2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今朝は緑の鬼が | トップページ | 幸福の科学様、 »

2008年11月17日 (月)

或いは一億何何年の

御奉仕足らずを、この星の神がリードして罪滅ぼしすればそれで、彼等の心が動くのかも知れない。未だ叛くことなき時に、神の御奉仕足らずを痛感したのに、この星の神が無自覚であったのだからである。 上下は、中間線を想定して、正負・陰陽ということが出来る。つまり、男女間のような愛が想定できるのだ。だから、神と、任意の非神も。

« 今朝は緑の鬼が | トップページ | 幸福の科学様、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 或いは一億何何年の:

« 今朝は緑の鬼が | トップページ | 幸福の科学様、 »