2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

原罪神(

自分ばかり全知全能の内容を取って、然らざる非神、に少しも態度を調えなかった神、その結果、人間に共産労働を押し付けてきた神)への報い(この時代も、近いうちの歴史の断絶へと追い詰められている)は、まだこんなものでは済まない(済まさない)と。超神も、彼等も言っている!

私的言語。

 神よ、公的言語の他に、発出るすると不定時制(現在でも過去でも未来でもない)・不定判断(肯定でも否定でもない)、となる、乳児語と聞き紛うばかりの私的言語の創出・使用、を御認め頂きます!

優勝も時の運。

 対戦相手の特別の事情だって有り得るからだ。特にランク格上の相手に勝利した場合など。

KAWAI、

可愛い女には、聞かなきゃ最後は**にする位の気で基本、筋骨も心も逞しい、百姓女・漁師女にするつもりでずっと来ているみたいだよ。誰が?って、それは・・・・・・

数が空間を作り、

(1,2,3、・・・、→、一次元、二次元、三次元、・・・)、空間が数を作る(一次元、二次元、三次元、・・・、→、実数、複素数、三元数、・・・)、・・・・・・。無限が次に、無限番目の無限を作る、・・・。この数・空間試行の、極限無限回のそれによる、数、空間、を極限数・極限空間として、我が三次元宇宙を包括する極限空間(そしてそこに、極限数個の実存を含みこむ)、を絶対宇宙として想定して置く。真善美という価値三点体、を超えた上述の極限空間に展開した価値多点体価値が、上述の絶対宇宙に纏い付いているものとしておく置く。霊界・現界(地上界)を、[0,1]、と対応させ、上述の極限数にまで展開して、界構造と為しておく。基礎粒子の内部に新たな宇宙が開けているというフラクタル順序構造を、同じように上述の極限数に展開して置く。以上の空間の議論を、時間・空間、ということを超えた、多様間結合、に展開して置く。以上一括肯定存在、を上述の極限空間の原点となし、その原点肯定存在に、それを囲繞する極限空間から殺到する非肯定点による、弁証法的動態を考えて置く。以上をさらに一括存在となし、その存在の、非存在的変容の動態も考えて置く。以上をさらに一括存在となし、此れを、超神の然らしむる、存在、と言う!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月30日 (日)

悟りたる者も、

然らざる無明の只中の者に、頭を下げて御奉仕するんだ!

非るい奴等が

怖くてノータッチ、の信仰非主神、自分だけが、天変地異自然災害**(それは何回の**に匹敵するのか?)タッチ、の主神、の相も変らぬ構図ではもう駄目だよ!

負けては悔しいが、

勝っても空しいぞ。御互い満足出来なければ。そこで自分を、存在の最勝者にしておいて、何の挨拶も無く、何の態度の調え無かった、この星の神が、その**さ加減を、取分け反抗強い者達に、鏡に見せられたのである!

派遣村で椀一杯で

食い繋ぐ御仁達に、彼等反抗者なら、この世界を、一切六本木ヒルズ、にしなかった、この星の、地面下地震神、の責任であることを、トックリと論証して見せて、彼による虐殺堕地獄後に、彼等の解放区に同じ反抗者として誘う肚なのである!

何やってんだー・・・

 反抗です。そして貴方が合わせれば、自己犠牲の自己転換です。その昔なら、貴方にもほんの容易かったところの。ポルノチューブに、急に、極太新鋭、として登場して。弁証法的向超神深化(自己否定を媒介にして、より深化した神へ)、を企図することとして!

労働強化=苦即楽。

 物理的・人的(例えばヤクザと一緒に働く)強化。時間的強化(不眠不休を目指し、長期間(七、八歳頃から、百十歳から百二十歳、位まで))。報酬的強化(粗末な物を食い、性的に禁欲し、粗末な物を着、粗末な家に住む)。心に強い深い愛が満ちる。神までに、そして神を超えた者までに、到達するんだ!

湯浅授業、

あの世のミレーも一緒に受けようね。落穂拾いの民、は、風景、であるばかりではない。 

テレビは今、神の基準労働の

漁師の妻達、のだ。パルコギャル達、流石に彼女等、君達と対照的に健康色だよなあ!

理想政治家の不在が、

各界の理想指導者の不在をも推測させる。また一切を指導する筈の思想界の理想指導者の不在をも。誰か何時かこの、不在(一つの否定態だ)、を止揚出来るのか?

国政は速やかに、

国会のねじれを解消する手当てをせよ。ついては、民主は非金権指導部が、より現実味と責任感のある政策を練れ、一方自民は金権指導部を如何にかして覆滅せよ!

政治家の皆様、

さあ、新たな自然災害、起こりましたよ、どうする?

職人芸物は、

それは眼に見えない、また作物からも容易くは鑑別出来ない、職人の心をも報知せよ。一切劣者に頭を下げて御奉仕する超神(つまり、弟子にそうする親方だ)の心、そして技量には、誰も到達していない(この星では神も無論、程遠い)のだから!

格闘技一番でも、

ボスに不満を持って覚悟決めた反抗者を、自分の思い通りには出来ないぞ!

日本のお百姓さん、

此れから春まで、休日返上で、種籾の消毒、なんだと。どーにも!

海や今、人間の住んでいない

土地を、持ち前の神霊超能力で、人間が一切働かなくて済む、ユダヤ教に所謂エデンの園(食糧獲得が軽労働で済む、貴方の考える、それ以上の一定の労働負担による原始共産状態、のエデンの園、新エデンの園計画に所謂エデンの園ではない)以上の楽園、超ユダヤエデンの園、にしてみたら。そして一番貴方の労働の仕向けを忌避して、経済の階級支配に及んだ者達(平たく言ったら金持ち)を移すことにしてみたら。序に順々に自然内に人間の空きスペースを造っては次々そのような楽園にして、全人類を収容することにしてみたら。

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月29日 (土)

反って環大西洋(

件の海没アトランティス大陸眠る)を御勧めします。輸送コスト・通信コスト・文化コストを大幅に削減して世界公共に貢献するためにも。環太平洋では疲弊するアフリカ・中東に背を向ける身勝手な発想になってしまうのだから。 日本経済圏ならとりあえず、(日本本国、資源(中東、豪・印・ブラジル)、製品(米国・西欧)、)の支配構造を変えるべく低賃金資源国の賃上げを果たさせ、円満な共栄圏を造ること、行く行くは資源でも製品でも非アジアから撤退して東世界を形成して行く。同等の論理を、米国経済圏、西欧経済圏、に展開する。上の環大西洋は、両経済圏の交差の下に成立する。

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月28日 (金)

超!

 自分は本来、神を超えた者で、その者へと、無限に超えて行きます。 この時代、高名な免疫学者が、有閑生活が人を身体の癌にすることを証明した。次々と明らかになる、この星の神の労働ファシスト性、その災害弾圧・疫病身体病弾圧の実態(科学で対策なんて無駄な抵抗だよ)。ベースは餓死可能性による労働の強制だ。きっと彼には、おいしくなかろう、この星の神と此れからもの付き合い、件のコピ-ライター氏はどうする? こうして私達はギリギリのところで、自分の本来の者と共に、孤独であって孤独で非い宴を張るしかない、時にそれも神の最根底の強制である、存在、という超存在性、も拒絶することすらある、超神という超超存在者(超存在を選択することに先行する者)、だ!

帝国のヒルズとは、

彼等の霊界解放区に同通するこの地上の解放区だ。被差別労働者群を、神の圧制の証拠の見せしめに疎外して。霊地獄界にも、居直って強力な彼等を筆頭とする快楽主義解放区の側に、差別され疎外され怨恨を滾らせた悪霊群が存在していることだろう。神の掃討による堕地獄後、一括、この地獄の構造に組み込まれりことになっている。こうして地上は彼等の仕掛ける解放区策動に席巻され、神天上本来由来の、自由共産主義者は、神による、彼等由来の帝国主義者掃討の時(阪神淡路、四川、青海、チリ、ハイチ、ブラジル、・・・・・)まで、極少数・極狭領域に疎外されてしまうのである。かように双方からの地上の領域的奪取の争いが、此れまで延々続けられて来た模様である!

他の星からの派遣労働者(

神・非神を問わぬ)一切を知らない内にやって貰えば、この星固有の者からは、一切の労働臭を、脱臭するために!

純文学とは、

中原・小林、のような、自分達の、その星の不良、の自覚、を言葉にすることだ。 金持ちパトロンも、囲われる芸術家も、この星では、不良、だ!

ユニクロすら買わず、

実際の人付き合いもあまり広くはせず、服をまるで人間のように思いなす(つまり古着は年寄りだ)特殊の服飾観により服飾費は過少である。一方に近くにコンビ二があり、配食もして貰い、決済はネットでする。その他諸情報はネットで手に入れる。家電は一定の物が揃っている。自動車・バイクはある。日給制の仕事が少ない時は、家で勉強をするので、収入は決して多くはないのに、自分の言った物資用役生産・学的生産の混合の、未来生活の先取りになってしまっている。いいもんですぜ!

競争は利己的なので

悪である。一人一人自分なりの地道な進歩・向上を求めなさい。またそれより先に、優者が劣者を支援しなさい。例えば現帝国が帝国を止め、此れまでのその被支配国を。またそれをそれぞれ怠らぬ限り、皆、生活水準は同等である(決して快楽過剰にならないように注意しながら。それだから快楽過剰になりそうな時は、物資生産を一定にしてその生産時間を縮減し、学的生産に振り替え、物的・学的総計の生産時間と、快楽物資とをバランスさせて行く。そして行く行くは、人による物資生産時間を全く無にする)。自由共産主義・新エデン園計画(生態系パッチ計画)!

ブラジルやらの新興経済国は、

同じくこの星の神を赦して、先進帝国追随、を早く止めにしてやって下さい。全く利己的な富裕層を羨み、さらには恨む、非富裕層の波動に、自然(神)が感応する。つまり一国が、神と自分の提唱する、自由共産、から大幅に外れてその報いなのだ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月27日 (木)

勉強しないで

受験合格。苦労嫌いだけが神とは違う邪神の方が・・・、顔を顰められないで済む。 無論、超神なら変幻自在に神だ。 魂は時に向上なんぞより、一切価値ゼロに居直り続けて見ろ。誰しもの本来の、超神、が露見し始めるだろう。 傍観副神以下の見ている前で、独り、反抗者群の虐殺を繰り返すまでに追い詰められた。 それでも誰もが唇に歌を持て、無心な音の連なりが何時も、貴方の心に、なまじの神などより(超神の在処で、音も神も等価だ)、希望を沸き立たせることであろう!

慕情(ラーヴ)体操。

 毎日、件の低IQ次姉、とやっている。彼等にこの年月、モーションを掛けては断られ続けて来た、この星の神にはうってつけですぜ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月26日 (水)

神とエデンの園の

超超存在的実存(概念実存(時間、空間、・・・)、事実存(愛、政治、・・・)、物実存(物質粒子、生物、動物、人間、・・・)、の総体)が一々が、神類として、存在として、超存在させられ、非神類として、無、として、超存在させられている、その神の強制の、その類性、超存在性、の根底から、無償に、非(神とエデンの園)と企て(非(神類、非神類)類、として、非(存在、無)として、超存在する、などして)、究極は、乱舞して、そのような弁証法の旅程を歩む。超神力。現時の、彼等の、有償(つまり現に自分が我慢ならないからという理由があっての)の、非共産、なんて可愛いもんよ!

賭博は一つの快楽である。

でもこの星の神は、そのような快楽三昧、認めていないんだよな(誰だ、ケチ、なんて言っているのは?)。でも、あんまり悪者にばかり言わないで。因みに脅し取るのも、それが国民の払っていない税金や保険料だったら、神もこの状況ではあんまり悪いとは言わないであろう!

ヴァイオリンもピアノも

農夫の心を掴み損なっても、君達の責任ではない。何しろ君達もやはり、、君達自身も、その生み出す音一つ、一つも、神や人間や生き物と同じく、魂、だ、と遂に証明するのだから!

心に愛を

持てるだろう ・・・・・・・・・(即時収録)。

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月25日 (火)

自動調整。

 災害は税金や保険料を払っていない(帝国の償いのためのもっともっと積極的なODA予算分・財政赤字分)国民の消費生活を、本来のそれへと減縮する意図に出たものだから(そして国民の消費対応の企業収益に課税すれば簡便決済となるであろう)、徒な被災救援予算を組む、愚、を政府は早く止めなければならない。また国民は、マイナス成長ではまるで国民が次々餓死するみたいな幼児的思い違い、を止めなければならない!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月24日 (月)

愛、とは、

相手のためになる、忍耐、をすることにより、自己の芯に、究極の魂の原理(神がそのものでないが明白になっているので、それを超神、と私は言っている)へ向かってのより深い情を滲出させることだ。この星の神は、非神、に向かってその、忍耐、が足りていたのだろうか?

伝統文化。

 それが階級的であるという原理的欠陥を自覚出来ず、その後の具体努力の全てを人間に向かって空しいものにしてしまった文化。クラッシク、伝統工芸、伝統演劇、・・・・・・。

働かない金持ち達(

四川やハイチやらと違い、この星に神に未だ生かされている)が彼等の億年の主張を態して、自分が働かせている労働者を今すぐ自然の一部にして、自分達が悪者に言われないようにしろ、とこの星の神に要求している!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

自由な国はいいなあ。

ノータイ・ノーワイシャツ・ノーシャツ・背広(つまり、素肌背広)で、既に超超クールビズだった、ロックンローラー、が優にやって来れた・・・・・・・・・

錯誤。

 教えるとは、常に、相手に頭を下げて御奉仕することだ、と、この星では弁えられて来なかった。未だ分っていない者のそのまま行ったら限りなく辛くなる魂行路のことが、自分が自分体験のように事前に痛いほど想像出来て、教える、ということなのだから!

今、此処で、出来るだけ、

自分自身でありなさい、その結果としてその後に、自分が、何所へどの位の時間連れて行かれることになろうとも、頓着しないほどに!

ガッツリメシ(

この日本で流行っている、メシを思い切りテンコ盛りにする)が悪いのか、貴方が悪いのか、それが問題だ!

2011年1月23日 (日)

転寝の夢は、

中学の頃、恰も受験会場で自分より能力のない奴に心無いことを言った自分を窘めてくれた、英語のO先生、との、今は年老いた、O先生との再会の夢だった。今ではそのような心無さが、その者の存在する星の、運命すら左右するものであることが、自分にも痛いほど、分る!

貴方の目の前の食物を

貴方に提供してくれた生産者に貴方は貴方の仕事返したのか?もしそうなっていなければ、貴方の社会存在性は一見明白に悪であり、またそのような貴方がその社会に罷り通っているならその社会自体が一見明白に悪であり、また貴方の人生は貴方という主観が語るところと客観は違っていて、先ず自分が他の社会存在を犠牲にしていてその自覚無き者の人生、ということになってしまうのだ!

非(エデンの園)。

 こうして我が神と、自分の(エデンの園)概念、とユダヤ伝承のそれ、とが逆立することが誰にもよく分ったたことであろう。そこで現の帝国域を初め、歴史社会の階級支配領域は、我々の概念での非(エデンの園)=非共産解放区であったことが誰にでも分ったことであろう。無論それをこの地上に霊界から仕掛けたのが、反抗非神=悪魔、群、、魔の勢力、のルシファー等、だ。こうして、大震災・同時多発テロ以来の、少なくとも世界の帝国部分の神による虐殺掃討の予言も、多くの人に説得力を持ったことであろう。こうしてこの星の人類歴史社会は、神による新エデンの園計画の推進と、彼等魔の勢力による非(エデンの園)邪魔・歴史断絶への追詰、の鬩ぎ合いだ!

エデンの園。

 現実の歴史は、採集・狩猟・漁撈の一定の原始共産労働によって原始人に始められざるを得ず、旧約・創世記のように、エデンの園の諸々の木の実や果樹を、軽労働で食用に供せるようには恐らくなってはいなかったであろう。古人類学の成果が、エデンの園の伝承を支持したと言うことは、あまり聞いたことがないのである。そこで此れは私は近代以前の西洋人を歴史認識的に拘束してしまった、ユダヤの誤伝承であろうと思っている。現実は、ユダヤの伝承では楽園追放後に、と書かれてある、自然に働きかけてかつがつ生活する状態から始めさせられたのである。そしてこれは、神が、その生活を介して、人類成員一人一人に、自分同等の類的存在の共産労働心(だから神も人類と共に働く算段だった)を培わせる意図に出たもので、此れを人類史の営々通底する原理たらしめようとしたのものなのである。そこで自分が神と共に所謂江エデンの園とは、誤解無きように言っておけば、ユダヤの伝承のそれとは違って冒頭述べた、歴史の原始の、共産労働状態、を言っている。そして歴史を究極、推し進めてその帰結として、その原始の状態を再現せよ、と此れも神と共に言っているのだ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月22日 (土)

劣者には、

自分に頭を下げぬ優者、は限りなく不快で、何も教えて貰う気にはなれない。無論、彼等もそうだった!

一人当たりのGDPが

肝心であるのに、世界の全マスコミは、単なる人口大国に過ぎぬ中国を、経済大国と言うのを止めよ。中国GDPが、何時、日本GDPの、十数倍(その時初めて、一人当たりGDPが同等となるところの)になる?また、それだから先進帝国解体の、個人所得激減の耐乏生活は全く容易く可能だ(所得半減でも、中国国民一人平均の数倍、だから)!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにレやって下さい! 西欧帝国は、数百年来の世界の資源・労働力の収奪の所産だ。また米帝国は、西欧の資本主義のノウハウを自国の豊富な資源と結合させた。また日本帝国は、文化伝統、そして近代、神に国家として選ばれて輩出させて貰った傑出人、由来の優秀な製品力で、西欧・米国市場を席巻し、同じ帝国となった。こうして、先進帝国群には、叱らざる国家群への、道理としての、奪った物の償還或いは優れたる物の還元、の義務がある、と言うべきなのである!

一生、ドン百姓並の労働、

がいいか、六本木ヒルズの金持ちの暮らしがいいか、忌憚のない意見を、後者を主張して反抗し続けている彼等を目標として、神へと恐れず怯まず、宜しく御願い致します!

2011年1月21日 (金)

餓死不安と労働強制が、

死後を物語っている。ユダヤ教・キリスト教の死後論は全く虚妄である。皆、死後、労働ノルマの達成や如何を問われた上(無論、地域的・専門的具体性に即しつつ)、それぞれ、霊界の然るべき所に導かれている。しかし皆、この不安と強制が、如何にも人間皆を虚仮にした扱いだと思わないか?彼等の批判の核心であろう!

相撲で勝てない父親にも、

その扱いの悪さを判定して暴れることによって降参させることは出来る。此れを、超神力、と言うのだ!

反省。

 反省は、そもそも基準自体を認めぬ者には意味を持たない。また神と非神との間の、その世界を律する基準の正当性を廻っての争いは、著しい無基準状況(或いは無神様状況)の現象により、神の方の非が証明されたことになるだろう。つまり、彼岸の超神、がそう現象させることによって、事態を裁いたことになるのだ。またそもそもそのように争うことが目的ではない。御互い本来超神として、望ましく愛し合うのが真の目的だ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月20日 (木)

御前達は空から行け、

俺は地下から突く、ということだったのか?帝国打倒のために。非西洋の神はどこでも荒ぶり、荒らせるんだね。本邦でも、一昔前空から行かされた。しかしそれ以前の、地下からの荒ぶりを無視したので、その後そのようなことになってしまったのだった。因みに根本では、神に西洋も非西洋も無い!

同等精勤・同一日当原則の

我が自由共産主義により、派遣村の悲惨も、彦ニャン騒動も、大企業だけの虚妄春闘も、解消・解決出来るのかもね。

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい。そして世界津々浦々に、食糧も、パソコンもテレビも自動車も、マイホームも同じくある(無論、それを実現する美わしの労働もだ)暮らしを、だ!

2011年1月19日 (水)

彼等、俺達とは、

億年、神への恨み、そのことだった、彼が自分達を初めとする非神へ向かって心に(現象としての)愛を宿しながら、(観念としては)害である、絶対矛盾的自己同一者、として、自分達には(現象としての)恨み)を助長させ、或る者達は億年、現象としての諸々の無気力停滞的な失格者(治(人間)、憲一(男気)、秀雄(天使格の文学者)、等々)にして観念としては同じく神を恨む者にしてしまう、愛、ということでは、無能神、であることを深く自覚させるための、と。 下生してこの御時勢の下で、世の中に態々、アー・ユー・ハッピー?、と給う、者を、副神に据えて来た!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月18日 (火)

今年の芥川賞、

貴方の小説の一語一語は、神の造りしこの世界を判定・評定して、どの位、神よりも彼岸からやって来ているか?彼等の反福音に、負けず劣らずか?

我がブログは、

ラヴミドル教・革命的自由共産同盟・大崎組・ブログ思想社、と兼ね備えております。宜しく御願い申し上げます!

嫌煙運動家は、

喫煙と、心身相関まで踏まえた健康連関のデータを示して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。また世界の一切の身体病理論は、同じく心身相関を踏まえながらの主張をして頂きたく此処に宜しく御願い申し上げます。この星には、神の霊界次元での責苦も無効化するまでに、自己の反抗的精神を発達させた方々がいらっしゃいます。そじて諸国の諸々の反社会的分子に、その精神を刻々分かち合っております!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

帝国主義が

自然神によって謗られているのだ!

2011年1月17日 (月)

日本、そして先進国、覚醒、

のための尊い犠牲となられた皆様へと、今年も謹んで御冥福を御祈り申し上げます!

一魂はこうして時に、

決して自分を偽ることなく、星の神との時空を超えた闘争をも引き受ける。それだから、本来超神、と言っている!

仕事なんぞしないで、

旨い物食って、それで病気にもならずに、また罰も当てられなければ、魂最高さあ!

今すぐこの星の神が

この地上に出て来て、その不行届きを全非神に土下座して謝ったら、誰しもが辛くても一魂をやり続けてて来た甲斐があったし、また此れからあると思えることであろう。太宰のように心的弱者に、億年来居直り続ける、という魂の超芸当をやり果せた者達も!

ギリシャ国民が示した

強固な改革抵抗力。そこで世界の数多の政治指導者には、それに負けないための、我が震神信仰、を御勧めする!

この星の神を赦して、

そして居直っていないで、帝国、を早く止めにしてやって下さい。罪状は、関連の多くの他国人の犠牲、ということである。霊地獄界からこの地上にこのような帝国を仕掛けた彼等のように、この世の懲戒もあの世の懲戒も一切無効にするほどに、この星の神に向かって居直り突っ張り抜くのは多くには難しいことであろう。因みに出直しの場所で、平幕が準優勝したりする(誰も本気で改革する気なんてないってことだなあ)大相撲の継続する惨状も見据えることです!

2011年1月16日 (日)

一生人間の食糧生産の労苦、

ということを知らず、その生産に無自覚に乗りながら徒に観念的精神を弄んだが故に、遂にその農夫同等の生産的精神を顕現しての血の滾る、極太マーラー、を逸してしまったた大作曲家よ、来世は生れ変って、一生人間にとって一番肝心要の、農作業、をやってみるんだ.。人間は同じ人間を何時の間にか、秋に実を成らせる柿の木のように自然の中に組み込んで、その存在を忘失してしまってはならない。こうして西欧の非マルクス主義文化人は、この現代まで遂に、それ自体反抗者ルシファー等のこの星の神への揶揄としての、同じ人間を犠牲にしての不良文化人であった訳なのである!

超神=優劣未生以前=

絶対優=非超神への絶対エロス=バタイユの郷愁の在処。彼等がこの神へ星のへと最早、ヨシヨシヨシヨシ、と赦して上げられている根拠、だ!

彼等はこの星の神が、

我々に向かってのこの世界の創造、という仕事の手を抜いた、然るが故の我々の余計な苦労だ、と認定し続けて来ている!

この星の神の下で、

悪魔になるしか、自分というものをやって来ようがなかった者達、此れからも本当に本当にこの星のために、と頑張ってね!

超存在性と時間・空間。

 一時間、私は、存在した。いや、無、した。いや、非(存在、無)=(いたのでも、いないのでも、ない)、した。日本に、私は、存在、した、いや、無、した。いや、非(存在、無)、した!

税金不払い・厄介払いの

不足善人を一般社会人は早く返上してこの星の神を神を喜ばせてやって下さい。特に自分の不当な厄介払い癖を棚に上げて、所謂厄介者達を悪くばっかり言うのが酷い!

劣等民族を

牛馬豚並、と思い為す思想を、この星の神は許していない。給料数十万の日本人を給料数万の外国人に換えるようなことしていてはならなない。それがこの近々の二回の震災、それに差し挟まれた、大敗戦、との、原因、ということだったのである。こうして歴史の神による断絶の時は、刻々近付きつつあるのである!

信念一徹、

堅い邪魔な、石、も、破、砕し尽くされるのかも知れない!

一回人生に、

無限回死ぬ積りでやってみろ。つまり、その位の、銃殺、にも耐えてやる、ということだ!

苦しみは、

此の世界を、本当に本当に、深く愛さんとする者からやって来る!

超神ほどには

余計な物を脱ぎ捨てられなくて、彼等反抗者達を深く淋しがらせて来たこの星の神よ、超神ならばきっと、自分の栄光を非神達に称えさせたりはしない、また非神(その無償のそれにも)自在に一体化、弁証法的に企てて(不良と一所に悪所通いをする校長、のように)、超神に跳躍、自己還帰して帰す!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月15日 (土)

運動不足が

膝の痛み等の体による本人への報いとなって現れることになっている。運動なんて苦労はしたくない、という、本人の心、を正すために。これなんですよ!

わかば、

このタール断トツ・格安の煙草は、深い庶民的非神、の味わいがする!

星の神にも個性が

もしかしてあるなら、自分がその創造に与りながら創造した途端、自分には全的には不可知になる、被造物=非神、の固有個性に合わせて、自己の個性を犠牲に供し得る神の方が、その非神、に向かってより愛が深いと言える筈だ。クラシック志向のジャズ志向の子供に敢えて合わせてやると言った風に。然るにこの星の神はこうして、自分の労働者志向の方を創造した世界の造りにより非神に押し付けてこのように、夥しく叛かれてしまっているのだ。因みに非神とは、神で非い存在と言う意味でもあれば、また神の総体に向かって何らかの非ずを立てる(神が働き者なら、自分は怠け者をやると言った風の)言う意味でもある。

搾取も財政赤字もつまり、

神が仕向けているように我が手で働いて神がそれが程よいとする対応の物質的果報を得るより、人間が自分がもっとしたいようにしたがっているからだ。もっと楽な仕事で、もっと沢山の果報をと。このように明白に仕向けの不適合の証明を突き付けられてもそれを何時までも認めぬ神だから、彼等の初発の恨み心をさらにさらに増長させて此処まで来てしまったのだ!

この星の神を赦して、

帝国、を止めにしてやって下さい!

2011年1月14日 (金)

負けない、負けさせない。

 現には互いに色々な優劣あって、皆、本来は超神、だから、皆、魂の苦労、で、拮抗、だ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月13日 (木)

心悪しき盛期文明の継続を

許さずと断絶する度に、虐殺堕地獄責苦耐性非神、を増産し続けて来てしまった(この時代もこのまま行ったらどれ位の増産だあ?)この星の神よ、その逆に神として悪しき魂の傾向性は、この星の一般善人の安易な暴力団追放志向に押し及んで、その後に暴力団をその後にもっと反社会的に強化してしまっている。貴方とは懸け離れて愛深き、超神、に帰依し学んで神出直しをしなさい!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月12日 (水)

百点の人間よ、

では貴方は、零点の人間をやれるのか?百点の人間にして自分は零点の人間だってやれる、と言い切れるには恐らく、自分の百点の現状からさらに努力して、零点の人間のために、もう百点取って上げられることが最低必要なのだ!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月11日 (火)

日本でも

未だ未だ辛い農作業、スコップで側溝の泥浚いなんてことから作業が始められいるよ。増して後進国では。そこでその位を、人間の数多の労働の負担の基準にしたこの星の神を、人類は、寛い心で赦してやって下さい!

超神は絶対愛、

絶対愛は超神、彼等が長く、この星の神に向かって求めて来たところの!

この時代特に先進帝国の

政治家は、スターリン、ヒトラー、信長、ヤクザ、等の、地震神等、マルクス、大山(極真空手の)、等、と共通の、良い所を学べ。 ねじれ日本の国民は、早く解散総選挙を要求して震神を信ずる非金権政党の絶対多数を実現しねじれを正せ(そこでその場合小沢党首・谷垣党首、ということは有り得ないであろう)!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月10日 (月)

誰かが君を

気に食わないと言ったら、君がその分だけ君本来、の超神、から隔たっているいると言うことだ!

居直りカマには

周囲世界が投影している。本当は彼(?)も深いところで、男気の芽を出してやってもいいとはと思っている筈だが、遺憾せん、周囲が周囲で彼を頑なにしてしまっている。こうして個人の内容には、周囲が造り上げれてしまっている部分もあるのだ!

超プラトン・超アリストテレス。

 こに星の神が、超天上の神のイデア=超神を想起しつつ、超地上の現実自己=虐殺反復神、を嗟嘆している。聖飢魔Ⅱの、「・・・・・・。お化けにゃ、学校も試験も何にもない、・・・・・・」を聴きつつ・・・・・・。

あんまり崇めんなよ、

西洋文明。ペテン宗教(件のルシファー、地獄の底でピンピンしてるぞ)、支配階級哲学(労働者疲れてグッスリ眠っている夜中に、ソクラテス、哲学的饗宴をなさっていてはいけません!)、と、クル病のような思想的背骨では。真のこの星の主宰神、そしてカール=マルクス、と共に!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

ひっそり暮らせと、

その手の人にのたまうた、劇作家は、既に、塚(つか)、に葬られた。魂へ向かって公平(こうへい)な発言とは言えなっかたことだろう。心身矛盾への身体病の因果(そのことによる心の身への調和的矯正の促し、その手の某俳優も甚く経験している)という神が仕組んだ筈の因果が、個々人の内に秘められる超神力によって超えられてしまっているかのようである。心身を矛盾させながら、そのまま身体健康であられる方々がこの時代沢山いらっしゃる。劇作家のこの一言で持って、彼の全業績を全否定して先へ行きたい、者はそうすべきであろう!

引きこもりや防衛

人任せの国家的女々しさでは、此れからは世界に通用しないぞ!

2011年1月 9日 (日)

クラシック演奏家も

クラシック愛好家も、文化は百姓等礼賛(彼等の労働あってのこの地上での人間皆の生存継続可能なのだから)いるこの星の神やカール=マルクス等を赦して、帝国、を早く止めにしてやって下さい!

纏めて腕に抱えているパンを

仲間に配って歩く一人の仲間のように。魂それぞれがそれぞれの持てるものを他の者に!

帝国での就活、

そしてその後の職活だって大変なのに、それ以上の諸国間の共産平準化の手当てをし、帝国を止めなければ許さないと言っておられます!

アルミ缶と鉱山労働は

遠いがワインの壜と珪土採掘労働はもっと遠い。物は、金があれば店で買えるもの、という発想を超えられる者は少ない。この星の神は恨まれて来た。その星の神を仮借なく批判し抜くことが、魂の何よりもの高貴、との悟りを繰り返し繰り返し深めた者達によって!

パトロン頼みの芸術家では

結局、空しいぜ。I.Q.低めでも、詩集を少しでも売って生活費の足しにした、彼の現代詩作家のように。しかしそのパトロン頼みも、無意識のこの星の神への批判であったとすればよく理解出来る、その作物を真の人間(生産大衆)不在のものにして、実は本来の神、超神、のこの星での不在を託っていたのだとすれば。パトロン好みのシャープな稜線も、その悲しみの表出であったとすれば。

死後。

 共産労働ノルマが基本の審判の基準だ(数多のブルジョアの皆様、此れを弁えて)。凡人は土地霊界に帰る。選良は一国霊界に帰る。天才・聖人君子は多国籍霊界に帰る。以上の空間的霊界区分と諸専門の霊界区分が交差している。また天上界の区分に対応した地獄界解放区(本来の懲戒獄から分離してしまった)の対応がある。つまり、悪霊にも、発達の度合いや、専門個性というものがあるのだ!

信。

 神と反抗者達の彼岸にして自己の内奥なる、超神、への最優先の、信。神より劣等にしててしかも反抗し抜いて来た(ヨハネの黙示録に自分達を憐れな者に語る、神・天上界からのデマ宣伝、を書かせたところの)、反抗者達、への次なる、信。反抗夥しいけれども、あくまで星の主宰者であらせられる、神、への次の次なる、信!

餓死可能性と

裏合わせに共産労働を仕向け、またその場合の家族その他の隣人も互いに必ずしも好ましい者にしていない、数多病気を自分の仕向けに従わない際の見せしめの報いにしている、寿命死も不確定でまた苦痛にしている、死後も未知で不安を駆り立てている。そんなこんなのこの星の神が造りしこの世界・この一般人生を受け容れられない貴方は、頭目の彼等にまで発達すればいいこの星の反抗者だ!

偶発の自由意志が、

神の仕向ける望ましい規律から外れようとしている時すら、人は敢えて相手を叱責する必要はなく穏やかに説得した方が良いだろう。増して、相手がに何か事情があってそうしてしまっている時にはそれを酌んでやるのが優先だ。またその事情を酌むにしても何よりも相手が自分を如何思っているかの想像ということが最優先だ。こうした手当てしてみて、それでも相手が規律から外れることを止めない時に初めて、声を荒くして叱責ということになる。そこでこういう場合の以上言ったこととは正反対の機械的な叱責は結果、相手に恨み心を植え付けてしまうことになっている。

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月 8日 (土)

スマップ・草薙の非行を、

他のメンパーが、反芻分かち合ってやらねば、自分が彼と同じメンバーだという気が深いところでしないことだろう。だから彼等のこの億年の非神も、この星の他の一切の者にとって、だ。これが超神が然からしむる、この星への運命力、だ。出会いからその後付き合いを避けて忘れた筈の由紀夫の自決が、秀雄の胸を抉る!

X、

君だけが・・・・・、は、愛ということでは途方もない自分達一人一人に回復して行く便だと、自分は思っているがね。皆、先ず、コイツだけ、この人だけ、とコンナに、と恐らく錯覚するんだ。しかしその昔皆一人一人、魂、別れ出た刹那(まるでビッグバンのように)は、それぞれの愛は、恐らく神のそれ以上に激越に燃え盛っていた。そして一人一人沈静、希薄化して行った・・・・・・。それだからこの星の神を恨み続ける彼等こそ、自分等へ向かってのこの星の神の愛(無論それすらも、往時から遥かに希薄化してしまっいた訳だ)を、その昔と較べて、オモチャ、としか思い為せぬ極限絶望の只中を、体験し続けて来た者達だ!

バイオリズム。

 寒さは残るがが、日は長くなるばかり。冬とはこんなに愛すべき素敵なだったんだなと、今日はしみじみ思うがね(今日は自分への風はこうして先ず、神よりの風が・・・)。この星の長過ぎた冬にしたって・・・・・・。  

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月 7日 (金)

死の恐怖は、

この世に未だ留まりたいという気持ちから生じている。その期にはもう戻れないと弁え、未練なく移り行くことだ!

自分一人

では決して実現不能なことがあるのは当たり前だが、ではその際、助け合ったり、神頼みをすればさえよいのか?それぞれ超神力を発揮して神に盾を突いてきた彼等の(彼等は、交るんだからやっとそうして来れたというのではない)魂の境位は、我々の想像を絶する地点へ跳躍してしまっている!

目的が悪い、

強盗のプロ、といようなプロの観念を神は持ち合わせていない。しかし彼等や超神はそれをしもやはりプロと言うのかも知れない!

この星の神を赦して、

帝国、を早く止めにしてやって下さい!

何時か飼い犬に

手を噛まれたくなかったら、彼に頭を下げて御奉仕し続けよ!

2011年1月 6日 (木)

前近代(非機械化)

食糧生産労働の労働負担(厳密には、搾取による現の労働割り増しを更正した)が基準、その下で生産されるの全生活物資の均等分割的享受が基準、の共産的苦楽中道生活が、この星の主神の人類への求めであるが、人類は反って、現の(先進)帝国圏が逸らした、軽労働過快楽生活を求めています。そしてこれが億年の彼等の要求である筈です。この星の主神・副神は、宜しくこの時代人類、そして彼等へ向かってその態度を調えて頂きたく、満腔の憤りを抑えつつ、此処に宜しく御願い申し上げます!

主神が謝ってくれる

ことを条件に、帝国、を早く止めにしてやって下さい!

クロマグロ、

食うは嬉しが、獲るは苦し。劣等民族がやれ。いや、日本・宇都宮の副神ががやれ。いや、日本近辺の震神主神や暴風主神や海神主神(また津波や、エチゼンクラゲか?)がやれ。誰も貴方の仕向けた、漁(魚獲り)並、の労働負担なんて欲していない。この年月(数億年)自分が悪いとは決して言わなかった人間虐殺主神よ、トットと出て来て、人類にも彼等にも謝れ(と、今日も風見鶏でどうもどうも)!

2011年1月 5日 (水)

ビタミンDでなくても、

人間は魚を獲って食うもんだ、そしてその労働が此れ位のもんなんだ、と見せられれば、男(正確には体が男)の中にも、疎外感を味わわざるを得ない男も多いことだろう。それがこの星の神、貴方の、余りに酷いところだ、と自分は思いますが・・・・・。オカマだって生まれて来ている、この時代の所謂草食系だって生まれて来ている、そしてこの時代下生した副神と思しき人物がそんなこんなを何も説明する訳でもない。そして自身貴方は、あくまで自分の仕向けたその漁撈並の共産労働から逸らした人類部分をあくまで掃討清算する気でいらっしゃる。どうか反抗者達の言い立てを謙虚に受け止めて、その傲慢な態度の一掬の変更位は宜しく御願いします!

喪失が余りに悲しい、

彼等の下に今すぐ堕ちて行って、ずっとずっと側にいてやる言い切れぬ、自分の喪失、が余りに悲しい!

労働者は共に働く

労働者のために仕事をせよ。そこで一切この地上の現時の仕事は虚妄なのである。何故なら労働者以外の者に、或いは労働者以外の者にまで仕事をする労働者は既に共に働く労働者ではないのだから。その労働者の消費性向は既に労働者以外へと仕事することによって共に働く労働者の健康さから外れてしまっているのだから。階級社会を継続して来た社会の、伝統工芸も民芸もこうして二つながら、虚妄な、労働の成果、であった!

大人が子供が可愛いのは、

大人という全的具有者から、子供という全的不具者えの、エロス的牽引、だ。具有不具未生以前を郷愁しての。神が人間が可愛いのも。それだからこの星の神はその郷愁のかみ締めようが十分ではなかったのだと言える。あのバタイユを嘆かせしめての。何故貴方は人間に、気の済むまで気の済むまで遊ばせておやりにならなかったのか?また、してやる、とは苦労していてやるばかりが、してやる、でないだろう。下手に手書きで苦労してそれで大した上手い字に書けないより、ワープロでの整った字の方が、相手は快い、ということがあってしまうのだ。このブログだって自分は大した苦労をして書いてはいない。そしてしかしそのワープロやパソコン自体は、人が苦労して製らねばならないこの世界にしているのは貴方だ!

自己貫徹を

ひけらかしている彼等(この億年の反抗によってそれを証明した)だが、それも自己の優をひけらかすことなら下らないことだ。超神は、自分のような惰弱な自己欺瞞者(自分、本当はこの星の神の仕向ける、前近代食糧生産民並の労働負担による諸物資・用役生産共産労働、なんてしたくありません!)にも頭を下げていると信ずる!

この星の神を怒らせる、

帝国、を早く止めなさい。帝国の製品の何割かは、本来、非帝国の対応の資源採掘労働者の所有の物(当地の資本の、労働者低賃金搾取によりそれが現実には不可能になっています。また資源の消費者としてそれを見て見ぬ振りをするのも、神の共産倫理基準からは同罪ということになります。)帝国への災害の多くは、このような帝国民の非帝国民への、実質の製品泥棒を止めさせるためのものです。この帝国ということを止めることなければ、他の下位次元の(新製品開発、その他の)努力は、結局、一切無意味・無価値で最後には水の泡ということになります!

2011年1月 4日 (火)

現実歴史の永遠回帰。

 原始から物資共産へと仕向け、交換が繁くなるに従い、貨幣の出現が必然であるようにしむけ而してそのような自由共産を歴史の原理として営々、世界計画=新エデンの園計画の発展的追求(そのことによる歴史の肯定的生命意志の充溢ということ)させる算段だった。しかし現実歴史は彼等の仕掛けにより、一部人間の階級支配ということにより、支配者と被支配者との悪想念の二重奏により、否定的・断絶的生命意志として充溢されてかかるまでに到ってしまったのである。そんなこんなで、神による歴史の真夏の自死は程近いのだと言わねばならない。この中途断絶による、歴史の退行(農業段階への)的再開、ということが永遠回帰して来ている。霊界の善悪恒常分裂=マニ(それを教義上一番よく開示しているマニ教のマニ)構造の、必然的に然らしめるところなのであろう!

物資は非帝国の犠牲により、

サービスは自己帝国の軽労働により、物資・サービス満載の帝国、を早く止めにしなさい!

人の犠牲によって

可能になっている先進国の軽労働でもなく、そのように犠牲にされているが故に本来の、、農業・畜産業・林業・水産業・鉱業・工業の共産的基準労働から外れた重労働を強いられている後進国のそれでもなく、全世界に、想定される、その基準の公平な共産労働を及ぼすべくの、その本来の基準の公平な共産労働同等の労働負担による転化的共産革命労働(労働負担の不公平を正す労働を、本来の公平な労働の労働負担程度で遂行する)を、それを促す主神を信じて宜しく御願い致します!

魂、純なるが故に、

反抗の報いの地獄の暗黒極寒に負けないで来た彼等。誰もが最終的には同等の体験の共有を回避出来ないかと思われるが、自分は此処当分はそのようなことを回避し、欺瞞を自覚しながら信仰につく。早めに同じように純にやりたい人はやってみたら?

人を不当に除者にした

集団の一人一人が代わる代わる同じ除者になることによりその罪業のオトシマエを付けよ(つまり、そのオトシマエの長い年月の後にしか最早、その人と集団の真の和解はないのだ。最低その年月をより短期間で償って余りある程の何らかの謝罪をするんだ)!

この星の神を怒らせる、

帝国、を早く止めなさい!

主神様(

この時代は主に、地震神、として自己を御現わしになっておられる)、世界自由共産実現へ向けての労働ノルマ、今年も間違いなく果たさせて頂きます。尚、此れも結局は主神様の恵みでありまするインターネットの検索エンジン(或いはそれに圧力をかける政治権力)の不行跡へ向けての厳しい報いの程も、宜しく御願い致します。また一方、反抗者の存在に鑑み、主神様の方の自己反省もおさおさ怠りなきことを宜しく御願い申し上げます!

2011年1月 3日 (月)

日本はマルクス主義中国の、

天や孔子への信仰回復に連れて、この近代の経過的・方便的、東洋の主導権を、本来の雄、中国に移譲せよ!

私は信ずる神と共に、

相手と蛭のように引き分けにすることを心掛けています。自分が悔しい思いをしたくないし、逆に相手に悔しい思いをさせたくもないからです!

超絶対精神=真絶対精神。

 全てを現わし、全てを終らせる(主観精神)、かつ、全てが現われ、全てが終る(客観精神)。御粗末な神すらも。そして、永遠回帰、する!

電子(

物質神の子、しかも女の子(マイナス電気だから))も、この星の神に愛想が尽きて、人間にワンクリック奉公か?しかし少ない子供をワンクリック子育ては、そっちこっちで破綻して悲劇の続出だあ。一体何所の誰の責任だあ?星の被造物は、星の創造神を追い出しもする、最早、いて貰っても仕方がないからである!

太宰治も、

周囲の普通人強要に、対抗の入水による拒絶、というその限度での逆発達を強いられてしまった。しかしこの星には弱者のままに周囲に一生の無為徒食を認めさせ、その後の死後の神・天上界から派遣の役人の叱責も弱者のままにかわす、超太宰治、も存在している、と信ずる!

早朝、されど床下神(

裸の神様?)の久し振りの軽い御出ましだった。心的弱者は逆らえるもんではないから言うことを聞いた方が良いですよ。弱い自分に他の全員が頭を下げて貴方は何時までもそのままでいいよと言ってくれる世界の何時の日かの出現、を夢見て、或いは、この星の神の一切の制裁無効の絶対反抗者彼等にまで、自分を発達させる決意が自分の中に生まれ出るまで!

この星の神を寛い心で赦して、

帝国金権、を早く止めにしてやって下さい!

2011年1月 2日 (日)

信じて諸伝統世界宗教の

言うように行儀良くする者はそれぞれ救われ此の星の零天上界に帰れる。但しその中心には恐らく帰れない!

一切世界の軍・警察は、

世界の津々浦々の地震神等大自然天変地異神体現の我がラヴミドル教・世界自由共産主義により思想転向せよ。一方同じく思想転向した人民は軍・警察のそれが相成るまでその前衛により、着々人民世界自由共産革命軍を組織し続けよ。そして世界数多の非共産政治権力を包囲するのだ。自由共産社会とは、人の労働で食わして貰って生きている者(軍・警察自体がその好例だ)が決して威張っていたりしない社会だ!

イエス降臨の頃の

ユダヤ社会も、その悪行への報いのちょっとやそっと地震・雷位で何とかなるものだったとは、到底思えない。イエス捕縛の際、報いの神による大天変地異の起こる筈のところ、逆にイエスが神への周囲の悪行の責任を肩代わりして神に殺されるように、刑吏の槍に突かれたと言う、キリスト教伝統の所謂、贖いの神学は、イエスの失態をそうやって美化しようとしたこじ付けの神学と判定せざるを得ない(無論これは史実であって、全くの作り事の伝承と解釈して唯物論的に安堵しようとするマルクス主義の解釈は論外なのである)。人間は神の造りしこの世界を恨んで、神と一体の者をも殺す。一人一人本来超神として、反って神の方の罪深さを神に鏡に見せんがためにである!

身体や物体の

慣性力による心的負担も、極普通人の発語を心に受ける心的負担も大変なこの世の心的弱者は今年も、勉強・労働の普通の生活も、対応の自殺後のあの世で責め苦も拒否して、カフカ・変身のグレゴール=ザムザのように、その寝トライキにより、周囲家族、そしてその向うの神にまで、このようにこの世界のこの世界であることの、オトシマエ、を要求し続ける(謂わば、超神毒虫として)ことであろう!

部屋が汚いのは

自分の責任ではありません。神が設えた身体・物体の慣性力が原因です。文句のある方は、数多の教会に祀られた神に言ってやって下さい!

この星の神を寛い心で赦して、

帝国金権、を早く止めにしてやって下さい!

舞鶴の風景も

美しい。食物も美味しい(無論一切が神の恵みだ)。ジャズカフェも美しい。女の衣装も、女の化粧も、女の言葉遣いも美しい。しかし対照的に、日本海の向うのアジア人同胞の極貧困を知らない振りをしている男女の心が、一皮向けばそれはそれは醜い。漁場の争いに明け暮れる漁師の心も。また別地で現の舞鶴を自分の金ヅルにしか考えずに、観光収入激減のインフルエンザ鶴の報いを受けている者達の心も。彼等神への反抗者達に唆されてのそのような居直りも、最後は、地震神、暴風神、落雷神、疫病神、等が許さない!

男は少年を

少しも馬鹿していない。つまりこれが、神が人間に反って超えられしまうということなのさ!

デ・シーカ、

フェリー二、マストロヤンニ、ゴッド・ファーザー、・・・・・・・、血が一番肝心要だ、と言って来た国!

神、この際、

神ロック、どうや?

2011年1月 1日 (土)

もしかしたら 

 戦後の全歳月を ・・・・・・

世界人民一般のための

この星の資源を、自分達のためだけに殆ど独占して、非らぬ豊かさを享受してしまった者達よ、今年こそ悔い改めなさい!

根に

世の数多の弱者のような、身体の慣性力に抗うのも、他者の極普通の調子の発語をそのまま受けるのもシンドイ弱さを秘めているらしき自分を、震神=床下神、は自助努力などとケチなことを言わないで宜しく御守護の程御願い致します!

随分とお騒がせしました!

 神が空気から創った、ウイルス~人間、の尖頂、人間、は、文明の発展を究極推し進めて、それを再現し生態系をパッチして帰せ(新エデンの園計画)!

この星の神を寛い心で赦して、

帝国金権、を早く止めにしてやって下さい!

ヒマラヤ山系の、

科学的には偶然、の隆起が、日本の梅雨(この季節を好む歌詠みも多いぜ)を作った。あ、ヤッパリな!

新年明けまして、

今年こそ年内中のオメデタ(我々、税金、保険料を進んで払わせて頂きます!)、宜しく御願い申し上げます!(初侘び、唯今まで新年早々字を正確に書いてなくて済みません(こうして即、直しましたけれど)。このように便利さはやはり、誰しもの心を退化させるのです!)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »