2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本の稲刈は | トップページ | 他者性の実体無きこと。 »

2008年9月26日 (金)

学識の経済的根拠について。

 書物(今様のブログの生産でも同じことだ)の生産に、著者の観念と、物としての書物の生産(紙の生産、インクの生産、・・・・の結合)の結合ということが考えられる以上、著者の観念が何らかの意味で、物のとしての書物の生産を可能にした者達、及び自分の著作生活を可能にした者達へ還元的であること(彼等と無関係であってはならない)、が著作の倫理となる。そしてこの条件を満たした善書の互換・読解により蓄積される学識が、善学識となる。今世界に一体そのような善学識はあるのか?

« 日本の稲刈は | トップページ | 他者性の実体無きこと。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学識の経済的根拠について。:

« 日本の稲刈は | トップページ | 他者性の実体無きこと。 »