2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

春の雪。

 季節と季節が手を握りしめ合うことが何度繰り返されても、彼の悲しみは変わるものではなかったのだ。そのことを、一切の言葉(意味)が協奏して表している。 批評の不能。作品は評家に、何を要求するか知れたものではないのだから。

反ソリベラリズムは、

実は、この星の神への造反と言うことになっていた。それだからそれが、他国を犠牲にして富を集中した先進帝国内でしか可能でないという皮肉な結果となってしまったのだ!

馬鹿神、

イウコトヲキカナイのを痛めつけては、その後にあの世で耐性霊として多数発達させて、此処まで来た。この時代もか?

2009年2月27日 (金)

性格の良い兄貴は、

反って、皆何もかも、俺の責任だ、と世間に言って回る、と潔く言った。キのつく。某タレント兄弟や、ナのつく某作詞家兄弟、と違って!

この星の神よ、

何時か超神のように、人間の犯罪の償いの、その自分ばっかり全知全能・完璧性格でいる分だけの肩代わりを宜しく御願い申し上げます。

星の神の

客観的非を認めさせるにはこうして、時間が超えられねばならない。この時代も、神がその非を認める御積りかどうかは分からない。何しろ、その、神に自分の非を認めさせる、ということを、やり遂げる積りの者達が存在しているのだ!

早く、

日本国民(それを恐れて、何食わぬ顔で日本国民同等の生活をしている、日本・宇都宮の副神も含めて)先進国民を代表して、自動車その他一杯の生活を可能にしている、原油を掘る、中東の労働者の 、鉄を掘るブラジルやインドの労働者の自動車その他などない、貧しい不便な暮らしに起こり来る、生活感情を、五分間だけ想像的に体験してみよう。そして、かの労働者に手を合わせる心を喚起しよう。目の見えない人の体験を想像するのと同じく。国土、中核、がまるで、暴力革命、の蜂起のように、再び揺らされないために。神は貴方達へ不適合を強いたかも知れぬ自分の至らなさを反省しつつも、恐らく取りあえず、人の犠牲、を許すことはない!

2009年2月26日 (木)

一人一人、

超神を拝んで、過去の一切の刹那の無限倍の強さで、次の刹那刹那に彼等を愛しなさい!

相手から、

現象としての愛が返ることが、相手を観念として愛し切れたことの証明だ!

超神を拝んで.

貴方達がそのように苦しむ者になったからこそ、自分がそのようには苦しまないでは済む、神でいられる、と言って下さる神を!

思いつき

 副神、アンタの住む都市に、アンタに直接面倒見て貰いたそう奴等が沢山いるぞ。 何時までも、吉田ドクトリンだから、政治小国で嘗められる。 在宅勤務の時代だから、聖務もそれで許してね。 目が見えないのも、貧しいのも、同じ不具ということで、現にやってみないと大変さは分からない。でもきっと、不具の苦労は、具有にとっての、その具有を不具に完全に分かち合う苦労ほどの苦労、と同等だ。

この時代、政治悪とは

(つまり魔の勢力の仕向けとは)、帝国であることと、その帝国に載った帝国内保守の金権と、帝国内革新の、北朝鮮様のスターリニズム守旧派(某左翼政党、、新左翼諸派)である。一切を神を信ずる国際(世界)自由共産主義勢力が覆滅することになっている。にもかかわらず、星のレベルのこれらの反抗者の遣い達に、頭を下げて反抗の思いの所以に御伺いを立てる(表敬訪問宜しく)ことが必要なのである。これが、我が超神教、そして神地球魔の勢力敬訪根本神仏天教(二つ合わせて、二重信仰のラヴミドル教)、の政治展望、なのである!

貴方達、私の

どの辺がなってなくて、私がこうされてしまうんでしょうか?

2009年2月25日 (水)

この星の神よ、

彼等の招請から、敬訪(表敬訪問)へ。 この時代副神は、自分に都合が好いので、弱者に甘えてないで強くなれと言った。それは極端に言えば、視力の弱い者に、自分がその方が都合が好いから、その状態によく御伺いを立てずに無理無理目を見開いてよく物を見るように要求することにも等しい。副神は、弱者に鍛えろと要求する前に、自分がもっと鍛えてこの時代危険な人物から弱者を守ってやって欲しい。またそれが出来ないのなら、進んで弱者に頭を下げて、自己鍛錬を懇請して欲しい。

採集・狩猟から

農耕・牧畜へ。歴史社会は、時代即応の宗教と共にある、生活安定、そして生活充実の類的生産、として発展し続ける。 階級社会はそれを肯定する低次神天上界と地上との同通により、或いは無神論的時代相において現れ出る。高次神天上界の求めは、常に社会自体が基本戒律から外れぬ共産社会だ。

アフリカで、

副神開示に依れば、少なくとも、数百万年前に、猿人類と文明・現生人類が共存したことになるがどういうことなんだろう?

黒人。

 白人の罪の鏡だ。早く和解の灰色世界へ。 アフリカ、政治を近代化し、農業生産性を上げ、豊富な鉱物による、鉱工業の立ち上げだ。

威張られて

面白い奴はいなかった。神にも!

2009年2月24日 (火)

キリスト教徒よ、

神は、エデンの蛇や、彼に唆されたアダムとイヴの暗い心を御知りににならなかった。然るに恐らく、超神ならばそれも知り得たことだった。それだから今や神は、同じくそうする神で非い者(神の被造物)と共に、神より貴き超神、をこそ先ず拝む。そして実は超神の遣いと思しき、反抗者=悪魔、達、その他神で非い者達(神の被造物達)を、わが下に招請し、或いは自らが慕い寄ってこれも拝む!

学園紛争華やかなりし

学園、と何処が違うだろうか?校長(主神)・教頭(副神)、それに連なる教師(天使)・生徒(善霊)、といて、一方、造反教師(悪魔)もそれに連なる生徒(悪霊)もいる。結局、一人一人自分を貫くしかない、ということだ(それだから、一人一人本来超神)!

ロストロポーピッチが

築地市場で漁師と肩を組んだ。流石、旧共産圏の芸術家らしく。日本の漁師も、彼の精神に感化されて、醜い漁場の争いなどしなくなることだろう。芸術家は、美自体(だから結局神によって)人間の共産ということを既に教育されている。そこで食わして貰う農民や漁師に、こうして美自体が求める思想、共産の思想を返すのだ。これが、文化と物資生産の共産だ!

恩寵論。

 自分の言った通りさせようとしたら、逆らって自分で判断するなどという生意気なことをしたので、楽園から放りだしたら、案の定、立ち行かず、神が人間を助けるしかなくなったのである!

自分の都合を

押し付ける主神とそれにベンチャラする副神と、魂の風上にも置けないと思いません ?謝って欲しいなあ。

人間の少なからずが、

労苦を厭い、それぞれ好む人が違い限定されているのに、この星の神はどういう積りだったんだろう。

2009年2月23日 (月)

人のきっと、

今まで誰にも伝えられなかったらしい悲しみが、何故か自分に伝わって来た時、無際限に涙が流れます。 唯、雨垂れのような、存在の槌音を聞いているだけだ・・・・・・

先進国の映画、

その他の文化表現は何とか、その人の生活に、その人の生活の中にある、モノ、を現に製っている人達の生活を付き合わせてする、この地球の私達、の表現にしてみてくれ。

見せてみろ、

御前の無修正チンポ、とも言っている!

神、御前が

仕事を全部やれ、否、御前も仕事をするな、と言っています。彼等の仕掛けで、先進国文化の一切が、人間差別・存在無視、の文化になっています。ついては、差別解消・世界共産主義実現ということにつき、神は人類に頭を下げて懇願して下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。

何故かシャンソンだ。

 サルコジ、ぺぺの望郷、しかし、フランスもアリジェリアもない、と本当に皆で思えれば、もっと深い皆の故郷に、きっと皆で帰って行ける?

この星の主神も

副神も、出来ることなら、彼等の億年の要求、この星の全成員の前で、頭を下げて自分達の非を認めること、をやって頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

新宿高層ビルに、

遅れた国のハイジャッカーが航空機突っ込ましても日本人は、なんて奴等だとばかり言わないでね。

2009年2月22日 (日)

アイドルを探せ!

 大好き、それで俺、フランス、全部分かった、なんて無理かな?(前と同じく)

クラリネットが

生き物みたいだ。愛は何でも生き物にしちゃうんだねーー。(自分も今晩は帝国主義者の仲間入りをして)

劣の苦労は、

側の優がその優を完全に劣に分かち合う苦労と対応している。そこで優がそれが出来ないうちは、劣の方が優より、存在が偉いと思うべきなのだ。それだから結局、劣の方が優より何時も何時も、存在が偉かったのだ!

デジタル家電ママか、

健康色の百姓妻か、人間女性の理想生活を廻る、彼等と神との見解の対立だった。この時代の様相に徴して、どちらが正当だったことになるのか?

加山又造、

悪魔憑きの日本帝国で、彼等に使われてしまった画家よ、スパンク震災神=自己を人間社会へと犠牲に供しているし自然神、は決して貴方の画業を認めない。画業は、終に諸国の労働者・農民のなけなしの金から供出された資金により、彼等の全体に還元すべく営まれねばならない。それが主神の見解である。尤も、あの世に返って、自然を変造して、人間皆にもっと生活の余裕を、安楽を、と要求して神に反抗している彼等の下に組み込まれて、(或いは、中心主神の周辺の天上領域ではなく、もっと低次・周縁の天上領域に組み込まれて)営むのも)、貴方の自由だ!

この星の副神以下は、

早く、反抗者の地上的手先達をスパンク神ばかりに任せて黙って見ているのではなくて、声掛けの一つ位出来る魂に成長してみよう!

憎悪。

 この星では、魂の内容優劣を一方的に作って、劣った者を平気で馬鹿にするようなことをして来た。私の心の底の超神の辞書の神の項目には、そのような神を、クズ神、と言う、と書いてある。一方、悪魔の項目に、クズ神にきちんとオトシマエをつけさせるための反抗者である悪魔は、本神だと書いてある!

一番難しい居直り。

強い人に威張らせてないで色んなことを義務としてさせる際だけに、超神力で、強くなってみて下さい。

2009年2月21日 (土)

ウィキペディア。

 私達の魂の底には、超神のウィキペディアが眠っている。そしてそこに、神、という項目もある筈だ。そこで一人一人がその底の底を探って、目の前の現実の神に、貴方のような神についてどう書かれてあるか、を告げ知らせて上げるべきだ。そして彼等こそ、それを態度で示し続けた者達だ!

予想。

 帝国主義が是正されねば、先進国部分が神によって掃討されるだろう。場合によっては、反応的に怨恨が覆った途上国部分も。そして自然自体の変形も。しかしこのことは、と霊地獄界解放区の、彼等の反抗心の覆滅にはさしたる影響は与えない(つまり、この星で繰り返されている顛末なのだ)。 彼等が、神の存在論的債務不履行(つまり、被造物一般に奴隷のように御奉仕しない)かような歴史の麻痺状態を仕掛けては、その履行を要求して来た。しかしこれまでこんなにも長い間、神は、その傲慢な態度を決して変えはしなかった!

全概念、オマエ、

(ビューッ!)

壁はこの星の神が、

人間を自分のような共産的労働者にしようとしたが故に、自然に設えられる。人間生活の物的充実がそのような仕方でなければ不可能なようにこの世界が作られているのだ。然るにこの壁の営みを追求仕切る時、人間皆が無償に文学が可能な段階に行き着くことにもなっている。そこで過渡的な壁の営みに耐えるべく、人間は皆固茹卵になって行けというこの星の神の求めの下で、柔な卵であり続けようとする者は、本質的に不良ということになってしまう(或いは共産礼賛の文学者でなければ)。反逆者は、多数存在している!

神にも酒池肉林を

要求して来た者達よ、お早う。彼がそのように捌けるのは、さらに先のことであろう。 女が一人だと、気になるのものだよと、・・・・・・。女、何時も愛されているべき者としての象徴。そんな時、気安く酒を注いで話かかけてくれる神ではなかった?

作家は、山下清という

想像を絶する痴愚の実存体験の絵画表現を、深い愛で感得・解析し文学表現に置換して、世界に人間一切の本来超神なるをよく開示せよ!

二宮沙樹メイト、

半端ではない性愛(超神の?)を求めたくなった者達。神よ、今すぐ出て来て、深く満足させてやったら。

これからはスリリングに、

政治も文化も。直下の、スパンク神、を意識して!

色んな人がいる。

神と言うと、やたらベンチャラする人から、特別の理由もなく酷く逆らいたがる人まで!

歌体操なら、

ウチの、全体のこと思うための、慕情・ラーヴ体操だ、手を大きく広げて、次に全体をヒシ、と掻い抱く!

2009年2月19日 (木)

仕置きの力は

神で非い者から、神に向かっても眠っている。超神力。それがこの時代、この星の神が殆ど世界史の断絶を強いられている世界の現状ということなのだ!

中東の暴力沙汰は、

アラーの神のアラー違いによっている。超神が自分のように、神の方が天使や人間に向かってアラーをしなさい、と言っている。最優等のままに、それ以下の者にそのまま君臨する神は、超神ではないということであろう。寧ろ、天使や人間の自分と違う欠落故の苦労をを思い、かつ一方その天使や人間への自分の御奉仕足らずということを、を天使や人間に謝るべきだ、ということであろう!

この星の既に

現実、他よりも本来の超神を回復している者達よ。今日も神と共に学ばさせて頂きます。神の愛し方がなってないが故の、想像を絶する苦しみの直中で、悟らざるを得なかった者達よ!

2009年2月18日 (水)

思いつき

 一般知性から、学問的知性・経営的知性・技術開発的知性・勝負的知性等、諸知性にどう展開するのか? ヒトゲノムの内の、ヒトゲノムを解明する知性、対応部分。 一切の生活物資の自動生産。数学は応用という、素朴には厭われる付き合いの苦労を経て、純粋が皆に可能な楽園を作り上げることだろう。 一方無下に殺された我執というものが、その後に化けて出ることも、証明されているのだから。寧ろ、現象に囚われず、観念としての愛の深化を求めるべきであろう。

ツアラトストラ。

 現代、ツアラトストラ、を騙った、往時の実はアンリマン(ルシファー)が、弱者に、神、アフラマズダ、に対しては弱者である筈の自分が、こうして盾を突いて来ている、と言っている。誰が愛、なのか?

極限の愛(慈悲)。

 予期せぬ転落の運命を、同じく願い求めて一体化する。 無償の非仏無碍を受容する、或いは無償の非仏無碍として犠牲的に一体化する慈悲が、やっとその無償の非仏の者の、より以上の願望となった。 仏道の半直線の周りに空間が考えられるだけ、非仏は拡散し得る!

霊的収奪。

 その時代の聖人君子と言った霊的富裕者は、その時代の悪権力者と言った霊的貧困者に自分の愛を還元すべく寛容であるべきだった。然るに彼らに出来ないことを求めるようなこと(それは霊的な貧困者からさらに収奪するに等しい)したので、彼等にさらに霊的に他から奪う増長悪の持ち主になられてしまったのだ。つまり、ある時代の増長悪とは、その時代の聖人君子の然るざる者への気付かれぬ霊的収奪の反作用だ!

家長としての務めを

平均寿命一杯一杯まで果たすことが、厳しいがそれぞれに求められている。

宗教数学。 

 最後はこの世界を拒絶した、カントールと共に。神を人間乗しても神にしかならないが、人間を神乗すると、超神となる!

2009年2月17日 (火)

この星の神よ、

共に超神を拝んで、数億年の人間への(或いはそれ以上の被造物一般への)愛の怠りを瞬時に可及的最大に償って行こう!

民地違背。

 既に中心でない薩長人が、本来の中心でない東京で治めた。そこで民地違背の、清、のようにになりたくなくば、民地整合の関西遷都しかない。

異性。

 最広義では、自分と違う他者(複数の可能性もある)を言うので、より愛ということで積極的な方が男の立場ということになる。最も極端場合、原理超神と認識した自分(男)と、さにあらざる他者の総体(神をも含めた)(女)とが(彼等、魔の勢力がこの星の神をさて置き、この星をリードしていると言えなくもないのだから)!

エジプトには、

転生観があったのに、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教に取り入れられることはなかった。此等宗教は、来世観や歴史観が間違ってしまっている。この星の神に成り代わり、その至らなさを御詫び申し上げます。そこで西洋人は、この先この規模の歴史が継続出来るもなら(出来ずに縮小され出直さねばならないとしても)、何度も生まれ変わって、隣人愛を発展させよ。

ハリケーンが、

米国よ、潔く、全世界へ向かって、責任を取れ、と言っている!

何処其処の国ばかり

ゲットすると、イメージが鼻デカの栄策みたいで、俺は見たくないんだと!

一言絶句。

 神の戸や

2009年2月16日 (月)

一部経済支配階級だけが、

自然の美の、生活の患いない嘆賞、の余裕を持ち得た筈だ。如何いう御積りなのか?何故、芸術家が神によって(神が搾取による階級社会を認めるとは思えないから)、共産礼賛芸術だけを強いられるのか?彼等が、神、御前が生産全部やれよ、と言っている。この星の惨状!

モディリアニ=紡錘形・画家。

 私達はその昔、一切概念として一体化していて、その後、一人一人が一つ乃至複数の概念の権化として分出したことを、こうしてこの者が証明した。そしてあの通り、彼女やアブサンとの繋がりも蘇らせたが、その昔、一番得な概念を取った者が、全く蔑ろにされた。この星では有り触れたこととして、紡錘形である画家には、彼女やアブサンの方が、心が熱かったからである!

2009年2月15日 (日)

旧共産圏=

マルクス主義の音楽の方が深い音楽だ。音楽が、カール=マルクスの自然哲学を掴まされている筈だからである!

超神はかく語りき。

 神はもっとこう、人間を愛すべきだった!

いっそ、

一人一人(神も)、決して他の誰もが容易に解消し得ぬ、特異点、或いは癌種、たれ!

歴史は美しい。

花の美しさというものはない。自分を決して偽らない者がむしろ.それを導いて来ているから。そして勿論、今の時代も!

「あ」

 原日本人の音声言語(詩言語)にして、口の中の石という造形美術。 動詞後行の和語、と大和絵の平面性。控え目、という文化の粋!

指尼僧フラクタル。

 誰にも出来る、そして時に持戒、時に破戒、そして神よりも彼岸にして此岸から来る!

信ずる灰色人の

新しい西洋文明だ。世界不況は、先進国民の財政赤字解消、途上国向けODAの破格の増額、対応の耐乏生活という、抜本策によってしか解消し得ない!

資本の私有も、

貨幣の流通も、経済発展のための方便だ。 大事なのは、超神を、そしてそれを信じて魔の勢力(帝国主義者がその手先)を自分の教師として招請する神を、と二重に信じて、心正しく経済を営むことだ!

甘い判断により、

魂実存は、何時取り返せるか分からぬ報いを受けることもある。神の内容を持ってしかも、神にも、神で非い者にも、土下座している、超神の態度を学ぶべきだ。

安楽は、

人を薄情なままにし、また物事に、容易に怒りやすくし、或いは些細なことで心傷つきやすくする。一方、共産労働は、人の心の芯から、愛情を搾取する。しかし、だからと言って・・・

超神曰く、

殺すなかれ、私達を、食糧の近所にの不在によって。盗むなかれ、私達の近所の食糧を、世界の外へと。姦淫するなかれ、私達の本来の優雅な妻と、世界の外で。彼の北朝鮮での、神の、あのような夥しい破戒の有様だった。人間のさらなる反抗という、因果が報われるところの。

2009年2月14日 (土)

国土中核に、

ひるまず帝国主義打倒に前進せよ、の有難き暴力革命的行使がなされれて以来、その自分の現状とは程遠い、人間への愛(慈悲)故の暴力性へと、一歩でも二歩で超え出ようと、努力して来た自分ではあった。その通り唯仏(空=仏、即是、色=物質、を初め、諸現象)の信念、を持して!

絶対矛盾的自己同一。

 搾取されている労働者の本音が、搾取している資本家の行状と実は一致してしまっている。この星の神が、自己を物質粒子として分出しながら、時間を掛けて設えた、この地上世界という、人間への共産的労働による精神価値実現の仕向け(デカルトのカイゴウ)が、人間に不適合であることを、同胞を搾取しての資本家の生活がが証明してしまったのだ。かかるこの星の神の人間への酷い扱い、そして我等が本来超神、であることの大証明。対立していると見える労働者と資本家が、ひとつの本音で、神と対立してしまっている。資本家の冷酷な搾取に、労働者の神も仏もないという、虚無的な怨恨が返る。神が自己の自然を犠牲に供して、快楽主義者として人間と同一化しなかったからである!

超神って、

誰にも負けずに(だから神にも負けず)、頭を下げさせる、ってことだ。自分のブログを読めば、誰でも出来る!

彼等や

彼等の手先達(ヤクザ等)、とこの星で唯一、対決出来るこの星のスパンク主神が、彼等にそのスパンクが効能のないこと悟ったらしく、引き続きのスパンクは差し控えて、地上の心ある者に、彼等の手先及び彼等を説得して欲しいらしい。新しき主神は、先ず超神を拝み、さらに彼等を教師として天上に招請する主神だ!

目の前の物を、

人の分まで取って、返せと言っているのに返さない者が偉い訳はないだろう。この星のこれまでの神と、彼が頭を撫でた優等生のことだ。 魂にとって、内容が優等であることより、目の前の劣等の者のためにその優等の内容を分かち合うか、或いは犠牲的に無にすることの方が、全然、価値高きことだ!

2009年2月13日 (金)

相手は

自分の相手への思われ方を鏡に見せる。同時に自分のことををそう思う相手という鏡であることも見せる。そこでこの鏡判断がよく出来なかったこれまでのこの星の神なのらしい。つまりそれは、自己反省と相手への思いやりの不十分な、薄情な神、ということになってしまうのだ!

後戻りなく、

民の意想で、公共的に経営せよ。自由共産主義。

さらに、根本、仏たれる、ぞ。

宜しく御願いします。 

2009年2月12日 (木)

此からも私は、

霊的に酷く不潔な者達も、或いは悪魔的な者達も、遠ざけない宗教家であります。

副神は、

人間を馬鹿にしているのでないのなら、遅れた例えば中国へ行って、早く副神は(それも何時の時代も大抵、自分はそれを忌避して自分達を犠牲にする者達の様子を見せられながらの)下層生産階級の農作業の、それ故の革命行動(これが貴方と主神とが、実質何時の時代も、人民に強いたこと、になるのだ)がこんなにも楽しい、の模範を示して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます!

悪魔。

 弱者として存在させられた時、自分を馬鹿にした周囲が悪魔のように思えたので、対抗して今、負けない悪魔になっていると言っている。そいつ等皆(きっと、神もコミ、のことだろう)に、必ずその時の自分と同じ思いをさせてやる、と言っている!

スパンク神である

自分主神と、臆病傍観副神との、月とスッポンの魂格差をどうやって御縮めになるのでしょうか?何故こういう悪い奴は即刻殺せと御教えにならないのでしょうか?懲戒地獄の責め苦がもう効かない反抗者の解放区=魔界のあることを、どうして隠して置かれたのでしょうか?またその解放区からどんどん地上に密潜入され続けていることも、どうして隠して置かれたのでしょうか?解放区=魔界からの天上へ向かっての怒号が、卑怯臆病阿諛追従天上人(例えば、思想家キルケゴ-ルのような)天上生活を揺るがし始めていることも、何故御隠しになっておられるのでしょうか?

2009年2月11日 (水)

超神力。

 成績下等な者達のヘビーメタテクニック、試験も学校もない星を夢見て、春琴のために目を潰す佐吉の愛、の星の規模での実現、を夢見て!

我儘な神に

この時代も、(本来超神仲間からの)それが実は神への愛であるところの、反抗的行動(しかし恐らくまた億年一日のその甲斐のない)が返った。それが例えば、日本の六本木ヒルズだ。この星の神よ、自己の内部矛盾を少しでも解消したかったら、そして彼等に見直して貰いたかったら、ヒルズ・オールオーヴァー、の、人間の労働の肩代わり、を宜しく御願い致します。

枯ススキ。

 横の物を縦にするのに精神力が要求される質量ある物質と、身体の周期的飢渇、そして食糧の近所への不在、がこの星の神の強制教育の要諦だった。それが、枯ススキ等をを一生暢気に描いていたいという者と、俺は間違ってもあの枯ススキのようにはならないと考える者との分極を生んだのである。近々始まっている、大学の株式会社化というその分極の是正策動も、所詮は空しいことであろう!

この星の神よ、

六本木ヒル族をスパンクするより、今すぐ、往時のモーゼに与えたマナ宜しく、同じ生活水準を全人類に恵んで頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。また、あの世の懲戒獄の者達の解放、そして既にあの世で自己解放を遂げている者達の名誉回復の程も、宜しく御願い申し上げます。また、参集している宇宙人の皆様には、イザと言う時の、出地球、の手当ての程。宜しく御願い申し上げます。

超神力。

 一旦世界に組み込まれた一切の者は、終に無償に、同時に互いに非共通の非世界者として乱舞する可能性だ!

御奉仕足りない神。

 労働を全部やって呉れることも、自分も労働を止めて呉れることも、自分も全知全能を止めて呉れることも・・・

私達は一人一人が原理

としてしかも現象の一部として、現象の一切を妻とする夫で有り得る。誰彼の反抗とは、そのような夫の、そのような妻への嗜虐性欲の現しだったのだ。もっともっと感じる妻になって貰う為の!

2009年2月10日 (火)

負けると悔しいが

勝つと相手が悔しいから、自分が空しくなる。同じく存在して、自分が他に内容で勝っている優者であれば。だから劣者に御奉仕足りない優者は真実は劣者だと言った。そして御奉仕は、その御奉仕で優劣を無にし得て、やっと足りる。

ペテロよ、

此からは、この星の神も、イエス様も、ペテロはそれでいい、それで十分だ、それで良くやった、と言って下さるだろう!

キリスト教徒よ、

この星の神は、自分を他を最も愛する者となしてそれだけだから、自己矛盾して、他を害する者となった。優は劣を、そのままでは、深く存在論的に害する!

人はどうして

麓から高い山に登って行く気になるか ?基本的には、既に高い場所にいる者の、奴隷のように御奉仕する熱によってである。そうでなければ、決して登らないし、場合によっては穴を掘ってその底に降りて行き、人まで引きずり下ろす。この星の神は、人の軽蔑や、暮らしの惨めさや果ては飢餓の報いによって引き上げようとしたが、決して聞きたくない者達が自分の体まで食って抵抗し、果ては案の定、穴を掘ることまで始めた!

神よ、

戸別直下型って進化どう ?

蔵出し、の小畑実さん。

 ミカン箱行脚でゲットしたNHK、ビッグ・ショーだった。自分はミカン箱行脚ではないけれど、彼のその頃のステージに御邪魔した、記憶がある。その頃は、一見普通の人ではない感じの自分であったらしく(今は?)、客席の自分に彼から目を止められたのをよく覚えている。昨晩のは、如何にも一般人の惚れ惚れするステージだった。それで自分が夢見ているのは、小畑さんのような人がリードして、逆に一般人が素朴には顔をしかめる非普通人へと、熱き心を向けることなのだが。下生した副神が、これまでも何もそのようなことを考えてこなかったし、この時代も少しも考えていない(だから主神も似たような者である)、その理由による、この星への絶望、を強い意志で乗り超えて!

南無超神(仏)、

私達の本来性である者よ、彼、神、の扱いが余りに悪い時の、他の一人一人の不可避的な絶対孤立の際、一人一人の内から外化して、最終の他者として一人一人を支えよ!

2009年2月 9日 (月)

傍観副神と皆殺し主神の

コンビで少しも悔い改めず、億年一日で来た。此から、主副以下のその分の罪滅ぼししか残っていない!

この星の神よ、

億年、彼等の共楽の要求を撥ね付け続けたことを、心から謝りなさい。この星にはそうしたい者が沢山いる!

他を十分に愛さぬ

ことは、他を害するに等しいことである。こうしてこの星では、周囲の愛の不足により、億年、彼等が星を恨み通しの体験を強いられたのだ!

この星の全魂よ、

皆、本来超神ならば、億年、他を少しも愛さなかった(愛せなくなった)彼等との体験の共有、を恐れてはならない。願わくは、彼等が愛する気にならない内は、自分達皆も決して愛さない、と皆で言い得ますように!

死後。

 西洋のキリスト教その他の皆様、日本・宇都宮の下生せる副神によると、死後人間は、どんな民族でも、当地の民族霊界に収容され一回人生の御裁きを受けることになっており、墓に終末まで眠っていさせられるなんてことにはなっていない。まただから、終末の絶対予定と言うのも誤りです。まただから、イエスの下生と言うのも、霊的救済による歴史の営々たる発展に眼目があったと言うべきなのである。またイエスの刑死と言うのも、彼の愛の不全の結果にすぎない。所謂、贖いと言うことではない。それは恐らく、使徒の捏造だ。弱小なる者を、そして矮小なる罪人を憐れむばかりが愛なのではない。貴族的な冷血も、醜悪な権力欲も、熱愛の神なら覆し得る。時間を超えて自分に逆らい続けて来た者達、ルシファー等の心をも、此れから!

超神曰く、

神よ、悔い改めよ。犠牲にされている途上国人の苦しみは、実は貴方の責任であろう!

昨夜、神に替わって、

ルシファーと交合した。超神の愛の充足だった。

皆、泣け、

その超神の深みから、そうすれば・・・

鬼太郎、

これから少しは、この星の神に、吐き気を催さなくて済むようになるかもね。

副神も

目の前の悪い奴等を、俺が悪いんじゃないとソッポ、悪い奴等も、ソッポを向いた副神も、結局はこの星の神の責任、そして何時までも最終暴力を振う、そのような責任の取り方ではね。

自分を一番とする

価値観で最低と評価された者の淋しさが、自分神が、二番の副神が黙って見ている前でその淋しい者達を皆殺しするしかない程の反抗にまで何度表現されてもその淋しさに気付こうとしない、この大宇宙でも、最低の部類に属する神だった!

アイ ウィル フォロウ ユー 、

もっと優しくして呉れるなら、そしてもっと正直になって呉れるなら!

2009年2月 8日 (日)

ラフマニノフ、

そうさ、他の惑星皆が、この地球のことを悲しんでいる、それだからね・・・・・

写真とは、

文明史への人類の感慨そのことだ。文明史は写真まで来た。それだから、それだから、・・・・・・

突っ立って

威張っているばかりの最優者、神、の原罪、を鏡に見せて来た彼等の反抗を収める法、は唯一つであろう!

この星には

今、汚い服を着て、明日の食い物もおぼつかず、しかも何処からか豊かな国の話を耳に入れなければならない者も沢山いる。人間の現在の全体に渉って営む者を、真の人間、或いは善なる人間、或いは美しい人間と言う。宗教家であると、政治家であると、経済人であると、文化人であると、を問わずである。そこで私は、一宗教家として、人間が毎日遊山の出来る世界の方が絶対良かったことを、この星の神に申し上げて置きます。

この星には

人間に、労働や非普通人を押し付けて、背いた人間を恐れて傍観する副神の前でそれ等を皆殺しにするような神しかいなかった。一人一人の自由な要求を受け容れて呉れるような神ではなかった。そこで御前がそもそも仕事をサボっている、と嘯く反抗者も現れた。こうして人間社会の反抗的、周縁、は、中心、の薄情さの鏡として現れ出る!

歌手労働者、

武田鉄矢は、百姓労働者を描きその挙句、その時代その国から放り出された画家労働者ゴッホを、好い、と言った!

小奇麗なアニメも、

貴方を生存させそれ(アニメ制作)を貴方に可能にして呉れている百姓への深い感謝がなければ無価値だ!

対称を

非対称に展開しないでいられない私達。神が、神・天使・人間へ。夫婦が、親・長兄姉・末弟妹へ。そしてそれぞれの根底に、超神が、そして超親が。

世界不況は、

この星の神が仕向けた(或いは押しつけたと言ってもよい)共産労働に、人間一人一人が自己中心の利得行動で応えたことの結果だ。間に合わせの対策によるより、世界自由共産へと世界経済を正していく方が身のためですよ。

星の神に

ソッポをむいた者達が、私達、現実非超神の、愛の無常を証明した。私達はこうして、どんな際にも、一人一人が絶対孤心を宿し、かつまた、絶対孤立、の可能性、だ!

思いつき

 労働ノルマを回避すると、反抗者の解放区に逃れるのでなければ、対応の責め苦が待っている。だから自殺は愚劣だ。死刑は、人の分まで労働ノルマを、あの世で履行させられることになっている。まただから、労働ノルマの不公平を正す、インターナショナルだ。 天変地異能力は、今のところ神の専有だが、彼等も着々研究している。また病気や悪生物は、前提は神の因果の方便だが、既に彼等の方からの害、として来ているものもある。 無は、無始無終の時間も、無限大の空間も創り得る。

思いつき

 超神の循環。一定の非神(神の否定態)を止揚して、終局、跳躍回帰しては、さらに高次の段階へと向けて再循環し、終局、無に帰す。そして何時かまた、最高次の超神として生まれしかも最低次まで低落させたうえ、神を創る。 別説、無から生まれた超神が神を創り、何度も同等循環して無に帰す。

2009年2月 7日 (土)

思いつき

 魂への善の色塗りでは何も変わらない。寧ろ、魂の芯から他を深く愛することが、何時か魂を自然に善に染め上げるだろう。 神がその時違う口を利いていたら、この星の運命も変わっていたかも知れない。 何時も、誰にも何もかもを何時か与え尽くせますようにとに祈っていることだ。 柔軟な信仰が功を奏させる。 善は寧ろ、どの程度に善、かと考えよう。  

国際政治へ。

 米国・西欧・ブラジル主導で西世界、西欧・ロシア・インド主導で中央世界、日本・中国・インド主導で東世界(何れもグローバルな地域間の大交差(つまり日本から欧米へと言った)を解消して行く前提で)、という三世界の並立も、帝国主義に主導される限り、一切国家を、実は魔の勢力が主導することとなり、世界史は今世紀中に必然的に大天変地異による破滅に行き着くといってよい。西世界にキューバ、という、東世界に北朝鮮という、悪資本制国家群にさらに背いて悪残存共産制国家(これも何でもこの地上を悪くするために使おうという魔の勢力が仕掛ける、従って何時か、日本・宇都宮の副神の在所への象徴としてのミサイル攻撃となるやも知れぬ)対峙するという複雑なことにもなっている。また中東の平和統合の道も見出し難いが、心ある者は、絶望して虚無的にならず、我が教を信じつつ、国際(世界)自由共産主義実現へと向かえ!

法。

相乗の効果を我欲で相殺し無にしようとした者は、厳しい片殺の報いを受ける。世の人は小川衰法の妄言に惑わされてはならない。この繰り返しの呼ばわりに何の挨拶もないことが、逆にこちらに対する彼の、不作為の名誉毀損となっている!

2009年2月 6日 (金)

遇想。

 願共孔子漢字動詞前男性的民族国中国、厚仁東洋首領、為倭日本島国其他安穏生活。

この星の神・天上への、

自分達魔の勢力への愛の証明としての、倫理のセーターを御揃いにせよ、との彼等の要求は此れからも止むことはないであろう。 ゲゲゲの鬼太郎、・・・お化けにゃ、学校も、試験も、何にもない、・・・彼等から来ている。 科学法則は恒常か?神の胸三寸だ。一方彼等が科学法則の悪用を、核による自然の全的破壊の可能性までに発展させた。そこで神の、神としての存在の恒常も、超神の胸三寸だ。此れをこそ超神(超仏)による、諸行無常、と言う! 

2009年2月 5日 (木)

アアヨメフー

リリロカカッパとして、遠い昔の麗しのゴンドアナ(ガーナ)を再現せよ!

欧米の帝国主義者の

皆様は、この星の神の至らなさを自分が替わって謝るから、心を入れ替え自由共産主義者として、アフリカに向かって下さい。

絶望。

 この星では、神が神で非い者に遠く負けている。何故なら、この星の神は、上の者に文句がある時に、決して妥協しないで盾を突くという、自分が恐らくこれっぽっちも出来ないことを、神で非い者の一部に目の前で、こんなにも長く自分、神に対してされてしまっているからである。文部省にペコペコする校長は、造反教師に、魂的に勝てない。そしてそうである間は、造反は決して収まらない!

2009年2月 4日 (水)

帝国主義=

第一の自然・第二の自然(犠牲にされている途上国)・共楽主義。こうして、楽をしたい人には、帝国主義を仕向けた悪魔は神同等だ。そこで神と共にする第一の自然・共産主義改革、は、帝国主義者に謝って。 絶対シニフィエ=超神(の愛)=絶対矛盾的自己同一=空=絶対無。絶対シニフィアン=神と悪魔との対立=色=絶対有。

回転寿司もビフテキも

生き物の犠牲に感謝して食べなさい。そして御返しに、身命を賭して世直しに取り組むのだ!

超老荘。

 人間にすっかり忘れ去られている社会下の犠牲にされてある自然が、包み込む自然より、より高い心の自然で、その者のあの通りの激しい有為だった。社会の運行が自然の運行と著しく背馳してしまったので。また自然はそもそも生態系の犠牲の食物連鎖としてある。こうして究極高い境位において、老荘思想もキリスト教もない。そしてそのような生物一般の人間社会への犠牲の愛に応えるに、人間の一人一人の身命を賭しての世界自由共産主義の実現だ。その実現の時、社会の運行と自然の運行とが初めて、殆ど完全に同致する(同じものとなる)ところの。因みに西行は、現代ヨーロッパの決して自然の際に逃れられない生活環境に、カフカ、として生まれ変わらせられている。自然の心が麗しいと思うのなら、それを次第次第に熱くなる心で、誰しもにも伝えよ、ということだ!

2009年2月 3日 (火)

武田さん、

その昔は、自分も含めて自分勝手で心を傷つけてどうも、どうも。今ではこの星の神の心に通ずる貴方のその昔の心が自分にも分かる!

チョンボ世界創造、

この星の神の、故の、広島、長崎の原爆、その他史上の戦争。既に富裕国(産業がサービス業だけで済む)同士だったら決して喧嘩はしなかったろう。神よどうか、自己反省の程、宜しく御願い致します。

風に戸惑う者達よ、

誰にも何時も頭を下げて御奉仕してくれる、現実の神(だからこの星の神)を超えた超神信仰、どう。反抗に手を焼いたこの星の神も、悔い改めて初めて帰依するみたいだ。

2009年2月 2日 (月)

大麻が

が悪いなら、深夜放送も不健康な享楽ということで何も変わらない。金権帝国の無自覚の一例だ。神の不興がることは、少なくとも自粛した方が、あのように痛い思い、をしないで済みますよ。

文化人に

生産大衆、貴方方が食糧その他を作ってくれるから自分が文化出来るという自覚がないと、生産者皆を第二の自然のように思いなしてしまう。こうしてミレーも農民を、或いは自分と心の通わない第二の自然風景として描いてしまったかに思われる。ヴァン ゴッホ とは違って。

両生類。

 タモリ、アンタはもしかして、高層ビルの住人にも、歓楽街の私的御役人にも、そのどちらにも心を通じさせられる、この星で稀有の人なのか?

見果てぬ夢。

 世の優等人の皆様は、最たる宇都宮の副神様のようでなく、自分をを慕う多くの普通人の方よりも、彼等のほとんど顧みぬ、或いは嫌って顧みぬ、劣等人の方をこそ彼等の頭越しに思う(同じことは我国と関係のある、後れた国の民衆にも当て嵌まる)、超優等人の成長して頂きたく此処に宜しく御願い申し上げます(私の知っているそのようなことを企てた某宗教家の場合、付き従っていた普通人が、劣等人との付き合いに嫌気がさして、逃げて行ってしまっています)。

さだまさしさんは、

男なのに、女心を歌うことの多かった自分の生来の資質の歪みを今からでも素直に認め、本当の大きな愛になって貰いたい。そして多くは、無責任・自己中心なファンこそ、止めにして貰いたい。歌手とファンは御互いに育てあう者であろう。また、神が長く反抗する者を存在させてしまっているこの星では、一人一人の生まれ変わりのある一人生、一人生(今言った反抗こそ、その者の一人生の転落後から億年の長きに及んでいることを告げ知らせて来た)が、それぞれそのようにそれはそれは過酷なものになってしまうのも仕方がないのである!

競争は自明的に悪

なのに、それも分からぬ人間を一定数殺してでも教える副神ではなかったので、主神の震災突きが入った。さらに続発、ポール・シフト全掃討の筈だったが、私が御猶予を頂いた。

人生譚。

先進国民一人一人は、自分の人生、先ず、肝心要のこととして一介の帝国主義者であったし、あり続けている、と語らねばならない。

彼等の地球征服計画

完遂予定の1999年7月に、神のポール・シフト掃討も正確に予定されていた。一縷の憐れみ、さらには自己反省が神にそれを一定時間、猶予させることとなった。そこで全人類は速かに、帝国主義秩序を悔い改めよ!

醜い制覇の心は、

神の中にも眠っている。しかしそれだから悪魔達よ、貴方達の中にも神のような愛の御奉仕の心が眠っているだろう。期待しているよ。

この星の神よ、

生まれ来て視力の高い者が、視力の低い者より、そして盲より偉いと思う自分を悔い改めよ。我慢出来ない盲が、他の皆の目潰しを始める!

2009年2月 1日 (日)

聖飢魔Ⅱが証明した

この地球の、地獄=懲戒獄、外のルシファー支配の解放区=魔界=伏魔殿、の存在を、皆、本来超神、なら直視して行こう!

権力サウンドは

悪だ。彼等の地上潜行暗黒化計画の手先だ(どこかで、善人転生原則=天上から善人だけがこの地上に生まれ出られる、という原則、が骨抜きにされてしまっている)。神を信ずるロッカーは、暗黒ロックには、震災ロック、で応酬し、その手先達にサウンドの入れ替えを促してみよう(因みにあの副神は、点でロックなんて柄ではないもんなー、全く)!

社長の能力は

神が恵んで、その分、社員のためにボランティアをするためのものだ!

被造物は

自分ばっかり全知全能という自分の内容を取っている神を、悪魔のように思い、恨む。さらには、理由もなく恨むようになる。そんな自分達でも決して隔てない、超神程の神の愛を期待するのである。

百姓、漁師、等

今すぐ替わってやって貰えると、神、皆に、良くなった、良くなった、って言われるぞ。

仲居君、

何日も風呂に入っていない男の側に寄って行っても、心一つで、その臭いがジャスミンの香りになる、こうして誰しも何時もよくるようにするのだ、と神が言っている。きっと貴方だけのことでしょう、貴方にやって頂きます!

神よ、

エゴい者達をどうか。側の貴方の言うことを大人しく聞いている者達が迷惑して全く無気力になりなす。誰も説得も制裁も不可能です。序で、そのエゴさの引き金になった人類皆への食糧生産の押し付けについても御一考願います(この時代農業収入とタレントの収入に、月とスッポンほどの差があって、誰も身を入れてそんな割の悪い農業をやりたがる奴など、いません。食糧生産は、アンタが担当すればいいことです。)序に、このようにロクなことをしてくれないのに、威張り続けて来たその態度についても(寧ろ奴隷のように我々に仕えるのが筋です)宜しく御願い致します。

私祈ってます。

 神よ、今すぐ世界中の女の子皆のために、ストスナ神、に!

日教組と校長との

関係が、この星の魔の勢力とこの星の神との関係、の一つの地上的投影だ。もうどうにもなりませんよ。

家の中を見渡すと、

SMAPなんかより木材が人間の生活に余程必要な物みたいだけど、林業所得は手取り数十万(年)(そして言わずと知れた重労働)と報道された。この矛盾に、この星の主神(震災神)・副神(傍観神)、はどう御答えになるのでしょうか?

正しき者は、

暴力神と最後は共に拳を振うつもりで説得せよ。あくまで正しくしたくない者は、堕とされてもキカナイ覚悟をせよ!

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »