2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 快楽過剰の消費は | トップページ | 一切批評は、 »

2008年10月22日 (水)

遠い昔に、

人間を超えた者が、人間に、初期的な農業・漁業等を仕向けた。その生活で人間が十分満足出来て決して心を澱ませないで済むように、だ。それだから経済発展は新しい体験を求めてされるべきで、徒な快楽過剰とそのための物資生産労働の軽減化求めてされてならない(尤もそれでは決して満足は出来なかった人達は、この際その不束な、人間を超えた者を許してやって欲しい)。しかしそれで何時か生産が飽和状態に達したら、生産物資は最早一定化して、生産労働を軽減と言うより寧ろ縮減ということをしながら、代替的な文化創造労働により全体労働は一定に保つべきだ。

« 快楽過剰の消費は | トップページ | 一切批評は、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠い昔に、:

« 快楽過剰の消費は | トップページ | 一切批評は、 »