2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日も無際限に無限に、 | トップページ | 豚は神に言い付ける! »

2010年8月25日 (水)

客観・主観・絶対。

 客観理性的実体(完全性、思惟・延長、単子)が人間思惟・生物準思惟、物体延長、及びその諸構成、を自動運動的に派出する(デカルト、スピノザ、ライプニッツ、シェリング)。 構想する理性的主観(自我)・認識する理性的主観・製作する理性的主観・製作物(分身的主観、物体)総体において実践する理性的主観(創世記、カント、フィヒテ) 客観は同時に主観であって、絶対、ということになる(へーゲル)。 諸思惟が諸身体と生物結合をして、必要的摂食行動により、共産的労働精神の回復を強いられている。そして自然・生態系と、歴史社会との基本関係が確立される(マルクス) 絶対精神の逃亡或いは非絶対精神による抹殺により、非絶対精神による、力の闘争だけが真実である(二ーチェ)。 無能な絶対精神が反絶対精神を隣在させ、その仕掛けにより、反自然的歴史社会という、絶対・反絶対の彼岸の、超絶対精神の狡智、を実現してしまった(愚私)!

« 今日も無際限に無限に、 | トップページ | 豚は神に言い付ける! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客観・主観・絶対。:

« 今日も無際限に無限に、 | トップページ | 豚は神に言い付ける! »