2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 徒に主神に阿り、 | トップページ | 性交も、 »

2008年11月15日 (土)

何故か、サントワマミー、だ。

 フランスの哲学・ドイツの芸術、日本の哲学・中国の芸術、区別のない境まで。 神は実は、自分の内懐に、非神の価値を、エロティックに高めていたのだ。異性が異性を求めるように。 女の子の実存が、絶対である筈の、自分の哲学体系そのもののこの世界を、容易に脱構築してしまうそのことを、神はこの時代痛感したことだろう。だから此れからは、女の子を不断に追いかけて、刻々超構築するんだ。本当に愛しているなら!

« 徒に主神に阿り、 | トップページ | 性交も、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故か、サントワマミー、だ。:

« 徒に主神に阿り、 | トップページ | 性交も、 »