2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 個人としての男の | トップページ | 彼、大川隆法は、 »

2008年8月 3日 (日)

世の普通の人の目は、

努力して普通でない少数の、普通である自分達への目線に置け。それをしないで選良(例えば歌謡界の橋)、へと目線を上向けてはならない。また選良こそ。率先して、自分の目を、普通でない少数の目線に置くことを心がけねばばならない。そうでないと、普通でない者への一生変わらぬ疎外感が、長い時間に彼を世の中への、果てはその星への始末に終えぬ敵対者としてしまう。人は自分をより立派にするより、出会った自分より明白に劣った者(橋にとっては?)を一生気遣うことを優先にすべきだ。

« 個人としての男の | トップページ | 彼、大川隆法は、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の普通の人の目は、:

« 個人としての男の | トップページ | 彼、大川隆法は、 »