2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日も無際限に無限に、 | トップページ | 現代でも蟹工船が »

2010年8月16日 (月)

仮に秋になる

柿を取って食うだけで人間の生活が成り立つなら、人間は人間の生活をそのようなものだと思ってしまうだろう。しかし柿の木の中で小人達が汗水垂らして働いていたのだとしたら、それは大変な勘違いということになるのだ。店に行けば何時だってパソコンその他が好きに手に入るとおもっている経済支配階級(平たく言うと金持ち)とはそのようなものだ。そのような者達が、人間を論じ、或いは人間を芸術したと称する時、本質的に薄情感、冷血感を醸し出す。 然るにその自然に柿がなってくれてそれで済む生活を実は、多くの人間がしたがっているようだ。こうして此の星にはそのような世界創造の不手際を此の時代まで長く、言いつけを逸らした人間の大量虐殺掃討によって誤魔化して来た神しか、いらっしゃらないのだ!

« 今日も無際限に無限に、 | トップページ | 現代でも蟹工船が »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮に秋になる:

« 今日も無際限に無限に、 | トップページ | 現代でも蟹工船が »