2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 主宰がそういうふうに田舎者では、 | トップページ | 行儀。 »

2008年10月13日 (月)

一日目隠しして、

盲人の日々の苦労を偲びなさい。そして、一日終わった時、また明日から目が見えると安堵している自分を発見して、その盲人と懸け離れて劣った自分の魂の位を認識しなさい。そしてそれからは盲人に時間を超えて頭を下げるのです。そして彼に匹敵したかったら、自分の見える目を彼に、何らかの形で分かち合うための御奉仕の苦労をするのです。そして、この星の神よ、畢竟、貴方の此れまでの理解とは違って、魂の無内容とは魂の盲目といことだったのです。

« 主宰がそういうふうに田舎者では、 | トップページ | 行儀。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一日目隠しして、:

« 主宰がそういうふうに田舎者では、 | トップページ | 行儀。 »