、ということは、色んな好い思いしたいが、それに必要な税金に回すだけの自己稼業(それぞれの商売)における金銭の稼得のための労働はしたくない、という庶民一般の思いの表現なのだと言える。然るにそれだのにこの星の神は、一定の労働をしないでいると、即、餓死してしまう、この世界、という構造、をその餓死可能性によって人間に押し付けてしまっているのである。この根本矛盾。しかしそれを逸らせばこの通りの地震・津波なのだか、言うことを聞いて上げるしかないであろう!

この春の、この残酷、

も、生き物皆を蔑にしてあるべき春の命の宴、と反対の営みにこの春をしてしまった、人の世(冬場を騒がす、道路掘り返しの無駄な公共事業は継続していた)への、生き物皆からの御注進を受けてのの神からの報い、ということだった。がしかし、・・・・・・

地震学者の

科学法則・経験則専一による防災計画は、全く裏切られた。原子物理学者の提言にしたって。政治は宜しく、科学より信仰ある良識に即すること優先で、執り行え!

偽空(原理念= 

震災迷惑の念)、即是、色(被災後の諸人の諸想念)。既に、東日本・甲信越という、海陸連動ということを忘れてしまっている。徒な避難も考えものですぜ。国民の、国外のことへの知らん振りや予算へのタカリ心、を正すことが優先だ。私は、極少数派として震災を、真空(慈悲仏懲戒念)として受け止めている。帝国解消・財政赤字解消と両立する震災乗り切りは、その震仏(神)の鬼と見紛うばかりの慈悲心、を分かち持った政治家によってなら(例えば民間義援を優先するなどして)可能であろう!

怠業の餓死可能性(

北朝鮮人民だよ)、他者犠牲怠業の虐殺可能性(今回の帝国金権漁民だよ)、この世界の裏張りにして、人間に自由共産労働を仕向けるこの星の神だ。そう諦めなさい!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神による潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年3月23日 (水)

自由共産。

 採集・狩猟・漁労の共産、そして物々交換(その最頻交換物が自然貨幣へと発展するところの)、そのことにより一人一人が辛うじて生存を継続し得たところの!

超神=愛の絶対引力。

 神もとりあえず、反抗者を仲立にして、到達するしかないところの。信仰されることの多寡が、神のその絶対からの距離、を示していることになる!

愚劣な放射能恐怖を止めよ。

 100ミリシーベルトが、健康被害の境界値(これ以上浴びると健康被害が発生する)なのに、周囲地域に放散している放射線量は最高でも、150マイクロシーベルト(上述境界値の約七百分の一、18日午後・浪江、朝日報道)に過ぎない。野菜の汚染についても同じようなことであろう。識者の無責任さの被害を受けているのは生産農家、青物商、なのである。それで補償ということでは、財政赤字がさらに積み増す。また根拠も薄い恐怖心は、自己中心な非被災地の、被災地への薄情の表われ、ということにもなろう!

足りないガソリン・軽油用の

石油採掘の殆どをこの現在も、日本人平均の十分の一、二十分の一の賃金でしてくれている中東の労働者(さらに彼等付随の食糧生産労働者)に、知らない振りをしてはならない。また被災地にそれを運ぶ車への基礎資源である、鉄、を掘り取る、インドやブラジルの鉱山労働者(さらに彼等付随の食糧生産労働者)にも。つまり、これが日本経済圏の準日本人労働者ということになるのだから。またこれが数多先進帝国に先駆けて、帝国を止める、ということなのだから。またこれが、地震・津波神鎮撫、の所以なのだから!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これ以降さらなる、神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年3月22日 (火)

菅はこの時代、

管、になれるのか?頑張って下さい。

漁労とニュース報道とは、

神の仕向ける自由共産労働のそれぞれ分業として、同等労働負担・同一年収、でなければならなかった。しかしこの通り全くそうなっていない自由共産労働の帝国的歪曲、に、地下から痛棒が喰らわされた訳なのである!

観念形態。

 私達の観念形態は、あれ以来、自然神の定常運行拒否の観念定立、により、震災非常時の観念へと強いられてしまった。こうしてこの世界において、人間実存自己固有の観念定立可能、との主張は殆ど虚妄なものなのである!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、神による潰し(そしてその後の責め苦)免れて下さい!

2011年3月21日 (月)

教えられて想像して

分らせて貰う苦労である心の緊張が、貴方の心の芯に、貴方の本来であるところの、超神、のそれへと深まる、愛、を滲出させる!

帝国を止める、止めさせる

努力を少しでもして、これより以降さらなる、この星の神の潰し(そしてその後の責め苦)を免れて下さい!

2011年3月20日 (日)

逆説。

 分裂は、可及的に博愛、を企てる者に、その分裂の狭間での、不可避的の絶対孤独を強い、実存=本来超神ならではの、誰しもの何時しかの、極限限界状況、の可能性、を啓示することになるのだ。 確かに孤独でもあり他人でもある、自分、を動かす力が具わっているだろうか。

ワンピース。

 賊が反って、価値高く思われる時代に。いや、賊が反って、価値高く思われて来た星で。秘宝とはもしかしたら、私達の、本来性、ということなのかも知れない!

エチゼンクラゲは夙に

心醜いバトル漁民達自体へのバトルを買って出ていた。副神大川隆法以下が、何もそのようなことをしないので。ホのつくヒルズの住人、達も、そろそろ思っきり、覚悟を決めなよ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月19日 (土)

言論、は、

その質(・)量において、大なるものに!

魂の具有としての

自己満足の感情こそ、魂にとって最低の感情である!

神霊粒子の精神緊張由来の

物質粒子の重力質量・慣性質量、その構成による物体(瓦礫、破壊された機械、等)の運動抵抗、に決して腹を立てることなく(そんなことをしたら、それこそ神霊粒子ということが真実なら、超科学法則的核爆発ということすらあるかも知れない)、国民総体の悪行の地域選択代表的報いと諦め、震災復興に鋭意励んで頂きたく、此処に宜しく御願い申しあげます!

非知識人皆が知り、

知識人が知らぬことも多い、知識を食って人は生きていられない、という、最高質の一知識。何事も量より質。世界の全知識人は、自分の知識営為の人間生活への生活必需性の所以を明らかにせよ!

地域選択的にして

全国土的、全先進国的、全世界的、神仏応報災害は、全国土で、全先進国で、全世界で真摯に受け止めよ!

漁民はヤクザまがいの

醜い漁場の争いをしたり、非本国人に低賃金で現場労働を押しつけたり、政治家を介して国家予算への不当要求をしてはならない。今次災害は、科学者無用の、超経験的・別合理的(神仏の応報)、激発だった!

阪神淡路への無反省が

より巨大な東北関東へと結果した。そこでこの先さらに無反省なら、日本のそして世界の未来(M10.0以上多数か?)が見えた!

食糧共産強制神、

お早う。ドン百姓も、牛飼い・豚飼いも、魚獲りも、派生した、石油掘り・石炭堀り、鉄掘り、ガソリン製り、鋼材製り、自動車製り、バソコン製り、その他も、嫌がっている奴が多いぞ!

貧富格差。

低収入・長時間重労働(被災地・非日本人漁民)・無産から高収入・不労・大有産(為替投機家)まで。

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

人間は自分を貫くままに、

イエス=キリストをも殺す。誰しもが内々に、神の愛より以上もの愛で愛し合った記憶を宿しているからてある。美川憲一の心の内にも。 水を飲みたいという自分と飲ませてやるという自分との間の微かな揺らぎが、相互の分割の刹那の、ボードレールにも百姓の労働を押しつけようとした、この星の神の愛なんか以上の、激越な愛の迸り、を思わせた!

2011年3月18日 (金)

ガソリンを日本のために

供給してくれる、中東の油田の労働者は、数十年の昔から今の今まで、現の日本の被災地と大して違わない生活をして来ている。この有様を、この星の神が見て無かったはずがなかろう。空前の震災となった今こそが、そのことへの罪滅ぼしの始まりの時、とすべきなのだ!

震災被害を即、

帝国停止に繋げよ。帝国が支配している途上国民は今まで帝国のために現の被災地に毛の生えたような生活をして来ている!

行政から貰う物だけ

貰おうとする心は、農作業や漁の苦労なしで食物にありつきたいと思う心と同型であろう。この星の神よ、貴方の仕向ける労働を逸らした者達を許さず、と何度潰しに掛けて言って聞かせてみても・・・・・・・・・

払うものを払わないで

造ってもらった公共物は存在資格がないので壊されるし、その建設はそもそも許されなかったのだから、即刻建設費をどういいう仕方でか、建設会社から回収すべきである。また払うものを払わないで家計に残った金で買った物は壊されるし、またその時企業に流れた金はこれも同じようにどういう仕方でか回収すべきである。また払うもの払わないでいで家計に残った金頼みで何時までも働かないでいると、この世から除かれる!

しかしそんなこんなの

この星の神を赦して、帝国、を早く止めにしてやって下さい!

一人一人に好きなように

させようとしなかった自分の非を認めるまでは、仮に現のように、地震・津波潰しの目に合わされ、死後にさらに責められたとしても決して負けない自分達、のように皆をしてやる、と神への反抗者の彼等が本来超神の豪語をしている!

この暗黒宇宙の

地球地点には、現の紐状の人霊と違い、思考と感情を一点に合しさせた神霊しか、いまさらなかった。そして神霊は、自己を多数分割、物質粒子化し地球身体にまで構成し自分を宿しもしたのである。しかしその神霊の愛情は未だ絶対の深みに到達しておらず、自己を退行分出させた人間をこの惑星自然の直中で向上教育しようと企てた時に、人間が避けられぬ共産労働を押し付けてしまったのである!

2011年3月17日 (木)

大震災、

次はオメエ等だ!

災害支援は

出来るだけ新たな国家予算を計上することなく、被災地と非被災地との生活を出来るだけ平準化すべくの、非被災地からの義援金の範囲内でせよ!

この地上世界という中道。

 不労で生活物資が恵まれるのでもなく(ユダヤ教その他の、伝承のエデンの園、しかし現実とは違う、世界、がそれに近い)、生活物資無用で無償労働する超聖人君子(身体が精進により神体に変容した)対応なのでもなく!

御前が薄情なんだよ!

とこんな目にあわされても、神に向かって、あくまでずっとか?とんでもねえ野郎達だ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい。 本音は、きつい労働負担のない、天皇様や金持ち(その金で持って被災地からの続々脱出も報知されている。それかあらぬか、今回地震は海陸連動の気味もある(神の仕置から逃れようったって、そうは行きませんぜ))が願望だからと言って、漁民は醜い漁場の争いをしたり、外国人に現場作業を押しつけたり、政治家を介して予算をふんだくったりしてはならない。また冬場の豪雪地の苦労に知らないを振りをしていたりしてはならない(税金回してやるくらいのことは出来るだろう?)。自然にも宿っている神の、御不興が弥増さるのです。それだから宜しく、神の求める共産労働ノルマを果たしなさい。それだから先ず、その不公平を正す労働をしなさい!

科学法則=神霊粒子の

人類愛故の絶対持戒、は、人類のその恣の悪用が限度を超えた時、正に同じ人類愛故に、放擲されることも有り得る。つまりその時、確認されていた科学法則が成り立たなくなるのだ!

2011年3月16日 (水)

劣等は

その悲惨体験をむしろ魂の誇りに転じて、側で威張って突っ立っているばかりの優等の教育者たれ!

ユダヤ教の

厳格な持戒性・政治掣肘性という父性優位は、イスラム教に受け継がれた。一方、キリスト教はユダヤ教を福祉隣人愛的、母性的に修正して、自分を正統と言っている。また、カルヴァン・キリスト新教は、謂わばユダヤ教帰りだった。天上の主神=白色光=総合光から分岐して、それぞれ政治光=赤色光、福祉光=橙色光、ということなっている。そこで、現のユダヤ教・イスラム教は根本のそれ(つまり、主神教)ではないし、現のキリスト教も、根本キリスト教(つまりこれも主神教)ではない!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月15日 (火)

日本語=漢和語。

夫と妻のように仲良く、一つの言語の中で働いてやがらあ。往時の、文化的凌辱、これは必ずしも、悪いことではなかった?

すわ、終末か?

 そうかも知れない。それが文明史の断絶という意味なら。その時悪人は裁かれ、責められる、しかしそのまま滅び行くというのなら違う。善人が以後、不変永遠の生命を得るというのならそれも違う。人間が地上人生一回限りで生まれ出て、死後、墓の中で審判の時まで眠らされている、というのも違う。仏教その他の転生輪廻が真実だ。創世記・楽園追放伝説も違う。共産労働督励の歴史の原始の立ち上げ、が真実だ。こうして西洋・中東の宗教的バックボーンの、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の世界認識・歴史認識は御粗末で話にならないことだったのである。そしてこれも、この星の神の所行だ!

震神様、声だけで

屈強しかし我儘な男達をショック死させる程の、貴方の魂のエネルギーを、自分も何時の日か身に付けさせて頂きます!

日本人、高収入漁協事務員、

非日本人、低賃金現場漁船員、この太え支配も、甚く御不興だったんだろう!

生活確保はそれだから先ず、

心を神に求めるように調えて。さらに受け流し居直ったら、それはもう大変ですぜ!

帝国金権で

可能になっている、世界的不労高収入・軽労働高収入、を神は認めていない。災害は、あるべき生活水準への是正だった、一部を選んで全体を覚醒させんとしたところの。そこでそれを赦して、早く止めにしてやって下さい!

あーーっ!

(急に彼等のために泣けて来た!)

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月14日 (月)

歌で心を暖めれば

体も暖まるぞ。今なら、無論、何か、賛美歌(アヴェ・マリア、だとか)、がいい。自分達に、昔のようにまた、人の苦しみを分らせてくれた者への賛美歌が!

迷惑な自然災害だ。

そうとしか思われていない。 神、貴方の一非神への無理解は、彼を他の何で貴方に劣っていても自分への理解ということでは常に貴方を上回る者とし、貴方と対等に強くしてしまうことだろう!

御前等それが、

遠に誰も気遣うことが無くなった、貧しい国の生活実感だぞ、と神は言っている!

発電にももしかして

利用出来る地震エネルギーが、このように発電所の破壊へと行使されてしまった(台風にしたって)。それだから日本国民よ、そして数多先進国民よ、悔い改めなさい、さもなくば最低、早くそのような神を赦して、言うこと聞いてやって下さい!

皆、均等、働き者に

する気であくまでこのようにいる、この星の神を赦して、帝国、を早く止めにしてやって下さい!

死は怖くない。

 死とは普遍的に、どういう仕方でかの心身の分離、と言うことに過ぎない。現今の被災死とは、実は、働き者へと仕向けた神に逆らう金権三昧の怠け者達への、この地上での矯正不能と言う判断の下での、心身分離によるあの世への強制移住、といこうことなのであって、死者にはその後にあの世で、勤勉者へとの改造教育、が待っている。存命者はまだ赦されたのだから、余生今までの分もの勤勉に励まれんことを。但し、その勤勉も、世のため人のためを思う、自由共産労働、への勤勉でなければならない!

神を信ずる者は

被災地でも大した被害を受けていない。此の頃神への反抗者に心を引かされて、半信仰、となっている自分はそこそこの被害となっている。神への信仰と御利益とは、そのようなものである。神へと不満があっても、中々彼等のように出来るものではないから、形だけでも言うことを聞いた方が得ですよ!

日本地震学会の皆様は、

全く予想外の、海陸連動の巨大地震発生について、日頃からの発言に対して宜しく責任を取って頂きたく、神と違い中々コントロール出来ぬ怒りを辛うじてコントロールしつつ、此処に宜しく御願い申し上げます。恐らくその学問的無責任さも、神の御不興の種、であったことだろう!

地震地元の小沢さん、

全部アンタのセイだよ。いい加減にしてよ。他の金権代議士にしたって。小沢系は多くがこの地上で改善不能、というのが、この度の神の認定だった!

2011年3月13日 (日)

だから言ったでしょ、

帝国,を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月11日 (金)

空よ、

水色の空よ ・・・(14:15 即時収録)

もう百姓女も

専業主婦もやってられないと、御揃いの黄色いのスーツを着て街に遊びに出る、親族二人が振り返る、浅夢、だった・・・・・・

ハムレット石原って、

あり、なのか?これも絶対矛盾的自己同一か?

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月10日 (木)

本来超神、に如かない。

 本来超神である、(神の創造による、しかし結果神の意想外の者となった)極限退行神=非普通人=ポーカー三昧志向等人、が新エデンの計画の初期前提に、拒否反応を示したのである。 私は、生活の苦楽中道を維持したまま、歴史の営みを、物資生産から学的生産に緩やかに転換して行くその歴史の途中で、今、帝国が経験しているような快楽過剰の体験を、一度人類全体にして貰うような歴史展開を(その場合、不可避的に身体病蔓延となるそのことへどう対処するかの問題はあるが)提唱するが。

絶対弁証法。

 生態系・原始(人)社会(正)→生態系・文明社会(反)→超(生態系・原始(人)社会)(文明推進による、空気からの合成再現、という大企図により)(合)=新エデンの園計画(神の歴史計画)!

諸教対応。

 神(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)=仏(仏教)=天(理)(儒教)=絶対精神(ドイツ観念論)。人間・生物(ユダヤ教等)=衆生(仏教)=地生(儒教)=相対精神。物質(ユダヤ教等、ドイツ観念論)=微塵(仏教)=気(儒教)。愛(ユダヤ教等、ドイツ観念論)=慈悲(仏教)=仁(儒教)。

合理経験論。

 人間を初め諸生物霊は、神霊が多数自己分割して、多様に退行させた。一方同じく多数分割した神霊粒子が物質粒子に化体した(所謂、デカルト・トライアングル)。慣性質量は、神霊粒子の緊張が、実現している。その検証は、その物質粒子群の構成=物体、の抵抗に打ち克っての労働における、その芯に愛情の滲出を伴う心の達成感によってなされる!

また地震です。

 悔い改めて、或いは神を赦して、資本泥棒(利潤丸取り)・労働力泥棒(搾取)・予算泥棒(財政赤字)、早く止めにしなさい。彼等の手先らしくこの地上で相互雷の世界を生き抜いている者(先般、横浜市中で、親分同士、撃ち合いをしたよね)少数を除いて、神の地震潰しに、まともに対抗できる者は、我等本来超神と言えども、現には皆無であろう!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月 9日 (水)

私達は皆本来、

絶対の愛情=超神、だ。神の愛、を、時間を超えて冷たい、と感じ受け止め続けて来た非神、が存在しているのだから!

震神等様、

ひたすらの安楽願望に打ち勝ち、日々の労働、人付き合い、努力しますので、身の安泰の保障、その他御利益、宜しく御願い申し上げます!

個性の合わぬ家族

との付き合い、そう言やあこれもこの星の神の仕向けだった!

自販機人口楽園は、

何度は破砕されても止まらぬ、彼等の心血を注いだ、対抗創造、だった!

B'z、

世界の発展的調和への、日本の貢献、をどうか音楽的に鼓舞してみてくれ!

一般社会は、

本来彼等も社会同胞である筈の、暴力団、の更生後の受け皿、を作って上げなさい!

公共事業も社会保障も、

国民の自助努力、を行政が媒介するものに過ぎない。国民は行政からの一方的恩恵、と勘違いしてはならない!

震神等慰撫の自主的

増税応諾、を諸国民はしなさい。また諸政府は、当該政策で国民・国家を大同団結させなさい!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月 8日 (火)

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月 7日 (月)

神気ない、まして超神気ない

この星の神、早く何とかしてね。

させないから自分で

工夫して自分だけ、どリッチ、を実現したヒルズ族も、この先このまま行ったらNZ並に潰す気でいるこの星の神を赦して、帝国、を早く止めにしてやって下さい!

毛蟹獲り、寒い、寒い。

 神、宜しく御願いします!

神とはその内容絶対優等を

周囲にひけらかし威張りくさる者ではなく、反ってその自分ばかりの内容絶対優等を周囲に頭を下げて詫び、また同時に周囲の自分がそれをしないで済んでいる悲惨の体験故にも周囲に頭を下げて詫び、周囲に向かって絶対的に御奉仕をし続ける者である。超神、かく告ぐ!

億年の地獄解放区の愚弱者

曰く、オメエ(きっとこの星の神のことだろう)がオメエのその内容で、オレにオメエ以上の好い思いさせる苦労をしてくれたら、御返しに、少しは発達、返してヤラア。 彼はこの地上に出されたら可及的に不労で済ます工夫をし、死んでからの責苦は、一時的反抗的霊的暴発で拒絶し匙を投げさせ、その暴発分の霊的強化もその後に無にする、そのような仕方で、ここまで、原自己の頑強維持、ということをやって来たかに思われる!

この星の湯気立て震神を

赦して、帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月 6日 (日)

女の気持ちを

よく分かって上げられる男になれ。そうすれば女は、男を少しでも楽にするために、強くなってくれるだろう!

超存在(

存在(この星のような蹉跌神も現象する)と無の永遠交替)、オマエ、無々(むう、射精時の唸りとして。無、という初原概念未生以前、超超超神(そして無は、超超神、そして超神は存在内存在))。こうして妻との性交を、哲学的・儀式的に営んで、無々(むう)程の、絶対愛を、魂の内から喚起してみて下さい。それが出来たら、あれも最高絶対によし、これも最高絶対によし、あるがままにて最高絶対によし、だ!

江戸。

 戦国、という政治修羅道=政治悪、の所産だった。江戸遷都は、家康の恣意であって、民族神の意図ではない。民族神認容の関西中心伝統、ということが連綿としてあったのだから。しかしそうされてしまった江戸新中心を、その後は民族神は育てる意図ではあっただろう。しかし新中心江戸は、伝統関西や朝廷への敬意も十分でなく、地方辺境への気遣いも十分でなく、辺境雄藩による明治維新ということになったのかとも思われる。いまさらやはり関西遷都ということもないことだ、と此の頃では思っている。そこで超近代の継続中心東京、は傲慢な中心となることなく、私の提唱する、非中心への頭を下げての御奉仕に生きて貰いたい!

プロの労働の才能依拠部分。

 イチローはマイナーなら、遊び八分で通用するってことさ。

非同等精勤非同一年収。

 在宅パソコンデスクワークの投資家・キャラ丸見せだけのテレビタレントから、遠洋漁船員まで、特に米国において酷い、労働連帯感皆無の非共産社会は、神を御不興にする、止めなー。そもそも皆、共産連帯労働なんて求めていないにしても。 貨幣を流通させてしかも共産的な自由経済であるべきところ、一人一人の素朴な非共産・自由企図により大幅に逸らされ、リーマンショックが典型の世界経済の危機を現象させてしまっている!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月 5日 (土)

世界人民は恐らく

ほぼ全て、この星の神の仕向ける高尚な、一生掛けての一人一人の共産労働心の培い、なぞ願望していない、どうする、世界経済システムは、その理念の下で隅々まで調えないと、必ず破綻恐慌する筈だろうなのに!

郭さん、

世界の貧困労働者を代表して、この星の神に、御前が人間の仕事、全部やれ、って叫べ!

自分、日本人なんだけど、

どうも、言語的にコセコセした、英語、の方が、自分には好みみたいにも思えるね。悲劇的な、形式と内容の矛盾、ということか?

God,

the way we were !

歴史の再現。

 日本は、つい数十年前まで、百姓その他の大多数食糧生産民が、食糧生産ばかりやっていた。そこでその他の営みを誇大に拡大して、歴史のイメージを歪めてならない。折々の国内・国外向けの戦争も、大多数食糧生産民に支えられた少数兵士がやらかしたものなのである(多数兵士などと言ったら食糧欠乏で、その兵士達が生きていられなかったであろう)。然るにこの数十年の、帝国資本主義による富の集中と、それに伴う食糧生産性の大発達により、産業人口の数パーセントの食糧生産民による、約四十パーセントとの自給という、恐らくそれも国際悪と抱き合わせの驚異の達成を実現してしまったのである!

地震等、は払うものを

払っていない生活をそのままさせないためだ。そこでその後に、国民の過分な消費の結果として企業に既に流れている金を税金で回収すれば、自動的に望ましい決済が済む!

責任感ある世間は、

暴力団が追放され、挙句解散し、一人一人一定の人格の矯正を果たしたら、就職口の保障の程、宜しく御願いしますね!

(ブタズホットケ)仏教・

非協働仏教、立ち上げの、下生した此れまでのこの星の副神、の家庭、は遂に崩壊の危機(離婚訴訟が持ち上がり中)に晒されてしまった!

終末論・末法思想型宗教、

地上悪霊(=彼等の手先化した者達)掃討神仏任せ型宗教、俗世逃避来世逃散型宗教、は宗教の中心から去れ。超(イスラム教・キリスト教十字軍派・仏教法華向政治系(日蓮宗等)・マルクス主義)宗教!

ロック=原始アフリカ由来。

 定住以降の徒に温和化した人類の産業想念の批判、なのかもね。戦闘は今度は自己の現状とだ、そして旺盛な発展を、と!

欲しい、欲しい、

したい、したい、と思った時に、正しき心を。超神(仏)へと自己回復を企てている者に相応しき心を。彼等も、もう流石に天国・浄土の生活がしたい思った時に、だ。超天国・超浄土に帰る還るために。カンニング受験生の場合は、もしかして政治家の有様に呆れ果ててか・・・・・・・・・

春、春、春、春、・・・・・・

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月 4日 (金)

地球即超神即我。

 この地球地点には、元、神(仏)霊が在るばかりだった。しかるにそれは実は、反抗非神(仏)を媒介にして、超神(仏)に発展させられる本来の者、だった!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月 3日 (木)

量より質。

頭を下げての優の劣への奉仕(だからそれは御奉仕とむしろ言った方が良い)と、然らざるそれ、とでは、格段に、その質のレベルが違うのです。またそれが、たった一つであっても決して赦せない人の自分に向かっての落ち度、ということにも対応してしまうのです!.

学校は何処も、

生徒会長系成員と番長系成員、校長系成員と教組系成員、とが対立する悲しい星!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年3月 2日 (水)

にゃんぶーら。

 去っていた女を偲び名前を繰り返し口にし、酒を飲み、同時に、口にした名前の一音ごとの、子音の肌理と母音の形、とを確かめている・・・・・・

自分の食っている牛豚の

飼育・屠殺労働に耐えている、畜産家の夫婦の生活を想像的に偲ぶ不快をやっと引き受け始めて、神による、自分達への畜類屠殺同等の地震虐殺を免れる便を得た、都市書士業者の夫婦の語らいの夢だった。しかしそのような、逸らしはならじと痛い思いをさせることをを繰り返してみても、一次産業同等精勤・同一年収の自由共産原則を、人類に遍く受け容れさせるのは中々難しいことであろう。日本・宮崎異変も、逆に政治力によってする畜産農家等への予算の過当な再分配、が御不興を買っている模様である。因みに自分は本来、中井委員長に怒鳴られた皇室の誰彼同等の生活を願望するものでありますことを、この星の神を含め多くの皆様に、正直に告げ知らせて置きます!

この星の神よ、

それが筋金入りにみたいにポーカーやゲームセンター志向、の人間への、頭を下げての御奉仕者として、出直してみるかい?

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

空信仰。

 あからさまに反抗するエネルギーを欠く者が、そのエネルギーを態々獲得する努力するのも癪なのでそうして来たた。また適宜、反抗者達からの、逆御利益にも与って来た。 音楽的には、信仰(クラシック、さだまさし)、空信仰(ジャズ、タモリ)、反抗(ロック、誰か?)、というところか?

神(或いは優者)は、

非神(或いは劣者)を、自分の頭を下げての御奉仕(それが神(或いは優者)、の実存の苦労、ということになる)により自分に高めるまでは、その自分と違う欠落が、即、自分を上回った実存の苦労となっている、非神(或いは劣者を)を、魂の、裏の、実は真相の、価値観(実存の苦労の多寡、による)に則って、常に反って優者と思い為していなければならい。だからが逆に、劣者への御奉仕足りぬ優者(それは実は、優劣解消するまでは常にそうだ)、魂の、裏の、そして真相の価値観によっては、劣者だ。そしてその真相劣者である、自分をあくまで表の価値観により優者だと言い張り続けるのは、表で劣者、裏・真相で優者である者へのいみじき害だ。害に、この星全体そうであるように、害が返る!

2011年3月 1日 (火)

一音。

子音の肌理に塗られた、母音の形の石。誰か、同じように感覚出来る人いる?

私の取り敢えずの、

中産的下部構造(労働が絶対必要的ではない)規定的精神が、宮廷密室のチェンバロの響きをその芯に染透らせている。逸らしたのが罪なのか、逸らさせたのか罪なのか、との問い、を反芻しつつ!

春の残酷(

守中高明詩より)、を解消して、本来の、春の宴、へか。しかし、村落の共産、は、さだまさし、の言うように、本当に、宴、であり得たのか?しかし、本来超神の自覚を獲得している積りでも、現には魂脆弱、と自己感受する自分、は仕方なく神を赦す!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »