2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日も無際限に無限に、 | トップページ | 衰法は、自分はガリ勉の »

2010年8月22日 (日)

野蛮な情熱。

 芥川賞。悪魔賞。神不賞。超神賞・不賞。自殺、反道徳、は無論、神不賞なのである。その通り、例えば文学として敗北して行くのではなく、常に強く生き抜く、野蛮な情熱を喚起せよ。しかしボードレールの表現に心酔し、文学を地上・霊界貫通の此の地球世界の革命前衛の営み(この逆説、全体世界の革命志向が、例えばブルジョアのような地上世界の経済支配階級を形成してしまうという)にしたかった批評家も同時代存在した訳なのである。こうして超野蛮な情熱を喚起せざるを得なくて来て(魂自体は生き通しで自殺出来ないから)此の時代も此の地上に帝国支配を仕掛けている、ルシファー等反抗者悪魔連であることが、多くの方によく分かって頂けたであろう!

« 今日も無際限に無限に、 | トップページ | 衰法は、自分はガリ勉の »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野蛮な情熱。:

« 今日も無際限に無限に、 | トップページ | 衰法は、自分はガリ勉の »