2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 企業戦国を | トップページ | 発達した社会の在宅勤務者は »

2008年5月25日 (日)

贔屓の者の

勝利の快楽を求めての、プロスポーツの振興が経済発展の一助ということになっている。然るに、そのような観戦者の志向こそ、人に勝てばよいと悪しき心(人に勝つというのは、一つの利己心の満足に他ならないから)の助長であり、それが経済を発展させているようではということになるのである。勝負の世界の霊的理想とは突き詰めれば、参加者の勝率五割での均衡ということになる。中々、そう悟り切れるものでないが、そういう霊的な努力が全く等閑にされて、歴史の終末が招き寄せられているのだから、自覚して努力してみて欲しい。

« 企業戦国を | トップページ | 発達した社会の在宅勤務者は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 贔屓の者の:

« 企業戦国を | トップページ | 発達した社会の在宅勤務者は »