2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神の程度が低いと、 | トップページ | 中国農民七億人は »

2008年12月13日 (土)

不具への共感。

 手の自由な貴方には、一定時間手を縛って不自由にすれば、初めて、手の不自由な者の感覚が訪れだろう。そしてこのまま一生不自由では適わないと思っている自分を発見するだろう。それで一生不自由な人に頭が下がる思いがするだろう。そしてその人の存在価値に少しでも近づくために、手の自由な自分が何かしてあげたい思うだろう。また此れからは、一々疑似体験しなくても、その不自由の感覚に想像的に共感出来る自分になろうと思うだろう。また不自由(不具)は、手だけではなく、色々な不自由が同じことだろうと思えることだろう。例えば、愛することの不自由=正しがたい根っからのエゴイスト(彼の前からは何時か人の笑顔の光が消える)、についても。

« 神の程度が低いと、 | トップページ | 中国農民七億人は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183983/43403914

この記事へのトラックバック一覧です: 不具への共感。:

« 神の程度が低いと、 | トップページ | 中国農民七億人は »