2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 厳しいが神は、 | トップページ | 贔屓の者の »

2008年5月25日 (日)

企業戦国を

太平天国へと。悪い奴等の始末は、後、御願いします、の構えに早めに入った某教団とは一線を画して運動して来た。単なる資本主義は経済上の能力が、比例的に年収に反映することなく、本質的に決して神の認める経済とはなり得ないのである。つまり百の能力のある者が、労働者として使われ続けるのと、資本を何とか算段して会社を作ったのとでは月とスッポンほどの年収差が生ずるという本質的な矛盾を孕むのだ。この矛盾を解決し、かつ、結果市場も均質化してか経済効率にも適うようにするには、社長が利潤を自主的に労働者に還元して年収を社長から平社員までほぼ均等化する企業内共産主義原理によるしかないのだ。此れはそのまま、自由共産主義の基礎原理となる。今回の四川地震も、全く当地企業社会の想念の悪しきを省みられることなく、遣り過ごされようととしているが、生の資本主義の発達させよう、が齎した社会悪想念に神霊に感応されて起きたとはまず、間違いの無いことなのである。こうしてこの先そのような神霊の地変の行使の如きものを、人間的に代替する改革者無くば、歴史社会は決して立ち行かないことを断言して置こう。また同時に、神に支えられて、地上の悪人達を超えた彼等を操る霊界のルシファー等魔の勢力と対決する覚悟ある改革者無くば。

« 厳しいが神は、 | トップページ | 贔屓の者の »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183983/41310509

この記事へのトラックバック一覧です: 企業戦国を:

« 厳しいが神は、 | トップページ | 贔屓の者の »