2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 黒澤明の墓前に、 | トップページ | 蒙昧、或いは大衆の実存感情。 »

2008年9月26日 (金)

学習の経済的管理について。

学習は、本質的に、将来の要学労働力を作り上げるための現在の精神労働なのであって、その対価性を厳密に測定して、経済合理性に適わせなければならない。つまり、学習する子女に基本、無駄めしを食わせることがあってはならない。

« 黒澤明の墓前に、 | トップページ | 蒙昧、或いは大衆の実存感情。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学習の経済的管理について。:

« 黒澤明の墓前に、 | トップページ | 蒙昧、或いは大衆の実存感情。 »