2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

「常勝思考」を書き、

世に広めながら、自分が選挙で大敗し、最早誰にも信用されないので、表舞台登場拒否のダンマリ衰法、に成り下がった者よ、せめて、世界の未だの共産主義者達が、階級社会の観念形態と一蹴する宗教は早く止めにしてくれ。君が、この星のために役に立つとすれば、最早その思想ではなく、集めた金と作り上げた組織によってでしかない。速やかに、この時代、超神へ超え出ようとしている、主神の確立する我が宗教へと、数多の愚行を悔い改め(第二に魔の勢力になりたくなかったら)、帰依寄進せよ。序に我が宗教的認識力の君よりもの優越を、正にその認識に即して君に頭を下げて謝って置きます!

衰法、人の心の王国は

他者の侵攻により幾らでも自由に出来る。あたかも、ちょっと前のイラク侵攻のように。世の人は、そして衰法の未だの信者も、隆法の衰法言い替えと、彼の広めた法の正反対の読み替えによる活用を、宜しく御願い致します。また、副神=大救世主、無常、もしみじみ味わって頂きたく、此処に宜しく御願い致します。

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月29日 (日)

衰法が

何度も原始人から主神が立ち上げた人間歴史の途中で、主神が悪くなった人間を人間政治家の比でなく、大量虐殺・歴史準断絶縮小して来ている、と言っている。また今次の国土中央震災もその兆しだ、と言いながら自分は傍観して来ている。私はその震災の理由を件のように解釈して、世に訴え出て来た!

本来超神ならば、

彼等同様、神・救世主・天使・選良・凡人、の区別等の、一切の魂の虚飾を脱ぎ捨てよ!

サルガド、

鉱山労働者と、ガードマンとでは月とスッポンだ。そして鉱山労働は古代ギリシャ人も征服民族へと逸らしていて知る人ぞ知る、自己の文化を虚妄なものにしていた。そして此も、実を言うと、此の星の神の責任なのだ!

日曜も何かと不自由な

この世界を、完璧に自由な日曜、ばっかりにしろ、一日一日言って来ている。その要求表現として都市高級住宅街・都市繁華街、という、世界の一部の、彼等設えの、解放区だ(勿論何れ、この星の神の潰しに掛る)。序に、どうせそのように碌な扱いしかしないのだから、時間が終わるまで、被造物に頭を下げ続けろと、言っている!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月28日 (土)

勉強しないで

東大合格。決してそれは人間として、誉められたことではないのです。

ヘミ氏もアフリカ象も

男らしい。駄目になったら、御前が殺せ、と言い合っている!

ガーナ(ゴンドアナ)大陸。

 衰法によれば、アトランティスよりもっと昔に、アメリカ大陸もアフリカ大陸も、そしてヨーロッパ大陸もない、ガーナ大陸だったんだと。つまり本当は、水入らず、だったんだと!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月27日 (金)

キリマンジャロの雪。

ロッキーの雪。雪と雪だけは、既に交感している。美しき、自由共産、を夢見て!

生産労働も、

非普通人への特別の福祉も、この星の神の求めだ!

彼等のように

真向、神に反抗し抜く自信がないなら、世界自由共産という、神の求めを聞いた方がいいですよ。

アフリカの取り残しは、

世界経済を必ず、大破綻させる。世界経済は一つの身体ということだからである!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月26日 (木)

潰し震災主神も

自ら出て来て、そして傍観副神もまた、全人類(そしてその非行をこの時代仕掛けた彼等に)少しは謝ったらどうです?

副神衰法は

、生まれて来た健康優等生、は、この時代も生まれて来たオカマ達を少しも気遣うのでもなかった。それで未だに世間の普通人の中には、本当は嫌がっている者も多い。そんなこんなで、星まるごとへの敵対者になった者もいるのだ。またオカマ達の中でも世間に妥協して自己改善に向かった者達は逆に、彼等に責られることだろう。皆が体が男をオカマから始めたわけではないのだから。彼等も恐らく、魂製造ミスだ!

神も、王者も、男も、

終に仮象であり、本質的に無常だ!

アアメフリリカカ、

宜しく御願いします。 へミングウェイ、生まれ変われば、君が自分も世界も撃たないで済むように、なっているかもな!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月25日 (水)

トーキーオ!

 嫌な予感が強くなってますよ。早くした方が・・・。

経済の階級支配は

彼等の億年の、不労の自然、不病(快楽志向でも)の身体、その他、への神以下霊的上層階級への改造要求の付き付けだ。こうして物的階級闘争と、霊的階級闘争とが長く交差し続けている。そして恐らくこの時代渡来した自分はかかる状況において、霊的階級闘争の、中道的宥和派ということになっている。

日当平均約一万円の

先進国労働者は、命と、死後の霊天上界の安楽が惜しかったら、日当平均百円から千円の途上国労働者に向けて、世界全体に、自由共産、が実現出来ていると言える程度までに、その所得と資産とを速やかに償還せよ。四川の、都市工業資本家の、農産品と工業品との不等価交換、都市賃労働者の低賃金による搾取による、原生的、収奪・富の集中、にはあの通り、即、報いが与えられている。自然(これも神である)は、不公平、を嫌うのだ!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月24日 (火)

花群れ、

我が家のカーテンの柄だ。此の星全体も、何時か愛の花群れに。大きいのも小さいのも、今腐っているのも、今害になっているのも!

バッハからニーチェまで、

同じ神に対して、此処まで違う。被造物=魂実存の個性の幅、ということであろう。この星の神は早く、その一切を包括出来るであろう、超神、に超出して下さい。因みにバッハの信仰は、マルクスと史観を共有するところの、篤農主神への直接の信仰、とはならない筈だ。

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

紅白の

グループでありながらの、めいめいファッション・めいめいシンギング、は吉のつく思想家の影響らしく、グループ一体で聴衆のためにする意志を欠き、それぞれの自分勝手を聴衆にさらす醜態となっている。彼等をそのようにしたグッズ自体は、途上国民が工場でその自分勝手を許さぬ共同の意志の下で製造されてこの世界に存在が可能になっている。そしてその共同の意志こそは、この星の神がこの世界に仕向けている共同性を体しているのだ。こうしてこれも彼等が吉を操って日本に仕掛けたことが、誰しもによく分かったことであろう。人を共同労働で犠牲にして置いての、自分達ばかりの共同性からの離脱は、この星の神、つまり震災神の許すところではない。あくまで許して欲しいなら、震災潰し・堕地獄責苦耐久経由で億年来の彼等の列に加わるんだ!

他者の自由意志まで

然らしめてしまう、超神の愛がある。この星の神は、自分の愛がそうでなかったことを、彼等に謝れ!

2009年11月23日 (月)

この星の主神は、

彼等に仕掛けられた先進国民を、副神傍観の下、***にしようとしていた自分をどうか、副神に働きかけて人類に、替わりに土下座して謝らせて下さるよう、宜しく御願い申し上げます。彼等の主張のように、先進国民のための途上国民の犠牲の殆ど無償の労働、それをそもそもそれを厭わぬ貴方がやっていれば、先進国民が許せぬ人を犠牲して快楽生活だ、などと責められる理由はなかったことだろう。宜しくお願い致します。 それと魂製造機で造ったところの、貴方の品質基準での不良魂(大江健三郎だって知性の高さは別として、そう認定され続けて来たわけであろう)、まるで本人の責任のように言って、見下し矯正を要求して来た自分を同じく、副神に替わって謝らせ下さい。それならば、自分もそのことに同道するのに、吝かではありません!

エチゼンクラゲは、

醜い漁場の争いをする漁師に向けて、海神が送った。私には実はとても出来そうにない漁業労働(だけど結局他の職業も公平の見地から、皆、出来るだけこの程度には働けってことだろう、全くこの星の神は・・・)従事の皆様は、大変でしょうが宜しく御願いします。 反抗的生活、反抗的思考には、身体が因果を齎す(諸身体病、諸脳病)。但し、精神が彼等のように、超神力を獲得くすると・・・・・・。

神と共に

世界の農漁民を思う唯一の知識人として、他の知識人の与り知らぬこの世界についての肝心要の知識を。来年の自分を思っての(その生存維持のために)、今年の自分の食糧生産(獲得)の労働を怠ると、即、北朝鮮の農民のように死に至り、その後霊地獄界で、神が仕向けた一生の労働ノルマ対応の責め苦が待っています。生活の苦労なければ、漫画本位読んでいたい庶民大衆にも、一生、生産労働を引き受けさせて、心に他を思う愛、を培うのが、この星の神の考えだからです。そしてその農漁民達になんら寄与することなく、彼等を犠牲しているることになっている道楽知識人達も、早く悔い改めて下さい。

塩を使った超伝導

の研究は、この時代少しも必要でない(世界自由共産の実現とは、遠く関係ない)科学研究の最たるものであって、対象である物質粒子、実は神霊粒子の感情を逆撫でにして、当の者は必ず厳しい報いを受ける。 物質とは、神霊が、それによって生命的物体=身体が構成され、その身体に、一方で神霊退行せる人霊を宿らせて人間心身となした時に、その人間の心が、快と感じるものに(例えば、食事の快、掃除された場所の快)に、到達するために、身体的抵抗に打ち勝つ労働を持ってするしかないにように、神霊が自己分出して設えしものなのである。一方科学法則の抽出という精神労働にも対応すべく設えてあるが、しかしその抽出はそこで人間の安楽生活を実現するものであってはならない(このことが、大いなる現代的錯誤なのだ)。寧ろ有史以来の生産労働の強度水準を認識して、それを世界共産的均等において維持しつつ、それを次第次第に、世界の全的解明の学的労働(新エデン園計画)へと移行させるための、技術開発への運用でなければならない!

大江健三郎は

、有知ではあっても、性格弱者である、実存悲惨感情表出の文学(叫び声の文学)として、魂の内容粗末な者が反って価値高い、という魂の裏の価値、そうして我等が本来超神であることを証明した。ノーベル賞はそう、彼を正しく評価しなさい。また、ノーベル賞を初め諸賞は、世界自由共産の実現とは殆ど関係のない、先進帝国の観念形態に過ぎぬ物どもを評価し続ける愚行を早く止めなさい。例えば学究も、醜い利己的な富の集中を前提としているのだ!

チョンボ主・副神

のみならず、皆、長く自然改造・身体改造により基本、ドン百姓でなくカサブランカ・ダンディ、でやって行けるるようにと要求して来た彼等に頭を下げなさい!

チョンボ主・副神

が客観であるのに、まだそう気付けず、またそう思いたくない者達に長く眩まして来た、御両者は、早くその魂の卑しさを悔い改めなさい!

本来超神、という

自分の価値だけで十分。無知無能、等、故の、喪失感覚・喪失感情をそれを知ろうとしないで威張っている、有知有能、等、の者に、幾らでも、反抗的悪によって(嫌がらせ)により、突き付けてやれるのだから!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月22日 (日)

カトリーヌ、

今日もいい形に、石が並んだ・・・・・・。 1、に感じます。2、に感じます。3、に感じます。4、に感じます。5、に感じます。・・・・・・・。私達はこうして、それはそれは深い存在なのです。

サタン(造反教師)に、

責められるゴッド(文部省追従校長)が、何時か、性交のように、無限弁証法のように、サタンと共に、スーパーゴッドのエクスタシー=世界の死、に行き着くことだろう!

超神とは、

高貴一体ということだから、その現象表現としての魂実存中、調和を称える者達(ルネサンスと)、深化を称える者達(バロック)とが現われ出る。然るに、ルネサンスもバロックも、少しも文化人と庶民が真に調和していない(或いは、調和ということ自体の深化がない)、と神とマルクスが言っている。一方、御前神が、そもそも、被造物一般と、自己犠牲により深く調和することをしていない、とルシファー等、が言っている。一緒に、カサブランカ・ダンディ、をと!

貧しい百姓の

一生掛けての心の培い、そのことによる一人一人の心の満足で沢山、というこの星の神の考えは殆ど誰にも理解されず、何時の時代も逸らされて来た。逸らした者達の、体を、そして魂を張っての、それを仕向ける神への抗議だったとも言える!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月21日 (土)

大阪標準語の方が、

自分は心が温まる。どうする?

神を学長に毛の生えた

ような者に過ぎぬと魂早期に悟り、敢然、学長吊るし上げの勢力として継続して来た者達よ、魂の貫徹、此れからもやり抜いてみて下さい。自分は自分の個性故にこの星で、謂わば、ノンセクト・ラジカルを張るだろう。 小さん・談志の対立は、この星の神・悪魔の対立の投影だ。どの世界にもある。 パルコギャルと哀史女工との分裂を、許さずということだ。 去年の自分達の労働の成果に支えられて、来年の自分達を支える成果を生産する、そうして年々愛の心を培う、その村落共同体の時間構造で十分だ。爺婆は、十分人情厚くなっている筈だ。そんな頭の悪い人間には分かりにくいし、望んでもいないことを仕向けるからだ!

だからマザー=テレサ、

愛とは、何時も、私達がその昔、単なる無限、以上に愛し合っていたことを信じ続けることなんですね。時に実際現象の愛の感情を犠牲に供して(つまり深く憎しみ合う者として、そして観念としては深く愛し合う者として)、弁証法的跳躍的に深化しなければ、決して帰り着けないほどに!

反省が十分で無い者には、

(無論、それぞれの能力程度に応じての)、厳しい反省の促しが待っている。しかしその反省の促しを長く撥ね付けて来た者達の存在に鑑み、この星の神は、自らの、根源的・存在論的反省の方も、宜しく御願い申し上げます。

米国は、

神を信じ、内包する、ルシファー等の徒帝国主義者達、の心を覆しつつ、率先して、他国、特にアフリカ諸国への愛、に生きよ!

今日も無際限に無限に、

億年の昔、この地上人生を、自分に嘘偽りなく生きて、その後地獄の底に堕ち、帰らぬ者となっている、ルシファーを筆頭とする、貴方方を神と共に、愛させて頂きます。その他のことも、宜しく御願いします!

長雨、

干ばつ、寒波、熱波、強風、竜巻、落雷、豪雨、豪雪、暴風雨、地震、火山爆発、陸地陥没、日照急変、・・・ 自然の定常的・法則的運行に、適宜、介入されます。 孤独、相互嫌悪(食的・性的畜生道、餓鬼道)、相互恐怖(修羅道)、多様責苦。 預言者への加害は、責苦が数倍化されます。 然るに一切の地獄責苦を耐え抜くと、ルシファー等のように、悪魔になれます。 また霊界も、地上界の趨勢に対応して、刻々、変容している筈です。

2009年11月20日 (金)

社会は、

我が超神教を信じて、汝、社会、の敵、を神よりも深く愛せよ!

オバマ、

実はエル・アカンタレ(日本・大阪方言、ろくでなし)だった者にも何時か、そして共和党にも何時か、力を合わせて、貰えるように、頑張ろう!

オバマが繋ぐ、

米国とアフリカ、が世界の希望だ。超神を、そして神を信じて、宜しく御願いします。リーマンも世界を動かし、オハマも世界を動かす!

思いつき

 無理はいけないが、神に助けられて無理が必要な時もある。 人生経験は、既に数限りなく繰り返されている。 厄介者と魂を張ってでも付き合い切るのが周囲の務めだ。 全ての花が、人間に同じ愛の花にと願っている。だから、自由共産主義だ。 神も含めた集団全体が下らないと、一人に超能力が発言したりもする。本来超神の回復は、一人一人の務めだから。 顔長の進歩型の男と、顔丸の調和型の女の結婚が理想だ。その逆の結婚は普通以下の結婚で上手く行かず、周囲の福祉が必要になる。わが親夫婦、わが姉夫婦で非行の子を存在させている。顔丸男と顔長女は反対物は惹かれ会うの道理で、深く惹かれ合うが、それが結婚の罠になる。

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月19日 (木)

庇う者を、

神は、恐らく無理をさせてでも助ける。自分には無理だと言ってどんどん人を見捨てることか多くなっている自分も、出直してみたい。

指導改革する者は、

震災神の厳しさを秘めつつ、説得御奉仕、だ!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

民営化は流れだ。

実質、公企業だった食管農業もだ。但し、徒の競争ではなく、だ!

神も

神が造って宿りし自然も、怠け者を嫌う。怠け者は餓死させられるか、地震その他で***る。諦めなさい。

2009年11月18日 (水)

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月17日 (火)

愛、

もそれ自体、犠牲に供せよ、と言った。そして時間を超えよ、とも。或いは相手の気付かれぬ罪には、それを鏡に見せる、悪意でもって報いよ、とも!

この星の神よ、

貴方を切り刻むような、彼等の貴方への嫌がらせへの忍耐、御苦労様です。ところで、自分というものは、自分を決して切り刻んだりはしない。そこでほんの他人のような貴方のことを皆に謝りながら、貴方にこの先、先進国民(そして或いは関連的に心悪しくなった途上国民も)の***をさせないで上げるための、先進国民への途上国民への罪滅ぼしの耐乏生活、頼み込んで置きます!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月16日 (月)

愛の奇跡。

 ロザンナ、こんなにも背かれても、俺は信じたい、何時の日かあいつに、愛される愛の奇跡!

・・・・・・泣いている、

皆、もう、誰のためにかか、分かるうだろう?

受けた民主党は

神=絶対精神よりも明らかに国民に甘い。此れには神も困った!ま、それはともかく、歴史が歴史神=歴史絶対精神から外れて導かれてしまうと、つまり当下の宗教家が正しく信仰せず、或いは思想家が無信仰になってしまうと(連動で、政治家・経済人・労働者・農漁民がそうなると)、相補的に自然神=自然絶対精神による、自然変動が行使されるわけなのである。それだからこの時局、社会の正しき信仰の回復が急務だ。神=絶対精神が、自然も、霊界も、天使霊、人霊=相対精神も、霊界・地上との循環・守護指導も、の一切を造っている。しかし、反抗者=反絶対精神(地上霊を憑依し悪しく操縦する)も現前させてしまった。だからまた、その対立の彼岸に、超神=超絶対精神、が、真の絶対原理として、新たに想定出来るのである!

戦後農地改革の愚劣。

 戦前大地主の下、多数小作農が集結していたものを、群小自作農へと分出創設することは、大企業の下の労働者を、群小零細企業主、へと分出創設するに等しく、既に一定の規模の利益を獲得していた、農業近代化の逆行となる政策であったのである。理想的には、大農業法人による市場の寡占分割という、農工一体の近代資本制の現状というものも有り得た訳なのである。然るに現実は手の付けられぬ惨状、それに怯むことなく、心ある人士は、国土の安寧のために、邁進して欲しい。 農業男女協働と、事務業男子単働(女子家事労働)、が等価交換されているとすれば、既に産業構成が大幅に歪んでいることを示している。前者が産業構成の際の基準だ。それが、男子も在宅勤務などとは、以ての外、なのである。

東京・六本木に、

身体を動かさないでいると一定時間に人が餓死するに到る、この世界と身体のありようとに抗議してビル群が建設され、週日昼間も、人が鼾をかいて眠っている。予感されるビルの破砕・堕地獄後の、徹底抗戦へと備えるかのように・・・・・・

人生一日、一日大一生。

 生まれ変わりはあるのだから。その一日のような人生(一生)を積み重ねて私達は超神に帰り着く、本来超神の大人生を歩む。その大人生の経緯で、あの世の地獄常住になってしまっている者達もいるわけなのだ。手広くこの星の悪を運営している。そこで、この人生のこの一日を、その人生を一日として積み重ねる本来超神の大人生匹敵の緊張感で生きる心掛けも大事になる。それが今日も無際限に無限に、等、ということでもある。

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月15日 (日)

願非ずに

 非花の非下にて 非我 非死なん ・・・・・・・

ゲシェンク。

 私達の内なる。限りなく貴方で非からん、という衝動を。貴方が、自分、意識存在たれ、と先ず定立したと思しいので、自分達一人一人は、非自分、非意識非存在たれ、と先ず非なく非定立し、かつその後の一切の貴方であるもの、貴方の営みであるものに、貴方の造りしもの、に非ず、を立てんことを!

億年、彼等の

快楽三昧可能の自然・身体改造の要求を撥ね付けて来た神。ケチな神に自分達の要求を認めさせるには、かくして時間が超えられねばならない。また誰しもが彼等同等の反抗体験を、自分を偽らぬ者の魂の共通体験として回避することは出来ないであろう。世界の諸都市の繁華街や高級住宅街に彼等の願望する世界を局所的に実現して、一定時間後の神の潰しと共に、霊地獄界の解放区(堕地獄後の責め苦を耐え抜いた者が導き入れられるところの)に反抗者仲間として多数を誘い込む腹だ!

ポンペイ有産市民向け

の無産市民・非市民は、真の神と、有産市民向けの無償労働を共有することになった。このような階級構成を非としない神は、偽の神か、位階の低い神である。しかし縷説した通り、それなら、神、御前が全部労働をやれ、というのがかような地上社会の階級支配を仕掛けた、霊地獄界の彼等の、長年の論理なのである!

火山神に虐殺された

ポンペイ市民は、死後一定時間、地獄の苦しみを味わっています。歴史社会の、徒な奢侈の付けは、必ずそうなっており、この現在にまで及んでおります。現在先進国の奢侈も、この星の神の決して認めるところではありませんので、諸兄悔い改めるつもりないないのなら、早くその覚悟を決めておいて下さい。

思想表現の難解な

思想家には、畑から掘り取っただけの、芋、をあてがってやれ!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします。 *法は、神の心も、自分の心も、刻々傷つけながら、人の心の教えを説き続けるを止めにしなさい。心の教えは、先ずそれを自分の態度で教える。それだから、君は、信仰無き一般人を刺激しない震災受け流しを、信者に教えたことになるのだ!

2009年11月14日 (土)

確かに孤独でもあり、

他人でもある自分を動かす力が、具わっているであろうか・・・・・・

子供が小説書くなんて

とんでもない国の子供達が、震災神に、子供だって容赦しないように、と懇願している。 小説は先ず、マルクス主義と対決しなければ、決していい小説にはなり得ません。何故ならそうてなければ、その小説家は、百姓なくば自分が小説など書いていられないことを弁えぬ小説家、ということになってしまうからです!

先進三極の罪状。

 西欧は、第二次戦前まで数百年、アジア・アフリカ(或いは南米)の資源と労働力を収奪し続けて、国富として集中し続けて来て殆ど償っていなのである。西欧の現在の日常生活には、収奪されたアジアやアフリカ(或いは南米)の民族の、膏血と呪いがこびり付いている。米国は、先住民族の駆逐、アフリカ黒人の奴隷化、等の罪状はあっても、資源に恵まれ、植民地収奪の罪状の程度は、少ないのだと言える。がしかし、第一次戦後、罪深い西欧経済に寄生して発展したという罪状もあるのだ。また、資源と、資本主義のノウハウにより、発展の可能性を約束された優等国には、周囲の国への積極的な奉仕の義務すらあったる筈なのだ(無論それは果たされず、逆の収奪と言うことになってしまっている)。日本は、欧米に追随し、逸早くアジアの唯一の資本主義列強として、朝鮮・満州に進出した。そして、戦後は、既に十分罪深い、西欧・米国経済に寄生してこのように発展して来ているのである。一方そのように利己的に醜悪な帝国主義解消のためのマルクス主義国家群が、各国の果敢な革命行動により勃興し所謂東側世界として、帝国主義の西側世界との、所謂冷戦構造を作り上げたのであるが、如何せん、神を信じず貨幣を廃しての共産主義であるマルクス主義が経済発展のためには話にならない欠陥を露呈し総破産し、世界に伝来の帝国主義を容認しての自由経済一元で進み行くべきだとの、浅見錯誤が覆ってしまっている現状に怯まず抗い、神(震災神)を信ずる、我が自由共産主義インター、新しきインター、をこの地に立ち上げる次第なのである!

払うものを払ってない

消費者へ向かっての企業努力は、震災神が認めず無意味だ。払うものを払わないで何時までも許されることはないし、払うものを払えば、今のような消費は出来ないだろうからである。苦楽中道(過労を避け、楽しみ過ぎず、質素に過ぎず)の生活道徳から外れぬ消費者による市場だけが認められる。

制限速度オーバーに

誰も最早、良心の呵責(罪の意識)を感じないように、税金ヤラズ予算ブッタクリ、賃金ヤラズ製品ブッタクリ、も同じことになっている。その不感になった罪を自覚させるために、震災神があのようにカミツイた。ところが一方、その神が、被造物を造ってそれらに頭が下がらぬ、自己の原罪、に無自覚の神だったのだ。そこで人間に一方的に、(生活物資)生産労働を押し付けて、背かれてばかり来た。人間の背きを仕掛けた彼等反抗者達が、神にその原罪の自覚、を促して来たのである!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月13日 (金)

魂の不具者の

体験の想像は、魂一般が本能的に回避する。神でも、至らぬ者なら彼も(怠け者だって、場合によっては魂の不具だ。その不具の諸感覚・諸感情に十分に想像的に共感せずして、具有同等を強要したとすれば、既にそれが悪だ。悪には悪が返る)!

悪い奴等にタッチ

するのは、彼等を仕方がないから***にして掃討するする時だけにして置こう、この星では神自体がそんな神なのか?、

思ってやる、

と言いながら、肝心要のことは何もしない、**ダラ神しか存在しなかった、と言っている! 反抗心により、一切心身機能は、神の仕掛けによって機能麻痺の報いを受ける、但し、超神を掴んで強気の者だけが、その因果も打ち破り得る!

素行は悪いが、

有能な社員達がが、素行にだけはうるさいが無能な所長を追い出してしまった。我社の苛烈な現状。彼等にそのうち、あくまで素行が悪いと地下から危ない、と教えて、最高の親分達のように、魂、覚悟を決めて貰おう!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月12日 (木)

テネシーワルツ、

紹介した旧友が、恋人の心を奪って行った。同じようにランボーが、富永から、小林の心を奪って行った。また、未だ知れぬ超神が、この星では、神から多くの人間の心を奪って行った。 この地球地点にも、超神の愛が拡がっていた筈だが、誰しもが何時かは同通出来る筈のその愛に、この星では神すら、同通させ得ないで来ているのである!

顔が悪いのに、

顔の良し悪しを判断出来る、神で非いのに、神か神で非いか判断出来る、此れ如何に。私も、神で非いのに、震災主神・傍観副神を、理想の神であるかないか、判断した!

東アジア共同体は、

これ以上の域内各地の震災回避の回避のための、下部構造における自由共産化の進めと、上部構造における中華・非中華混交文化化(日本文化が典型、だから中国文化への日本文化の逆輸入も必要だ)を持ってせよ!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月11日 (水)

今日の昼NHは、

紫、が生き生きしていた。 押し付けた音楽の選択は娘に背かれ、それから随分年経たその娘の押し付けがましい介護も受け容れられなかったようだ。テネシーワルツ、愛至らねば、星の神もその悲哀を託たねばならない。つまり私達は本質的に、マッチロースト、なのだから。何故、松井が、紅白の智恵、のテネシー、を良い、と言ったのか?

黒メガネが俺の

Loveと言い抜く人もいる。でも嫌いな人も多いよ。昔の知り合いの衰法達なんか特に。俺?中位。あ、そうそう、この星の神様きっと嫌ってます。メガネというなら、近眼鏡の方がまだ良いみたいで。だから人は、黒メガネで神よりも向こうを覗き、神よりも向こうからこちらを眺めたくなるんだろう!

平均寿命。

 無論、適労の適命から、過労の短命と、安楽の長命、の分裂に逸らされたのだ。解放区に収容されるのでなかったら、安楽の長命返上で、世界遍くの適労・適命の実現に御奉仕するのが、この星の神の求めだ!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月10日 (火)

茂木その他が証明した、

今涼しい顔でテレビ出演中の人物が、裏で何をやっているか分からない!

人工楽園=

先進帝国圏を見せられて、未だ自分の非を認めぬ**神を、この星の神はトットと止めにして下さい!

この星の**神に、

世界帝国主義の暴力的転覆をさせないでやって下さい。そのためには途上国の農業労働並みの均等の労働負担により、世界の全産業を組み替え直すことです。先進国民の多くが慣れ切った、裏で途上国民を犠牲にしての軽労働は、この星の神の許すところではないのです!

悪魔みたいな神に

逆らい抜けるのは、神みたいな彼等だけだったろう。漁師なんかしたくない漁師達(しかし、必須ビタミン、ビタミンDは殆ど魚にしか含まれていません、この辺にも、この星の神の執拗さが分って貰えるだろう)が、神を不興にする漁場の争いをして、エチゼンクラゲが送られた。しかし逆らうともっと厳しい報いが与えられるだろう。因みにいつの間にか、自分ばかり楽で反って収入が良いということにしてしまっているサービス業の皆様(例えば、演歌歌手)にも、公平な報いが与えられることであろう。歌手も漁師並みに苦労して発声練習をすべき、ということなのです。因みに千の風の秋川はその位やっているみたいだが、それはクラシック・非クラシック、一流・二流を問わない筈です。そしてこの神は億年、この一見明白な自分の非を認めていません。こうして私達が本来超神でなければならないことも、一見明白なのです。

働かないで

毎日、腰ばかり降ってる降ってる人達は、この星の不良です。国民として悪い日本国民の中でもさらに悪い人達なので、日本国の警察の皆様は、震災神に任せてていないで宜しく御願いします。因みに豚箱がその人達の更生に効能がないように、多くは神が***堕して責めても効能がなく、歌舞伎町その他に霊的直結の、帝王ルシファーの仕切るあの世の解放区地獄界になっています。またこの人達は恐らく、神よりも性交が上手く、またそれについてよく知っており、私たちが本来、神からも自立して自由な超神、であることを証明してくれています。

宇都宮の副神衰法、

そんなところに引っ込んでいないで、歌舞伎町の此れもお偉いさん達が、震災主神に****前に、一回トックリ、話してみたいと言っているぞ!

本来、我々は皆、

星の神に気付かせて上げるために、どんな悪さもして上げられる、超神、どうぇーす。此の星の神よ、彼等の仕掛けにより、人類の一部が安楽な暮らしをするその裏で犠牲にされ、早めに貴方同等のタダ働きをする者に高められた、諸国の多くの者に、早く代わってやって下さい!

此処で一緒に・・・。

そうすれば、未だ見ぬ星に辿り着けるのか、と思った者も恐らく多かった。血は、深い心の熱さを求めて流される。労働を押しつけては背かれ、副神を傍で眺めさせながら、***ばかりを繰り返して来た、この星の主神にそれが分るか?貴方の流させた(この時代も流させるつもりだった)血は、ヴェルレーヌやゴッホや長崎のヤクザが相手に流させた血とは違う。貴方の流させた血は、流した者達により、貴方の御追従者達への、何倍もの血の求めとして返ることであろう!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

遠い昔から

この星では、自分は一人でやって行く、という者が増え続けた。震災主神よ、傍観衰法副神よ、何時貴方方は、その者達の、淋しさ、が分かる魂になる?悪は恐らく、その星の神々のために存在する!

2009年11月 9日 (月)

パンピー、

俺に教えてくれ、パンピー、を!

そんな副神が、

ずっと、自分が魂の最高理想と、星中に言って回って来た。無論主神も、それでよし、として来た!

戦闘性は、

平和時の旺盛な発展性、に転化出来るであろう!

親の血よりも、

神の血よりも、超神の血の方が濃いことが、各都市歓楽街で証明されてしまっている。 副神衰法は、ルシファーとエンリル(エルランティ、ルシファーの直属上司)のヤクザの喧嘩のようなものとは自分は関係ない、と言った。そしてずっ主神の破砕が予想される状況に斜に構えている!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月 8日 (日)

身体の社長。

四肢も臓器も心あるもののように思って、一人一人初めてみよう。理想の神(星長)=超神、なって行くために!

人間は失敗を

徒に恥じることなかれ。既にこの星の神が、星丸ごとの失敗を繰り返して来ているのだから!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月 7日 (土)

生来の盲目は、

普通の者が一生保障されている、一生目が見えることの、安心感覚、が全く奪われている。一切の生来の不具は、普通具有(五感。五体、頭脳、性格。・・・)に対して、同じ関係を有する。否、魂として存在しての不具は、具有に対して同じ関係を有する。そこで、魂として具有なる者は、魂の不具なる者に、その実存の自分だけの受益を、永遠に(或いは時間を超えて)償え。先ず誰よりも神が、神で非い者に。超神敬白!

悲惨な実存感覚・

実存感情を、他に良く分かるように暴力で表現してやっても、今の今まで、神にまでそれが通じなかった星。エリートは自分の努力で不良までを自分同等の人生にしてあげるまでは自分の方が偉いと思うな!

自然は他者を

犠牲にして自己に生活物資を貢がせる、謂わばそれらを自分に取っての第二の自然とすることを叱る。また第二の自然化を求めての争い(帝国主義戦争)も叱る。また身体という自然は、個人の過剰な快楽志向を叱る。しかし此からは、自然の方が至りません、と言ってみても良かろう!

或いは、

風の湿りようが、神らしくない、と思われたのかも知れない・・・・・・

超神ならば、

天国・地獄交流自在、表社会・裏社会交流自在、或いは水陸両生類。何故なら、超神は、一切の反対概念同士も、自分の下に一体化させている筈だから。誰しもの魂の底に、この、超神、の愛が眠っている筈だ。しかし、それを現に採掘・開発することは、中々難しいことなのである!

現実。

 物体その他物理存在、(その他非物理存在も一定の)、科学法則に従う固定性を持つこと。人間の人格内容が、そう容易く変化出来ない固定性を持つこと。そこで、人間が自己、他者、その他外界に向かって出来ること、そして人間一人が付き合える他者が、数的・深度的に限定性を持つこと。前者を拡大変容するには科学技術(或いはまだ一部に少量しか開発出来ていな超能力)によること、後者は、修練・悟り(宗教的認識)の獲得により人格内容を変えることによること。どちらの場合にも、人が幾らでも深く広くこの星を愛そうの思いで、下支えすること。

喧嘩と

その挙句の死後への移行、ということを恐怖するのでもない人達の存在が判明した。この人達は所謂、神も基本、匙を投げている、霊地獄界・修羅道に移行することになる。私も、恐らく世間の誰も(副神も)どんな手当も不能であることを代表して御詫びし、自己変革を御願い申し上げます。震災神だけが、説得も適宜の、殺=霊界移置も可能であろう。国家権力も、正当な殺人ということを、震災神、に学んで下さい。

自殺死や他殺死の

後も、ほぼ平均寿命年限基準のこの世での労働ノルマ対応の責め苦のごときものが継続する筈である。その引き受けを全うして、初めて霊天上界に帰って行ける。或いはその引き受けを拒絶して、彼等のように霊地獄界で゙悪魔化して行くことになる。

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月 6日 (金)

人を犠牲にして

顧みず、また御互い同士相争う者達を、上の天なる神も、地の下なる神も、総じて自然に宿る神が放っては置かないであろう。速かに悔い改めよ。同時にかかる神ほどに、未だ愛情深くないことを、神にも、罪深き者達にも御詫び申し上げます!

下層の泥棒の

実存感覚・実存感情、その呻き、は、彼に頭を下げる超神だけが超神語で代替文学表現し得べく、そしてさらにその表現されたものに頭が下がっている!

共産労働が、

利己的な競争、と仲良い怠業とに、彼等の仕掛けにより逸らされてしまっている。この星の神は宜しく御願いします!

超神認定最高の

ルシファーが、何事も最高のことをする、ということになるこの星。彼は上の者に此処まで逆らい抜くという、彼の上の者、この星の神、にも出来ない(きっと、惑星神を超えたもっと上の神に、この星の神は、ベンチャラってる筈だから)ことを、この年月、貫徹したのだから!

思って、命だって無際限に、

自分の今ある性格だって無際限に捨てられるのは、現の、超神、だけだから・・・。 愛の、より強者・達者は、より弱者・拙者(下手な者)を、責めたり、馬鹿にしたりしないで・・・。 また、強い愛は、長期間・長時間・重労働で培うことになっている。そこで、人間へのこの星の神のこの労働の仕向けだ。しかし・・・。 詐欺師は結局怠け者なんだろう。それで、真面目な人間も苦しまされる。この星の神は、宜しく御願いします! 

水は幾ら

必要なのか?この星のために悲しんだ人の水が。 アルフィー・坂崎は、NHKの女性アナウンサーがついプロを外れて気持ち悪いという素振りぶりを見せた、嫌われ生き物の気持ちが分かって何時も好きでいてやれる貴重な人だ。因みに、ヤクザの皆様がオカマの皆様を庇っていることが多い。 よしあきよ、よしあきよ、・・・

集団の

善なるりードを邪魔する悪なるリードを共に抱えて苦労するのは、この星の善の運命だ(例えば、自由共産主義と帝国主義)。理想的には、苦労でも、善が、悪の善転のために、頭を下げて御奉仕せんことを!

欧米による、

世界自由共産からのアフリカの取り残し、の解消、引き換えに、日中の欧米からの撤退、が喫緊の課題だ。世界に、ビグーの三原則中、平等原則を実現して、他の二原則も全からしめ、今回のリーマンショックのような事態を防ぎ止めるために。神を信じて、懸け離れた現実に怯むことなく!

愛の花。

神から引きこもりまで。世界自由共産主義という木の!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月 5日 (木)

只管、旅して

回りたかった人も、歌って暮らしたかった人も、自分のように、労働して星全体へ向かって熱くなる心、を分かち合いたかったこの星の神を許してやって!

エアコンは、

温帯の先進国から、熱帯の途上国に恵む物ではないのか、またストーブも・・・、と此れにも神が激情を鬱積させている!

この星の神の求める

自由共産労働が生まれつきそれはそれは辛い人も、神を許して、努力してそれを介して、この星の神に近い星全体を愛する心を培って下さい。金銭を寧ろそのことの証明として、人の労働の成果を一方的に受け取って、自分が楽をする手段としてではなく!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月 4日 (水)

自分の市場の消費者は、

全体社会の成員だ。自動車を市場で売る者は、他の市場で、米を売っている者、肉を売っている者、服を売っている者、・・・・・・。そして或いは自分達自動車を売っている者にも、とそ諸市場の重層した全体社会の成員に売るのだ。全体社会成員の一般生活の、自動車消費部分に供給するのだ。こうして自分の市場に対しながら、社会分業ということを常に意識していることは、一人一人にとって良いことだ!

一部金持ちが

全人類の本音を実現してしまっているというこの惨状、このようにしてしまったこの星の此れまでの神は宜しく御願いします。序に、諸途上国の、諸先進国向けの資源・製品の、神の無償労働並みの低賃金重労働の、労働者の皆様、毎日の労働、御苦労様です!

二、三十回、親を***

新たな人生を初めた、億年、自分の弱さに居直ってきた者よ。**なら、地面下の主神、宇都宮の副神を(人類に、百姓から積み上げる。生活物資共同生産労働を強いている)***みても良かったろう。君のように長く、神達の自己強化の要求に抗って弱者に居直って来た者と違い、居直り切れずに、しかし神達の要求は拒否して、逆に世界へ強力に敵対する悪魔へと逆発達を遂げた者達もいて、神の下ろす一切の懲戒をあの世のそれまでも、無効、にして、他へも反抗を嗾け、自然主神の大掃討を待つばかりの現下の世界状況を作り上げてしまったのだ。こうして神の下の被造物実存の内部深奥には、現実の神の程度を判定する、超神の本来性、が眠っていたのだ。またそれだから彼等は、被造物創造以来の、神の我等への無ハイキ(一回も誰にも頭を下げなかったこと)そのことへのオトシマエ、を此れからも妥協なく要求して行く模様だ!

思いつき

 運動会系(体を使っての経済活動志向の者もの)が、神の中心の御勧めだが、然らざる者達をも馬鹿にしては行けない。 市場にして共産、がリーマンショックのようなものを、防ぎ止める所以であろう。足るを知る消費をすること、それ故利潤追及と裏表の物資用益の生産を何時か一定化し、その生産時間を削減し、余った時間を分業的学的(その他文化的)生産に振り替えて行くこと(物資用益の効用余剰を追及するのでなく、そして新エデンの園計画(文明史の帰結としての生態系ー原始人社会の再現)の追及だ)、利潤は可及的に労働者に還元して、資本家も労働者も実質、差異なき者にして行くこと、市場に数社の寡占均衡を実現すること、等々。 

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

2009年11月 3日 (火)

一昔前の学園紛争と

同型の構造がこの星には長く継続している。造反教師群を抱えたワンマン校長に、追従教頭以下が続いている。私はその現状の改革に寄与するために、他校から校長(団)と共に訪れた、同じく教頭程度のものらしいのだ。 ツアラトストラ構造、アフラマズダ(主神)スプンティマン(副神)アンリマン(ルシファー)、副神の現状を見るにつけ、、私がこの先彼の地位を代行せざるを得ないのか?主神ならば、この構造の解消にこそ、最も心胆を砕く筈だから!

中々、気付こうとしない者には、

超神がどんなに時間をかけても、その者にその者の存在を切り裂くような苦しみを送って、それを気付かせてくれるだろう!

少し目を

つぶって御覧なさい。目の見えない人が想像を絶する生活をしているのが分かるだろう。心の目の見えないのも同じだ。だから心の目明き(悟りたる者)も、それを自慢気にしてはならない!

昴。

 我は行く 心の命ずるままに

どれほど・・・

いつまでもせけんしらずで・・・ さよならはわかれの・・・ せかいにひとつだけのはな・・・ どうしてすきですきなひとに・・・ いまはこんなにかなしくて・・・ るいるいだんす・・・ らああああぶ・・・

世界の哲学者よ、

へーゲルの難解は、哲学書を売って生活する必要がなかったからだ。それでその哲学が殆ど役に立たないことになっている。いい加減にしてみよう。

宰相の緊急大権。

 現日本国憲法(及び同類憲法)の条理解釈として可能であろう、と考える。

超弁証法。

 否定に現に媒介されることなく、高次の肯定に跳躍すること。 室町幕府が、戦国、を経ないで、江戸幕府に跳躍するみたいに。然るに現世界が、弱体国連の下、室町幕府下様なのである。また、自由経済が、否定態の計画経済に半ば、媒介されたところ、と言っても良い。

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

核。

 列強に国家的我意の強行の可能性が消えていない以上、相互信頼・軍縮、が相成るまで、日本も核装備により国際責任を果たすべきである(米国より日本の方が、諸格差が少なくより、神の求めの、自由共産主義、的なのである)。核よりも怖い、大天変地異による世界の全的破砕、を未然に防ぎ止めるために!

極真拳=超神拳。

 帝王邪(力)拳と震災正(愛)との彼岸。空=超神(仏、天)の手、による!

2009年11月 2日 (月)

安保理は

常任・非常任の区別、拒否権、という列強特権を、速やかに廃せよ!

彼等の手先に

何時の間にかなり、この星の神の世界共産(基本皆百姓)の要求を逸らし続けた先進国民は、神がこの時代初めて一定、自分の非を認めるみたいだから、彼等が計算済みの神による貴方方の***をさせないでやって下さい!

イントネシア政府、

現地資本、外国資本は、同等精勤・同一日当原則(資本家も労働者もなく、年収格差二倍以内、労働負担格差一・五倍以内)に照らし、自らの悪行(地震激発が証明している)を自覚せよ!

万国の、万国の、

労働者同士が、ヒシ、と抱き締め合える時は来るのか?現在軟弱男も、地球女体中心に突き立て炸裂させる心をカール=マルクスと共に一人一人に分かちたかった神を許してやれよ!

ネットで便利満喫の

先進国民に、慎重を期して、そのネットでもって、ドン百姓一生という、この星の神の要求について感想を聞かせて貰おう!

今日も無際限に無限に、

等、宜しく御願いします!

艱難、我を悪魔にす。

 親は、一ひらの思いやりもなく、早く皆と同じに働けと行った。自分はこんな親を側に設した親の向こうの者に何時か頭を下げさせるために、先ず目前の親を何十回も***、出発することにした!

2009年11月 1日 (日)

職能追究を捨てよ、

信ずる自由共産主義インターナショナルに企てよう、貴方のこの星への愛、が将来、貴方のの職能をも育てる筈だから!

アジアの信ずる

政治家の皆様は、地域の悪しき権力者と思しき者に、人民の収奪を止めよ、の説得適わぬ時は、既に彼等に牽制をかけている、現の自然の地震・雷、同等になる積りで、説得して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

魂実存は外部を、

内部の愛情の宿りの程度において見る。一切を自分に向かっての魔と見る引きこもりの内部から、一切を自分が神以上に強く愛しているものと見る超神の内部までの、開き、がある訳だ。

自然は帝国主義を嫌う。

 関東大震災時、既に朝鮮を支配し、大陸進出を果たし、着々、富が内地に集中されて実現された、帝都の奢侈退廃に直下の自然が感応したのであるである。無論、日本帝国主義の営為を着々仕掛けたのが、霊界の彼等であって、この星の神が仕向けている、自然と望ましく代謝交渉しながらの美しの世界共産、という世界制度へ抗っての、彼等の仕掛けの人為による嫌がらせの解放区の実現ということになっていたのである。さらにいうと、内地という解放区、帝都という解放区、帝都の歓楽街という解放区(解放区というものは、何時の時代のどんな場所のどんな規模のものも、始末が悪いものだ)という、三重の実現であったわけなのである。

そんなことは

どうでもいいことです。大切なのは、今この星の主神が、我々に共産労働を仕向けていて、怠れば、現世的或いは来世的応報、が待っているということです!

さらに宇宙像。

 時間・空間・第三間・・・・の、多様間結合となっている。また、それに真善美を超えた、価値多点体が付着されている。また、文明ー自然、のみに限らない、多様な環界構造を持つ。以上さらに拡大され、かつ、不備なく言及された、単位神宇宙が、件の超神創出の非神空間で、弁証法的に発展させられる。このような神宇宙を取り囲む非神空間が、全てが現れる絶大存在(最広義の存在)ということで、何時か全て終わる(絶大無)。私達の本来性は、この(最広義の)の、存在、と、無、を交替させる、超神(時に方便の存在内延長たり得る)、さらには無(超・超神)、さらには無々(超・超・超神=一切概念未生以前)という、非(超)感性の原理的愛、だ!

南無超神。

 この星の主神以下と共に、私達の本来性である、超神、に帰依します。 また時に、自己を、超神、と思いなします。 また彼等魔の勢力を、超神の遣いとして、表敬訪問します。 また、このような弁えになってくれたことを前提として、この星の主神に帰依します。 かくして現実生活では、彼等魔の勢力の遣いである帝国主義者にこの星の主神の不行き届を認め頭を下げて謝りながら、主神の求める世界自由共産主義を受け容れてもらいます。 常に地獄界の底の、魔の勢力のことを気遣います。 そうしながら呼吸と共に、何ものにも感謝・詫び・思いやり、を励行します。 また常に、心(魂)の、貪り・怒り、を断つことを心がけます。 起床時に、就眠中の波動のありようを検討します(地獄界に腰を折り曲げ働きかける、天上界中心の心であったかを)。 朝に、太陽の昇るあたり、自然主神と霊界歴史主神(霊界頂点にましまし、諸霊天使・諸霊人を介して、地上歴史に働きかけている)の合するこの星の主宰神へと、しかし先ず、彼が対立させてしまった彼等魔の勢力との対立の彼岸の超神へ、南無超神、同時に南無魔の勢力、さらに南無魔の勢力敬訪根本神仏天(主神)、と奉げます。さらに、今日も無際限に無限に、貴方方(魔の勢力)を愛させて頂きます、と奉げます。 そして以上の意志、を体する生活をします。 就寝前、以上について相当時間に一渡りの(徒に深く追究することなく)反省をし、最後に、大天変地異抑止祈願(私は震災以来、欠かしたことがない)・全生命安泰祈願・全生命安眠祈願・全生命この世にての反省あの世に手の反省誓願・不死祈願(危ない御時世なので)・地獄界解消祈願、と奉げる。以上を、励行してみて下さい。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます。 神に***をさせないでやって下さい。 不幸連(不幸の非科学・不幸実現党)、等は速やかに悔い改めて帰依しなさい。 

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »