2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

長く彼等を

そういう心のままにして置くしかなかった自分を、周囲に深く謝る神でなくて、どうして我々が彼、神、を頼むことが出来るだろうか?

超神ということの

人生の満足。劣等から反抗に転じたような人物の心を出来るだけ覆してあげることです。

だからこそ歴史社会は

何時も、自由共産社会だ。方便としての資本私有、を有名無実化せよ!

直ぐに周辺地域、

及び津波波及地域の生活想念を伺ってみよ、ということです。(つい先立って、駿河湾地震が起こったばかりであろう)

どうかこの星の

憐れな神に、先進国民の***をさせないでやって下さい!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月29日 (火)

どうかこの星の

憐れな神に、先進国民の***をさせないでやって下さい!

被造物に

少しも頭を下げぬ神は、被造物一般にそれから時間を超えて反抗されても文句は言えない。 また、頭を下げぬから、現に、望まぬ生産労働を押し付けて背かれたりするのだ、そして***の繰り返しか?

神も、親父も、

反抗されない間から、威張ってるな。反って、明日も明後日も、奴隷みたいに御奉仕するんだ。超神に成り代わり、敬白。

夢は社会正義派と

思しき御仁が、逆に、不品行な者をその彼我の品物認定に従い、偉そうに教導する図だった。その時不品行の者の心に現れる根源的憎悪を知る者は少ない。ただこの憎悪のままに、こんな正義派ばかり自分の側に存在させた神にまでの反抗・存在論的謝罪要求の旅に出る、彼等のような不退転の気力のある者が少ないだけなのである!

同じく顔の

良し悪しを判定出来る者が、一方は自分が顔が良いと思い、一方は自分は顔が悪いと思う。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

助ける。

 おすぎやピーコやら堂々と生きてくれたんで助かっている人が沢山いる。

2009年9月28日 (月)

自分には

差別されて服装がみすぼらしい中国人を初めとする外国人労働者の気持ちが分かる。自分もちょっと前、意地になってユニクロの安い服も買わずに.粗末な古着を来て街を出歩いたことがあるからである。恥ずかしさに絶えるのに余計な精神力がいるし、また突発的に身勝手な周囲へ向けての憎悪で切れそうになる。こうして少数、中国人等の身になってみて偉いのは彼等の方だと知っている、自分のような者達だけを、この先いざとなったら震災神等は差別・選別してくれことを望む!

父は

国鉄・国交省関連企業勤めだった。遺産は、罪滅ぼしの寄進、だと考えている。

御釈迦さんは

当時の階級社会の長者から、役に立つ修行するからという口上で寄進を受け生活し修行をしたのである。どう役に立ったのか今では知れたものではないが、世俗に向かって、盗むなかれ、と現代的に言ったらおかしなことを言っている。その寄進した長者こそ、既に階級的盗賊と考えられるからである。御釈迦さんは当時の社会の貧民のことはどう思っていたのだろうか。因みに修行場のルールを外れると即刻追放して顧みない突き放しようも示している。そんなこんなでその釈迦の生まれ変わりでもあると称している宇都宮の隆法も同形の振る舞いをしており、同じくうさん臭い者であることは間違いない。折しも不況で露頭に迷う者も多い、折柄なのだから。貧民は放って置いても、自分仏陀の修行のためには寄進せよ、と数多社長におっしゃるのだろうか?

神は、先ず超神を拝み、

反抗者ルシファー等を、自分の至らなさを知らしめる、超神の遣い、として敬重している!

世界の労働者に、

賃金格差を作って、結果、人の労働力を盗むなかれ(無論資本家は、本来共有の資本を盗むなかれ。但し貨幣・名目私有は廃さず、実質共有にしろ)、結果、人を半殺しにするなかれ。人のは本来の妻を寝取るなかれ。機械化農業は、機械や燃料を低賃金で製っている労働者を、農地で、自分を運ばさせ指図して耕作させ、酷使するに等しいことだ。震災神や、ハリケーン神やらが黙っていない。その神を信ずる者は、神のそのような行使を待たずに、先に神同等であれ。つまり、事前の説得適わず。その必要の生じた者は、躊躇なく殺せ。地獄に堕ちて、なれるもんなら、ルシファー等、反抗者魔の勢力、ゲヘナの不燃ゴミ達のように、なれ、と言って!

オッカナクテ

近付いて教えられないから、早く自分でもっと増しな者になってくれ、ジャナインダッテノ!

釈迦の生まれ変わり

らしい日本・宇都宮の大川隆法は、震災仏を見習い、その昔と大違いの、悪行衆生の殺しを企てなさい。必要のある者はキチンと自分で殺しなさい。此から少しは仏教の受けがよくなるだろう。仏教のみならず、危うき近寄らずなどと言っている儒教も含めて、この東洋にろくな宗教があったのか?仏の慈悲も天の仁も半端で、菩薩や君子や衆生・匹夫の中に、手の付けられない反抗をする者が現れて、時間を超えてしまった星。その御粗末主神(仏、天)以下の罪滅ぼしが待っている!

御釈迦さん、

不殺生って、植物だって生命じゃないのか?我々に、岩石、食えってか?この二千年余り、仏教徒も一切衆生も誰も守れる訳ないから、守ってないぞ。一体、どんな宗教だ?

魂の転落を

他人事と思わない者の思いが、何時か転落者達の魂の芯に沁みて行き、この世界にまだ見ぬ世界を開くだろう。 今日も、劫初から昨日までの蓄積を上回って、無際限に無限に、貴方方を愛させて頂きます。 超神ならば、例えば転落という偶発の運命すら進んで引き受けて、魂の一切のセーターを、相手と同じにして上げられる!

2009年9月27日 (日)

あたし、オカマ、よ。

 おすぎもピーコも(遺伝子男、気質女、遺伝子同一、気質相異、つまり、脳と心は別物、と殆ど証明しているんだね。だからきっと、生まれ変わり、というものもあるんだろう)、その他も、これからも、ずっとオカマをやって行くと言っている。森田知事、そして、彼等に、好い加減、心、男らしくしろ、仕向けたと思しき、この星の神よ、一体何故なんだろう?また、彼等のことももしかして、震災ドン突きの理由なのかい?ドーニモ! 自分を騙すと、やっぱりその時から、ラヴ イズ オーヴァーなのだろうか?

涙そうそう。

 独りでやって行く、と言った。悲しみ、が命じているからとも。光は本当は、深い闇の底からやって来る。この星で自ら命を断った者達は皆、その深い底へと墜ちて行った!

超神教=

ラヴミドル教。宗教と組との、絶対矛盾的自己同一!

菜食主義だって

植物生命の抹殺だ。それでどうして今まで、殺すなかれ、なの?

テレビの

リッチキレイキレイ画像と、貧困国のイメージを重ね合わせると、テレビの人物の利己的な汚い心が、それを喩えるに相応しいもののイメージとなって新たに浮かび、見ていられません。宜しく御願いします。

緩んだ国民的超自我。

 ルールを決めて、実際は全体的に八、九割程度遵守(例えば制限速度)では、神の要求に適っていません。

夢は

可愛さ余って憎さ百倍になった姉の夢だった。姉もこの星の神も、御行儀を押しつけるより、先ず相手によく御伺いを立ててやりたいことをやらせてあげるのが、愛、にとっては優先、と考えるべきであろう。一生遊び暮らしたいような人間は沢山いる(ネットで調査してみよ)。彼等はその願望を汲み取って反抗して来ている、と言えるだろう。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月26日 (土)

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

芸術とは

陰影、だ。染み通るものは、一切の可能性を啓示する!

詩人の買物。

市場が詩になる日。中原家の家計簿。こういう芸術には、誰しもが、不可触、だ。

不可触貴民、

互いをそう洞察せよ。さすれば、歴史は何時も、美しい!

2009年9月25日 (金)

奇跡~大きな愛のように。

 このように貴方と出会った者同士、達が、差別なく深く連帯し合う社会が、友愛社会=自由共産主義社会、だ!

犠牲は行く行くは、

命の犠牲を超えて、愛、そのことの犠牲にまで!

無(知・能)とは、

全神盲、ということだ、超神は無論、全神盲で実存なる者こそ偉い、そして自分は彼に必死で頭を下げて御奉仕して、辛うじて彼の実存の偉さに追い付く、と言う!

あんたに奪われた

億年の日々を、今更返せとは、言わないわあああああ・・・・・・・

都市は

自己を生存可能にする農村、に感謝出来たら、農村に何を返す?

途上国農村と

先進帝国都市という、神・彼等の、この地上的分裂。そして、ヘヴィメタ(ジャンピング ジャック、その他)にアースゴッド、が報いられてしまったのだ!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月24日 (木)

心身相関ということを

極めず、脳の遺伝子操作だけで、精神病が治癒出来るかの錯覚を与える発言を全世界の脳生理学者は止めよ。心・脳別個は、日常的な事例でほぼ証明されている(例えば性的同一性障害)。精神病は、精神療法が本来の治療だ。無駄な薬も、無駄な手術も、また無駄な研究も、金銭のの浪費だ!

全てのこの星の、長、は、

この星の、星長(=神)、が作り上げた、惨憺たる現状に学べ!

上下を作って、

上が、下に、十分気を遣わないのは、悪、だ。それでこの星の有様だ。しかも、億年だ。副神・隆法下生のこの時代、この日本で、この星の悪魔主神を鏡に見せて、長崎銃殺、研二吹き酒、を、震災虐殺主神がそれ以上のものを我慢してして猶予している。でも主神は、自分の悪魔同等を好い加減に皆に謝ったら。アンタが最初から自分と違う人間皆を理解させて貰って、皆に酒飲・性交三昧を許して上げれば(そして、それが害にならない身体を保障して上げれば)、こうはならないんですよ!

別個が

別個でないことを証明する深い営みが、愛、だ。それだけにそれは、超価値(一切の価値上下を超えたもの)、ということになる!

愛に絡めて、

単に相手のためにする、より、相手のために、苦労、するを優先させてしまったこの星の神。その億年の過ち、の罪滅ぼしを少しずつ始めなさい!

超神ストリッパー。

 私達はそれぞれ、全てを脱ぎ捨ててそうなれるのか?

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月23日 (水)

歌は天上の

自由な浮遊感覚を証明している。歌の中で我々は天上を感覚するのだ!

私の信ずる神は、

被造物皆に最早謝ってくれている神、頭を下げてくれている神だ!

物言わぬ形は、

間違なく、貴方の中の言葉を求めています。語って語って語り尽くすこと、それが貴方の務めです。

眼のクリクリした

女の子だった。ナップスターだけで生活して行けるって言っていた・・・・・・。

彼奴が、時間、に

頼ってるみたいだから、俺は何時の頃からか、時間、と絶縁してやった。また、空間、に頼る、彼奴の手下も多いので、何時かその、空間、も無にしてやろう!

その余りに長い時間を、

今日一日の自分の、愛の丈、が遥かに上回って、だ!

神の特権。

 神は大量虐殺いいんですか?

視力の高い者が

盲者を馬鹿にするような星だった(肉の盲でも、心の盲でも同じことだろう)。そのことへの怨恨が、この時代の快楽帝国の仕掛けにもなっている。威張って来た、神・天使への、ろくな扱いしやがらねえ、という反抗者達の嫌がらせなのだ。

世界遺産を

を訪れ、或いはテレビに見れる先進国民の世界感覚と、当地にへばり付いて生活するだけの当地の住民の世界感覚は、天と地ほども違っている。この酷い格差、帝国主義の支配・被支配それぞれの観念形態の格差の是正のほど、宜しく御願いします。

ゲルニカ。

 色と形が、美、そのことであるシステム、自由共産主義、を求めている。こうして、美、と真は兄弟だ(この場合は、美が、システムの真を示して)。未来の我々のために、鐘は鳴り、日はまた昇る。と、今度は、幾ら反抗してやっても甲斐のなかった、この星の神におべっか口を利いて置こう(彼等反抗者達が、ビバリーヒルズ、六本木ヒルズの、外側全体が、そして我々の未だ見ぬ快楽準拠の身体(つまり快楽三昧が害にならない)が、我々の本当の自然であっていい、と言っている)!

インドよ、

日本近代の福沢諭吉は、前近代の封建制の破壊・能力主義の称揚により、日本の近代的発展に与って力があったが、同時に、神仏をよく信ずることなく日本を帝国主義へと導き、あの通り最後に大破綻をさせてしまった者でもある。インドのカストの破壊も此れから大事ではあるが、どうか、福沢・日本の轍を踏まぬように!

自分の怠け心を

悪しと謗る、神がその造った世界(餓死と堕地獄後の責め苦に結び付けた)によって形成を強いた、魂の超自我=現実原則への屈従性、が時間を超えた反抗者の彼等を思って、憎い!

絶対言った通り

働かない、と逆らい、魂をどす黒くして来た者達、お早う。誰しもが、その貫徹を何時か学ばざるを得ないだろう。 手先に使った支配階級に犠牲にされる者達は、憎き神と同じ者だった。神をいたぶらせている積りだった!

中日は、

漢字で自己主張夥しい民族と、かなで控え目に遠回しに語る民族と、という相互の精神の差異を弁えよ。それが、前提の大仁、だ!

今日も無際限に無限に、

この億年の不足分を償って、貴方方を愛させて頂きます!

夜明けの歌よ

私の心に ・・・

2009年9月22日 (火)

百の能力のある筈の奴が

九十の実績しか出せなかったら、目一杯八十の能力を発揮した者より、給料が安い、というのが、同等精勤・同一日当の、自由共産主義の、究極理想のの俸給原理だ。怠け者が、働き者より給料が高くてはならない。また神は、生まれ付きの高い能力のままに、そのまま高所得の生活をゲットすることを認めてはいない。

言いつけが真に愛なら、

素直に聞く、という愛が返る!

防災は、徳有る指導者は、

古来、世人の多数の徳を集めてする、と言って来た。それだから、古も、それが可能だったのである!

自然神(仏、天)が

そちこちに行使している折柄、歴史神(仏、天)に遣わされたる筈の歴史内の、諸天使・諸菩薩は、我が教えに徴しつつ、自覚して呼応して働け!

ゴクブトマーラ

(此も神の一つの真実であろう)の、大地のオラビ、がやって来ない内に。宜しく御願いします。

マーラー、彼等は、

巨人も、大地も、神をも、超えてしまっている。神も、自然も、それらを被造物にして超える者達、によって発展させられる!

ツアラトストラは永遠に

かく語り続けるだろう。神が自分の愛の不足を、目前の悪のために悲しみ続けていると!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月21日 (月)

反抗。

 神への反抗、そしてその反抗指導者への反抗。

彼等以外の

全魂が、無論神すらも、自分の星の神にその非を認めさせるために頑張り抜いて来た、そして頑張り抜いて行くであろう彼等の魂の体験に、自分のそれ、を匹敵させる努力を始めなさい。

オメエノイウコトハ、

ダレヒトリココロカラキクヤツハイネエノニ、オメエハコノネンゲツイッカイモ、ジブンガワルイトイッタコトハネエ、トイッテイル、カミハヒゾウブツ二ズットアタマヲサゲツヅケルノガアタリメエナノニ、トイッテイル、コノジダイモ、キカナイニンゲンヲミナゴロシニカケテゴマカシ、ジブンノヒヲミトメヌツモリダッタノカ、トイッテイル!

好きな色で

偽りない自分を表現してごらん。それだったら、知性の丈と関係なく誰だって出来る。そして、青に向かって、凶々しい赤、が塗り込められる、なんてことも。 魂の、裏の等級、に気付くことだ。

英雄(超神)、

運命(超神)、田園(自然神)、合唱(超神の自由共産主義)。

夜半に超神として、

全概念を女にしてそれと致した。願わくは全概念同士が、私達同士のように、愛しみ合えますように!

生態系に組み込まれた

原始人が歴史を発展させ、そのこと自体を再現することが計画されたのだ。だから歴史は大きく、経済(生産活動)の時代、から、学問の時代、へだ!

神がこうしている

世界を、恐らくそう簡単に造り変えることはできません。反抗批判し抜いている者達を敬重しつつも、神の要求通りにして上げることです。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月20日 (日)

六十五歳の社長が、

俺は仕事なんかしなくていいのなら、もっとやりたいことがあると言っている。この星の神は宜しく御願いします。

俺は歌ってものも、

魂なんだと思う!

悪い奴等に

一度も殺されたことがないことが自慢の副神・隆法、この時代はどこそこに逃亡、は難しいんじゃないでしょうか?

研二や、憲一や、

アッコや、三郎や、沙樹やら、をその通り真の大物だから、大物に育てて来た者達、この星の超大物の彼等が此からも頑張るぞ、と言っている!

御行儀とロック魂を

唯一、この星で兼ね備えてくれそうな震災神、御行儀の良い神の子達にも宜しくね。

研二、宇都宮の隆法に、

思い切り、吹き酒を、吹きかけてやれ。そうすれば、君はもっとダンディになれる!

夢で彼等のために

大泣きに泣いた。心の深いところを、この億年、神にも理解して貰えず、それだから神に向かって此からも、無際限に悪を働く積りでいた、彼等のために。此からこの星では、そんな心無い神の、皆への、罪滅ぼしだけが残っている!

世界自由共産化、

の努力の直中で、苦楽中道・一生・その人なり、の労働ノルマを果たすことです。また出来るだけ、生まれつき魂のハンディの重い者(それだけに周囲には厄介者の)を、むしろ、そのハンディあることに頭を下げて切り捨てず、支えてあげることです。ノルマから外れれば死後に、その分だけの死後の償いが待っています。ですから今すぐ、外れたと自覚出来る人は、この地上で罪滅ぼしを始めることです。既に先進帝国民であることが罪になっています。尚、何度も言っているように、死後の償いを歯を食いしばって拒絶して、今も刻々この地上に、反・神、を仕掛けている、彼等反抗者の列に加わることも出来ます。快楽過多の生活を唆す一切の行為が、反・神=悪、です。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月19日 (土)

神・アンチロック・ロック

(震災ロック、ヒャクショージミチニヤルンダオ)、を誰もカマセない、音楽状況も、これも絶望ダワナ、ま、でも、・・・・・・。

顔形の良さや、

音の組み合わせの美しさや、生活の価値感覚(労働生活が良いか、享楽生活が良いか)は、神と人間と共通していたかも知れないが、唯一つ、今現在人間が一番どうしたいかについての判断が、違っていたのだと言える。そして寧ろ、反逆天使群がそれをより正しく判断することになってしまったのである。

生まれ出て劣に頭を下げて

御奉仕せぬ優は、何時か劣と、優劣が逆転する。近々は、政治政党同士が、それを証明した。またそれよりも何よりも、神(労働価値論)へと、反逆天使群(享楽先行論)へとの、人間の支持率が、この星では逆転しつつある!

垢抜く・神抜く都市、

駄目なんだよ、垢塗れ・油塗れ・汗塗れ、御好きな神、なんだから!

こうせつ、

自分も、この地球の、古いことは止めて、とは思っているんだがね。

あの人副神、

絶望、絶望。この絶望を、一人、一人、力にスルッキャない!

カ・サ・ブ・ラ・ン・カ・

ダ・ン・デ・ィ。神、アンタがヤッパシ、何でも一番なんだねーーー(この場合、付き従うべき者を張り倒す、という部分で)!

自然の内部にいて、

自然でない者達は、自然大会社、から、クビだってか、ドーニモ!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月18日 (金)

この時代の

多くの自分勝手な人達、厳しい報いが確実に待っていますから早く、出来るだけ世のため人のためにした方がいいですよ。

沢田研二、

ソングも、バフォーマンスも、自分にはいいね。でも高音の発声がこれからだね。それと最後にはこれも、日本帝国の音楽ということになってしまうんだよ。震災一音ロック。文句があるんだったら、地面に向かって言いな!

何時如何なって

死ぬことになるか分からない人間の老後の苦しみも誰がそうした?まあ、その国の平均寿命辺りを目途にして働き抜くことです。

この星の神よ、

一人一人に好きなようにさせる神の方が(人間身体にまで、労働強制の制度を仕込んでないでさあ)ソ連みたいでなく、より発達した神に決まっている!

存在世界の

津々浦々の者達よ、存在世界内の神、というものは、酷いと、この地球の神(この時代も聞かない人間達を皆殺しにかけて、自分に一切悪いところはないと言い張り続ける積りだった)位のものになる。そして、非神は、彼等この星の反抗者達のように、その神を決して許さぬもの、でなければならない!

弱者の女、優先に

優雅をこの世界のべースにしなかった、アンポンタン神、いい加減にして下さい!

聖子の

ネックレスや服を、外国の貧困な女工(さらにそれ以前の百姓娘、鉱夫補助者、無論男子だって関与している、しかし先ず、女子同士の比較として)製っているという構造を許さない、という訳なのである!

億年の反抗、

彼等の体験に何時か、誰しもの体験が、何らかの仕方で匹敵せざるを得ない。副神の言っていることを聞いて、目先の自己保身をしてみても仕方が無いことである。まあだから、一人一人魂の腰を据えて。

どっちに付くにしろ、

一人一人、本来超神、として気合を入れるんだ。自分?服従(存在)、反抗(無)、超存在的に未だ定まらない、って言っているでしょう。

副神・衰法(

日本・宇都宮在住)は、主神に替って人類に謝らんかい。ネットでアンケートを取るまでもないであろう。ドン百姓(今日も皆、***なんか、どうやってやってる?)押しつけて済みませんでした!

私達は生徒(社員)にして

理想の校長(社長)を知っている、実は本当はその理想の校長(社長)だ。この時代、現実の校長(社長)にベンチャラして来た教頭(副社長)が、生徒(社員)大多数にそっぽを向かれている!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月17日 (木)

しかしそうではあっても、

震災神促しの、国民的超自我(良心)の再形成、は、数多先進国に先駆けて始められなければならないだろう。関東大震災、そして大敗戦のという、つい先の愚劣な歴史の推移の、二の舞を舞わないために!

何させんだよー。

 この時代、この星の神は、松田聖子や、吉田美和やら、に初めて謝るのか?

魂は、

自分が自分をイビリ立てたりはしない。この星の神はそれを悟って、此から宜しく御願いします!

良心。

 私達は、五分や十分、時間に遅れても構わないという慣わしが世に広まってしまうと、そのまま皆、明るい顔で生活して行ける!

九州や北海道の炭鉱の

労働者の賃金が安くて、本州でばっかりその石炭を使っていい生活をしていたら、何時か大問題になるだろう。中東と、我々日本との関係は何も変わらない。中東への支援に、財政赤字の解消に、積極的に税金を払ったところで、まだ我々の方がいい生活だ。そんなことだから、この日本の天地の、そしてあの世の、神の心を衝き上げた!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

夢は、新しい神の

感触だった。しかし、苦しんだ年月を、唯唯、悪くばっかり言うのも止めにしよう!

2009年9月16日 (水)

サルトル、

対自-即自の、半クラッチ的濫用は、意識のクラッチを、同じように摩耗させてしまうだろう。ノエシス(作用意識)に徹し、そしてノエマ(内容意識)に徹する(だからむしろ、断続クラッチ)、が意識の健康態だ。 対自の価値意識は欠如を蒙ったもの((神という価値)から来て即自の現実を超出させて高めて行くというばかりではなく、その価値のにおいが対自を強いて、逆に反価値の穴のを掘削に向かわせることすらもあって、一切は実は、超欠如を蒙ったものから来たって、終にはそのものへと還帰して行くだろう。

神(男)・非神(女)。

 アイウィルフォロウユウ、とすぐ言ってくれる者もいれば、頬を一つ二つ張り倒しても聞き分けのない者もいる!

イチロー、

当節、君と正反対のことになった、自民党元代議士諸君の淋しい思いが分かるようになれば、君はもっと打てるようになる。この星は臍を曲げた敗者達が、救い難い星にしてしまっているのだから。

ラブミドル教=

超神(仏、天)教=新ツアラトスラ(マニ)教=新々キリスト教=新イスラム教=新儒教=新仏教。

国連は、

世界帝国主義の観念形態としての、大国拒否権付きの、安全保障理事会を止めよ。また、一切諸国軍を上回る国連軍を創出せよ。世界が日本史の、室町・戦国の推移のようにならないために。

今日も無際限に無限に、

貴方方(地上に帝国主義を仕掛けている、霊地獄界の反抗者達、魔の勢力)を愛させて頂きます!

2009年9月15日 (火)

民主、化、が

世界の流れなら、それは人間に生産労働を強制しているこの星の神までだ。だから取り敢えず、例えば松田聖子にも謝って、世界自由共産主義の懇請を、だ(自然生態系ー人間心身、という、この星の神の敷く世界自由共産的超法制度、餓死という懲罰、地震その他という弾圧)。

農業とか沿岸漁業とかが

人間の労働の基準になっています。労働強度いうことからも、自然の気を十分に吸うということからも、これによって心身の健康が保たれます。では何故、現代の先進国の多くの労働がそれからかけ離れたものになってしまったのでしょうか。それは皆が、工業生産を拡大し物資を豊かにし、一方、労働強度を出来るだけ軽減すれば、人間は幸福になれる錯覚したからなのです。この人類の根本の錯覚を取り除かないと、一切の社会問題の真の解決はありません。

この星の神よ、

被造物にしたいようにさせてあげられるのが超神です。そしてそれだから、被造物のあるがままが、貴方を超神にまで高める者として、本来超神です。少しづつ、宜しく御願い申し上げます。

世界同時に、

世界経済を慕情する、世界自由共産主義者に生まれ変わることです。市場で経済の首を絞めている、神の見えざる手が緩むことだろう!

地球の一切の具有

(能力、性格、・・・)は、それが不具の者の惨めな思いその他が分かる具有、に生まれ変われ。そうすればその具有を、自分が纏めて持った荷物を相手に返すように、不具に分かち与えられることであろう。イチローの能力も、少しもそうなっていないところの(きっと彼も、マイナーリーグの冷飯食いのことを何も考えていないだろう)。その具有の当人に、一刻たりもの、自分の具有の自慢を禁ずるところの(そんなことをしている暇はないはずだ)。 この星では、その昔パイトロン(魂製造機)で造られて何故か存在してしまった、霊格の低い者達(性格の不具者)に、この星の神が全くそのような考えを持たせず此処まで来て、その者達が中心の大反抗を、長く、継続されてしまっているのだ!

夢は集団と個人

についての、苦しい内省だった。 人は一人ではやって行けない、とは、超神なしではやって行けない、ということだ。よって人は、超神知らずの集団とはやって行けない。 超神知らずで、妄りに人を孤立させた集団には、超神が赦さなければ、その孤立させた時間に集団の成員数を掛け合わせただけの、集団の、集団の成員一人一人代わる代わるによっての、罪滅ぼししか残っていない。 超神はそして何時も、内在一体、超越隣在、自在、であってくれる!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

その男凶暴につき、

遠い昔のように、皆で凶暴になることにした。

2009年9月14日 (月)

イチローへ。

 恐らく在ったであろう周囲の人間の君への色々な邪念にも負けることなく、大記録の達成、見上げたものです。図抜けた能力と、これと言って欠点のない性格と、強い精神力との、兼ね備わった者であることを君は証明した。しかし、しかし、敢えて、そのような君は、欠陥多い人間には淋しい思いをさせる人間であることも言って置きます。仮に君が指導者に転ずるとして、指導は、普通人一般に及ぼせば済むものかも知れないが、非普通人までを普通人と一体化させながら、大指導が出来る者がいてもおかしくはない訳だろう。自分の信ずる神は、自分は内容完全なようであっても、自分と違ってはっきり不完全な者の一切の思いに自分が通じ得ていないというその理由で持って、実は自分もは完全ではないという神だ。そこで何でもその神以上の者の究極最高に到達するまでには、気の遠くなる道程が存在しているあることが誰にでも分かることであろう、こう言っては悪いが、君がまだそのようなことを心がけていないのでその端緒にも付いていないところの。

愛はストリッパー。

 この星のこれまでの神、やっと、決意出来たのかい。既に魂素裸の、本来超神。原理超神、として、不壊・不燃、の彼等を見習って。この社会のヤクザの解放区がもう誰も手が付けられないように、この星全体の、彼等による解放区ももうどうにもならない。地上への手下の密潜入も自在で。最後の手段の。神による大量潰しも、最早、殆ど霊的には効能のないことであろう。掃討して、御行儀の良い者達を残してまた始めてみても、また短期間に付け入られ同じことにされてしまうであろう!

広い宇宙には、

誰しもの家の庭に、毎日、一日分の食糧のなる木のある星、だってあるそうだ。いいなー。

日本・宇都宮の

下生せる、此れまでの副神・大川隆法は、この時代、今までのこの星の主神にしてのその今までの客観の悪行を悔い改めた思しき、この星の主神を態して、全人類に、そしてこの時代の地上の全人類を仕掛けたと思しき、霊地獄界の反抗者達に、私も取り成してあげるから、潔く謝れ。これ以上、目も当てられない星にしないために!

創造神という原罪者。

 自分の前に、自分より内容劣った被造物を存在させると、自動的に同時に、自分ばっかり他の誰よりもの実存の内容を取った、存在論的悪魔、ということになってしまうのである。そして、その自覚なく、よってその罪滅ぼしをする気もカラキシないと、人間に労働を押し付けたりして、反抗する者達に、その存在論的実相を鏡に見せられてしまうのである。超神力。

この星のこれまでの

神って、皆、魂のなーんだ?広島、長崎にしたって、自分達ばっかり少しでもいい暮らしがしたくて・・・・・・。

序に思い出したぜ、

天童よしみさん、聖子苛めちゃだめだよ、二人のビッグ・ショーなんだから。

神、アンタ、

松田聖子も潰す気だなんて、もういい加減にしてよ。世界中の女の子達、きっと世界中を最初からロックン・ルージュで覆って欲しかったって思ってるもんな、神お勧めの、堆肥のにおいを我慢する頬の真っ赤な百姓娘、なんかより(こうして半端神による少女の悲劇も、時間を超えて継続して来ているのだ)、つくづく!

世界大戦も、

そもそもこの星の神が、人間一人一人を金持ちにしてくれれば有り得かったのだ、とも言える。この星の神は宜しく御願いします。

夢は強気の松阪と

一緒に仕事のだった。彼についていけない自分に淋しさが沸いて出た。同時にその淋しさが癒されるためには、松阪が自分が同じく強くなるまで、自分に頭を下げて御奉仕してくれねばならない、そのことを、どんなことをしても分からせてやらねばならない(彼等反抗者達がこの星の神に対してそうして来たように)一個魂としての、務めの自覚も!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月13日 (日)

ハイデッガー教授、

存在、は先ず、非本来の実存の群集として、美しい退落だった。それから随分、時間、が経過した。つい先立ってには、本来に転じた彼の者の、自決、が光っている!

社会の交感神経優位、

過当競争。副交感神経優位、親方日の丸。バランスした自由共産主義!

全人類の皆様は、

百姓の労働をを仕向けているこの星の神と、ホリエモンが悪く言われない人間の労働不要の世界改造・身体改造を要求しているルシファー等億年の反抗者とのどちらを支持するのか、忌憚のない意見を御聞かせ頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。序に、付き従う副神を状況にちじこまっているあんな状態にしてしまっている主神と、世界にあの世地獄界から、手下を縦横無尽に遣っては手広く反抗的悪を仕掛け運営してる反抗者の頭目ルシファーと、どちらを魂的に評価するのかについても。

夢は男が

男に喧嘩を仕掛ける、というものだった。ところでこの星の劇は、直接は渡来系の救世主エンリル(エホバにしてアラー、現在も中東域を担当中)とその直下の大天使ルシフフェル(転落後、改めルシファー)との間の劇だった。しかし結局、彼等渡来系の十分な同化の努力をせず放置したこの星の心冷たい主神・副神の責任である。下生した副神は、現に中東域地上をめぐって続く、エンリル対ルシファーの争闘につき、ヤクザの喧嘩と言って、他人事みたいに顔をしかめているのだ。心冷たい神には、神で非い者の中に、地獄常住の境涯を強いられる者も現れ出る。またその冷血はその神に付き従って来た善人達にも投影している。この時代もこの星の神は、今まで通りの流儀でやって行こうとしていたのである。その億年来の疎外されたる者達の感慨は、二ーチェがして彼等に語らしめられている。どうかこの星の主神・副神は、この時代位から、全人類に自分達の年来の冷血を深く謝ることから始めて欲しい!

愛の力を

信じ直して、勇気を出そう、自らが先ず、悔い改めたこの星の神と共に!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月12日 (土)

ドン百姓なんぞ

皆にさせんな、と言う彼等の要求を億年、拒絶して来たこの星の神、労働意欲を全く欠如させた人間実存の欠如感覚・欠如感情への、自感的共感を欠如させたこの星の神への彼等の権利のための闘争は、本来超神の価値を表して、此れからも続くのである!

サルトル、

実存は、知・能の現実存在=欠如感覚・欠如感情の欠如、知・能の欠如=欠如感覚・欠如感情の現実存在、ということで、欠如を蒙った総合的全体というそれらの本来は、神にも先立つ超神だ。全知全能と全的欠如感覚・欠如感情の絶対矛盾的自己同一だ!

長崎のヤクザも、

同時多発テロリストも、同胞人間をろくに思わぬ者に向かって報いるべく本来の自分を表したのだと言える。報いられた者は、負けずに本来の自分を表して御奉仕足らずを解消せよ。しかしそれよりも先ず、この星の神が本来の自分を表し、御奉仕足らずのこの世界造りを、被造物一般に謝れ。無論、神の創造こそ仮象だ、私達は皆本来、超神なのだから!

新創世記(その2)。

 生態系が整備されまた霊界に(そして時に地上に下生する者として)天使群を人間の神への仲介的教導者として存在させ、、原始人が地上に下ろされ生活を始めた時、食糧獲得の労働と、その食糧からの快楽とがバランスするように調整されていた。以後生産力を発展させるにしても、この苦楽中道の生活の理念を外れない工夫をすることが求められていたのである。しかし造反天使群が現れ、人間に(必然的に、一部が他を犠牲にするという形で)快楽三昧を仕向けるようになった(ユダヤ教・キリスト教の言う原罪とは内容が違う)。そして、神によるその者達の堕地獄掃討、歴史社会の更改ということが繰り返されて来ているのである。つい最近は、アトランティス文明崩壊後の、セム(後期メソポタミア人)、ハム(エジプト人)、ヤペテ(前期メソポタミア人)(以上旧約創世記第九章の記述)、等から来る、西洋文明、ムー文明崩壊後の、ドラヴィダ人(インダス小文明、その後西方から侵入したアーリア人に滅ぼされた)、漢人(黄河小文明)から来る、東洋文明、ということになっている。

新創世記(その1)。

 この地球域の虚空物理空間に、一なる神霊単子があり、いつか多数に分割された。多数単子たちは、地球域を覆う神霊域を形成して住まう神々となっ宴を張っていた。そのうち神々はその宴に飽きて、何か他の事がしたくなった。それが神と天使と人間に分かれて愛し合うということなのである。まずその一部が地球地上世界を形成すべく物質基礎粒子となった。そして一方で地球やそれを取り巻く大気圏やさらには月も形成し、そして一方で再び神霊として遍満してそれら(地球や大気圏や月)に宿り、あるいは太陽光や星の光を中継する神霊意識となり、さらに一方で分子化合物から初めて生物の身体にまで形成されるべく進化したのである。さらに神々の一部は、諸々の生物の霊となって、対応する身体に宿り、いち早く転生輪廻を繰り返すことになったのである。時満ちて、地上にも多くの生物が満ち満ちたとき、すでに霊界で人間化している神々、同じく天使化している神々に教え導かれることを期して、地上に初めて原始人として身体を持つことになったである。それから歴史社会は始まっている。その時期はおそらくは、現代人類学の言うところとは違っている。そして何度も文明社会として盛衰を繰り返して来ている。一方、科学法則こそは、物質化した神々の固守するところの戒律なのである。人間が社会生活上作り上げる道具や機械も、それだから、いつの間にか神具となって人間を見据えていてしまうものなのである。パソコンも神具だ。それだから、大自然も歴史社会も、単子神々の成り変ったものとして、大調和の実現が期待されていたのである。それだのにこの有様になってしまった。その理由はこれまで縷々説明した通りである。神々が原始人になったとき、神も天使も人間も以前皆神々であったことを忘却し(つまり神と天使と人間の関係の形成の契約性を忘却し)またさらに、天使や人間の魂に彼岸の超神から、独り残った神がそのままでいては追いつかない何物かが宿されたのである。そこで地球の現状を克服するには、神、天使、人間の区別なくその契約に自覚的になりその契約上の義務を果たすことが大事であり、一方今ある神は、皆が契約に自覚的になっても解消しない、本質は超神からの催しである天使や人間の非行によって成長させられる。そして天使も人間もその成長する神に最後は一体化して、成長して超神に回復する。それだから劫初の神霊単子すらもそれ以前に創った超神にまず、神も人間も区別なく手を合わせよう。なお、超神は(反逆)非神化する人間をそのつど惹きつける(反逆)非神霊単子を神霊単子と同じく劫初に創って永続させていることも考えられるのだ。存在神・(反逆)非神二元、これが最終的に超えられて全ては超神に回復するのだろう。

 

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます。今も継続する、貴方方の苛烈な体験に、何時か誰しもの体験が匹敵せざるを得ないであろう。しかし取りあえず私はそれを先送りさせて頂きます!

救世主イエスは

惨殺され、救世主マニも、救世主ツアラトスラの不肖末裔に惨殺され、反逆思想家二ーチェはこの現代においてツアラトストラ教、キリスト教の嘘を暴かされ、他の救世主と違い、一度も殺されたことがないことだけが自慢の救世主にして副神衰法はあの通りである。彼等が一丸となって反逆して来た、この星の主神に阿ったからである。世界は彼等が仕掛けて一部人間に犠牲にさせている他の人間の労働を主神が替ってやれば、その一部の人間のように人間皆が楽な暮らしが出来る。これが彼等の主神に向かっての年来の主張である。この星の主神はもう一度それをよく検討してみて、言うことを聞かぬ人間の皆殺しを繰り返すことなかれ!

2009年9月11日 (金)

人より能力があっても

黙って突っ立ているだけの者は、何時か倒される!

全ては(例えば

この地球の惨状)現われ、そして全ては終わる。私こと、絶対原理が、存在世界の津々浦々にまで、かく、告げ知らせます!

世界自由共産の実現の

努力に邁進する世界に、人的テロも、神的テロも、決して生じ得ない!

選挙を廻って、

真の幸福実現を願って、それだから時に我等に厳しき神の存在が、多くの人に確信出来たことであろう!

「本居宣長」短感。

 インドの仏教、中国の儒教、が東洋を統べしろしめすことになっている。 神道排外の思想は通されるものではないのである。まただから、これは神道・日本民族霊界の主宰神の言うことを聞かない低位霊界から指導されている。だから共産主義も言わない。また善悪殊更言い立てぬ大和心も、思想より表現の洗練を優先する文化精神の倒錯も、古来辺境島嶼の後進性に過ぎない。

一切実存は、

神をも含めて、彼等反抗者達のように、自己の退落を払拭し、この現在に実存の死へと先駆して、本来の自己を表わせ!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

唯物論とは、

霊界地上界・善悪、の交叉的二元論、ツアラトスラ的構図、の地上的圧縮解釈ということだったのだ。よってこの現代の一切の唯物論的論策、は、真正論のツアラトスラ的構図から立体的に論述し直せる。

2009年9月10日 (木)

聖書を

嘲笑っている彼等の心の芯を深く感じさせて頂くことです。神すらも。郷愁が一切を押し流せるように。繰り返し、繰り返し自殺した者達も、それはそれは純粋な者達です。未だ見ぬ世界を見たがったのです。深い愛を求めたのです。それが一切の悲しみを干上げ、終に共に非感の原理となり了り不壊となるほどの!

もしかしたら、

戦後の全歳月を無化しようとする・・・。 本当の歴史と文化の姿に行き着きたいがためだ・・・。

他所様に見られて

恥ずかしくない星にしようと思ったこの星の神の努力の結果が・・・・・・・。皆(この星の神も含めて)だから、恥・恥でないより、もっと大事なものを悟ろう!

真の仏は

同時に神であり、自分が宇宙に即するといういなら、それも宇宙の一部の、足下のこの地球に即そうとする。そしてそれだから、人の労働力の盗みを許すことはなく、場合にによっては、その者達をブツ!

あの時同時の神発が

あったことを気付いた人は世界に少なかった。今、神が、地下でも、天空でも、そしてあの世霊界でも、息を詰めて、先進国一般の悔い改めを待っている!

負けちゃなんない。

しかし勝てとは言っていない。しかしそれも、生まれつき実力が互角の者同士の話だ。それだから一般には自分に徹すること。さらに、優が劣に頭を下げて(威張るなんてとんでもない。その人間が深い考えのないことの証明だ)御奉仕すること、劣が優にそれを促すこと。

この時代、

彼等魔の勢力の手に堕ちた、帝国主義者・快楽主義者の皆様は、至らぬこの星の神を赦してその嫌がらせを止め、償いの世界自由共産へ向かいなさい。

存在して優で、

存在して劣なる者の前で、ただ突っ立ているだけに等しい者は、後、その劣なる者に、どんな嫌がらせをされても仕方がない。今刻々そうされ続けるこの星の此までの神のことだ!

魂の初期的優劣は

神の一方的創造による。そして、劣等を自覚すれば、心楽しまぬ筈だから。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月 9日 (水)

この星の神は結局、

皆に、我々の生活に何らかの必需品を提供する一般均等分業労働者としての心の熱さを求めているので宜しく。

水中文化遺産。

 大西洋下にアトランテイス文明の、インド洋下に、ムー文明の、だ。現文明が同じ撤を踏まないために。

郵政民営化の

自由共産主義的見直しを。日米地位協定の見直しは、米国のアフリカ積極支援アジア撤退の促し、日本の軍事的自立実現の約束、と共に。

出来ることなら、

作家が現実の犯罪者を思いつつ、精密に想像的に虚構表現をするように(例えば「金閣寺」)、裁くより、その在るがままを分からせて貰うことにより、自分を殆ど犯罪者同等となし、それを神をも含めた他の皆がそうした上で、全員で罪滅ぼしをし、新しい仲間として再出発すること。一人の犯罪者への、周囲の弁証法的に深い愛!

この星の神は

どうして、人間は食糧生産に励めば、食後の老廃物を野に放下し、草で穴を拭くなど何でもないという、既に発達した先進国人には受け容れられない生活を押しつけて来たのですか。そして逸早くその生活を逸らした、先進国人を地震等で戒めるというのも。素直に自分の非を認めて欲しいと思います。近代以前は各国とも、都市生活者が貴方の要求を逸らし、近代以後は諸帝国が逸らして来た訳です。

超神爆弾、

炸裂されてんなよ、例えば、夫が妻に!

・・・恋はストリッパアアア・・・

偶発!

具有は

その具有で、不具を不具でなくして上げられれば、不具に対して自分が不具でも構わないと思っていることを証明する。そうでない間は、実存がより辛い、不具の方が偉い、というべきなのだ。ところで絶対具有であった筈のこの星の神は?

芸術は

思想の意味が先ず何より大事で、表現の洗練は二の次のことだろう。よって人を犠牲にしている帝国圏の芸術ははハイドンのような、空疎な全体的人間不在の洗練性となって、一応碌なものではないのだと言える。しかし実は、全体への、この星の神による労働の押し付け(それは、心の熱情の培いの押し付け)怨嗟を底に秘めて、それはもっと深い含意のあるものなのかも知れない。

温暖化もミツバチ失踪も、

贅沢帝国が原因だ。もっと深い原因としては、この星の神の、食糧生産から積み上げる生産労働の押し付け(贅沢帝国は、一部人間のその逸らし、として現象している)がそれだ!

副神衰法はこの際、

震災主神と心の手を携えて、彼等反抗者達に仕掛けられた、全世界の一部贅沢薄情人民、多数疲弊怨恨人民、共々を個別訪問して回り主神に成り代わり、その人民及び、人民の向こうの彼等に、貴方達は本来超神様ですと頭を下げ、 これまでの低級統治を謝罪して回りなさい!

国連本部、

諸国国会議事堂等安泰祈願、捧げ申し上げます!

なんて深くて

青い眼 (さだまさし、「フレデイ」、より)。こう語られると、画家には、その言葉の感覚対応の青い眼が自分のイメージの中に自然に焦点を結ぶ。一つの非感覚の美の実体(空)が、諸感覚による多様な実際美表現(色)として現象する。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

不幸連首領、衰法、

アイキュー低人は、それだから、君と違って人生辛いんだ。それを全く感じ取れぬ今回の君の、訳の分からぬ政策提案だから、あの通りソッポを向かれた。ところで君は此まで、反抗者達の辛さを感じ取って来たのか?

アトランティスの伝承を

信ずるか、アウストラロピテクスの人類学者の方を(つまり文明史は、今現在のこれっきりであるという)信ずるかだ。

2009年9月 8日 (火)

旧約は

救世主エンリル(天上)、救世主モーゼ(地上)による政治神光だ。新約は救世主?(天上)救世主イエス(地上)による福祉神光への修正だ。新教は大天使?(天上)、大天使ルター、大天使カルバン(地上)、による実業神光への修正だ。そして我が新々教、その下の人民資本主義=自由共産主義では、禁欲まで行かぬ節欲、だ!

神の扱い

悪くて非神(背神)、行く行くは無償に、非神、だ。超神力!

アダムもデカルトも

物質粒子も、神、貴方分かつ、故に我々あり、だ。 精神と身体の結合力。重力(質量引力)。電磁気力(電磁引力)。 神も、背いたアダム等も、超神、貴方分かつ、故に我々あり、だ!

日本三景と

直下型地震が、私達の十分自覚されぬ悪行を証明している。愛するものは、或いは恵み、或いは叱る。さらにこの時代は、一定の自分の方の非も認めてくれるだろう。 震災に何も言って出ぬ宗教こそ、殆ど邪教だ。震災を無駄にしてしまう。少数人命を損じて、国家社会に大得を取らせる意図なのだ。勇気を出して、それを誤魔化してはならない。 鉄、鋼材、部品、自動車、とそれぞれの採掘・製造現場で(さらに、それら労働者を食わせる農業が)重労働なのに(結局、神がそうならざるを得ないようにしているわけだろう)、その自動車を回して、自分達ばっかり気楽に例えば営業なんぞをしてメタボを増やしてしまったところなんかも、一定の心身重労働をさせたがっている神の、気嫌を損じたところだろう。

職業紹介テレビは、

茶の間の奥様を気遣っての臨時の(いい金貰っての)長閑さの演出だぜ。普段は、もっとガツガツ働いている筈だ。これが格差社会のからくりと言うことだ。それを意識していないと危ないぜ!

自分達が悪いくせに、

彼等をこの年月、地獄の底で苦しめ、絶対耐久性悪魔に仕立ててしまった(彼等は不満分子を次々、自分達にまで練成する腹でいる)この星の主・副神の償いしか残っていない!

存在した優は

気付けぬ、普通の意味と違うもっと深い意味での悪者だ。そこで、優がそれに気付かないので苦しめられた側の、存在した劣が、優にそれを気付かせるために、自分が普通の意味での悪者になってしまうのである。彼等この星の反抗者、そして彼等の手先のヤクザのことだ!

国連は早く、

わが神を信じて、米国その他を、軍事的に制圧せよ!

ゲヘナで焼かれても

彼等のように不燃ゴミになる覚悟のない先進国の者達は、主神も非を認めるから、その非を赦して少しでも、帝国・金権を止め、世界自由共産へ迎え!

優者は目先、

劣者にどんな我儘なことも出来る。しかし優者は劣者に、永遠に(つまり劣が優に高まるまで)頭を下げて御奉仕してそれで善なのだから、その後に劣者から永遠の報いが反って来る。衰法の信者がさらに少なく、一万三千人と報知された。十数年前は公称五百二十万人、その後信者に売りまくった本が五百冊、五千万部、未だ億単位の収入があるらしいが、それを上回る借金返済に苦しんでいるらしい。肝心の信者がこれしかいない。彼の救済・伝道はこうして失敗した。後は、主神の先進国破砕が、残されているだけだ。主神がその昔馬鹿にした彼等が、繰り返しの、主神への歴史自害の報いを与えるのである。終に泣きが入った主神は、開闢以来の罪滅ぼしをするしか、後は残っていない!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月 7日 (月)

自由市場での強者が、

神が均等共産の労働を仕向けているこの世界に、局所的に快楽主義的解放区を作り上げてしまっている。何故なら、その強者の周囲の親族共同体は、以後殆ど、働く必要がなくなるからである(数多ある大資本王国、ストーンズ・ランドにしたって)。そして此れは終に、この星の神が星全体には保障しなかったところな訳だ。この愚劣!

ミレー「落穂拾い」異見。

 絵も、映像も、労働者を美しく表現して描きすぎて、見る者に何時の間に勘違いをさせてしまてはならない。労働者を表現して、その労働負担をを感得させ、そのことにより見る者の現の存在の仕方を、テッケツして上げられる体のものなければならない。ミレー「落穂拾い」は、貧民が美しすぎる。生活苦に負けて、無意識にその当時の、官、に阿ってしまったのだろう。ミレーの絵に対して、その描かれた貧民の苦痛の表情を地面から見る現実には不可能な視点からの、想像的表現により、ミレーの絵の真相を露にする、卓抜にして、マルクス主義的なる絵画が、あって然るべきなのである!

超神は、

一人の不適応者のために、時間を超えようと言った。それが私達の運命だと言った。無論、ためにするとは、皆で迫って、適応を強いることなんかではない!

私達は多様に

個性実存であって、深く愛し合うために存在している。大きくは、神・天使・人間として!

軟弱な貴族も

この世界が生産不要のものならば、神にもマルクスにも、悪者に言われれる必要はなかったのだ。この劇!

文学、

この女性的なるもの、貴族的なるもの、当代の権力者(これは本来、男性的なるものだ)に寄生して、神の一般に仕向ける生産の労苦を免れたい自分の暗い本懐を遂げてしまうのだ。この劇!

魚食は

必須ビタミンD摂取のため不可欠で、従って漁業は人間生活に不可欠です。然るにその重労働が嫌われ、何処の先進国でも、途上国傭船員への低賃金での押しつけが始まっています。この星の神はどうか今すぐ出て来て、彼等反抗者、及び彼等にいつの間にか仕向けられたこの地上の人間達に(決して、地震・雷等で潰したりせず)潔く、謝って下さるよう此処に宜しく御願い申し上げます!

億年、彼等の

正しい要求(ドン百姓拒絶)を撥ね付けて来た神、これからどうする?

優は、

劣に十分に御奉仕し得ねば、別個の勝負で優劣が逆転してしまうのである。つまり劣が、実存の苦しみ、ということで優ってしまうからだ(例えば、美川、だ)。何とまあ、この星では神すら長く弁えられず(宇都宮の副神の偉そうな態度を見よ)、逆に一足先に悟ったと思しき彼等に繰り返し繰り返し、この目に合わされて来ているのである!

イチローは、

決して大した指導者にはなれない。明白であろう。彼の成功を素直に喜べない少数不良を、彼を祝福し支持する(そして逆に不良を機械的に毛嫌いする)普通人大多数と一緒に迫って責める者に過ぎなかろうから。自分の不満を堂々と主張出来る者は、不良ではない。しかし、その不良の不満こそ、実は深い所から来て皆を進化させるべく、何時か手の付けられないものになるのだ!

魂、超善たらんとするなら、

彼等反抗者達のように、誰も、誰にも負けるな。自分ばっかり、存在として勝とうとした(自分ばっかり全知全能として威張っていた)のこの星の神が、超善ではなかったからである。彼等が負けずに、クロマグロ、獲る漁師は食えず、の構造を仕掛け、神の、潰しか、土下座か、と待ち望んでいる!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛せて頂きます!

2009年9月 6日 (日)

ゴサッタドン。

 ストーンズに、神の落石、しかされないというのも、随分、淋しい話だ。この星の神は、どうして聖人君子達をヤギやヒツジのようにばかりする。サタン達も、貴方がそんな貴方ではなかった、その時その場所への、郷愁に衝き上げられている。音楽の音も、全て結局、その時その場所へと、行き着こうとする!

実存は

神とエデン園に先立つ。それが、ミックとストーンズ・ランド、ということだ!

漁業は、

近代において、唯一、生産の採集狩猟段階の内容を保存している産業なのだと言えなくもなく、あの通り十分な重労働になっている。生産は、食糧生産を拡充しり生産に余裕を作りながら、一方でそれも重労働である鉱業から積み上げられる鉱工業をも拡充し、他の生活物資も増産が図られてきた。しかしその過程で派生的産業は、人間によって均並に、基礎産業の労働強度からの軽減化へと逸らされて来ているのだと言える。労働負担のこのように著しく不均等な世界経済に世界共産による一人一人の心の充実をなどと言ってみても最早始まらない。クロマグロの漁師の口には恐らく、、クロマグロは入らないことになっているだろう!

体のために、

心は苦労して食糧獲得だと、或いは体(男の)のために心(女の)は自分を正すんだと、仕向けては、人間に逸らされ続けたこの星の神!

自分達ばっかりの

一部人間のおいしい生活に、堪忍袋の緒を切ったこの星の神、に超神が股間のものを怒張させている!

神よ、一緒に堕ちる

神になって下さい。そうすれば此からはこの星で、誰も仲間を見捨てることはなくなるだろう。 堕ちた者に、劣った者という視線を浴びせかけるのを放置した神がこの報いを受けた。むしろ、昔のように思って上げられぬ自分達の方を劣った者と言うんだ!

皆、笑って去って行った。

それぞれの行く末を、風が祝福している・・・

私達が本来、

原理であったことが、私達一人一人を不可避的に孤独にする。何故なら、私達とは原理の絶対具有を、一人一人個性的に分かち持った者達なのだから。私達は、餓死する一北朝鮮人民の悲しみを、神がつゆ窺い知れぬ、という仕方で存在してしまっている!

この星の神が

俺は人間に、百姓並に働いて貰いたかったんだよ、と泣き付いている。これ以上人殺しさせるなとも。またああやって黙示録に実態と違う嘘を書かせた、反抗者達にもう降参だとも!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月 5日 (土)

ロックは強いられて、

何時か革命的超神ロックに!

ロリー、その他

全世界のストーンズ教の皆様は、日本・宇都宮のこの星の副神らしい、幸福の科学・大川隆法、及び各都市の信徒(今や、先の衆院選の全選挙区、全員落選により、世間に狂人組織と思われるに至った)の事務所に行き、かつ、直下の震災主神・直上の落雷主神も恐れることなく、何故こんなにも長く(一億年以上も)、少なからずの人間の一生のロック浸りの願望を悪しきこととばかり言って来たのかを問い質して頂きたく(副神以下では話にならないのなら、直接主神に)、此処に宜しく御願い申し上げます!

ウィークエンド、

何故かストーンズが、心に沁みる!

神から悪魔までの

現存一切の個性総体がが、一切の個性一々に対して、それぞれの、個性回遊の航路を指し示している。私は何時か今ある他の個性の一切をやらないでは済まないだろう。彼の苛烈な体験の告知が、本来超神である私(無理誰しもだ)の芯の芯から、その体験(或いは彼に与えられた役回りと言っても良い)を羨望させるからだ!

ストーンズは

ちょっと、百姓への慰め・励ましの音楽(典型は、「北国の春」、だ)にはなっていない。むしろ、世界へのアンサティスファクション、だ。此からどうする?

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月 4日 (金)

一切の身体生命の

餓えにより、一切身体生命に宿る、魂、に、身体生命を生かすための労苦を引き受けさせようとしたこの星の神よ、その身体を押しつけ神の権化として憎み、抹殺し始めた者達に答えよ。被造物に、他を殺させるなかれ!

今日も彼等の

苛烈な体験が継続する。自分達に、一切偽りはない、と叫んで。私達の体験がどうして何時か、その体験に匹敵しないでいられるだろうか?だから自分も、かような反逆的紹介ブログを書くことから始めている!

神の応報の

一切が無効の者達が、神とは魂の屑だ、と言い切っている。なるほど、本来超神の言ではある!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

衰法曰く、

この時代苛められて悔しい思いをしている者は、中学の頃、強くて不良にも決して負なかった自分みたいに強くなるために、鍛えるんだと。衰法は、強い自分の方が楽をする馬鹿な教えを広めて、これ以上一人で星全体を敵に回す者(苛められたその人間の、回りの人間の存在は結局、主神、そして御前の責任であろう)を作り出すのを止めにして貰いたい。同時に、大金をドブの中に捨てる、今回のような真似も止めにして貰いたい!

2009年9月 3日 (木)

ゴールド フィンガー ・・・・・・。

 感覚がその不思議で誘っている。プルーストと共に、この星の神を揶揄いながら・・・・・・

神の血を引く・・・。

俺の目を見ろ・・・。超神兄弟!

人間に逆アラーする

超アラーなら、現在のイスラムの乱れもなかったことだろう!

ユダヤ教徒も、

イスラム教徒も、キリスト教徒に習え!

全キリスト教徒へ。

 確かに、神は、貴方方の創世記のように大自然も生き物も人間も造った(但し、長い時間を掛けて、進化させつつ)。しかし、唯一つ、そうして出来たエデンの園が、アダムとイヴの簡単な管理労働で済む生活だったというのが、歴史事実と違っているのである。人類史は、普遍的には、最初の創造から、何度も何度も文明史を盛衰させていて、次の歴史が立ち上げられる際には、必ず先ず採集狩猟生活から始められていて、そこでは何処でも一定の労働が必要だった。そしてそれはエデンの管理労働ような、軽いもので済むことはなかった。寧ろ楽園追放後の労働位から皆、始められているのである。そしてそれは、一人一人に自分神と同じ愛の労働者の心を培わせ、かつ、歴史を営々内容的に発展させる意図で持ってそうなさたったのである。よって貴方方の、原罪説、降罰史観、終末論は、決して普遍性を持たず誤りなのである。しかしそれと、歴史社会に悪が跋扈し、あたかも黙示録の予言のように歴史が推移する可能性があることとは、自ずと別個のことなのである。それというのも、黙示録に憐れに書かれている反抗者ルシファー等が、実は遠い昔からこの星の神・天上の勢力と拮抗する地獄界の勢力となっていて、神の営む文明史に悪を仕掛けては、歴史の断絶に追い込むことを繰り返して来ているからなのだ。そして現在こそ、そのすれすれのところ(貴方達にとっては待望久しいものかも知れないが)なのだが、私は真のこの星の神を信じて、乗り超え行きたく思っているのである。貴方方も、我が説くところに従い、速やかに、一切の虚妄な認識を廃棄せよ!

世界不況は、

世界経済という全体身体を、局所肥大に発達させてしまっている、帝国主義に原因がある。身体の偏頗的発達は、身体を何時か頓死(経済なら、恐慌)させるのものなのだ。先進国は集中したものを、途上国に一切返還し、一から世界経済をやり直すんだ(世界自由共産主義)。それこそが、日本・阪神淡路大震災・神、の求めなのである!

霊脳相関で

(高知能霊には高知能脳というように)この地上の人間存在なので、霊即脳と思われがちだが、女霊男脳の美川が、そうではないことをほぼ、証明している。また霊的発展のための一人生と言う解釈も、納得出来るものである以上、生まれ変わりというものがある、と思われる。そこで、霊界から地上界の受精コントロール、選択した胎児身体(例えば美男子をその後に発現する)への霊体付着ということが出来ているいることになるのだ。

庶民一般に

漫画本、性交三昧を決して許していないこの星の神(一部が可能の、のんびり遊び暮らすこと、をすると、最後は癌になってしまう(身体がそう出来ている)ことを、高名な免疫学者も証明している)に逆らうと、北朝鮮餓死のようにされますから、大人しく言うことを聞くことです。

俺達好みの

神に早くなれ、と言っている者達が、少なからずいる!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年9月 2日 (水)

存在論的性交。

 俺は、一切概念の亭主、無々(ムウ)(=超超超神)、だ!(超神=準無、無=準無々)

全知全能の御前が

仕事全部やれ、と、いや、目障りだから御前も遊べるようにしろ、と逆らいぬいて来ている!

私達は諸々の

優劣の即自状態を引き受けつつ、その優劣の対自・対他的判断力も持して、狭間に、優越感・劣等感等を催さないでいられない者達だ。超神は、一切最優にして、然らざる者の一切の意識に通じつつ、それらに頭を下げて、御奉仕している!

サルトルよ、

人が、即自・対自、存在・無、の分裂意識でいては、工場労働者なら、直ぐ怪我をしてしまう。またそんなことでは、革命的であることからも程遠かったことであろう!

下生した副神を

誰もそうとは思わず(選挙得票率、0.3パーセント)、思い余った自然に宿る主神による直下型地震発現も誰もそうとは思わない星で!

超神、

誰しもの心の底に、妻は存在全体(神、・・・)だ、の愛、が眠っている。一切の優と劣が、その優、とその劣の引け目、を分かち合えれば蘇る!

先進国民は、

途上国援助・諸赤字解消のため、耐乏生活をしなさい!

鍛金作家も、

真心を込めると、金属も思い通りになってくれる、と言っている。 身体は精神の状態に感応する。利己心が脳過程、身体生理過程過程を介して、身体病を呼び込む。また、身体内の細菌・ウイルスも、精神に感応する。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます。 貴方方も、その手先達も、至らぬこの星の神を、どうか赦しなさい!

2009年9月 1日 (火)

神が自分のように

他を思う愛の心をと、しかし、有無を言わせず仕向けたそのことが、少しも先ず快楽三昧が良い自分達への愛の心になってない、と彼等魔の勢力が切り返して来ているのである。快楽三昧は、神の仕掛けにより、何れ、病気を招き寄せることになっている。そこで彼等の要求は、自然も変えよ、身体も変えよ(快楽三昧対応に)と苛烈で来ているのである。さもなくば、多くに快楽三昧仕掛け、結果、地獄に呼び込んで、責め苦に負けぬ自分等のような反抗者にまで練成すると言っている!

神・非神の

上下関係は関係ない。(本来)超神として神、(本来)超神として非神として対等愛し合う。そこで、上の者御奉仕足りなければ、偉いのは下の者の方だ。それを上の者が認めないとこの星の神のように長期の報いが返る。或いは卑近には、高齢者離婚だとか。 乙武が障害を意識しないで済んだのは、周囲も健常としての務めを良く果たしたからだ、コイツ見たくないと決して言わないのも、大変な我慢だ。こうして、生まれて来た障害者はどんな障害者も、最後は全体を超健常にする!

愛しているから

キレそうなのを辛うじてコントロールしている神、どこそこをも現実炎上自在の神、、そして今や、先ず誰より至らぬのは自分だと謝って過去の一切の怠りを毎日無限に償おうとしている神を堅く信ずるんだ!

居直って、

悔い改めぬ者達には史上空前、が報いられ、堕地獄後の責め苦が待っていることだろう。そこで物理的防災対策は、無駄な抵抗そして無益な営みということになるのである。国民の思想教育の方が余程有効な対策であろう。ついては、わが教により、事前に震災神を体現して、真に一国の幸福実現を成さんとする者の輩出をこそ望む。聞く耳には、自分の回し蹴りによってして上げるものなのである!

口だけで済まない

謝罪は、自分の耐乏と引替えの金でするか、自分の労働でせよ!

汚い物を

綺麗にするのに、強い愛の心が必要なように、人間の汚い、醜い、或いは腐った利己心を覆すにはより以上の愛の心が必要になる。そしてその愛の心がその利己心の持ち主の目標にもなる!

物質粒子も、

物質も、物体も、生物霊も、人霊も、天使霊界も本来神霊、そしてさらに本来超神、だ。本来超神、ということは、天使・人間の内の反抗者が証明している。 共産的農業生産で愛の労働心を培えば、物質的に粗末な生活でも満ちたりられる筈だった。しかし物質過程に科学法則を抽出して同時に技術開発に向かい、物資や利便の豊かさを実現して来た。しかし本来の愛の労働心の培いという、神の求めから外れてはならない。 自然の諸々に神霊は宿っていて、人間生活への締め、は自在なのだ!

バリアフりー(無分別)。

 この星の神自体が此まで、非神(神で非い者)とバリアフりーの超神ではなかった。  神の具有と、非神という不具者の心とが互いに分かち合われると、バリアフりーになれる。 財産も家族も実質バリアフりーというのが、フりー・コミュニズムだ、現実からは程遠いが、一歩でも。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »