2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ぺぺ(ジャン・ギャバン)、 | トップページ | 谷崎文学について。 »

2008年6月 1日 (日)

人は何故に

死んで行くの 恋人達さえも何時か 愛し合ったその時から 永遠(とわ)の生命(いのち)だけが欲しい  自分は死んでも何処にも行かない。愛しているから、呼ばれれば何時でも夢枕に立って上げられるだろう。 人を陥れようとしている人達ばかりの職場だった。でも、一人一人の中に、他に何でもして上げられる位の愛が眠っていることが信じられれば、乗り超えて行けるだろう。

« ぺぺ(ジャン・ギャバン)、 | トップページ | 谷崎文学について。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人は何故に:

« ぺぺ(ジャン・ギャバン)、 | トップページ | 谷崎文学について。 »