2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

人の労働力を盗むなかれ、

その証明の人の賃金を盗むなかれ、或いはさらに人の本来の資本共有持分を盗むなかれ(その結果として、人の本来の製品を盗むなかれ)、と、主神、が言っている。そこで過分な所得を、自主的に当の労働者達に寧ろ直接、返還しなさい、と言っている。宜しく御願いします。

思いつき

 悪人に反って引け目を感じさせない。 魂は負けていてはならない。 かくあるべしより、先ず、かくあるを受け容れる、を。 主神は、恐らく既に超神の態度を学んでいる。 愛が行き交えば、自分の欠点を認め、相手の美点を称える。 神に満足させてもらえないので、皆、本来、神以上の者だと分かった。 一人の暗い心に、皆が嫌がらず、腰を据えて付き合う。 最後の一人が、言うこと聞かずに、全体をひっくり返した。 弱者に先ず全く苦労させない集団が理想なのだ。 何が出来ても、その人の現状に通じ得ねば、何も役に立つkとをしてやれない。 

超神。

 神と非神の双方を司る。

非神露出。

 アダムとイヴの背伸び原罪から。或いは非ユダヤの、快楽志向の幼児化の逆原罪から。

神露出。

 音階。色の観念性。形の観念性。材質の観念性。花の観念性。味覚・心の味覚。恋情。性感。自然風景。雲。星。科学法則。月。太陽。労働。食事。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年6月29日 (月)

(除者にすればその者が、淋しくて苦しくて、自分が悪かったと最後は頭を下げる、と言った)を言う、リーダーを信じる、愚者達の集団だった。真相は、個人の弱みに付け込む、心卑しいリーダーに過ぎなかった。そしてそれを証明するためにの除者にされた者は、どんどん、反抗力を強化した、恰も、ポリ-プから発達した癌のように。そしてその者は、それら愚者達にも、同じ疎外体験をさせねば済まさぬと言っている。超神力!

主神と隆法の

有無を言わせぬ人間へ仕向けが、農協事務員に多数北朝鮮農民が農地現場作業から自分を逸らした結果の、この世界の造りから由来する、餓え殺しに、如実に現れている。さらに、逆らえば、震災掃討、等、が待っている!

モオツアルト、

クラシック一般がそうである中でも、さらに、音が一般生活者の心の強さ到底、達していない。それは、民謡の声や、連太鼓の音に対応するものなのだから。無論それを称揚する批評家の文章も。人間を一部に限定して、人間を論じてみても仕方が無い。モ氏も、彼の批評家も、反って、この星の主神の造りしこの世界への、無自覚の批判者、となってしまうのだ。彼の批評家の思い出の中の詩人も。

教え導くのは、

彼等の方だ。好きなものは好きと・・・

時間・空間を

絶縁して、今、此処で、神達も、悪魔達も、愛する。願わくば、神達皆が、そうされんことを!

この星の多くの女は、

姫(生活の苦労のない女)、をやりたがって、それに合わせる男と共に、不良化することが多かったろう。マダム・ボヴァリー!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年6月28日 (日)

自分の、イイ、を

大事にしよう。自分はそれぞれ、大変な者だったのだから。

・・・・・・ 涙が描く

 悲しみ模様!

やめなー、

早めに人間大多数を、オメエ並に精神成長、させてやっから、なんて!

優者は劣者の

時間を超えた奴隷だ、と一切この時代のテロリストは気合いを入れたのである。神も弱小国の奴隷たらんとして気合いを入れたのである。然るに、強国はそもそも、神の自分達への奴隷になりようが足りないこの世界に腹を立てて、彼等反抗者達に唆されて、弱小国の支配に及んだのである。だから優者何時も、自分をボロボロにする程に、劣者の愛の奴隷になれ!

金持ちの食い残しを、

貧乏人が漁って食べても自由な国よ、だからって、返せない借金をして良いってことにはならないだろう。神はもっと人と人の繋がりの強い世界を求めてる。君達も愛したら相手に、何でも恵んで食わしてやりたくなるだろう。それを世界中丸ごとで、だ!

弱者を庇うと、

弱者一人の想像を絶する苦しみが分かる。普通大多数の側に立っている者達の卑しさも。宇都宮の副神も、震災神を拝み直して、宜しく御願いします。

劣者への御奉仕は、

先ず、その劣の大変に、そして自分の優の自分だけであることに、頭を下げて受け容れてあげることだ。 勉強隆、は壁に頭をぶつけて、以後痴呆になってもいい位の思いになってみろ!

無重力の

宇宙船内に浮かんだ鉄の玉は、誰かが意地を張っているように動かなかった(物質質量による、慣性力)。 道を重い石が塞いでいるのを、皆のために除けようとして、心に力が入る。 鋤鍬で大地を耕すと心に力が入る。 心に力が入ると、心の芯に愛汁が染み出す。 そのためにだった。 然るに彼等が、それなら御前がもっと心に力を入れて、皆に楽させろ、と突き放して来ている!

キャンドル ライトに

 大事な何かを 失くしちまったよ                                     J's love song

時間よ止まれ・・・、

彼等もずっと、そう言って来たと・・・。 ミック、マッチ マニモス、彼等が御苦労、と言っている。 ロリー、いづらくないかい? 公則、どうして銃爪になってしまうんだろう? ケン、悔い改めた神と共に、彼等の話を聞かされて来た、御行儀より、自由を、と言っている!

理性。

 魂は周囲の愛情により、無限に変容する。対象の有限固定を前提とする理性は、それに関知出来ない。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

隆法はしかし、

こちらの認識力の優位を謝るから、そちらも悔い改め反省して、早く、自分と力を合わせなさい。我々は、自分の腕自慢のために生きているのではない。

我儘で

人の心も神の心も傷つけ続ける者は、世の中に幸福実現を説くな。世の人も、そんな者の言うことは聞くな!

2009年6月27日 (土)

急に来てるんだよ、

悲しい色やね!

ソクラテスに

奴隷犠牲のギリシャ人だけを人間に考えさせ、人間の善を説かせたギリシャ霊天上界には、ギリシャ人・非ギリシャ人を包括する主神霊の統御が最早及ばぬ状況であったかに思われる。ソクラテスはそのまま帰天して、ギリシャ霊天上界の大霊として迎えられてしまっている。これは、世界共産という部分だけでは、主神の意識に同通していた、近代のカール=マルクスの到底肯じ得るところではなかった。因みに、現今の隆法の憲法試案は、そのギリシャ文化の、経済支配階級文化である不具への十分な反省も無い、古代アテナイ民主制に範を求めての(古代の犠牲にされた奴隷は今や途上国民だ)、法条定立という体たらくとなってしまっている。これほどに、この星の主神の、この星への統治は、既に相当、ガタが来てしまっているのである。また、ソクラテスが援用した、地獄霊界の悪しき権力者へのタンタロスの劫罰の類が最早無効である者達の存在を継続して、この星の全成員に告げ知らせて来た。

マイケルと

波動の合わない職業として、百姓(一部を除き)工場労働者(一部を除き)公務員。会社事務員。営業社員。保険外交員。商店店員。教師(一部を除き)。学者。等々、となっております。

人間政治権力からの

解放だけでは、到底満足出来なかった者達よ、お早う。此からも、頑張り抜いてみて下さい。この世界、この自然、というこの星の神の設えし制度!

ダサリュウ、

イトイに、ダサヌキ、教わったら、この星全体からのも!

内から、Say、Say、Say、

が来ている。自分もそういう個性でもあるんだ、きっと。それだから・・・。

地鎮めのため

(地震は、法則的必然と、介入の両者によっている)、関係途上国への自主的なODA計上による、同等の耐乏生活を御勧め致します!

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます。気に食わない神への、長らくの反抗への御同行は、勘弁させて頂きます!

2009年6月26日 (金)

マイケル、地道な農作業は、

ダンスの価値を、整形の価値を、金銭の価値を、性的虐待の価値を、エロティックに高めてしまったんだね。逃れたい多くの者の心を掴んだ。主神や隆法はきっと、クラシックやフォークやカントリーを皆に薦めて、君に顔を顰める、悲しい星だ!

超神国一体。

 強国が、弱小国の大変さが分かって、頭を下げて御奉仕するのは、或いはそのような心の皆無の強国に、それがある強国が、これも頭を下げて御奉仕する(心無い強国には神罰降下の運命が待っているから)、弱小国、心無い強国(帝国といっても良い)、心ある強国(神国と言っても良い)、の現象を超えて、超神国一体の美のイメージを表す。一切芸術は、このイメージを表現すべく参集せよ!

隆法の憲法試案では、

一国民とすら認識されないような生まれつきの人間が、実際は何時の間にか国会議員やら何やらになってしまっている。このような裏筋からのエリ-トと表筋からのエリートが仲良く手を携え学び合い、隆法なんぞらは相手にせず、震災暴力神に指導されつつ、世界に貢献出来る美しの日本政治を作り上げて頂きたく此処に宜しく御願い申し上げます。

国連の拒否権。

 強国の非強国への御奉仕として、早く放棄しなさい。

超神等価。

 大変な不具(劣)者(例えばホームレス)の方が価値高い。具有(優)者(例えば神)は、頭を下げて彼に御奉仕して、彼の価値に近付く!

インフルエンザ・ウイルス様、

、また、性病ウイルス様、私の日頃の悪しき料簡、心から悔い改めますので、どうか有益ウイルスに早く生まれ変わって下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。

軍事強国は、

その軍事力を国連に貢能せよ。先進国・中進化国は、地域担当をして後進国へ迎え!

勝手に自分でやれ、

隆法の我儘な、メタ主張に、それ故のこの十数年のこの星への大損害をこの星の一切成員に、彼に替って詫びつつ、一生負けないで、頑張り抜きたいと思います。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!私と、悔い改めた主神その他の愛が、彼等の心の底まで、染み通りますように!

睡眠中の霊波動は、

隆法によれば、その間に自分の心が通じた、あの世の領域を示すと言う。私の心は昨晩は何処へ行った?やはり、主神と隆法と以下に除けられて来た、あの限り無く淋しい者達のところへか?心の深いところで、誰しもにこの疎外体験をさせねば済まぬ、と言っている者がいるが、私は、悔い改めたと思しき主神と共に、毎日、無際限に無限に、彼等の心を暖めることで、赦して貰う積りなのである。

2009年6月25日 (木)

人は星の神に

楯を突く者の存在を示されて、その者から心を逸らす神によって、心が本当に幸福を感じられるだろうか。隆法と違い、主神に限ってそんなことはない、と信じたい。当国でも、彼等の手先と化した者達の命を万感を噛み締めながら奪った筈の主神に限って!

批判。

 前文は、既に日本国民の信仰を当然の前提としてしまっている。気持ちとしてはよく分かるが、正に神仏が然らしめている筈の歴史社会の乱れを見て、信仰心を失っている者の多い現代社会で、のっけから信仰心を強要するような前文を設えて憲法とは如何なものか。次に大統領制については、行政に権力をより集中して、議院内閣制故の国政の機能麻痺を防ぎとめたい気持ち分かるが、しかし国民の直接投票による大統領制だとその選挙における政策提示が、より抽象的にして粗雑なものになりそうだし、また一方、議員内閣制による宰相にも、特別の立法的専権を与えることだって出来る訳であろう。また彼は相変わらず、国民一般を、生まれつき内容条件平等、後は本人のの努力の差だけで、能力も実績も決定される、と擬制してしまっているのである。中々、生まれ付きの内容的ハンディを克服して浮かび上がれる者は数少ないことなのだ、と自分は考えるし、仮に浮かび上がれたとしても、何れ何処かで無理をしていて、結局、人生の恙無き全う、ということを果たし得ないでしまうものなのではないだろうか。また、実績に拘らず、その者の精勤であるものを、同一に評価する社会へと可及的に、とは自分が常々、言って来たところなのである。また彼は、国家社会の生活の基盤が、連関的産業活動であって、国民一人一人の行動がそのことから来る不可避的な制限を蒙ることも、十分に弁えているようには思われない。

批判。

 隆法、貴方は、一頃、神より仏の方が地位が上、と拘りを持っていた筈だが(今日は何故、神、仏なのか)ミサイル攻撃して来る、北朝鮮に向かっても唯々和する努力をせよ、と言うのか。また、自分は、貴方に、仲良く連携ということを拒絶され、貴方に日に日に険しい気持ち育てて来たと言う思いがある(それでなくても、激しい性格であることは認めるが)。それに、あの震災を誘発した現に未だに世間に横行する心悪しき輩(このことは貴方が信者にも確かに語ったことである、そして彼等も日本国民である筈である)どう和せと仰るのだろうか。震災神は、その通り震災神だから、あの当時の日本国民と、和するなど、とんでもないことであったろう。未だに変わらぬ、日本国民大多数の、霊的惨状を正視せよ。本当の和というものは、自分の反省を優先させつつも、あくまで相手の悪しきことは、相手のために悪しきと断じ切れる、勇気のある者同士の間にしか、本当に実現出来ないことであろう。それに、世界の夥しい貧富格差に言及せずして、唯、抽象的に、世界平和の実現などと仰るのだろうか。そんなこんなで、前文、第一条で既に此れだけ彼に異を立てずにいられない、主神並びに自分の苦衷をこそ、世間の皆様は察して頂きたい。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

国連。

 世界共産へ向けて、現の先進帝国は、世界の指定犯罪国家群として、鋭意進められるべきである。また、国連軍が、国連軍と言えるべき充実を実現するために、米軍その他先進帝国、ロシア、中国、等の軍事強国の一定部分が、国連軍に貢納されるべきである。また、犯罪国家と指定されるべき国家が、常任理事国を形成しているという、安全保障理事会は、即刻改革されるべきである。等々。

先進帝国の責任。

 西欧は、第二次戦までの植民地収奪を、放逐されて後の、現地資本を介しての収奪への相乗りにも何も償っていない。またアフリカ等では放逐されたらされたで、今度は全く見向きもしない。米国は侵略ということでは、西欧ほどではないのしろ、逆に、恵まれ国として然らざる国への務めがある筈なのである。日本は、第二次戦前、アジアで、米・西欧と相乗りした。また、第二次戦後は、中東の収奪に相乗りした。アジアの、錯誤した計画社会主義国の勃興と衰滅は、寧ろそれ以前の植民地の惨状を見たが故の正当ではなかった類の社会主義への錯誤とも言えるのだから。日本はそれだから、米国・西欧に資金的に責任分担はして貰いながら、アジアへの罪滅ぼしへ迎え。また、米国・西欧はアフリカ中東へと迎え。さもなくんばそれぞれが、神の掃討による黙示録宜しき、あの世で報いのの責め苦・重労働の憂き目を味わうことになるだろう。

2009年6月24日 (水)

阿頼耶識と染汚法の

同時交互因果。その者魂の根底の悪しき傾向が、悪しき環境世界と、どちらが原因・結果ともなく交渉して、相互にそれぞれを強化してしまう。傲慢なこの星の仏は、衆生の反逆を結果させ、それがさらに、仏を傲慢にして、長くこの星では悪循環して来た。そこでこの星の仏は、その悪しきカルマを、一切皆に謙虚な、超仏へ向かって刈り取って、この星全体を、早く、光明浄土化せよ!

アフリカ感染病は、

化学療法より、多くの生活者の想念の良好化の方が優先対策だ。周辺地域に放置され、疲弊し、その挙句内部抗争に明け暮れての、生活悪想念が、感染菌を増長させている筈だから。

アルフィーの

コンサート、ファッション。工場労働者の男達。アルフィーのファッショングッズの生産。この星の神は残念ながら、人間が一人一人が自由に自分が好きに働いて、自分の好きに楽しむことが出来るにはこの世界作っていない。だから一人一人が自給自足なんてことを言ったら、あっという間に、一人一人、御粗末な生活に成り下がってしまう。百姓がいる、漁師がいる、諸々の工場労働者がいる、諸々の事務労働者がいる、またアルフィーのような文化労働者がいる、ということで、全労働者にほぼ共通の一般生活を作り上げることになっている。で、アルフィーのファッションライフは、皆、若い人はそのようにしてみたいことかも知れないが、今、言った、社会の一般生活ということからは外れた、一部人間の特殊な生活ということになってしまうのである。その場合、そのファッションライフは、他の社会成員に余計な労働を強いるという結果になってしまっていることも、残念ながら言って置きたいと思う。市場システムの社会では、このようなことが人々に十分に気付かれずに生起してしまうのだ。そして人々の心が、本来の、世のため人のためにする心(この星の神の求める心)から、次第次第に外れて行く。

障害。

 障害でも、体の障害と心の障害は、本質的に違う。ヘレン=ケラーのように、体に三重苦を持って、心は並みの人間以上に強い人間もいれば、他の一切が優秀でありながら心は人並み以下の障害を持っている者だっている筈だ。一方で、障害問題で大事なのは、この星の神が、一般には、人間に有無を言わせず、生活のための労働を仕向けていると言うことだ。そこで、それを受け容れるしかないのなら、障害者にやたらの同情も出来ないと言うことにもなるのだ(共倒れになってはいられないだろう。また先進国と途上国とで(またその関係の変化に従い)、自ずと障害問題の趣も変わってくるのだ)。結局、多様な障害、それぞれへの、人間の生活が許す範囲内での、深い理解の愛が、問題を解決することだろう。

夢で、

駅で、百姓と漁師とオバさんとで、ほっか弁を作っていた。私達の営み!

一切芸術は、

この星の悲しい善悪の対立を表現しながら、同時にそれを超善へと突き抜ける希望を表現せよ!

長崎の鐘がなる。

 私達の互いの愛の深さを昔も今も証明して。どんな憎しみも、それを上回って、乗り越えてて行けばいい!

保革大連合を。

 日本も世界も、あれ以来、ずっと非常時なんですよ。

今日も無際限に無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

2009年6月23日 (火)

誰にだってもう、

彼が一番悲しい、と分かって貰えたであろう・・・・・・。

米国よ、

日本に沖縄戦の記念日が来た。二十万人が死んだ。そして、そんなことは、その遠の昔に、日本の地に神が、警告していたことだった、と何度も自分は言って来た。今日もこの地に、軽い神の牽制があった。神の要求は、並べて先進国皆に変わらない。第二次戦の本因であった帝国主義を解消すること。然るにこの帝国主義こそ、かの黙示録のルシファー等の神へ反抗の表現なのだった。何故なら帝国主義とは、弱肉強食・無神論のニーチェ主義の政治的表現に他ならないのだから。帝国主義を解消することと、あの世の、黙示録のようには決して滅びず、これかもら強烈に実存して行くであろう彼等の心を同じくこの星を愛するものへ覆すことと、同じこととせよ。並べて先進国民は、民主主義の面目躍如たることとして、進んで財政赤字解消なぞよりも優先して途上国へのODA予算を計上して、途上国民と同じ耐乏生活を分かち合うのだ!

自分が言う愛ってのは、

生まれて来て性格の悪い奴の前で、そのまま性格の良い奴やってるのは愛じゃないってことだ。或いは、子供に嫌いな親みたいでゴメン、と言うだとか。つまり、ストーカー親にはならないだとか。

今日も無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

悟るんだったら隆法、

兄貴にならはい、はい言っている、宇都宮の悪ガキ、にすら自分が言うことを聞かせられないのは何故か、悟るんだ!

太宰も、

パイトロンで造られた霊格の低い者(因みに霊格が普通より高いとは、品行方正な優等生エリートを言うんです)、に当たるだろう(もしかしたら大江さんも)。文学読んで、同類を自覚した者達は、太宰のような滅多なことをする前に、宇都宮の隆法に責任を取って貰いな。

隆法は、

瞑想道楽をしている自分も含めて高級な知的な道楽のために、人を余分に働かせるのを止めよ。またそのような知的な道楽の方かいい、多くの人間の感想を人を働かせているこの星の主神に伝えよ。例えば美学とか、どう生活物資生産と関係あるんでしょうか。一方、百姓も自分の頭の程度なりの知的な道楽を求めている筈であろう。

ピグーの厚生原則。

 日本経済圏は、第二の平等原則から大幅に外れていて、終に圏内の何所にも、第一の増大原則も、第三の安定原則も、実現出来なくなることであろう。時、正に、安定原則が大失墜してしまったところな訳である。また。厚生は、最終的には政策によっては本質的に実現出来ず、自由な経済主体の公共心によって実現するしかないことも言って置こう。

仕事を

せっせせっせと身につけようとしている人は、人を犠牲にしている帝国を、政治家任せにせず正すことが優先の仕事であることを考えて欲しい。

造反教師の

の仕掛けた生徒を、ベンチャラ教頭は怖がる。だから隆法は、校長に等しい震災神が撃った当地に、信者をこそこそ、助けに行かせたのである。世の人は、口先だけの幸福実現に、惑わされてはならない。

2009年6月22日 (月)

人間超失格。

 治さん、あんた、それで苦悩なんて、贅沢だよ、小説書けるんだから、それも出来ない欠陥者に比べたら。多くの私小説家同様、小説書ける自分というものに言及出来ていないね。一方で睡眠薬を平気であおれる人、最後には水に飛び込める人、そういう意志発動は出来る人だ。神よりも深く愛する者が、貴方の真相も彼のような語れぬ欠陥者の真相も文学にしてくれるだろう。因みに若い人達よ、太宰は、パソコンその他のように、普通の人の生活に役にたつ文学はかけていない。つまり、自分の文学を金にも出来なければ、正しく金にも出来なかった作家だ。三島は金には出来ても、正しく金には出来ていない。正しく金には出来ていない、文学に関与するのは危険である。それを価値あるものの様に言う、教授や他の小説家や批評家の話に関与するのも、だ。金とは本来、人間の一般生活(バソコンもある、自動車もある、・・・)への、その者のの貢献を、証明するものなのだから。

彼等が

この星の主神・副神に、自分達は君達の進化実験のモルモットじゃねえぞ、と言っている。進化のための生産労働、どうにも。

愛情の喪失・不具が

悲しいが、それを深く分かってくれる超神を拝めば、何時も我々に頭を下げて、恵んでくれるだろう!

御粗末な神の下での

彼等の苛烈な体験。他がそれを共有しないのは、魂の道義に悖る、と思われるが、取り敢えず、主神以下、彼等を毎日、罪滅ぼとして無限に愛することで、赦して貰おう!

此からも

さらに彼等を捨て置く積りだった、この星の主神も副神も悔い改めて、罪滅ぼしとして、彼等を毎日、無限に愛しなさい!

労働ノルマが見えない。

 人をピンはねる者は、自明的に、神の求める労働ノルマの適正履行から外れて、あの世の懲戒獄での適正化調整の報いが待っている。それを受け容れなければ、悪霊・悪魔指定を受けて、彼等魔の勢力同様、解放区で、反抗勢力に連なることになっている。帝国と言う、国家的なピンはね状態が現象していて、一人一人の労働ノルマの適正な在り所が見えなくなっている。ピンはね解消の努力(国際(世界)自由共産主義運動)の只中で、それを見出すしかない。

今日も無限に、

貴方方を愛させて頂きます。

超神仏天は、

劣れる自分に頭を下げて御奉仕してくれる。そこで自分も、自分より劣れる者にそうする。

但し、心を持て測ること勿れ。

言葉を持て言うこと勿れ。唯、我が身をも心をも放ち忘れて、超仏、の家に投げ入れて、超仏の方より催されて、此れに従い持て行く時、力も入れず、心も費やさずして、魂の生死、を超えて超仏となる。超正法眼蔵(或いは、正・超仏法・眼蔵)・超道元。

2009年6月21日 (日)

米国・オバマ氏は、

自国の件のサブプライムローン消費者に、世界に向かっての自己責任を取らせて頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

殴る蹴るすれば

幾らでも自分の思い通りに出来そうな女に、対等に不平不満を言わせる工夫をする男。同じように、たった一人に対等に皆に不平不満を言わせる工夫をする集団。

本来超神の我々は、

これから誰もが神からすらもも心が離れて仮に全くたった独り(こんな有様の星だから)になっても、本来超神の超能力で自己分割して、自分の兄弟に、自分の最後の女にして、自分の意思を貫くことが出来るこだろう!

幸福実現党後ろ盾

大川隆法氏は、数十万月給の日本人漁船員の数万月給の外国人漁船員への置き換えの善悪について、見解を示して下さるよう、序に自分の年収の霊的正当性(特に大寄進したと思しき、社長の年収の霊的正当性に絡めて)についても証明して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

共求(きょうぐ)菩提。

 皆を成仏させるのに、だから一般に皆を良くするのに、自分をまず完全に固めるということに拘る必要はないだろう。自由共産主義にしたって。

キリマンジャロが

アルプスの山々と、アンデスの山々と、ロッキーの山々と呼び合っている。人間達にもそうして貰いたくて!

自由共産主義。

それぞれ確かに星全体のために労働をして、それぞれの妻がこの星のごときであり、またそれぞれの夫がこの星のごときだ!

今日も無限に、

貴方方を愛させていただきます!

2009年6月20日 (土)

アジアや南米は、

中東やアフリカに教えよ。 社長はその器分、社員に無償で還元して年収ほぼ同等とし、神の心に近づけ!

治さん、

悩んだ末に、上水の鮒、として適格、よかったねえ。ついては屈強の政治家の皆様も、こんな男のことまでよーく気遣ってのキメ細かい政治を、宜しく御願い申し上げます。

正当な政治暴力は、

人間政治家の誰も、それが必要な時にそれを行使する者がいなければ、古来、自然が代替的に行使するのが常となって来た。それは具に歴史を検討すれば直ぐに判明するところなのである。政治過程に我意を強行しようとする者が絶えぬ以上、無私にして心正しい政治を敷かんとする者は、相当の政治暴力装置を備えて、そのような我意の強行を防ぎ止めねばならない。日本は早く、先進国一般並みの備えにより、自立した国として世界平和に貢献出来るようになるべきであろう。

何発撃って貰ってもいい、

互いに、遠い昔は、皆、そんな間柄だったから・・・・・・。本来、皆、超神!

この時代日本の政治は、

震災を一般人同等に受け流し、以来世間に斜に構えてその分析に終始していた政治学者のような宗教家に手に負える代物ではない。無駄な企ては止めよ!

幸福実現党後ろ盾、

大川隆法氏は、同時多発テロ、阪神・淡路大震災、リーマンショック、等の、目前の不幸、の原因について、公正にして徹底的に語ってから、世に幸福の実現を提唱して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。そこに存在した不幸の原因を、その者に勇気を持って告げ知らせ得ない者に、他の者を決して幸福に出来る筈はなかろう!

去年作った米を

食いながら、来年食う米を作る、ということがベースにある営みを一生続けること、それを心から受け容れられない者が反抗していないまでも沢山存在している。隆法は、このような人間の不満を取り纏めて勇気を持って主神に告げ知らせることの出来る副神に成長してくれ!

真の幸福実現は、

前提の魂現実を直視してせよ。この時代、自称、惑星十次元大霊から、太陽系初の九次元救世主大霊と創られ今の今までに喃喃としているという大川隆法から、これも彼が言っているパイトロンで作られた普通以下の低霊格と思しき殺人者宅間まで皆が、多様な霊格程度にて生まれて来ている。隆法はその差異を見ないで、一律に世の人に自助努力を説くのだろうか。貴方はそれでは、このような宅間のような人物に対して、貴方がそのような大霊であるだけの責任を果たしたと言い得るのだろうか。私は、程度と言うなら、国家にも、生まれ出るにおいての程度というものが在るように(一切国家、前提条件平等というのではなく)思えるのだが。

日本経済短論。

 日本と言う無資源国は、諸外国に資源を求め、それを製品化して、欧米に売り捌くという仕方で豊かになって来た。そこで此処に、日本経済圏ということで、資源はあっても技術は無い資源国と、技術はあっても資源はない日本と、資源も技術ある欧米と、三極が存在したことなる。そこで、この経済圏に神の求める共存共栄ということが実現されるとならば、先ず技術のある極における製品製造により、経済圏一般に、円満に製品が押し及ぼされるべきであったところ、資源国(中東等)の資本主義が未成熟で、労働者が低賃金で搾取され続けて、疲弊したままに捨て置かれてきたのである。つまり経済圏の二極である、日本及び欧米に、後の一極である資源国(中東等)の労働市場の適正賃金のよる健全化を促す(賃金水準はその市場に集う資本家達の胸三寸な筈だから)義務があったと言うべきなのである。そこでそれをしないで富を集中して来て、かつ、国内に派生的快楽三昧を広めてしまって、あの震災の行使になった、というのが私の考えなのである。幸福実現党は、日本人一般と共に、何もそのような他国の人民との深い経済的関係を考えていない。将来日本人にばかり、広い住宅を供給するなどと言っている。そのような日本人全体を結局は人非人にして、震災神の御不興をさらに弥増させる政党は、人は日本国土の安定のために金輪際、存在価値を認めてはならない!

超善(魔の勢力)なおもて

超往生を遂ぐ。況や超悪(我、及び、この星の神・天上)おや。超阿弥陀仏の赦す、超悪とは、実存が自己不誠実であることを言う。無論、ベンチャラ副神は、超悪である!

超神様、摩の勢力様、

この星の神、震災神、(或いはへーゲルの所謂、絶対精神)、の人間に仕向けた自由共産労働の、必ずしも人類皆に適合していませんことを、神に成り代わり、此処に心から御詫び申し上げます。

今日も無限に、

貴方方を愛させて頂きます!

人間(広義)の本来的。

 地上人生の死へ向っては自由共産主義者であること。地上・霊界を経巡っての魂の生、の死へ向っては、その神の仕向ける自由共産的地上世界べースの循環に、真摯に自分の態度をとること。彼等だ。つまり彼等こそ、本来の超神の、表わし、だ!

「存在と時間」異聞。

 星の神々の世間で、空談に耽り頽落せる世神であるこの星の神が、付き従わせるべき天使を非行に走らせた。この星の神よ、貴方の魂の死へ向って、貴方の本来性=超神、を表わせ!

2009年6月19日 (金)

知識の貪りは、

悟性(魂にとって肝要なことへの認識力)を鈍くする。学校教育は何のためにあるかと言えば、自然科学・社会科学・人文科学という伝統的な外的・内的対象の学の位相に従い、小学段階から段階的に認識を深化させて、間接的とは言え社会有用と言える知識の身についた頭脳を形成するという目的性に即してされるものな筈である。つまり、成年してからの社会の生産活動に繋げるという目的性に従い学課が組まれている以上、その消化に集中すべきでなのであって、それ以外の余計な読書は慎むべきなのである。まして、就職してからまで仕事と無関係な読書を徒にすると(誰彼のことではないが)どんどん心を病ませることになるだろう。そこで、学校教育においては、その社会的・人生的意味づけを早く生徒や学生に悟らしめて、徒な知識の貪りということを防ぎ止めねばならない。

人の労働力を

盗むなかれ。神の恵みの貨幣、を廃することなかれ。自由共産主義。自分の仕事が確かに、世界中の人、一人一人の生活に役立っていますように、だ!

目の見える者は、

決して急に目が見えなくなったりはしないという安心で、一生目の見えない者の実存感覚から(その実存感覚が)遥かに恵まれているのだ。一切の具有のそれ(実存感覚)が、不具のそれに対してそうだ!

劣者に挨拶の無い

優者は悪である。この星の神・天上は、億年、彼等がそれを鏡に見せているのに、からきしそれに気付けなかった!

この星の神と違って、

非進化、を願望して、この星を分裂病に陥れてきた者達よ、お早う。この星の神が、愛、ということを考え直す、と言っている!

超神(超仏、超天)が、

感覚はホームレス(無知無能、弱者)感覚なのに、同時に余計な知識や能力や気質まで具わっていて、それを自分ばっかりのもにしては置けない、と言っている。側のホームレスに只管、分かち合わねばと言っている!

旧・太陽の法は、

(幾日か前の自分の記述参照)は、ルシファー等の元上司、現中東の担当の九次元霊エンリルの、自分の系列を相対的に優位に語らせる隆法への誤った啓示だったらしい。それが、新・太陽の法では、隆法=エル・カンターレ優位に書き改められいる。しかし、そうまでしなくていられなかった渡来系のエンリルの系列の者達の気持ちなのである。この星の主神には、幾らでも、彼等の十分な同化の方策は在った筈だと考えるが。

隆法、貴方は、

自分が沢山本が読みたいから自分に本を読ませて来ただろう。それが自分が自分と一体ということだ。そこで貴方は、この星全体のように、分裂病、ならずに済んできたのだ!

隆法は、

地上浄化などと言って、霊格の低い者達を糞のように、そして自分を水洗トイレの水のように言う、心無いこと、薄情なこと、をしていてはならない!

日本帝国国民を初め、

先進帝国国民は、関係途上国のことも、自国の財政のことも考えぬ所行により、これ以上、震災暴力神の神経を逆撫ですること無きよう、此処に、宜しく御願い申し上げます。

真の「新・太陽の法」。

 太陽を自分に対して態度が悪いと受け止めた、付近に潜んでいた小ブラックホールが、どんどん発達して側の太陽も必ず呑み込んでやると言っている。その後の共にする、新太陽としての回生、を夢見ながら!

幸福実現党とは実は、

不幸実現党、幸福破壊党だ。彼等は、次々この世に生まれて来ると思しき、第二、第三の宅間(小学校殺人の)、とまで一緒に幸福になろう、とはからきし、考えていないからである。 自己責任とは、自分を律するだけの責任ではない。自分の生まれつきの器に即して他を望ましく愛する責任だ。例えば仏陀を自覚した者が、同時代のからきし無明の衆生を。或いは菩薩を自覚した者が、同時代の同格の菩薩を。そこで隆法は、その自己責任を果たしたことになるのか?

今日も無限に、

貴方方を愛します!

書評「新・太陽の法」。

 p50六行・・・最高度に発達した大霊・・・(著者 大川隆法 のこと)、p64一行・・・パイトロンによって創造された分身の中には、霊格の低い者が多く、・・・(例えば、あの長崎のヤクザのような人間)。隆法は今の今まで、盲の身になれない目明きのように、この存在論的不公平、ということを悟ることなく(無論、主神も)、星をこの有様にされてしまったのである。彼がこの本でも偉そうにひけらかしている博識には、この肝心な一知識が欠けている。そしてそれは、ヤクザの方が掴んでいることなのかも知れないのである。無論超神が掴んでいないことはないだろう。また超神は、自分の経歴を概略述べる時に、都合の悪い自分の大学浪人を誤魔化したり(この本の最後の部分)はしない。また、企業務めが大多数の我々の人生を、孤独な受験生の延長のように、自力恃みばかり、で生きろ、とは言わない。

2009年6月18日 (木)

超神ならば、

何時か思っきり焼いて貰うために、豪奢な金閣を建てさせる。幾らでも魂の愛を深めるべく、ロマンティックを求めるからである!

神、神、ばっかりで、

魂は死んでもいいのか、今すぐ、神以上のものを見せてやる・・・。 海は神だけが切り裂くものではない。溝口に金閣を焼かせるだけでは満足出来なかった彼も、自ら独力で(?)、世界という海を切り裂き、皆に、その向こうの神以上のものを見させようとしたのだ。 生まれつき人々を信ずることは出来ませんでした。人とも生きているという根本感覚が欠如しいました。但し誰かやって来て、自分の耳でも蹴ってくれれば・・・。そこで、かような世界の意味を問うために、人には先ずは決して伝え得ぬ、複雑な推論式を辿り続けるしかなかったのでした・・・。

純文学。

 つまり、書き直される黙示録、ということだったのだ。或いは世界という海は、彼が言うよりもっと豊穣だった、ということにもなる。

今日も無限に、

貴方方を愛します。それだから、欧米の帝国主義者その他、数多のこの地上の悪人達を、無限に愛します!

2009年6月17日 (水)

この星ではいまだかつて、

誰も、吃りに頭が下がっている金閣、を建てた者はいない!

この星の神が

彼等に、時間と空間二つながらへの絶縁を強いた。黙示録の、相も変わらぬ距離!

今日も無限に、

貴方方を愛します!

悪とは、

理念が、非理念を隣在させて、非理念に強いてしまうものだ。だから金閣が、そして神が・・・。

神は地震で

富の盗みに牽制をかける。黙示録のルシファー等に支配された先進帝国、特に欧米の皆様は、宜しく御願い致します。

2009年6月16日 (火)

贅沢を言うな!

 君達が犠牲にしている遅れた国のとの生活水準との比較では、月に三日も仕事があれば十分だ。それに経済圏の貢納構造を徹底に解消し得ねば、現今不況の根源解決は無い。不況は経済圏という大身体が、局部肥大と言う障害体であることの、終に現れ出た実際病状なのだから!

超神だけを

恒常、信じて、この星空前の、神への信仰・反抗交流精神として。第三の超存在形式、非(存在、無)、自己精神に採用しつつ!

神の吊し上げ、だとか、

ドン突かれて、反って俺達みたいに負けないで鍛わるんだ、などともうあまり、おっしゃらないで下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。狭間で、水が広がるように、無限に衰弱して行きたき願望も、正直に皆様に告げ知らせて置きます。

震災は、

日本の、そして世界の、真の幸福実現ための絶対条件、の無言の提示ということになっていた。その神の真の心を蔑ろにし続けてのマヤカシの幸福実現行動(今回の政党立ち上げも含めての)の継続を止めよ。自然の神は、その下に生かしめている社会と自分とをそのように関係付けたのであり、それだから、その真の神を信ずるその社会の中の善なる者も、然らざる者に、同じような(但し。あくまで説得を優先させて)関係付けをしなくてはならない筈だからである!

超神が、

自分の都合で神で非い者に進化を押し付ける神は、反って彼等を退化、さらには逆進化させる、と言っている!

今日も、

信ずる神と共に、時間を超えて無限に、彼等を愛させて頂きます(具体的には、自分の近辺の彼等の手先と思しき人物達を愛しなさい)。

幸福実現。

 ある者に客観酷いことをされて、そのある者に具体的に謝罪を要求しなければならない余計な苦労自体が腹が立つので、俺の不幸はそいつのせいだとだけ言って、そいつへ向かって嫌がらせをすることばかり始めた。なるほどそのために、会社の発展とか、望ましい結婚とかいう世間的な成功(幸福)は実現出来なかったが、その者の心の底に確かに深い充実感は齎されたのだ。人は先ず、一体何を幸福、と考えるかだ。このことは、星規模の嫌がらせに長く向かうことになった、彼等の心の底にもきっと生じていることであろう!

2009年6月15日 (月)

暗黒で極寒の

地獄界で、彼等が一億年以上も耐え抜ける訳は無い。ベンチャラ副神は何時までも主神に言い付かった嘘、を世界に言い触らし続けてはいけない。地獄界には既に長く、極道達が帰って行く、解放区が存在しているのだ。この国の諸都市の繁華街のように。

 願かけまする

 恋の思案の法善寺 。誰への恋だ? 男は星の神にすらも、何時果てるとも無き喧嘩、を売れるくらいになれなくてはなー。

世界の機械化農民達よ、

機械の製造・燃料の製造の労働を考えられば、それに携わる労働者を、自分のの側で自分のやっている農耕のために、さらに農地内での自分の移動のために労働をさせているのと、同じことになってしまうのだ。これも帝国主義、ということだ!

早く欧米は、

、この星の神と共にする世界共産主義者として、世界の帝国主義国に先駆けて悔い改めて、アフリカへ向かいなさい。貴方達に今現在の帝国主義を仕向けている、霊界のルシファー等にも、呼びかけて!

世の中の悪い人達は

(否、世界のそのような人達も)早く悔い改めて、直下の神を深く安心させて頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

2009年6月14日 (日)

ブラームスに誰も

百姓とパン職人が、君以上に苦労をして、芸術のように美味な、パンを作ってくれた、と誰も教えなかった・・・・・・

非神は極まれば

身体も逸らす。神っ気のある全てを!

超神が、

自分は、毒、というものも、こよなく愛している、と言っている、それは神すらも、自分の極々側へと、近づけてくれるものなのだからと。

ビッフェ、

自分の孤独は、きっとこの星の神も癒すまいと言え。それが、君が彼を深く愛すること、となることだろう!

今日も、

時間を超えて無限に、貴方達(この星の悪魔達、悪霊達)を、その心を覆して頂きたく、深く愛します!

長崎の女。・・・・・・

 長崎にも土地の神がいて、多くの歌を聴いみても、土地固有の感覚が創られてりいるのが分かる。凡人はこれからは、悪人を隔てぬ善人として土地の霊界に帰れ。長崎ならば、原爆の替わりに愛の爆弾が炸裂する土地になれるだろう!

2009年6月13日 (土)

今日も、

ハウ ベンチャラ 副神 イズ ! 地獄界はこの世界の泡だ、容易く消えてなくなるなどと信者に言い触らしている割には、自分の地元の悪い奴等をそれはそれは恐れているみたいだし・・・・・・。そんなこんなで、どうしてこの社会に幸福実現党なのか、やってみてくれ。魂を進化させるってなら、神に対してすら嫌なものは嫌、と言い続ける部分も・・・・・・。

悪魔達よ今日も、

超神と共に、時間を超えて無限に、愛させて頂きます。願わくはこの星の主神も、同行されんことを!

進化好きの日本・宇都宮の

副神よ、それなら、自分の地元の悪を、傍観していないで、自分で手に掛けるべく、進化しなさい!

彼等は、

反って自分の方が身勝手で愛薄き神を虚仮にして、反って、自分に付き従う者にこの時代のように自分達が仕向けて核装備を担わせるまでに逆進化した。そんな神に心から帰依して、彼が考える進化の恵みを頂くなど笑止なことである。自分の星の真相は癌のようなものを、簡単に消える泡のように副神に言って回らせる陰謀政治家のような姑息なことをする神。第一魂は、貴方が立てた進化基準により進化度を評定されるような品物なのではない。寂しければそれがどれ程のほどものか他に告げ知らせるために、そこに及ぼされている自分の好かない善に絡めて、無際限の悪の華、を咲かせるものだ!

2009年6月12日 (金)

この星の神よ

貴方が神ならば、目の前の反逆のの哲学的意味を、貴方こそが示せ。全てが現われ、そして全てが消える!

性交。

 儀式。自己を有(男)、無(女)と思いなして(時に役割交替して)、極点において、一切意味未生以前の、無々=超・超・超神(超神=準無、無、無々の逆対応)に入る。失敗する神、というものも創りしところの。

パイトロンミスやくざの

皆様は、、宇都宮の副神に向かって、だったら俺達が悪いのも、結局、御前と震災神の責任だろう(ついでに震災神にも)、長らく大反抗継続中の霊地獄界のルシファー親分等に支えられて、世間の隅々まで聞こえる声で言ってやんな。ついては、かの震災神位は、この時代は先ず自分の非の方をこそ、認めて頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。ところで全世界の皆様、副神によれば、こうなっています。http://sunmoonearth-70.spaces.live.com/Blog/cns!1pzxizBFutjCUWXdCnniSHMA!177.entry?sa=57372527しかし、これは、旧・太陽の法準拠の記述で、新・太陽の法では、渡来系のエンリルの系列(ルシファーもその系列だった)が、この星の如何にも厄介者であるような記述に書き替えられていて、この星の主神・副神の、この星の統治へ向けての何らかの配慮が考えられていることなのである。

本当の光明心とは、

彼我の心の状態に拘らず、自分の強い意志で、心明るくすることだ。人は人の心は自由にならないなどと言って、自分ばかり斜に構えているわけにはいかないのだから。

魔の勢力様、

信ずる神と共に、今日も貴方方に頭を下げて、貴方方を時間を超えて無限に愛させて頂きます!

本当にこの星を

思う者は、皆に星の現実・真実を直視させるし、その上でそのことに対する自分の責任も素直に認めて、皆に詫び、本当に自分の自己保身だけを考えていて、総責任者と言っても口だけの者、であったりはしない!

日本国憲法は、

国民一人一人の、自由に宗教心、信仰心までは否定していない。また、それの多数の赴くところの宗教の国教化すらも予定している。

一切非正教も、

この星の真の神=震災神を信じて、心を入れ替えて下さい。

2009年6月11日 (木)

仕方がないから

田んぼに植えた どうして一生 こんなことするの

結婚式に

怒鳴り込める人間ばかりではない。そこで世間には、幸福な結婚式として通ってしまう。・・・・・・

心ある皆様には、

近々、へし折られた道路が、どんな公共工事によるものであったかの徹底検証の程、此処に宜しく御願い申し上げます。

最後に弾圧するのは、

真の神の方だ。目覚めぬ周囲同胞に目覚めさせんとすれば、直ぐに.世界の悲惨地の平凡な庶民同等の危機生活になるだろうに、なかなか、自分から苦難を求める者はいないのである。世界のためを思っての徹底的過激な国民生活の改革によっても、その苦痛は、世界の多くの悲惨地の平凡な庶民の苦痛に如かない。震災神が何時も見守っている。ついては副神も世界の庶民を遥かに上回って、無際限の命知らずの本来性を回復して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

彼等を能う限り

愛し直す(出来れば無限に)以外に、この星の行くべき道は残っていない!

優者のお座なりな愛は、

劣者をいじけさせるだけだ。副神・大川隆法は、自分を現に底知れず恨む者の存在(貴方はそれをあくまで、逆恨みだと言うのか。この時代も貴方は、何時の頃から、他者への気遣いということを全く語らなくなっているな)がいる事実を世間に正直に告げ知らせたうえで、人の幸福実現を語って下さい。

2009年6月10日 (水)

政治家は生産秩序を

正準化するのが、先ず何よりもの仕事ということになる筈だ。そうでなくては、生産する者の中に身を入れて働く気になれないものが必ず出て来る。彼等にきちんと仕事しろと言うのは、自分のきちんと仕事をやっていないことを棚に上げての厚顔無恥、ということにもなるであろう。正準化とは、可及的に共産的待遇公平にすることである。日本国内漁業で、現場作業で数十万月収の日本人を、数万のインドネシア人に置き換えた。日本人は機械的には、数十万と数万の差額分、後は遊んで食って行けることになるであろう。こういうことは言い出せば切りはないが、かの幸福実現党を立ち上げた大川隆法は、日本国内にすらあるかような現実を全く見ようとしないで、新しい政治をなどと言っているいることになるのである。こうして産業の世界現実は、神の求める共産から程遠い絶望的な状況であるが、またそれだからこそ、かの日本への震災の行使ということにもなった訳なのである。そこで、この時代の世界の諸列強(米国、西欧、ブラジル、ロシア、インド、中国、日本)は、準世界政府=国連とも、相、手を携えて、神の求める世界共産の可及的の実現を鋭意、推進して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

暴力団を日干しに

しようと始められた皆様は、どうせなら震災暴力神のエネルギーを戴き、かつ、その震災神を虚仮にした者達が相手であることを御弁えになり、、寧ろ先ずは自分達の反省の方を前提とした辛抱強い説得により、互いの社会共生の道を探って頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。また、暴力団員の家族・親族をを見つけ出し、再びの付き合いを御願いすることも、考えてみて下さい。また、自分の家族に、非行の芽を育てるようなことをしていないかも考えて下さい。親の血を引く兄弟よりも、とか血を分かってくれた筈の親なのに、とか言われない家族になることを心がけてみて下さい。

人は自分個人の内容を

自分のためだけに恃む、身勝手な生き方を止めよ。それでないと、件の宗教団体のように、自分がその者達に対しての務めがある筈のその者達を冷たく放置するという、醜態をさらすことになってしまう。彼等は、自己責任と言うことが個性の即して多様であることが理解出来ず、自分達が十分に、この時代この社会での自己責任を果たしている、と錯覚しているのである。件の暴力団騒動についても、自分と全く無関係であるかのように、冷然と傍観している。

この星の神よ、

貴方が止むに止まれずこの国土を撃った時、自分が何とかするからこれ以上、と自分は言った。我が子へことなのだからと、自分は思った。しかし、自分はあれ以来、貴方との約束を十分に果たせたとは思わない。しかしそれも貴方が教育して来た副神以下、この社会に勇気をもって真実を訴え出ぬ副神以下に失望し、貴方への信頼も次第次第に失って来たからかに思われる。そして何より、この時代にも例えばこの国の人間を仕掛けて、貴方に圧殺を余儀なくさせるに至った、彼等反抗者の存在を凝視すればするほど、ということでもあった。しかし、私は、何を信じなくとも、貴方が誰よりもこの星で思いを懸けているのは、彼等のことである、ということは信じたいと思っている。そんな貴方の思いも知らずの、現状の有様である副神以下のこれからの訓育も宜しく御願いします。ついては世の心ある人は、神の心知らずの副神以下の今次のつまらぬ政治活動の立ち上げの一切を一笑に付して頂きたく(彼等は信じているといいながら、自分の側でされる、神の人殺しに、それぞれ自分の責任で神から下ろされる報いだと言うので、全く心が痛まないのである)此処に宜しく御願い致します。

2009年6月 9日 (火)

次期宰相も、

否、現宰相も、日本国憲法を条理解釈しての緊急大権の行使としての果断な政策をこそ望む。それこそが、日本の国土安定、そして世界の数多の国のそれの、所以のことであろう。(だから一切先進帝国の宰相にもそれを望む)!

副神の宗教は早く、

数多の国内宗教同様の、日本帝国の飾り物宗教を止めよ。主神はあのことにより、日本のみならず、一切先進帝国の即時の廃絶を求めたこととなのだから。それを勇気を持って声高に言わないで来て、あれ以来、この国の(そして世界の)何が変えられた(そして此れからも変えられる)と言うのだろうか。チャチ無意味な政治活動(日本帝国付随の観念形態に過ぎぬ)こそ、止めにして貰いたい!

思いやり、ってのは、

女や、オカマや、ヤクザの方が・・・。何故なんだ?

有名人の家族よ、

有名人についてつぶさに語ることによって、反って自分自身を十分に語り切ってみてくれ!

再分配。

 この星の神が、世界の一切の富を、自分が再分配すると言っている。信じられる方は、三菱UFJ銀行 仙台支店 普通 4629482 大崎 隆弘 まで。

超神は、

一人で、何人分もの人生を生きて行ける!

超神とは、

例えば人を十数年でも不当に孤立させた、員数数百万の組織の一人一人にその同じ不当な孤立の体験を数千万年掛けても反芻して償って貰わずんば、互いの和解は金輪際あらず、と言い放てる可能性だ!

私達は一つで脚本家として、

脚本を決定した。爾来、自分を内から衝き上げるものを誤魔化さぬ者だけが、それを知ることになる。かの自決した作家のように。深く絶対的に愛すべきそれを。 釈迦よ、衆生の煩悩は貴方の予想を上回って熾烈らしく思われます。逃げる貴方を追って行きかねない、晶子のそれのように。 持戒破戒自在=超仏。

2009年6月 8日 (月)

この星の主神も

副神も、その時代その国の平均寿命というものは想定出来るにしても、何時どんな風に死ねるのか分からないままに、それまで働かなければならないなんて、扱いが酷いと思う人間が多いぞ。

欧米の帝国主義者は、

この星の神(労働を押し付けている)を許して、国際自由共産主義者としてアフリカに向かいなさい。

環境とは、

こちらが優しくするものではない。こちらに優しくしてくれているものである。 技術が信仰に指導されなかったので、今や悪玉の、ガソリン・カーが生まれ出てしまったのだ。

2009年6月 7日 (日)

ムストネン、

有難う、君も一切の意味が一つになっていたその境から、我々一切が分かれ出てあることを如実に証明してくれて!

反転図形、

突き合わせた恋人達の顔であると共に、彼等が一緒に飲み干す、盃だ!

彩りは、

何時か水と油との三角関係を止揚して、絵画を大発展させることだろう!

自分の目標。

この程度の内容で勝つ、この程度の内容で負ける、だ!

超神がこの星の神に、

彼等へ向かっての大逆罪の、再裁定をしてみよ、と言っている!

誰しも、

深い、深いところにある約束がさせたことだと思わないか?だから誰しもが、その約束を思い出すんだ!

パイトロン(魂製造機)で新たに

造られた者達に霊格の低い者が多く・・・。これが核心であろう。この星の神にそうされて、最低という価値視線を浴び、我慢ならなくなった者達が、反逆ということを始めて来ているのである。

2009年6月 6日 (土)

自分自身を

自分自身が傷つけることはない。そこで他に傷つけられれば、その他との一体感の無さが(詰まり、所詮、他に過ぎないことが)証明されれてしまうのだ。重い石を動かして、結局、心に他への愛が、染み出すように心に力を入れて生活を成り立たせしめよ、という仕向けだった。その仕向けに、自分を賭して、逆らい続けてきた者達だ!

2009年6月 5日 (金)

この星のために、

俺は泣けてくる、がしかし・・・。

日本の患者も消費者も

少し、働く側の身になって、働く側の過労緩和に結びつけよ。

副神、瞑想よりも、

そして多くの世界の人も

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/heiligendamm07/pdfs/africa_ss.pdf

どうですか?

大自然に感謝無き

学者のプレート理論はは、一切社会力が非力な古の社会においても、地震は如何なる者の意思とも無関係と主張する。それでは不条理ということになろう!

文明は生態系のパッチへ向けて、

犠牲にされ続ける積りの、直下の熱き心の自然神に応えよ!

自分をこのままに

して置いてと思う人達は、それを許していない、しょうがないこの星の神を許してやって。逆にこの星の神はその人達に謝ってやって。

文芸。

 芸とは、美ということだ。そして美は、実は根底で哲学と番っていて、この世界の原理=高貴一体、ということを表徴してしまうのだった。おすぎ、ピーコ。・・・・・・・、或いは泰西のジュネやらが、この世界の逆説的高貴、ということを証明している。彼等は、表見的優者(小泉やら、加山やら、森田やら、・・・・・・)の態度が変わらないうちは、決してこれからも、心は彼女、を止めない者達なのである。 文芸家は芸ある者なのだから、無芸の者の埋もれた悲しみ(つまりそれが、超神喪失の悲しみだ)の表現へと向え!

共産主義的犯罪。

 私の信ずる神は、生まれて来た者は、能力に応じて精一杯働き、報酬同等という共産主義社会を求めている。そして次世代を形成するために、相当数(二、三人)の子育てを求めている。然るにこの社会で、ある成人男子がある成人男子をある経緯で殺すに至ったとしよう。その場合、皆に勤労の義務が課されている前提で、その者が償うべきところは実は、殺した者の子女の養育義務を自分生活を犠牲にして肩代わりするということになってしまうのである(一方殺された者の労働負担も、あの世に場所を変えて、何らかの仕方で継続する筈のものなのである。また人殺しは実相はは、殺された者の子女をそのままでは生活不能にして苦しめることなのである)。私の提出する、こうした殺人の共産労働的発想は、このことに新視点を齎しているであろう。然るにそれでは逆に、自分の子女の養育を、人にその労働を負担させてさせてしまっている者は、その労働をしている者に、その者を殺すに等しいことをしてしまっていることになるのだ。本来、自分の子女は自分の関係経済圏への成員均等な労働負担分で養うべきものだとすれば、だ。人殺しと、その報いとしての殺された者の子女への養育義務とが対応しているとすれば、だ。そこで金持ち国で、その中でも取り分けの金持ちもいて誰も怪しまぬ国への、大自然からの裁き、ということにもなってしまったのである。

2009年6月 4日 (木)

悪は、

上の者の扱いが悪いことを証明してやるために、それがとても我慢出来ないこと負けない根性があることとが相俟って、現れ出る!

神よ、のどかに

暮らしたい者に、御前はそれで良い、と言って上げられる自分であれば良かった、と言って下さい!

上を見て最高を

求めたい時に、最低に生まれて来て落ち込んでいる者を、少しも気遣えていない自分を省みるんだ。心の教えにしたって。

神よ、イチローの前に、

能力や性格の最高と、他を思って助けることの最高とを兼ね備えた者として現れよ!

2009年6月 3日 (水)

普通で非い少数のために、

一生、世の中全体で頭を下げてやってやって、世の中全体に何の損もない。

怒り。

 上に立って指導する者に取って、下の者が思い通りやってくれない苛立ちは付き物だ。しかし苛立たない方がいい。また、自己反省と思いやりで、幾らでも苛立たないで済む。しかし、あくまで自分が苛立たないことが、最優先目的ではない筈だ。 親は、子供が手に負えない個性だからと言って何処かに蒸発するようではなるまい。親の責任を、或いは上司の責任を果たすために、怒らないことを自己目的にするような考えは捨てねばなるまい。 そこで私には怒りを断つことを自己目的のように教えて、自分がそれを一番し易い場所に構え続ける宗教家に素朴には怒りを覚えざるを得なかったのである。 自分の心が平らかなること大事で、心に波風多い者を隔てる御仁は、他に愛が薄くて、普通の暮らしから外れて平気でいる御仁と言うことになる。中心の神仏が肯う振る舞いではあるまい。また、心に波風多い者が、何時か自分で心の平らかさを求めたくなるというものでもないのだ。そのようの者を隔てることは、その者への愛では決してないから、正しい心でもない。 

信仰者も反抗者も、

自分、瞬時に、それぞれから気を逸らしてしまってゴメンね。しかし、これがこの星にとって新しい非神・超神だ!

主神も、

副神も、彼等に連なり労働を好む人間達も、逆に労働を好まぬ人間達(それだから生存継続(或いはそれ以上の生活充実)のための一生の基礎産業(非機械化農業、漁業等)基準の労働なんてとんでもないという、コンビ二族)に、そして彼等のルール違背を仕掛けた霊界のルシファー等に、その押し付けを素直に謝りなさい(しかし副神なんかは、主神へのベンチャラ解消のために、この際反って主神と違う主張してみるのも(尤も何時だって、自分は自分の主体的な決断に従って来たとあくまで仰るのだろうか)いいかもね。)

自動生産。

食糧も、工業製品も、サービスも、生産設備も、文化生産用の、物質・サービスも、或いは文化生産の一部も自動生産され、残余の文化生産(学的生産、その他)を人力でしている。エデンの園を再現するために。自分の現在の生活が既に、殆ど自動で、勉強しては、こうしてブログを書いている!

生まれて来た優・具有は、

生まれて来た劣・不具を気遣って捧げ尽くせ。一方、互いの優劣、具有・不具、こもごもでもある。その時、互いの心に、超神の愛の核が蘇る。一方それをしないと、劣・不具が、悪=世界へ敵対者に転ずる。神が神で非い者に奉仕が十分とは、一人一人に先ず、好きなようにさせることだったのだから。

2009年6月 2日 (火)

人間は深く悲しむより、

生きて行くために苗を植えよ、と言うのか。それなら・・・・・・。 腹が空いても、側に食うものがある訳ではなかった。その隔たりに、次第次第に恨みを腹に溜め込んだ者達が現れたのだ。 セブンイレブンという、彼等の執念。或いは店丸ごと、潰される者達に、あの世の解放区から、招き、の声が上がっている!

あの世の刑罰も

遠に効能の無い者達(これも、御前、神、という、罪、への、罰、だと嘯いて)が、実存は何より、自分で自分を満足させるものであることを、証明した。 いっそ文学は、一語一語を、時間の終わりのそのまた向こうで、初めて読み解かれるものとして書きつけよ!

神と反抗者達と、

傍観する信仰者達と。こうして、この星の一切の指導者を標榜する者達が、頼みにならない!

肝要な知識とは、

例えば日本人が、外国の油田や、鉄鉱山の労働者を現地資本と共に未だに収奪し続けて、一民族だということだ。これを確知している者が、真の知識人だ!

神と悪魔との対立は、

実は、深いところで超神として、斉明に愛し合っている者達、の劇だ。そして一切の演劇は、その劇中劇だ!

超神とバタイユが、

神と、背いたアダムとイヴとの近親相姦の熱きエロスが、私達の復楽園、を実現する、と言っている!

ブルジョア宗教家、

此までのこの星の副神、只今も瞑想中かの、日本・宇都宮の大川隆法は、世界の同等の宗教家に先駆けて、この時代の数多のコミュニスト達をも信奉せせるべく、人の労働力の刻々盗み取りながらの、口先だけの持戒坊主を免れ、然るが故に、根本神仏天のさらなる、震災打擲棒をも免れて頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

2009年6月 1日 (月)

性的同一性障害は、

一切人間のすべき、人格の偏りをとることの一環として、体に心(心身調和しての健康のためにも)を出来るだけ合わせるとが求められています。でも先ず、そのあるがままを受け容れてあげるのが愛かな。

勉強嫌いの子供は、

大反抗を始められる前に、宇都宮の副神に、一括、預けてやって下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。

子供に

本人がよく認識も、無論表現も出来ない本人の気持ちを、頭を下げて苦労して教わること。

超神様、

魔の勢力様、震災強権神に無原則に屈従してしまいかねない、精神虚弱な自分を心から御詫び申し上げます。しかし、世の人は、昨晩の当市へ震災神からの軽い牽制が掛かっている位の内に、行状、悔い改めた方が、やはり自分の得ですよ。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »