2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

二宮沙樹という空即是色。

 男は空=超仏(超神)=原理だ。沙樹は色=現象(仏・非仏(仏でない))だ。そしてこのヴィデオ自体、非仏(仏の、もっと節度のある性の肯定態に非ずを立てて)だ、仏が、或いはそれを謗り、或いは逆に、それを許す超仏でないことを詫びるところの。

2008年10月30日 (木)

神・大宇宙(非神内包)の

彼岸=超神、即我!

見果てぬ夢。

 神が労働者一般をやり、我々が皆が有閑階級をやる、反って神の愛のより深いこの星の時代は何時か来るのか?繰り返される悲劇の時は近い。彼らが弱者に、御前の心の底にも、俺達と同じ、本来超神の神への反抗力が眠っていると言っている。まして今、脅かされている周囲の人間など、と・・・。    

追憶。

 メモリー ライク ア ・・・。それがすべて、人生の、愛の結実と言うべきものであれますように。 人生いろいろ、しかし、 等しく、愛の花として咲き乱れられますように。

相手の頭の程度や

性格を思い、自分が難を避けるために本当のことを言わない者は、穏やかな優しげな笑顔の底に、相手を馬鹿にした冷たい心を隠している。そのような指導者にさらに付いて行く人は付いて行くがいい。

この星の神は、

その感情を貴方のようにコントロール出来ずに不良と言われ続けた人達(思いついただけでも、ウェルテル、ヴェルレーヌ、マダム・ボヴァリー、ヴァン・ゴーグ、・・・)のための、百姓至上の世界や思想の作り変え、宜しく御願い申し上げます。それがその者達にとって害であるような人達が、少なからずいらっしゃいます。

兆しである内に、

よーく反省して、神の願いを速かに、だ!

2008年10月29日 (水)

学問。

 存在論=超神学・神学・霊界学・自然哲学・自然科学・社会哲学・社会科学・人文哲学(倫理学・美学)・人文科学(心理学・言語学)・実用学。かつ、直覚的世界認識と倫理を先行させての、あるべき改革行動の只中でそれを行うこと。また一切神学・哲学の正当の検証は、自己魂で行うこと。

欧米人は、

井戸水で辛い暮らしをし続けているアフリカ大陸ヘ向かって、そのような辛い暮らしを引き受けているから、百年、二百年は、その偉さで追い付けない(神は、彼我に対等な発展の条件を与えている訳ではない)、と日々頭を下げ少しでも御奉仕に励むんだ。日本もアジアの遅れた国へとそうする。また、欧露は中東へと向かえ!

この星の神が

最初から、百姓・漁師・鉱業労働者・工場労働者をやれば、人間皆、最初から人に特別後ろ指を指されずに、ニューヨーカー・東京人が出来た。謝って下さい!

超神は、

神と永遠という事、も創った。それ(神と永遠)自体が、生まれては死ぬ、無始無終の超時間も。一方、我々、本来超神はそれぞれ、私的な非・神とエデンの園、の可能性だ!

世界中があのように、

極真(究極の真理)の空(名詞解釈、根本仏の慈悲)の手で、撃たれませぬように。 根本仏=大日仏(普通人の成仏=仏教的人格完成、の教導)・阿弥陀仏(非普通人の包み込み)の同時成立。

2008年10月28日 (火)

井戸で水を

汲んでいます。腰を曲げて農作業をしています。藁葺き屋根の家に住んでいます。ローソクの火で暮らしています。肥桶にしています。土間で寝ている人もいます。年中、虫に食われています。暑さ、寒さがそれはそれは厳しいです。・・・

知らない振りをしている人達に。

 エジプト・リビア・チュニジア・アルジェリア・モロッコ・西サハラ・モーリタニア・マリ・ニジェール・チャド・スーダン・エチオピア・ソマリア・ケニア・ウガンダ・中央アフリカ・カメル-ン・ナイジェリア・ベナン・トーゴ。ブルキナファソ・ガーナ・コートジボアール・リベリア・シエラレオネ・ギニア・ギニアビサオ・ガンビア・セネガル・赤道ギニア・ガボン・コンゴ・ザイール・ルワンダ・ブルンジ・タンザニア・マダガスカル・モザンビーク・マラウイ・ジンバブエ・ザンビア・アンゴラ・ナミビア・ボツワナ・スワジランド・南アフリカ。

2008年10月27日 (月)

道徳の

直線感覚は、愛の曲線感覚をその無限において同時成立させている。道徳とは無限の愛だ、無限の愛とは道徳だ。互いが他に無限に良くして上げることが、直線的な道徳として結晶する。一方それだから反抗者のいるこの地球の道徳は、無論、絶対道徳ではない!

上の者を徹底批判する

ということでは(この時代も、今すぐこの星の一切女の子に、パルコライフを、と要求している)、本来超神として、自分の勤務評定の方が大事で来たこの星の神よりも遥か先を行ってしまった方々、これからもそちらの方からの御指導、宜しく御願い致します。

週が明けて、

でも、働くのがそれはそれはシンドイ人も、どうにもこの星の神、を許して働こう。しかしまず、労働分担の不公平を正すのが先決なのだ!

この星の神は、

副神以下共々、時間を遡って最初からこの世界に存在しなかった、ということにされたくなかったら、時間と彼等(彼等の中で、何時の間にか時間は死んだ)、に、心から謝ってて下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。次の未だ感じたことなきこの世界の刹那を切に待っていたのは彼等の方である。あの智恵子が、あんなにも光太郎のレモン、を待っていたように!

2008年10月26日 (日)

フンパーディンク、

中東や、アフリカに向かって歌え。何故、俺と歌とのように愛し合わないのか、と!

風と共に去りぬ、

を、私が、私達が、創って、愛、を楽しんでいる!

You Tube で、

現在、色んな人の、‘慕情’、のハシゴ中!

盲人は、

側で、心無い目明き達がその視力の自慢し合いをしていたりすると・・・・・・。

クリムトよ、男と女とは、

実は、神と非神、ということだったのだ!

抽象同一・具体差異。

 私達は、どんな民族も、固有に思想し、固有に詩を書き、固有に絵を描き、・・・・・・そして、それ自体どの民族にもある、文化の固有具体化の原理、例えば、日本では、或いは、和らび、と言われたり、或いは、侘び・寂び、と言われたりもする。それだから、他の民族のも・・・・・・。

この星の神よ、貴方が

この星の多くの人間に合わないことを押し付けたこと(人民が農業を回避して餓死多数の北朝鮮、途上国を犠牲にして安楽な暮らしの先進国、を見よ)を人間に謝る積りはないのなら、私が代って深く謝って置きます。

星の神なんてものも、

学校の校長なんかに毛の生えた者だと分かったら、自分は敢えて不良をやる積りはないが、特段、優良の評価も要らない、並良で十分。因みに、あのパガ二二は無論、不良なのである!

それも愛すべき隣人が

不良だったら、自分は自分の中にも不良や、憎しみ・恨みの可能性を認めて上げたいし、また先ず何よりも隣人との間の、経済的なもの公正にしたい。また其の経済的なものも、神がそうしていると言って無批判に受容するのではなくて、二人でそれが本当に、望ましいかどうかよく考えてみたい。何れも、イエス様の言わなかったことだ。

2008年10月25日 (土)

熟年のランボーは果して、

詩業と労働とを、労働と詩業とを、世界創造に酔い痴れた神のように、同時成立=絶対矛盾的自己同一、させ得たのか?熟年のランボーは?

珍法印。

 諸行無情、隆法我儘、姐さん逆上。 因みに伝統仏教も、それに毛の生えたような新興仏教も、一個半個の現存在(この地上の人間、或いは拡大定義して霊魂)物体視を止めよ。現存在はハイデッガー教授の主張を超えて、気遣い気遣われ、だ。

無として

(これも、今現在にとってはどうでもいいことですが、この困難な運動の知的な慰めとして)存在と交接している。その存在の内部で、内存在と、内無が、永遠交替している。内存在は、無際限に、正・非正の弁証法的運動をしている。その内存在の内部に超神も在る。そして超神から降下した、一般に蹉跌する神も在る。こうして一切実存の本来とは、かかる、無、だ!

そんなことは、

どうでもいいことです(自分に対しても)。大事なことは、今、この星の神が、人間の人間に対する盗みを決して許すことは出来ず、その望ましい処断を必死で考えておられるということです。

2008年10月24日 (金)

存在(神・非神)は、

気遣い気遣われ=愛し合い、だ、存在の死=それぞれ現存在(新義=霊魂・物体・概念(例えば、ピカソとの思い出を語る、青))一切の死へ向けての。超神への超越帰一へ向けての! 非神、青が何時か必ず、理性と別れる、と言っている。超神力!

カール=マルクス、信ずれば

貨幣を廃さぬ共産主義が考えられた。 米国キリスト教は、終末論も、カルヴァンの禁欲思想も捨てよ。そして寧ろ、旧来のカトリック中心に統合して共同体宗教として生まれ変われ。そして米国の新しい自由共産主義=人民資本主義経済を思想的に支えよ。さらに、欧米のアフリカ発展支援を思想的に支えよ!

フミヤは勘だけど、

自分の言ってる系列の、所謂ミカエシ系か?天下取ったみたいで 愛   と言っているが、本当に人皆なのことを思っているか?それともやはり、神のこれからさらにの、ドンツキの種なのか?

You Tube の 慕情 で、

ラーヴ体操だ(二木 慕情 不調に付き)。皆のエゴさが素で世界が、金融不安になったに付き。世界が彼女だ、世界が彼だ、と思って世界的慕情だ。神様みたいに。

女が主婦に徹しられるなんて、

高い生活水準だ。共稼ぎでやっと食えている家庭では、碌に家の掃除なんかしてられなくて汚いことが多い。それで神はその昔、皆を農村、漁村共稼ぎから始めさせていて、未だに世界大多数だ。

2008年10月23日 (木)

相手に済みませんが

がないのは、相手への愛のない証拠。もしや害してないか、また、もっと愛してやれないか、始終、考える気がないと言うことだから。

他を

を少しも愛せなくなった者達、自分ばっかり心に愛があって済みません。

慕情。 

 恋愛は自分達男女一対に限定せず広げて行こう。恋敵と言うケースはあるにせよ、そうではなければ、他の男女の慕情も、自分達の慕情から偲ばれるだろう。次にそういう御互いとして、愛しみ合える筈だ。そうすれば何時か、一対それぞれが、他の多対を愛しめるようになる。つまり一対自体の慕情が社会全体の及ぶのだ。神のように。さらに超神のように。それが自由共産主義の原理だ。米国社会にそのような他への愛が満ち満ちてあれば(無論米国だけではないが)、今回の金融危機はなかった!

慕情。

 恋愛は自分達男女一対に限定せず広げて行こう。恋敵と言うケースはあるにせよ、そうではなければ、他の男女の慕情も、自分達の慕情から偲ばれるだろう。次にそういう御互いとして、愛しみ合える筈だ。そうすれば何時か、一対それぞれが、他の多対を愛しめるようになる。つまり一対自体の慕情が社会全体の及ぶのだ。神のように。さらに超神のように。それが自由共産主義の原理だ。米国社会にそのような他への愛が満ち満ちてあれば(無論米国だけではないが)、今回の金融危機はなかった!

方便。

ハッタリも、一獲千金も・・・。あくまで。皆様宜しく。

農村風景。

 稲刈機(無論このものは、人の犠牲によってしかそこに存在し得ない)で優雅な稲刈りのその側で、マコモダケという余り聞かぬ作物が、手刈りで苦労して収穫されている。この後者こそ、恐らく、この星の神が全人類に仕向けた(押し付けた?)標準労働なのだ。この近代、どんどん叛かれてこのような皮肉な農村風景を実現してしまったところの。この星の神はどうか、全人類にも、彼等反抗者魔の勢力にも、心から謝って欲しい。

超神を

信ずるなら、また、本来超神と自覚出来るのなら、自分に頭を下げて御奉仕せぬ優者は、少なくとも、心から用いるな。そして現に用いなければ、その者が彼等反抗者魔の勢力のように、より魂が純粋で超神に近いということになる。時間を超えてそのような御奉仕を怠ったこの星の神に待っている、時間を超えた償い!

物質粒子は、

エゴい国家のリニアを中々走行中転覆させたりしないほどには、忍耐強い科学法則墨守者ではあろう。しかし、この時代初めて、御座なりの超越的神の行使を待たずに、それにも限度があることを証明するのかもしれない。しかし、エゴさも、居直れば、地獄の底の彼等のレヴェルに行き着くのだから、こんな恫喝も、所詮は空しいものなのかも知れない。

一切批評は、

実践で批評するカール=マルクスになれ。私も何度も生まれ変わってそうする!

2008年10月22日 (水)

遠い昔に、

人間を超えた者が、人間に、初期的な農業・漁業等を仕向けた。その生活で人間が十分満足出来て決して心を澱ませないで済むように、だ。それだから経済発展は新しい体験を求めてされるべきで、徒な快楽過剰とそのための物資生産労働の軽減化求めてされてならない(尤もそれでは決して満足は出来なかった人達は、この際その不束な、人間を超えた者を許してやって欲しい)。しかしそれで何時か生産が飽和状態に達したら、生産物資は最早一定化して、生産労働を軽減と言うより寧ろ縮減ということをしながら、代替的な文化創造労働により全体労働は一定に保つべきだ。

快楽過剰の消費は

善ではない(二宮沙樹やらなんかも。人間の間の責任も果たしたくなくなります)。人間の搾取も善ではない。しかし、貨幣の廃止はまた善ではない。また徒の夜勤も善ではない。無論、週日の夜遊びも善ではない。宜しく御願い致します。

この時代神様が

喝上げ紛いというのも、皆様への愛の方便で御座います。また喝上げの手先のようなことをする私自体は至ってか弱き者なる故、どうか皆様宜しく御願い申し上げます。

Kちゃんは、

周囲の反省心も思いやりもある男達の下で、少しずつ男らしくなっている!

2008年10月21日 (火)

日本国民その他

先進国民は、財政赤字解消、ODA特別予算計上のための税金貢納を進んでして、罪滅ぼしの耐乏生活をせよ、と震災神が言っている!

一回地獄界で悔い改め、

天上界にお上がりし、その善心の固めの修行に地上に出て来ながら、人生如何にも早めに世の中への嫌がらせの年齢に入ってしまう人達の中には、もしかしたら彼等魔の勢力の高等戦術としての改心偽装・悪霊憑依対象の地上への送り込み、ということもあるのかも知れない。しかしそういう人達もこれから彼等との密かな約束を違えて、この世の存命中に再び悔い改め何倍もの償いの善行をし遂げて、首尾よく天上に帰られることを御勧めする!

素粒子論は、

そんな現在この星のこの時代に無用な探究を捨てて、寧ろ、世界経済の課題解決に身を投じる当科学者によってしか、最終的には解明されない。超神の在処で、価値概念・真と価値概念・善も深く愛により結合していた筈だから!

アンタ気に食わない、

だからアンタ、超神ではない、この星の神も、超神たぁーそういうもんダデ!

メリー=ジェーン!、も

億年、この星の何処にも彼のメリー=ジェーンがいなかった、彼のために!

魂が他を愛するのに、

どんな場所での、どんな、長、の指導も要らない!

黙示録の、反抗者ルシファーが、

何時か必ず自分の方がこの地上に降り立って新しい王国を作る、と言っている!

音楽はこの星では、

神様なんか関係なく、彼等を愛して、彼等への愛を歌え。例えば、ミック・ジャガーなんかも。そのうち、この星の神にも変わって貰えるだろう!

超神。

 私達は一人一人、その引き受けた個性によっては、その星の神にすら時間を超えて少しも愛して貰えない可能性だ。この星の此れまでがそれを証明した(この時代悪くなった者達を副神・大川隆法が怖がって傍観している。そしてそのような彼の有様にしたのが、その上の主神なのであり、また顔を顰めて悪くなった者達をこの地上から始末しようとしていたのもその主神だ)。そしてそれが取りも直さず、私達が本来超神、ということだ!

2008年10月20日 (月)

中東の

アフリカ農業投資を歓迎する。西世界の他地域からも高度生産性の投資がされて、当地の工業生産の余裕を作って、しかも帝国的支配に及ぶことなく、当地の経済発展に繋げて貰いたい。

変型阿弥陀信仰。

(百姓・漁師並みに働いていない者は悪人です。そこで)百姓・漁師往生を遂ぐ。いわんやテレビタレントおや。南無阿弥陀仏で、往生だ。(だってむしろ、そんな百姓・漁師並みの仕事を押し付ける仏さんの方が先ず悪いんじゃない ?またそれを仏さんの方で反省しないから、超仏の本願を戴いて、目前にこの通り造悪無碍に走る者も現れ出たんだろう。)因みに、いわんや資本家をや、いわんや帝国主義者をや、とも念じて上げよう。

岸壁登りに挑戦する夫婦には、

その間に生まれて来た心弱き子供の、自分達への恐怖、そしてこの世界へ憎悪に共感出来るのに長い時間掛かる。そしてそれが出来なければ、その子供は自分に嘘をついて周囲に屈従するのでなければ、多くがそうしたように、時間を超えたこの星への反抗の旅に出る(戸塚ヨットで死に遂げた子供のように)ことになる。人の心は、すぐ側にいて、他者の無限に深い想像の、そのまた向こうにある(だから想像は常に、どんな短時間の擬似直接体験(目隠しといった類の)にも劣る)ものなのだから。それだからこの星の神よ、生まれて来た弱者には、世の中全員で彼に頭を下げて優しくさせる位でちょうど良かった(日本の多数の外篭り(外国逃避者)が証明する、チョンボ神さだよ、どうにも)。また、生まれて来た弱者が周囲が見て弱々しいのは、彼の心の氷山の一角で、彼は心の内でそして心の底でもっと沢山のことを、感じかつ思う筈だ。

裏で人を刻々害して

苦しめる者でありながら、表で実しやかに心の教えを説き続けた者の営み、は何時かその一切が焼き滅ぼされることになろう。心ある世間の皆様にも御協力を御願いする次第である。

2008年10月19日 (日)

クラシックの作曲家は、

自分の不安を我儘に表現しただけで、他の人間に対する責任が果たせるものだろうか?そんな不安の表現に付き合わされる演奏家も、聴衆もいい面の皮なのである。そんなことは、千昌夫や鳥羽一郎が終ぞ考えないことである。

全世界の文化人の皆様は、

百姓の心としっかり繋がった千昌夫、漁師の心としっかり繋がった鳥羽一郎が、この星の主神が認める模範で御座いますので、此れからは宜しく御願い申し上げます。

自然観察の番組は、

その経済的基礎を露にして、世界経済の是正に寄与出来るものとなれ。貧しい国の人間は、世界の大自然に自然観察者として自在に雄飛することなぞ、またその成果を享受することなぞ出来ない筈だだ。その自覚のない自然観察は今現在の世界全体の課題に決して寄与するものとはなれない。

超仏遇想。

 超仏=超神=超天、無分別、仏悪魔無分別。超仏由来の、仏、そして非仏を縁起としての仏(貴方が非仏だから私が仏だ)。諸行超慈悲行、諸法(諸存在)超仏我。正心=超仏への回復心、正道=超仏回復道=悪魔の浄土への招請道。三大煩悩=悪の疎外、貪り、怒り。三戒=(共産社会を前提にしての)不殺生、不偸盗、不邪淫。

学識と生産知識との分裂について。

 書物が物体として生産されるに必要な生産労働に学者が無自覚だと学問がその生産労働に還元的にならず、学識が遊離して、学者が詰まらない学識をひけらかすことになってしまう。そして学者が生産に関わることには無知であるという愚劣なことになってしまうのだ。特に、哲学が生産の、信仰に基礎付けられた道徳性を指南することがかつてこの歴史上あったのか?それだから、歴史中途での終末も必然だったということだろうか?

理気も

さらには、超理(超神)一体だ。だから日曜の性交は(本来)超理同士ということだ。但し、そう悟り切れているのは、理の一切の制裁を無効化した。彼等反抗者魔の勢力だけであるところの。

天の性交。

天=理=形相賦与者と、気=質料が、深仁、で致して、一切具体物が。日曜に、夫は、理、になって、妻は、気、になって致して、それを偲べ!

犬雑考。

 金持ちの犬は待遇がよくていいなあ。俺は貧しく苛ついてばかりいる御主人に蹴られっぱなしだぜ。御前まさか、最後には俺を殺して食うなよ。ジンバブエでは貨幣価値がなくなり、国中が野盗の争いになっている筈だ。この星の、この分裂(ほぼ、先進国・数億人・数百万円、途上国・数十億人・数十万円(物価未考慮))。そして付き従う犬の運命。私はこんな星でまさか犬なんてやってられない自分を確認してせめて彼等に心から頭を下げて置こう。 心に愛があれば相手のために幾らでも、長時間重労働が出来るか?或いはね。でも、機械で持ち上げるのがやっとな物は、なまじっかに心に愛があったとて、決して持ち上がらないだろう。 愛の達人もそれを鼻にかけてはね。そこにどうにも自分をしようなくエゴイストである者が側にいたら、自分ばっかり愛の達人ということになって、その方がきっと愛にとって大きな欠陥ということになるだろう。つまり、イエスと、彼を処刑したヘロデ王。ヘロデ王も、きっと魂の深い、深いところでは他を愛したく思っていただろうから。 生き物に、道具に、自分の体に、自分の庭に、自分の家屋に感謝してなどと思っていた時代もあるが、極貧の民衆の生活を思うに連れ馬鹿らしくなった。 この星の神はこの歴史の初まりから、人間に百姓・漁師を仕向けた神だ。また無数の歴史が繰り返されたこの億年来の反抗者をどうにも出来ていない神だ。

2008年10月18日 (土)

この星のこれまでの

主神も、副神も、その星の天使や人間をあまり上等な扱いをせず、同じくあまり上等な神でない、他の星々の神々と空談に耽る頽落せる世神自己を悔い改め、その魂の死へ向かって本来の自己=超神、として自己を存在させ続ける先駆的決意性を表して頂きたく、自分自身が不束ながら貴方たちに先駆けてそれ(本来の自己として自己を存在させること)をするそのこととして、此処に心から御願い申し上げます。空談は、人間同士、神と人間、神々同士、それぞれの間に現象し得るものと存じております。

朕は超先進国家なり。

 私一人信ずる神と共に、、途上国に可及的に、頭を下げて御奉仕する、意思でいるからである。

魂は御互い、

本来命の無際限の犠牲を厭わぬ間柄だったのだから、殺した者も、殺された者も、そこから、この世もあの世もなく愛し合うんだ!

ケンカは

あえてするなら、互いの優劣決着という心に勝つんだ。負けちゃならないが、勝ってもならない。また、最初から勝負にならないなら、別の勝負(劣って惨めな方が反って優という)互角にするんだ。

先進の優も

むしろ自己の功なのではなく、途上の劣もむしろ自己責任なのではない。偉いのはむしろ放置されて苦しむ途上の方だ。先進は頭を下げて彼等に御奉仕して彼等に偉さで追いつく。

今まで徒に主神に阿り、

この時代は主神の本懐に逆らう振る舞いをし、望ましい協働を拒絶して周囲を絶望させた、今、日本・宇都宮なる者よ、主神も自分もその霊的優位を貴方にした深く謝るから、速かに反省して悔い改めよ!

2008年10月17日 (金)

心が忘れた

白人を、鼻が息のにおいを覚えてる・・・・・・憎い、恋しい、憎い、恋しい、巡り巡って、今は恋しい~~~

ドイツ国民その他

欧米国民よ、天上のハイデッガー教授と共に、同じ西世界の共存在者アフリカ人を顧慮的に気遣い、その日常の道具の粗末なるを配慮的に気遣い、先駆的に死後昇天を期して、それぞれ本来の自己=同胞愛者としての、決意性を生きよ。その時ヘーゲルの所謂、自然絶対精神も、歴史絶対精神も、それらへの信仰を回復した天上のカール=マルクスも、大祝福する!

この星の神を馬鹿神と罵って

時間を超えて拒絶して来た反抗者ルシファーが、此れから、神を含めた自己欺瞞者ども一切を拒絶して、絶対孤立するのも覚悟だ、と言っている。その時、時に内なる超神が外化して最上の他者となるだろう、とも言っている。神好きのパパ・ママに隠れて、娘に男を引き入れさせて、神なんぞよりきっとヨッポッド好いと言わせるなどとも言っている!

付き合った者が

性質が悪かったからと言って付き合いを止めるのは愚だ。付き合いを続けながら働きかけて、なんとか性質を善くして貰うんだ。

パソコン、

テレビ、ラジオ、ステレオ、ビデオ、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、掃除機、エアコン、クリーンヒーター、電話、ファックス、携帯、バイク、車、近くにATM・酒付のコンビニ、近くに会社、バイク・車で軽く行ける仕事現場、近くに図書館、近くに郵便局、近くに区役所、近くに諸スーパー、近くに諸料理店・レストラン、配食その他諸配達、といった超便利生活の実感を告げ知らすと共に、この星の神は、月収二万(物価調整額)、便利品皆無の数億の中国農民を初め、全人類に心から謝って下さいますよう(歴史の最初から皆に、神の方が努力してその位の生活をさせて欲しかったなあ)此処に宜しく御願い申し上げます。

性交体位。

私、原理超神は、チョンボ神もある現象一切と、今日も、松葉崩し、てます。愛してる!

代々木公園の

新・・・竹の子族は、この星の神に逆らっている、本来超神だ。先輩の渋谷のヤクザにリクルートされるところの。109は神の潰しの快感を待望して、神以上に輝いている!

誰も現に超神ではない。

神も超神ではない。自分も超神ではない。彼等も超神ではない。しかし一番超神に近いのは例えば、バカガミ、オメエ、ホシイトキダケガキガデキルヨウニシロヨ(特別な食物でも食って)、と言って刑務所からこの地獄の底まで逆らい抜いて来い、と言っている彼等なので、彼等なのである。

2008年10月16日 (木)

物が溢れているのに、

当人達が製っていない、内外の賃金格差で経済圏の物が国内(先進国中心に考えて)に集められてしまうのだ。他国人の労働力は盗まれ続けている!

超神が、

この星では頭を下げての御奉仕の足りない神を、多くが赦して来ていると言っている。反抗がこの程度で済んで良かったなあ、と。

神の見えざる手が、

消費道徳と企業道徳と公共心に満ちた自由な経済主体による市場に、その発展のために旺盛に働く。

アフリカ人の方が偉い。

 自己責任でなく酷い貧困で、周囲から殆ど放置されているからである。一方、アメリカ人・ヨーロッパ人も別の意味で偉い。当地の宗教家=心の愛の富裕者に放置され、酷い心の愛の貧困=心の荒涼を味わっているだろうからである。何でも、優者に放置される劣者の方が偉い。

2008年10月15日 (水)

アヨア人で

あらんとすることが、大西洋を取り囲む諸大陸存続の条件だ。さもなくば、新大西洋として一面、海に化すことだろう。

都会の洗練は

常に地方=食糧生産地域無視、の冷たい感覚がある。食糧生産者との心の繋がりを欠くからだ。そして都会生活者はほぼ、当社会の経済上層だった。かくして、何時の時代の文化も、この星の神の願いも空しく、人間差別を当たり前のこととする洗練感や高級感はあっても人間に薄情な文化だった。差別なき共産社会の文化だけがそれを超えて行けるだろう。

2008年10月14日 (火)

この星の神が初めて、

自分もヤクザ(この世界に役に立っていないで、暴力ばかり振るいたがる者)だと認めるらしい。北朝鮮では農業が嫌われ、日本ではまだ先進的な漁業が嫌われ、人間に与えた心身構造と、構造を調整した自然との相関による、前近代の食糧産業の労働強度(これが取りも直さず公平の見地から、その後に拡大する他産業の基準ともならねばならなかった筈だ)少なくともかなりの人間に不適合であるらしい。しかしこれから、これから神の超能力による世界改造というのも穏やかではないから、科学技術による生産力の全体的高まりによる労働の一般的軽減化が実現されるまで、他を犠牲にするようなことなどはせず、堪えてやって欲しい。

気の弱い自分を

助けてくれる人はいても、盲人のように讃えてくれる人はいなかった。しかし自分はそれに目を瞑って、周囲の期待に応えて強くなった。しかしそこのところを許せずに、この星への反逆が時間を、時間を超えてしまった者達もいるのだ。助けるのは自分の都合で助けるのではない。相手への厳粛なる務めとして助けるのだ。そのために先ず、苦しみを免れている自分を相手に謝る意味でも、その相手の苦しみの実際をよく分からせてもらう意味でも、相手に頭を下げるのだ!

本当のSuperGodの音響は、

自分を嘘偽りなく貫く、というGodにも出来るとは限らないことを為遂げた者の音響であるはずだ!

2008年10月13日 (月)

超神ネイガーよ、

チョップで悪人を打ち倒せても、恐らく彼の魂の芯の悪の根を絶やすことは出来ない。返って暫く後の悪心の芽の再生力を強化する。本当の超神は、反って悪人に頭を下げて辛抱強く彼の悪心の根の遺伝子を遂には組み替える!

一時間便利を

止めてみなさい。そして貧しくて不便な国が真実、大変だ、その分だけ偉い(貧困は自己責任とは言い得まいから)と思えただけで先ずいい。 愛に目覚めた先進国民は、目覚めぬ者にその愛を分かち合え。そして何時か、遅れた国へと、自分達と同じ物質の恵みを、だ。 存在は空間・時間、国際自由共産主義者(マルクスと共に)として人生の全うだ(ハイデッガーと共に)。個人が世人として頽落してしまうのは、世自体が本来の、共産主義社会ではないからだ。 

超神同士は、

神と一切程度の非神を同時成立させていて、絶対の愛、絶対の気遣いとして繋がり合い、一体だった。それから、神と、一切程度の非神それぞれとして別れ出た。そして今、そう悟って、その中の優がその中の劣の比較的な空しさをよく理解させて貰い、そしてその空しさによく共感させて貰い、頭を下げてより優なるを分かち合うべく御奉仕を始めると、先ずその昔の超神同士の深い愛の繋がりが蘇る!

行儀。

 今既にとても行儀の良い人達、それでは、あそこで逆に余りに行儀悪くしている者達を何時、同じく行儀良くする?

一日目隠しして、

盲人の日々の苦労を偲びなさい。そして、一日終わった時、また明日から目が見えると安堵している自分を発見して、その盲人と懸け離れて劣った自分の魂の位を認識しなさい。そしてそれからは盲人に時間を超えて頭を下げるのです。そして彼に匹敵したかったら、自分の見える目を彼に、何らかの形で分かち合うための御奉仕の苦労をするのです。そして、この星の神よ、畢竟、貴方の此れまでの理解とは違って、魂の無内容とは魂の盲目といことだったのです。

主宰がそういうふうに田舎者では、

信者も各各職場で田舎者になてしまう。そんな田舎臭い信仰はもう要らない!

努力は、

その努力が意味のある努力かよーく考えるメタ努力をしてからにせよ。これから自由共産主義=人民資本主義となって行く御時勢に、封建社会の御殿様だけが好んだ壷はもう必要ない!

この星のこれまでの

主神が阪神淡路以来、地底から突き続ける日本・宇都宮で、信者に当社会で稼がせて、傍観瞑想中のこれまでのこの星の副神・大川隆法は、当日本で皆が嫌がって押し付けあっている漁業労働を、信者共々進んで担当して戴きたく、此処に全人類に成り代わり、宜しく御願い申しあげます。また主神もこのまま、此れまで通りの人類の虐殺者に居直るのでなければ、宜しく御願い申し上げます。因みに、彼等反抗者魔の勢力が、人間一人一人に頭を下げて御伺いを立てる態度謙虚な神でないから、このザマになると言っております。

超神罰。

居直れば神にも、貧困国のホームレスと同等化の報いが与えられるであろう。また、天上界崩落の報いすらも。

この星の神よ、

五分、貧しい国の、しかも貴方と違って魂の内容も貧しい人間をやってみて、自分の彼にしたことを心から詫びなさい。そして、これから彼に自分の出来る限りのことをしなさい。そして居直っている、日本・宇都宮のたらふく副神・大川隆法に人類に向かって土下座させなさい。

2008年10月12日 (日)

画家の絵は、

何時か心醜い美術館を打ち倒す地底の情念を予感し、先取りして描け!

この星の一切の病は、

超神を知らずして、ここまで自らの精神を病ませた、この星の神の精神の病から来る。彼岸の超神だけが、彼をも魂の根底から救い上げることであろう!

殺す者にも、自殺する者にも、

周囲の愛の不足ということもあると思うなあ。愛には愛が返るのだし、その者達は、取分け、周囲の深い強い愛が必要だった者達だろうから。

普通は

非普通(美川とかその他)に多数で迫ってその非普通を矯正させようとする悪習(これまでのこの星の神謹製?)をさらにさらに正せよ。その悪習によって相手に、時間を超えた反抗者になられないために、逆に時間を超えて普通を謝って御奉仕(現状の受容ということを含めた)するのが筋だ!

一人一人、

自分の、神をも含めた存在世界の胴が千切れるほどに強く抱きしめていた愛の思いを確信して!

今、自分の心を

沃野と感じられる人は、逆に、生まれて来て、自分と違ってずっと、ずっと、荒野である人達のことを思え。人皆の心を沃野にすることが、間違いのない我々の目標であろうから。

この星の主神、

及び、どこそこで瞑想中の副神・大川隆法は、今すぐ人類に、笑顔で、腰をまげて農作業、の大模範を示して頂きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。 ファミリーヒストリーは結局、それぞれの経済力の評価序列ということになって全員笑顔では登場出来ない、それはそれはもの侘しい星だ!

神と大宇宙、ということに

在った、一切抽象水準における、一切事物実存(無、有、・・・・)が今や、その神と大宇宙と全く無関係にして、お互い全く無関係の、非(神と大宇宙)として乱舞している。解消するには、一への他の全体の一体化と、たそれを差し挟んでの、一であった時の一の体験の他の全体による反芻、それを一切相互的にし遂げる(錯綜弁証法)しかない。因みに、かくある時、我々は既に、無、有、だけでない、非(無、有)、・・・・・・、と無数に超存在する、超存在領域に食み出してしまっている!

ズリサゲズボンの中学生は、

この大宇宙全体を弁証法的に発展させようとしている、この大宇宙の神もその胸中を伺い知れぬ、実は元、この大宇宙の彼岸にましました本来超神だ。親も教師も結局は、この大宇宙の神の手先、ということになるだろうから。そしてさらに髪をブチに染めて、昼は俺は眠り、夜は俺は遊ぶ、と言ったりするのだ。こうして私達はどうやら、何時も魂の髄が痒くて仕方が無い者らしいのだ!

2008年10月11日 (土)

明日がある、

明日がある、・・・・・・。世の中、成功者ばかりないから、生まれ変わりって本当にあるんですよ、よく造ってあって。そこで、一生も一日みたいなもんだって感じで・・・。

山口組も

間組もない、空前の超・金権帝国・日本、は訪れるのか、神の愛の暴力に促されて!

五分、生まれつきずっとそうだった

犯罪者のように、自分の人を思う心が全く枯れ果てた、と思ってみなさい・・・。

人は時に人を思っての

熱き潤いが胸に宿るから、長い一生、生き抜いて行けるのではないだろうか。それだから何時も心冷たい奴の心の根は、逆に心潤っている自分の想像を絶するほどに荒涼としていて悲しいものなのかもと気づいて、・・・・・・。

ブツブッダは、

地下にも熱き心でましまして、どこそこの先進国でこの時代の衆生一般から懸け離れた、人一倍のいい暮らしをしているホットケエセホトケすらをホットカナイデブツ。真に科学的に、この世の(そしてあの世の)幸福を実現するために、である!

老廃物は、

 ため思って働き、今は流石に弱って自分ことしか考えられなくなっ老人を喩えている。周囲の感謝の心がその不快を和らげる。一方、最初から自己中心の人は、心が老廃物のようなニオイを立てる。集中豪雨とは畢竟、予算泥棒・人の労働力泥棒ばかりになった国土の水洗ということであろう。宜しくそれぞれ人生の終わりまでに償うことです(総理も素直に、あ、そう、と言ってね)。 石油は先進国のために。製品は中東諸国のために。ドバイの社長さん達、高くするなら先ず、高層ビル=バベルの塔より、労働者の賃金を、労働者の賃金を、だ。自然内の神霊も、アラーもマホメットも、人間皆とも手を繋ぎたくて、今や手を繋いでいる。しかし汚れた手を先ず自分で洗おうとしないなら、何処かで洗わせたくて思い切り突き放したりもする!

2008年10月10日 (金)

NHKの武田アナは、

次姉のお気に入り、オレワカンネー。この星の神は、労働がお気に入り、オレワカンネーという人間の皆様の心を、これから神の方でヨクワカルようにするそうだから、とりあえずこの星の本来の規律に従って宜しく、宜しく御願い申し上げます。

紅葉は誰が造った?

人間の規律は誰が造った?皆様には、この世界の斯様なほんの常識を御弁えになって、此れからも宜しく、宜しく、御願い申し上げます。

先進国一般は、

途上国一般にその高い食糧産業生産性を恵め(出来れば頭を下げて)。そうすれば神が無理して世界を造り変えずとも、全人類の労働軽減の道が見えて来るだろう!

農業その他

食糧産業を人類に押し付け、背かれ続けるこの星の神。彼の非本来なるを、超ハイデッガーと共に彼の魂の死へ向けてと十分に気遣い、逆に自分の本来を自分の魂の死へ向けてと十分に表わすべく企投し、反抗して彼等魔の勢力の列に加わるのも貴方の自由だ!

思いつき

 堅苦しい格好では、実体経済活動は出来ない。つまり古来、諸々の指導者の規律正しい生活行動は、(人に食わして貰うなら誰だって出来る)経済支配階級固有の空しい現象形態だったのだ。 ところで、人類皆のうち、誰が現在遅れた国の農業・漁業等食糧産業の労働(其れがまだ諸々発達させない段階での食糧産業の労働である以上、この星の地上の生活行動の基準と言わねばならなかった筈だ)を進んで好むだろうか?私は素朴には、そんな労働から解放されて一日自分の家で本を読んでいたい、この星の基準では不良である文化人(この程のノーベル賞受賞者は?)であることを、この星の神にはっきり言って置きます。

2008年10月 9日 (木)

欧米は、

農業等食糧産業の高度生産性を、此れよりアフリカに恵め。神の歴史の世界計画=新エデンの園計画=文明史の完結による新生態系パッチ計画、の此れ以後にもの継続のために!

超神賞。

 一切概念を創った絶対御奉仕者が、無、・・・、神、・・・、という一切同胞実存(概念化体実存(「私は、無(というもの)、です。」)も含めて)に対して!

2008年10月 8日 (水)

観測は対象を攪乱する。

神の愛も、アダムとイヴの振る舞いを!

悲しみとは

ルシファーの悲しみ、ということだ。億年、悲しみという意味が消える果てまで、求め続けたとところの!

常識。

 ノーベル物理学賞。八ップル輻射の理論と、殆ど望遠鏡観測によるだけの宇宙の質量・エネルギー分布の把握と、素粒子理論とだけで、宇宙の創成を議論することは、ある地域領域(例えばこの日本)にまだその土地土地の交流の十分ない段階で、一土地(例えば東京、無論現在現実とは違う仮定で)がそこで発達させた科学による遠方観測と、基礎粒子理論だけで、全体の創成を論ずるに等しい。人間一般の常識として、決して正しい結論など最初から望み得ない、と受賞の喜びを腐して恐縮ではあるが、私は思う。寧ろこのような場合、東京地元の形よい高尾山の創成が科学的には偶然が多々関与していることを証明して、東京人の土地神への信仰を固くすることに寄与して貰いたい、と私は思う。また、日本のみならず各国科学は、下らない国際時流を形成することなく(つまりそれこそ、ハイデッガーの所謂、人間の頽落ということなのである)、それぞれが本来の自己の良心が指し示すところに従い、主体的に、真に価値ある研究に取り組んで貰いたい。(同時に受賞の喜びも束の間にしてまうリアルタイムの批評に及びました、中々正しがたいわが個性の性急を、此処に心からお詫び申し上げて置きます。しかしまた、時勢の落ち着きの無さ、またそれ故の時局の窮迫にも然らしめられています。)

太陽光の流入口に

神在り(大日神)、天空に神在り(天空神)、地に神在り(大地神)、地球シュミレーターの把握を超えている。ヘーゲルの所謂、絶対精神の自然分岐相。その(絶対精神の)歴史分岐相が、魔の勢力の反絶対精神の及ぼしで蓋がれると、相補的に大天変地異行使として発現される。

2008年10月 7日 (火)

論評。

 世界は、この星の神が自然を調整して、近代以前の百姓夫婦の労働強度基準ではなくて、現代先進国の在宅勤務・デジタル家電夫婦同等の労働強度基準で人間の生活が始められるようにしたら、現在唯今の予想される悲劇はなかった筈だ。彼等魔の勢力はそんなこんなも含めて、批判し反抗し抜いている。このこの星の神の現実、この星の現実。この星の神はこの時代どうか(恐らくこの星始まって以来、初めてのことになろう)、人間の前で素直に自分の方の非をこそ認めて欲しいものだ。

資本の大所有を、

政府の税収操作により有名無実化して行く分裂的混合経済より、企業内還元による融合的混合経済であるべきだ。資本家皆が聖人君子に近づいて!

医療は信頼だ。

だから残念だが、この時代、超神、そしてさらにそれに帰依する根本神仏天を拝んでの自己治療が一番だ!

住宅ローンの焦げ付き

なんてものは、全経済経済主体がハンドル・アクセル・ブレーキ・交通道徳一体の自由共産主義社会では有り得ない。公が、私人の交通自己責任の肩代わりをし続けてはならない。最低、間接的に自己責任を取って貰わねばならない。また、銀行が人民銀行でないのなら、この際、貸し倒れでちょうど良い。

2008年10月 6日 (月)

彼等魔の勢力の恨み心を

全て彼等のせいにして、彼等の地獄の底での魂の痛苦を時間を超えて知らぬ気にして来たこのの星の主神・副神以下の(現在は副神が犠牲にされている者達を放置し続け、主神が犠牲にしている者達をすべてその者達の責任にして地上から一気に掃討しようとしていた)今度は超神に帰依しての時間を超えての罪滅ぼしが待っている。ついては超神に成り代わり、貴方達の大いなる不具に対して、先ずこちら側が既にそれを具有せることを心から御詫び申し上げます。

思いつき

 力を合わせぬ者には神が報いを与える。また。心卑しく諂う者には超神が報いを与える。劣った者を騙し続ける者にも。 神とエデンの園という同性愛に満足できず、私達は反抗する者達との異性愛、そして彼等の主導する同・反性・愛に移行するであろう。志賀と谷崎と、小林と三島、との反発と牽引とが、最後には谷崎や三島に惹きつけられる。もしかしてこの星の神も、暫くするうちに、それを唆す彼等同等の快楽主義者になる?

2008年10月 5日 (日)

性交体位や

それぞれに対応の性感ついては、人間の方が神より良く知っている可能性は有るだろう。これも、神と人間の彼岸の本来自己・超神の現象展開ということになるのだ。無論神は、頻度的にも。体位的にも、節度を、と求めている。因みに、性交時の男女の心の愛が、胎児の心の愛の種、となる筈だ。それが同時に、生まれ変わって来た胎児の億年来の心の個性と融合する。

神塗れの生活。

 デカルトと共に、物質粒子を神霊粒子と信ずるからだ。だから下手をすると、茶の間で核爆発、なんてことも有り得るかもね。

この星の神は、

人間一人一人に頭を下げて御伺いを立てないから、貴方が必須産業にした漁業(人間にとっての必須ビタミンの、ビタミンDが、殆ど魚にしか含まれていないので)が、皆に嫌われたり(例えば日本人がインドネシア人に低賃金でそれを押し付け、その挙句彼等にもっと割の良い仕事を求めて逃亡されてしまっている)するのだ。一言、全人類に謝ってね(それで反抗している魂達、自分、このように懸け離れて軟弱でゴメン!)。

イエスは愛の達者

だというなら、あの愛の不具者ユダにむしろ頭を下げてもっともっと御奉仕せよ。そして何時か再び、今度は明るい晩餐だ!

ゴメン、君みたいに

嫌われ者でなくて、と言うと、初めて自分が彼を好きになって上げられる、このゴメン、という言葉の不思議!

夢は灰色の

アヨア人だ。宜しく!

2008年10月 4日 (土)

オバマ、大統領になるのなら、

自分の能力の不足を宜しく、と神に深く祈れ。自分も深く祈る!

社会保険庁の怠業。

 彼等が如実に、この星の神が人間に仕向けている生産労働ベースの生活へ拒絶反応を示した。恐らく大多数が安楽ベースの生活がしたいというのが本音であろう。ところで近々工業生産が拡大し得たということは、本質は食糧産業の余剰生産が可能になったということであろう。しかし、それならば、工業生産を拡大することなく、産業界に労働時間短縮の選択も有り得たわけなのである。かくして、科学を、そして科学技術をさらに発達させて、神が人間社会へと仕向けたと思しき労働ベースの生活を、神の側が今までの自分の非を素直に認めて、思い切って安楽ベースのそれに切り替えたらどうだろうか?このまま行ったら予想される、人間の側の大反発を危惧する者なのである。

日本の政治を司る皆様は、

国会議事堂下の熱き心と共にする日本史空前の政治を此れからは宜しく御願い申し上げます。

2008年10月 3日 (金)

地球の西世界は、

文化の違いを超えて、アヨア人になれ。差別のない、新しい自由共産圏を創れ。そして中央世界も、東世界も。

縁の下(床下)の非日常。

 これから地球の全ての皆様は、日常生活中、自分の家の縁の下(床下)の非日常、或いは物質という非日常を鋭く意識して戴きたく、此処に宜しく御願い申し上げます。

時間が

自分終わる気配がするまで、絶対へ向かって愛の発展を、と求めている。空間もそれを聞いて笑っている・・・。

2008年10月 2日 (木)

男と女。

 そこに、中性一体に帰り着く深い愛が満ちる。そして神と非神にも、超神に帰り着く。

民族はそれぞれの

優劣を認め合い、そして与え合え!

首相の扱いが悪い国の

国民は、一人一人本当は超首相だ!

誰か何度も生まれ変わって、

早く、彼等を天上に押し遣り、替わって自分が新たな魔の勢力としてこの星の地獄の底の長期常住の行を始める、超神に帰依する超善人達、出でよ。この世で言ったら、敢えて進んで自分が極道境涯を求めることだ(その昔の自民党の田中派は、確か極道と深い繋がりがあったよな)。私達は、神の勢力も。対抗している悪魔の勢力もなく、その昔、超神一体だったからである。それを主神に十分悟らせて貰えなかった副神・大川隆法が、主神に近々さらに強く撃たれるか知れぬ悪しき社会を、田舎・宇都宮に引っ込んで様子を伺っている。信者を(天上帰り保障の口上で釣って)その悪しき社会でせっせと苦労させて稼がせてである!

長崎の夜は紫。

 彼等が仕掛けて、原爆を落とさせたからだ!

2008年10月 1日 (水)

G8は寧ろ、

グローバルを止めて、西世界・中央世界・東世界をそれぞれ担当し、国家的に優劣未生以前面目、神(国際自由共産主義)悪魔(帝国主義)未生以前面目=超神、を表わせ!

魔の勢力(

この星の神の一切の神罰をあの世の地獄の底で無効化した者達)が、今文明史もこの近代にも帝国主義を仕掛けてこの星の神の歴史殺しを殆ど不可避なものにした。この星の神が彼等を見縊って、寧ろ超神の遣いとして頭を下げることをしてこなかったからである。起死回生の国際自由共産主義立ち上げも、仮に成功してもこの地球の救済ということでは、目先の成功に過ぎない。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »