2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 準同行としての | トップページ | 思いつき »

2008年6月 1日 (日)

舞姫(鴎外)あるいは

五番街のマリー(阿久悠)。純愛の追求を諦めねばならなかったのは階級社会だったからだ。これら芸術が、時代の悲劇(今刻々進行している)を予感していた。つまり、地面下の愛の心と繋がっていたのである!

« 準同行としての | トップページ | 思いつき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞姫(鴎外)あるいは:

« 準同行としての | トップページ | 思いつき »