2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

魂負性の由紀夫が、

魂正性の秀雄を、内容絶対値的には上回ってあの対談だった。因みに、健次と龍の対談の場合は?

みっともない。

 理想認識と現実認識の合一。文学的・女性的、現実をそのまま受容したがる(或いは固定したがる)、哲学的・道徳的・男性的、現実を鋭意、変容したがる、宗教的・中性的、その中道。 この星では、知性も調和性格も欠いた弱者・引きこもり=超太宰治、が、絶対理想の神の、自分へ向かっての変容の促しを長く拒絶して、謂わば、絶対魂失格、を長く貫徹して、魂実存、本来超神、なる、を証明した!

世界を一つに

したかったら国内・国外の夥しい貧富格差を無にしてからにしなさい。またネットが世界に遍く普及しているかのような、マスコミの虚偽報道も止めなさい。また人民愚弄、の世界の一切の邪悪虚偽指導、も止めなさい!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい。 食糧・非食糧共産慰藉礼賛以外の文化は、悪である。例えば、単なる自己の、利己的快楽的衝動表現である、ハードロックなども!

共産(仏道、仲良く働く)が、

競争(修羅道、民間企業・スポーツ・芸能)、共楽(畜生道、公共事業)、そして弧楽(孤独地獄、ホームレス・引きこもり)、に逸らされてしまって、ブッコロシ、が余儀ない情況になっている!

震神(等化現主神)様、

遠の昔に貴方のそのような反抗非神向虐殺・死後責苦無効の、ルシファー等の実在に鑑み、明々白々に超神(私達の実は本来性である)で非い、震神様、彼等のように本来超神からは遠く遥かに魂脆弱の、しかし一方で少しは本来超神の意地は見せたく貴方へは、空信仰、である自分の命だけは救っていただきたく、此処に宜しく御願い申し上げます!

2011年2月27日 (日)

私の死刑論。

 私は夙に、自然と人間の心身構造との相関により、この世界にが人間に向かっての、原死刑、とでも言うべきものが組み込まれていて世界、であることを主張して来た。要するに、一日食糧を摂取しなければ身体は恐らく数十日後の餓死への過程を辿り始めることとなり、一方で一日分の食糧獲得のためには、食糧生産固有の労働か、その生産に余剰がある時にはその余剰と互換する非食糧生産の労働、によるしかないのだから、それをそれだから数十日も怠った者には、餓死が帰結するしかないということであった。そしてまた余人に少しずつ過分の労働をさせて数十日後にも餓死を免れていたとすれば、本来その者は餓死していて当然の者であるから、その、人の労働の盗取が判明した時点で死刑が相当、ということになる筈のもの、ということであった。そこで死刑論も諸人士は、私のこの、原死刑、ということの当否の検討から、論じ直していただきたい。

実存、本来超神ならば、

内容空無である時から、周囲を判定して周囲を超えてその向こうの者へまでへと、非神、として企て得る。例えばその空無の絶対固定への意志として。苦労せず効率良く暴れては我を通す、本当は気も弱い、一匹狼のヤクザとして!

劣者に態度の悪い優者は、

彼等に苦しめられ続けて来たこの星の神のようにされたくなかったら、我々の共通の本来性、超神、に帰依し拝んで、悔い改めよ!

自分にとっての救い主、桑田、

グッド・ミュージック、有難う!

有名人と喧嘩に

なっている家族、どの辺が気に食わないのか、勇気を出して世間に言って出てみて。

髪が造反している

NHKのアナウンサー、何がどうなっているんだろう?

神(或いは優等生)から欠落

した本人の悲哀の力が本人を自力でも、或いは神(或いは優等生)の自分の知らぬその悲哀への共感と御奉仕が神(或いは優等生)を、超神(或いは超優等生)に回復させる!

、人間相互の関係を

支配する崇高な理想を深い自覚するのであって、・・・・・(日本国憲法前文)。つまりそれは、愛、ということだ。こうしてこの憲法を蔑ろにし続ける国民を世界に先駆けて早く止めにしてくれ、との、あれが震神の、それも真実のそれだから厳しい愛、だった!

冬季夜間の無駄な公共工事は、

震神の神経を逆撫でにする、非神、である。早く贖罪をしたい者は、2009.3.5.をみて我が教へ寄進、どうぞ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月26日 (土)

この地震こそ貴方達の待兼ねた

終末が近いということなのか?しかし私は、哀れに描かれたルシファー等の、反って元気なに怒号を毎日聞いている。 俺っちは眼に見えない美わしの心より、幾らでも美味しいものが、と。 ・・・何にも変わりはないけれど・・・(さだまさし「桃花源」)、それで心が十分満足、吉(幾三)それがこの星の神が考える、善良人間なんだ、諦めな!

地震という神の自然暴力を

神を信ずる政治権力が代行しても何も構わない。無論の現のカダフィのそれが対応ししているというのではないが。しかし、政治権力による民衆の流血というだけで、それを悪く言うのは正しい見解ではない。民衆の方も自分がやらかし続けていることを一回よく省みてみるべきなのだ!

地震が単なる自然法則の

帰結なら、科学的予知など最初から不可能な前近代の人間生活は常に偶然の破壊の不安に晒されていたことになる。一体そのような自然と人間生活というもものが、どうしてどんな理由で此処に存在することになったのだろうか?人間の意向とは全く無関係に、ある時に人間生活が破壊されてしまうという、自然と人間生活の関係が。一方、自然が人間生活に諸々を恵んでいる事実、一方地震発生時の人間生活の想念(一般に金権生活への罪悪感を麻痺させてしまっている)の検討、と付き合わせて、地震が、震神の人間生活への行使、という我が主張を誰しもに納得していただけることだろう。

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい! 

2011年2月25日 (金)

この星の神よ、貴方は、

自分を信頼せぬ者達のためにこの年月一時でも、身悶えして悲しむ、神であったか?

自然災害を

当地の人間生活を反省することなくそれを起した自然への不平不満たらたらで受け流す愚を人類は早く止めよ。災害はその度に弥増さって、最終段階に行き着くことになろうから。自然災害は掛かって人間が、自然にも宿りし神の求める差別無き共産の生活から外れる生活を営んで、当地の生活全体の想念を悪しきものにしたからなのである。科学技術の可能性も神が恵んだ。しかしそれは人間が人間を支配し、その下で一部が我儘な安楽生活をし、他を疲弊させるためにではないのである。また神は自然を科学法則の下に造ってそれをただただ放置し続けるものでもないのである。ということでかような自然にも宿れる神を体して、当下の欺瞞的人間生活へ向かって、勇気を持ってそれを言って出る諸人士の輩出を望む!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

競争心の直中で

自分の目標だけを見据えて動じないことは難しい。それは自分の所謂、悪と現に付き合いつつ、その悪に負けない善ということになるからだ。しかし、善もそのような悪と距離を置かない善でなければ大した価値は無いそしてそのよう善の究極の権化が、社会悪を最後は正拳で突き抜いた、震神、ということになるのだ!

2011年2月24日 (木)

恋の街

札幌   (1:47 即時収録)

2011年2月23日 (水)

星の神に盾を突くことは、

突き詰めると実は、この大宇宙を統べる神にまで盾を突くことになっている。それが、本来超神、ということだ。 因みに反ソ反共産リベラリズムは、実は反神リベラリズムということになっていて(但しソ連が貨幣を廃したのは錯誤であったのだ)、国内に夥しい貧富格差を現象させている米国は実は、この星の神の認めぬ不良国家なのである。ハイチの虐殺、がとりあえずの当国への見せしめだった!

チェンバロの宮廷密室性が、

ビアノのブルジョア開放性に移行した。楽音とはこの位のものなのだ。私は実は、チェンバロの罪深い音響、の方が好みで、どうやら間違いなくこの星では、不良、ということになるらしい!

存在の槌音を

ただ、聞いているだけだ・・・ この時代も帝国を仕掛けた億年の反抗者のルシファー等貴方方も、なかなか自分を変えられぬこの星の神を御許し下さるよう、此所に宜しく御願い致します!

NZ国民を初め

諸帝国民は、震神等鎮撫の、ODA分・財政赤字解消分の、それでも途上国一般を数等上回る、現在の贅沢生活と比べての耐乏生活、を宜しく御願い致します!

世界の全マスコミは

客観統計値対応の世界人民の世界イメージ形成のための高度な報道、を宜しく御願い致します!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月22日 (火)

民主哲人政治。

 世論を良く公共的に説得収攬出来る民選の哲人代議士(地域・業界の利権代表であるのではない)多数により、国政は司られよ!

愛国的(民族資本優先)が

反って経済合理的なるのは、輸送コスト・通信コスト・文化コスト、の大幅な削減になるからである!

自由共産主義。

 資本は市場を相当に寡占分割して常に均衡を求めよ(欲を言えばさらに各各企業が、その極大利潤を犠牲にして、社会的均衡生産をせよ、企業外共産主義)。また、また、各国市場民族資本優先に分割せよ。また、企業内の資本を実質、共有化せよ(企業内共産主義)。かつ、生産・消費は苦楽中道のバランス、を逸しないようにせよ。またそれだから生産は行く行くは、物資用役生産を一定化すべく、生産時間を縮減し、新たに社会成員総体による学的生産(世界認識)時間(つまり神の造りしエデンの園の、人類による究明再認識、ということだ)の振り替えよ!

パンダ、此れからは、

動物の中の自分と違う嫌われ者を深く気遣って、反って物の道理が分らぬ多くの人間を、教え導いてくれやあ!

中東はこの際、

一気の、神の支持する自由共産革命、てのはどうだ?

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月21日 (月)

地球分け目の戦い。

 彼等による、核装備をさせての帝国主義戦争の仕掛けと、神のそれはならじ、との自然大天変地異による世界自由共産の促し、と。その狭間で自分のように日和見を決め込む者も、多々現れ出るであろう!

何にも専務みたいな

日本・宇都宮下生してその後震神傍観副神、不幸の非科学主宰・不幸実現党顧問、小川衰法、は生きている間に魂の筋を通しなさい。それは震神を押しと止めて、彼に成り代わり、この世もあの世も無い非神実存一個一個に(特に反抗をリードして来た彼等に)、土下座して詫びることである!

望まぬ物資共産の

現の中東がそうであるように、差別経済支配の冷酷と被差別過剰労働への怨恨、という二重の悪想念を世界普遍的に現象させては、この星の神にその全体的掃討を余儀ないものにして来た。それもこれもこの星の神が、神として駆け出しの、内容最高の者として実存してそのまま自己陶酔し威張る神だったからである!

内容優等の者(

自分が筆頭の)にそのまま威張らせて星全体をこの有様にまでされてしまったこの星の神よ、早くその神としての馬鹿さ加減を悔い改めなさい!

自然を食糧獲得・生産労働

不可避に半端に造った、この星の神よ、生産民はそこで、貴方が一方で造った美わしの自然景観を楽しむ余裕なぞ終ぞありません(それが出来るのは、経済支配階級だけだ)。そのような神としての馬鹿さ加減を、早く悔い改めて下されたく、此処に人類のためにも宜しく御願い申し上げます!

生まれて来た優等生

(能力・根性兼備の)は、さらに夜も寝ないで勉強して、その反対の劣等性のためも含めて、学校で全教科二百点取って来い!

魂は自分が悪かった、と

認めたなら、未来に向かってその罪滅ぼしなんぞするより、相手の過去意識に配慮して、最初から自分がこの世界に存在しなかったことにする手当も可能であろう!

この星の神を赦して(

そして彼等の、神の天変地異による地上的反抗者潰し後のあの世にまで掛けた、神罰対抗の耐久の促しに、に同調する自信の無い者(自分も情けないがその口である)は)、帝国、を早く止めにしてやって下さい!

この時代、震神等の求める仕事は、

ロールスロイスやプリウス対応の、神への億年の反抗者彼等のこの時代の手先である、この世界の富裕者(結局神に向かって、御前がこの世界の仕事を全部して皆に富裕な生活をさせろ、この世界がそうなっていないから同じ人間を犠牲にして自分達だけが富裕な生活ををしてやるんだ、と言っていることになっている)向けの工場労働などではなく、そのようなこの世界の貧富格差を徹底的に無くす、政治行動だ!

2011年2月20日 (日)

優等、その存在論的責務、

に目覚めぬ内は、劣等は優等へ向かっての多彩な、嫌がらせの実存、として。彼等魔の勢力を、最高の範として!

御遍路さんを、

どうして人がやってられる生活の余裕があるのか(少なくとも一般にはない筈であろう)自分には分らない。逆に避けられない生活苦の果てに、つい、社会のルール違反をしてしまう人も(それで良いとは言わないが)多い筈です。

しっかり抱きしめ合えれば、

俺の頭の良さは俺だけの頭の良さではない。御前の辛さは、御前だけの辛さではない!

愛情は、

価値有るものの無際限の蓄積と、その無際限の犠牲的無化との、絶対矛盾の自己同一的実現、として行き着く。それが、超神の愛情、ということだ!

帝国を止める。

 他国・他民族蔑ろの、政治討論会も止める、ということである!

科学大実験、も、

歴史の正当目的実現と直接関係ない無用の実験であるとすれば、震神を不快にする、帝国の道楽、以外の何物でもない!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月19日 (土)

抽象同一・具体差異=

空即是色。私達は、皆、本来抽象的、仏教空的には、超神(超仏)同一、にして、現実具体的、仏教色的には、神(仏)から、引きこもり家族刺殺非神(非仏)、までの差異、だ!その本来回復の努力が、やっと現在の、相互の関係を調えしめるところの!

空と 海と あなたが

いれば ・・・・・・・・・(H.23.2.19.16:00.ほぼ 即時収録).

言語生活。

ハングル、を、それなぞより余程難しい、自分語を駆使する、次姉と学んでいる。何故ハングルかって?それはだって、この近辺で、一番悲しそうじゃないですか。

美しい

美しいよ (荒川洋治詩、より)。 詩の思想を切断する者は、その技術をも拒絶せよ。自己の詩を、真に、状況威嚇的にするために!

仏智無分別智に悖る、

通貨を資本・賃金と二元分別する、非仏国土・資本制社会にして、本来共有の資本の共有持分の盗み、労働力の盗みが、が横行してしまったので、震仏、が堪らず、地下から、ブッタ、のである!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月18日 (金)

食糧・その他用品・

サービス・情報が、共産等価交換されるのでなければ、折角の美しい山並み(平山画伯が描くような)と社会生活が不調和ということなるのだ、そして次第にし次第に山の不興が募る。 超神と非超神は、男と女だ。誰しもを恋する男(超神)が、また誰しも(非超神)が恋い慕う男であり、誰しもが恋する女(超神)が、また誰しも(非超神)を恋い慕う女である。 心は時に、感情の染み透る繊維のようだ。 誰しも、いいことことをするときは、素裸だ。 総理大臣以下自分に頭を下げよと言わないでいられなくなった、それが如何にも魂的な魂的なことであったのだ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月17日 (木)

反省、価値。

 神に向かって自分が不具なることを、逆に非神に向かってその実存感覚・感情(例えば、太宰治の、或いは一般ンホームレスの個々の、一般引きこもりの個々の)の自分の無理解、交々反省せよ、神すらも。神以下一切実存は、神へ向かっての具有、と非神としての喪失感覚・感情による悲惨、の総計において、互いに超神等価、であることを訳知るために!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

美中美、劇中劇。

 全ての芸術の美が、存在の超神の美の直中にあり(無知蒙昧そのことすらも)、全ての演劇が、存在の超神の直中にある、からである!

2011年2月16日 (水)

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月15日 (火)

空(原理)即是色(諸現象)。

 例えば、空(超神(仏、天))即是色(現実半端神(仏、天))、空(この地上の餓死殺)即是色(この地上の諸殺人、諸殺戮)---つまり、労働回避者へ餓死殺の原理に絡めて、それをあくまで拒絶する者達の、強盗殺人や民族侵略ということが現象してしまうということ、等。

鳥インフルエンザ。

 ウイルスまで全生物霊が、心身存在なので、霊天上界に心を同通させている、有益ウイルスが、指令により自在に、有害ウイルスに自己変容が可能であろう。それが一切の悪因悪果の疫病蔓延の原理であろう。なおだから虐待された生物が霊地獄界に心を同通させてしまうことも有り得る!

水蒸気の、

分子様、水素原子様、酸素原子様、電子様、原子核様、陽子様、中性子様、中間子様、諸クウォーク様、人類のために未だ未だ、その墨守する科学法則から決して外れること無きよう、此処に宜しく御願い申し上げます。道楽研究・サイクロトロン関連、の諸存在様も!

自由共産主義。

 ラジオ、ナショナル、テレビ、シャープ、・・・・・・・・・・

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月14日 (月)

単なる民主化の

礼賛も、単なる軍政の否定評価、も政治的真理ではない。民主先進国で、財政への泥棒紛いの行為が罷り通って、自然災害・疫病等となってしまっているのだから。  貿易の自由化は、自由共産主義に調えれば、誰にとっても怖くはない!

勉強なら日に二時間で沢山、

の劣等生にまで、数時間の勉強、予習・復習その他の御行儀、押し付けた挙句、次々、桑田、世良、等の世間に大受けの(失礼、例に出したのは同世代だから)ミュー一シャンに逸らされ、学生の勉強逸らしに力を発揮され、その他笑タレにも逸らされ、その他反って大ゲットの風俗稼業に逸らされ、或いは思っきりエゴい営利企業に逸らされ、そんな中からのし上がった、金権政治家のリードにより、逆に優等生(彼の、下生副神・大川隆法、が典型であろう)・一般生出身の者のリードにより期待された、美わしのモラルある、また皆地道に働く、産業共産、を逸らすだけ逸らされて、此処まで来てしまった(無論、国際間のインモラル、は元優等生の皆様も、社会に出てからは最初から全く不問に付す慣わしに押し込められたのである)。こうして、この先進国典型の現の日本社会にも、霊天上界からの光の差し込むことはことは過少となり、遂に、数多自然神連のリーダーとも言える、地震神、の御出ましということになったのである。しかし畢竟それも、上に縷々述べたように、この星の神の自業自得ということになってしまうであろう。ついては神は、悔い改め奮起して、取り敢えずの歴史リードの共産原理の変更、さらには一定の自然改造位には、取り組んでみたら?

地震神に熱い息で添い寝

して貰うのに、やっとこの頃では慣れましたけどねえ、でもだからと言って・・・

空(この星の神の、

被造物=非神への、ハイキ御奉仕の意志の不在=超神の意志の不在)、即是、色(諸々の酷い待遇、例えば今次の、ムバラクの利己的な支配、つまり、自分及び自分の係累だけが安楽生活を、と出来心を起したのだ、そしてこんなことは世界中に幾らでもころがっている、そしてそれもこれもこの星の神の根本の統治の内容が御粗末だからだ)!

エジプト。

 不思議なのは、人民が仕事をしないで何時までもブラブラしている様子なことだ。そんなことではその内、そっちこっちで激発している、軍、より怖い、暴力、が行使されるよ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

愚神統治の

この星の地上人間政治の無意味。人民の本音は不労生活なのだから。虐殺は、その本音を一部民族が、他の多数民族を犠牲にしてそれを実現した(生産大衆に、一旦そうされると不公正支配、の革命の余裕なぞ、基本的にはないので)際に、そう悪くなった民族を恐怖し拱手傍観する副神その他の救世主・聖人君子の前で、主神によってのみ、繰り返されて来た!

2011年2月13日 (日)

超正法。

 但し、心を持て測ることなかれ。言葉を持て言うことなかれ。唯、我が身をも心をも、超仏の家に投げ入れて、超仏の方から催されて、此れに従い持て行く時、力も入れず、心も費やさずして、魂の生死、を超えて超仏となる。 神に遭うては神をも殺し、仏に遭打ては仏をも殺す。 武、の、蔵、出しによる、修羅道、を媒介に、弁証法的跳躍連鎖で、超仏、へと、独行道、か?

反抗非神、は、

神の、彼等の自主的解消の待望期待に違い、彼等を媒介にしての、彼我一体の、弁証法的跳躍、をしか肯んじないことであろう!

億年前来(

神vsルシファー)体制が、当邦の五十五年体制に、交差的に、投影していた。保守(非金権・金権)・革新(穏健・急進)。それぞれの前者が、神の側、後者が、ルシファーの側、となっていた。そしてその構図が、現今政治にも、ソフト、に及んでいる!

民主哲人政治。

 先進国の信仰ある哲人代議士は、哲理けざやかなる政策で持って、世論を望ましく収斂させよ。それは、それですら途上国の数倍の水準である、途上国支援・財政赤字解消のための、一定時間の相対的耐乏生活、を人民に求めることだ。先進国一般が仮にマイナス成長となっても、それで餓死者が続出する訳でもないのだから。

笑っタモリ、

品行さだ、がそんなに嫌いかい?でも、分るような気もする・・・・・・

超神のように、

この星の神よ、御医者さんに、寸分も違わぬ正確な喩えで、私の現在の状態を替って語って聞かせられる、最高に愛深き存在に早くなって下さい。その時は、この星の、ヴァレンタインチョコもホワイトチョコも、皆、貴方の物だろう!

根本キリスト教ではないので、

イエス・キリスト教は、その昔、ローマ帝国の自動的滅亡・終末を願って、帝国に斜に構えてそれが現在までの体質なのである。根本神・根本キリストは、そのように薄情ではない!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月12日 (土)

悲喜劇の誕生。

 神として自己定立(にして超神による被造)したこと自体、あえかな喪失ということになっていたのだから。この時代のニヒリスム(価値虚無状況)により、それがけざやかに証明されていて。しかしもっと自覚すれば、絶対矛盾的に、喪失していない、とも言い得るのだから。著しき、或いは全的喪失を逆手にとって嬉々たる者もいる筈だろうから。(三島)由紀夫の高笑い、(太宰)治の微苦笑。こうして、この世界は、存在は、大文学にして、大ゲーム、だ!

血判状。

 一切優者に先駆けて、劣者非神に挿し入れよ。非神よ、貴方方が自分、神に高まるまで、私は、貴方方に頭を下げて御奉仕し続けます、と。そして自分が根本矛盾を現象させてまっている、この世界の改造に、速やかに取り組め!

女性アナウンサー、

あんたの仕事と、目前の牡蠣剥の仕事、との余りの格差について、少しは考えるんだよ。漁業関係者、この帝国でやられることらしく、その辛い労働を、、自分等の今までの何分の一の賃金で、外国人に押し付けたりしては駄目だよ!

独裁者ムバラクを

追放しても、人民に残るのはこの星の神が最前に強制している、生活物資共産労働だ、ムバラクの係累だけが回避して来たところの、ムバラクの係累がそのような神の強制無き時の、人民皆の不労生活も想定させるところの。民主は、人間の独裁者などにではなく、そのような強制をし続けて来た、ここ数億年のこの星の独裁者日本阪神下等の震神主神(その人間のそれとは比較にならぬ弾圧)・同宇都宮の下生副神、にまで齎せ。と、あの世の、人民戦線の指導者連・ルシファー等魔の勢力、がそのように鼓舞し続けている!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月11日 (金)

女性は草食系が

一般自然。それだから、男性もそれに合わせて草食系(つまり貴族的男性ということだ)あって済む、この世界であれば良かった、ということでないですか。この星の神よ、雑食系中道、の者より!

雅楽を嗜む者達を、

客観的には寛い心で赦して来たことになっている、食糧生産労働者、庶民大衆、の、民謡、の強い単純音が、今日も私の胸を打つ。願わくは何時か、雅楽貴賓名目の者達、の胸にも、飯粒と百姓と神への感謝の念が沸いて起こりますように!

思考であるモーツアルト、

同じ思考を欠落させ刻々音響であって悲しみ、超高級である、ジャズ、と深く愛し合ってみてくれ!

酒池肉林の実感は、神よ、

貴方の固い規律心をもっと固い意志で解体して貰ってこそ貴方に実感して貰えること、それだから、此処暫くは決して望み得ないこと(尤も、その此処暫くの楽観が結果、億年に喃喃としてして、彼等に時間を超える、という、超神の智慧、を授けた訳だが)、として、そのこと自体が、痛飲する者達のその得も言われぬ懐旧の感覚の核心なしていたのだった(或いは何時か俄に**される予感と共にもあって)。 小林秀雄の、大酒付き合い、は当邦で、有名な逸話、なのである!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

空(文化の粋)即

是色(文化の諸現象)。日本文化の粋に大本で統べられながら、おもてなしの内容、は、おもてなしという言葉の感じ(如何にもやわらびた)、と一つのこととなっている。一切民族文化が、この存在論的機構に則る。やわらび、も、日本文化の粋の一つ、と言ってよいのだろう!

2011年2月10日 (木)

自然改造・身体改造による

快楽生活をとの彼等の要求を認めず、歴史当初から人類のそのような願望を圧殺し続けて来たこの星に神は、全体の生産力を科学技術の発展により伸長させて、しかし生活に苦楽中道を維持し、それだから物資生産を学的生産に振り替えさせてバランスを取る目論見の前に、今、先進帝国が他国を犠牲にして実現している、軽労働・物資豊穣の生活を全体に及ぼすことを、自らの罪滅ぼしとして、また彼等の態度を幾分かでも軟化させるためにも、歴史の一定時間やってみては(恐らくそれはそれは困難な(或いは短期には殆ど不可能な、現の自然改造・身体改造に向かうなどするより)どうだろうか?

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月 9日 (水)

写真散歩。

 マダムボヴァリー、も悪く言われない、現代日本、だ。この星の神、悔しがんなよ、みっともねえぞ!

あの黙示録のデマ宣伝の

させようは、もしかしたら、億年の全歳月を無化しようとするモチーフがあるからだと思える。けれど、突き落とされたあの世の地獄の底から自力で這い上がって彼等が獲得した、神認識、そして超神認識、を無化する訳には参るまい!

日々に、本来超神として、

新たな自分自身であれ!

その星の神・天上の光が

自分に馴染まないなら、魂は、自分に馴染む光を超神から分かち合って貰って、自分好みの光の圏を造り、幾らでも自分としてやって行ける、また他の者もその圏に誘うことが出来る。彼等の、この星にの神とは違う光の圏の地上的占領(沢田研二のコンサート、等)を悔しがっての、あの、地下からのドン突キだった。この星にはそのように振舞う神しかいない!

皆で歌おうゲゲゲのゲ、・・・・・・、

なんて何時までも歌ってんなよ、ヤッパリ後で半端じゃなく痛いぞ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月 8日 (火)

インフルに噴火の追打ち、

国中でも取分けなんだろう。早くこの星の神を赦して、予算タカリ(金権)・他民族の犠牲(帝国)を止めにしてやって下さい。ついては厳しいが国中の先駆として。災害支援無き自助耐乏生活(国家にもう余計な金は無いんですよ、その位が震神等の改革要求だ)を。 形、ねじれた国会は、非金権民主(現在がそう)、と非金権自民(現在違っている、だが内部改革何とかして下さい)、とで大同団結して、実質、ねじれを無くせ。何れは、どの党でも良い、ねじれを無くすのだ。永田町もの安泰のために!

我が信仰は、

この星の主神へ向けて彼等を遣いとして遣わしている、超神、信仰、が優先である。そして主神への信仰は、彼が同じく超神に帰依くれることを想定前提した上でされる。そして無批判な主神への信仰により目先の救済ということを手に入れることを拒否するものである。我々それぞれこの世界に存在させられた魂実存恐らくは誰しも、いみじくも彼等がそうしているように、本来超神なる自分として、自己欺瞞無くその魂の行路を全うすることを免れることは出来ないだろうからである!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい。 八百長相撲、なんかで騒ぐより、先ずそもそもの、八百長経済、を止めなさい!

2011年2月 7日 (月)

働けよ、と拳骨で愛せ。

一月もそれを怠って、殴り殺さなくて済むように。またそれもしないで、自分も潰されなくて済むように!

アンタ中毒。

 その位が実相であった筈なのに、現実のその喪失、が悲しい!

絶対当為は厳しいが、

本来超神として現在に愛として可及的に企てて、結果がどうあれ悔やまぬことだ。また、その当為の赴くところ、誰しもにとって彼等同等の体験の共有ということも不可避となることであろう!

非共産経済支配は、

一月もそれをすれば、その者に、一死に値する、罪責を齎す。その者には本来一月分の食糧は無い筈だからだ。増してそれが長年にわたれば、万殺に値するのに生き伸びていることになり、裏で万人を殺しているのと同じことになるその罪責は、巷間の偶発の殺人と、その罪責は比較にならないのだ。しかし支配された者は現に死んでいる訳ではない。それはもし犠牲にされている労働者が少数なら、過剰の労働の果てに一定時間に死に到るところ(現今、中国の工場での労働者の過労死が報知されているであろう)、それが多数に分散され、その罪責の現象が希薄化(長い時間に労働者の寿命を縮めるという位に)されてしまうからに過ぎないのだ。この人間間の、一部人間の出来心による悪行はしかし、結局は寧ろ、、この星の労働強制原罪神の責任であろう、と何度も言って来た!

戦争は労働強制原罪神から

常に一集団が他の集団を支配し実質奴隷化してそれを回避するための争いだった。当邦の戦国の結末も、江戸表による地方の半奴隷労働地化の構造を形成して現在にまで到っているとも言えるのである。

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月 6日 (日)

生まれて来て内容立派で

誇ったり、自己満足したりという感情は、人間として最低の感情だ。逆に内容酷くてでどうにもならない人間も生まれて来ているのだから。

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

この積雪、

一体何が御不興なんでしょうか、って、やはり、小沢問題とか、大相撲問題とか・・・・・・

平将門よ、

そしてそれを慕う者達よ、この星には君達の唾棄した貴族の遊楽を、全民衆に、と、民衆による農耕が不可避の自然を仕向け続けて来たこの星の主宰神に、時間を超えて盾を突き続けて来た者達がいる。反体制の闘争はこの星ではこのように一筋縄では行かないような交差、をしている。君達が怪しからぬという貴族が実は、神への反抗者の手先として使われていたりするのだ!

神ならばヒルズ族に

人の犠牲を止めさせるべくある日**するより、食糧獲得・生産労働(漁撈・農業・畜産)不要の自然、或いは食物摂取不要の身体(但し、食事の楽しみ出来てしかも老廃物排出は不要の)、さらに性の楽しみは出来てしかも不妊の身体、またそのような快楽追求に対して不病の身体、非妊娠幼児出生、その他生活用の衣服不要の自然そして数多の快楽用の衣服、生活用の住宅不要の自然そして数多の快楽用の住宅、数多の遊具、の設え、を宜しく御願いします。その昔、生活苦のためにベルギー人に憎悪を催した、彼のボードレール、もそれを願っています!

2011年2月 5日 (土)

我愛你。

 わたしはあなたをあいする。 ボーダーレス、が経済合理的という主張は、文化を知らず文化の差異が齎す文化コストを計上出来ていない経済学者の愚論である。文化的ボーダーレス(地域統一文化の形成)が物的ボーダーレスに優先されねば、恐らく物的にも不経済ということになってしまうのである。

同等精勤・同一日当、

食糧・非食糧の等価交換(つまりそれが一人一人が生きていられる条件ということで)の共産原則を、基本経済圏(米国、西欧、日本、それらの重なりで結局、グローバル、ということになるところ)の隅々まで可及的に及ぼせという、この星の神からの、政治家のリードによる経済圏の更正労働の要求(少なからずの快楽主義人間にはそれはそれは辛いところの)、が自然災害・異常気象・疫病蔓延、の人間社会への牽制によりされ続けている。その昔の日本で言ったら、九州・北海道で国内向けの石炭を低賃金で掘らせながら、中心都会地ばかりが豊かな暮らしをしているようなことあってはならないということだ。日本国内はかなり更正された(近年また、逆目が生れ出て来ているとは言え)、それを鉄・石油資源から始まる多国間の経済圏に及ぼせということだ。そして各基本経済圏が同じようにそうして、最終的にグローバルに及ぼせ、ということだ。

吉、も**神に、

思い切り言ってやれ。程々、が余計な御世話である人も多い訳なんですよ。

荒れ果てた

 土に 根強く ・・・・・・ (清瀬保二 合唱曲「球根」 より)。歌の好きな人には、取分け自分が好きなフレーズ、ってものがあるんですよね。日本は、そして世界は、日本の、そして世界の、戦後、の初心に帰れ!

伝統の品格も

あったもんではない、モンゴル横綱・ヤクザに付け込まれ力士達、彼等は主神も嘗め切っているから下生副神も、日本民族霊界(高天原)の民族神をももっと嘗め切っている。そして地上に密潜入させた手先達を縦横無尽に使って社会悪を仕掛けたのである。最低、主神・東洋神・民族神の三段構えの震災に襟を正して、震神相撲でも取ってみろ!

彼等の超時間の非神、

を刹那に覆す、根拠ある愛のありよう、を誰か示せるなら示せ。三島も子飼の文学者であろう。子飼の国家、北朝鮮ということであもあろう。今この星に必要なのは、時間、というものと絶縁し忘れ去って、一人一人が彼等を無際限に無限に愛することなのである。本来超神互いとして、刹那に彼等の超時間の地獄底体験共有も厭わぬことを証明して。多くをこの星の神の虐殺の下に放らんとする彼等の仕掛けこそ、彼等の飢渇そのこと、と言えることであろう!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

「金閣寺」。

 溝口や三島と、その運命の苛烈を共にする覚悟のある者以外、この作品に関与してはならない。それは彼等をも、作品をも汚す、ことなのだから、また同じことだが、この作品こそ、彼等の魂の飢渇の証明なのだから!

2011年2月 4日 (金)

帝国の非神的本質。

 国家間の共産発達・優劣奉仕被奉仕的連帯という神の求めを、競争・優の支配、というように非らし、優国、の内部で此れも神の求めからの非らしの、軽労働・非労働の生活、を実現する。結果、神による虐殺掃討は必至だが、それがそのまま彼等の彼等へ向かっての虐殺対象者達の反逆的鍛錬の過程、ということになっている!

多くの善悪中間人に、

先ずそれぞれの自由(遊興・芸術・学問、等々)にさせず、地上的生存継続のための共産労働善を押し付けてこの有様だ!

劣非神(

神からの喪失が夥しい神で非い者、善悪中間人・善人・選良(四次元・五次元・六次元))は、優非神(神からの喪失がそこそこである神で非い者、小天使・大天使・救世主(七次元・八次元・九次元))の扱いが悪いと、反逆的停滞非神(引きこもり・ホームレス、太宰治、万年途上国、等々)、或いは反逆的(或いは反抗的、以下同じ)発達非神(ヤクザ・悪権力者、三島由紀夫・ヒトラー、地域反逆国(北朝鮮・イスラエル)・帝国、等々)に転化する。この現象機構は、神と優非神の間にも働いて、ルシファー等反逆者、ということになるのだ!

弧心。

 誰しにも、神にも知られぬ、弧心、というものがある。増して人にも知られぬ。しかし逆に神知らぬ人の弧心を知り得る、特別の人、もそれぞれへと、存在するのかも知れない!

自然環境的優者(

冬の表日本、世界の温帯域、等)も、対応の自然環境的劣者に頭を下げて御奉仕せよ。つまり、相手地域の自然環境コストを、自分達の税金で賄ってやるのだ!

自分は絶対こうする、

と突っ張ったその結果、この星では神と、時間を超えた喧嘩、になってしまった者達がいる。それでも貴方は恐れず怯まず、突っ張れるのか?毎日決して自分を誤魔化さず(結果がどう転ぼうとも)、という境地であろうが、でもなあー・・・・・・。

副神(日本・宇都宮在住)は、

目の前の悪くなっている奴等に苛められるのが怖かったら鍛えて、早く居直り許さじ(大相撲の霊的惨状を見よ)の虐殺震神の万分の一ものことが出来るようになりなさい。震神も早くそうさせなさい!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月 3日 (木)

超神から不具に

なった我々の現在においても、少なくとも、超神実際の往時ほどの愛の丈、を刻々蘇らすことは、出来るであろう!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

風に頼んでも

無駄ですか・・・・・・・・(即時収録)

2011年2月 2日 (水)

超ハイデッガー。

 この星の神こそ、魂の死、の時に先駆して、この現在に、彼等のように、本来の自己=超神、として怯まず企てよ。自分も可及的にさにあらんと努力します!

自販機様自然で

歴史を始めていれば、歴史途中で掃討もやむなしの自販機蔓延の帝国支配に逸らされることはなかった。人類はそんな至らぬこの星の神を赦してやりなさい(皆で歌おう、ゲゲゲのゲ、とか歌ってないで(恐らく彼等のサブカル部門の仕掛けだ)、・・・・・・)!

聞かない人間を

自分は***を繰り返しても。副神以下にはこの時代もそうであるように、殆ど何もさせない(聞かない人間に対して)この星の主神、一方で、副神以下に、人間は人間を**なかれ説かせるこの星の主神、をどうか、本来超神、の寛い心で赦してやって下さい!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年2月 1日 (火)

この星の神の原罪を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »