2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 悪書、「存在と時間」。 | トップページ | アフリカ人よ、 »

2008年11月21日 (金)

この時代の真に正しい労働が、

先進国なら、途上国への国富還元的な、国際共産的平準化への改革運動でしかないという現況は、一人一人に虚無を齎すものでしかないが、この星の神の、そのことへの自然暴力的促しは継続する筈である。またそれに逆らえば、労働負担の共産的均等からの怠業分の、堕地獄後の責め苦が待っていることは、間違いないことであり、後は素直に非を認めて帰順するか、居直ってキカナイ彼等に一体化して行くかの、それぞれの選択ということになる。無論自分は、色々反抗的なことを言っているが、最終的には神の一定の態度良好化を願いつつ、彼に帰順することであろうし、多くにもそれを御勧めする。

« 悪書、「存在と時間」。 | トップページ | アフリカ人よ、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183983/43181647

この記事へのトラックバック一覧です: この時代の真に正しい労働が、:

« 悪書、「存在と時間」。 | トップページ | アフリカ人よ、 »