2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 抽象数学、 | トップページ | ズリサゲと認識の抽象水準。 »

2008年9月28日 (日)

それぞれ、庭の木の根元を蹴ると、

ボタボタと一日分の食い物が落ちて来る、というふうにはなっていない、世界構造=超下部構造、故の、兄弟船や、腰を曲げての稲刈り或いは稲刈機での稲刈り(この強いられた世界構造を嫌っての一部人間が他を犠牲にしての労働の格差だ)、その他一切のこの世界の現象形態だ。皆それを弁え、本来超神として頑張ってね!

« 抽象数学、 | トップページ | ズリサゲと認識の抽象水準。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それぞれ、庭の木の根元を蹴ると、:

« 抽象数学、 | トップページ | ズリサゲと認識の抽象水準。 »