2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 米国のブルジョア、 | トップページ | 反抗的非神は »

2009年1月 7日 (水)

仕事を人にして貰う者は、

仕事の公平分担ということ超えて、全体の仕事自体がして貰う人達に適合しているかの検討が、優先の仕事になる。それをサボると、して貰う人にして貰う仕事が何らかの仕方でサボられてしまうという報いを受ける。この星の神が、人間の心身構造と自然とを設えたことが、結果として、根源において、人間に仕事をさせる、ということになっていた。断ってて置くが、それは、仕事をさせる、の態度であって、決して仕事をして貰う、の態度ではなかった。そしてそれ故、自動的に現下のように不適合を来たすに至ったのである。つまり神が人間に向かって仕事をするとは、自体自分が造ったものである筈の人間一人一人に頭を下げて御伺いを立てることと同義だったのだ。そのような神の仕事のサボりが、人間の側の(本来の公正な)仕事のサボり=帝国主義、として鏡に見せられたのだ。そこでこの星の主神・副神共々、どうか先ず、全人類、そして反抗者達に、土下座して謝って下さい。一本来超神、敬白!

« 米国のブルジョア、 | トップページ | 反抗的非神は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事を人にして貰う者は、:

« 米国のブルジョア、 | トップページ | 反抗的非神は »