2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« この星の神よ、ジャコメッリを初め、 | トップページ | 認識(表現)の抽象水準。 »

2008年5月26日 (月)

どんなときも、どんなときも、

僕が僕らしくあるために 「好きなモノは好き!」と ・・・・・・。槇原、でも、俺が俺らしく、あの野郎(この星の神)が絶対嫌い、が現在まで一億二千万年に及んでいる(だから、殆ど時間を超えている)奴もいるから。一方、この時代俺が俺らしくというなら、彼が好きだから、死ぬまで耳にタコが出来る位、この星じゅうに彼のことを言って回ってやること、さればと言って、自分が損だから、死んで地獄界の彼の側に行くまでのことはしないこと、そんなところらしい。

« この星の神よ、ジャコメッリを初め、 | トップページ | 認識(表現)の抽象水準。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんなときも、どんなときも、:

« この星の神よ、ジャコメッリを初め、 | トップページ | 認識(表現)の抽象水準。 »