2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« この星のホームレスを | トップページ | 不安で依存的な幼児を »

2008年5月17日 (土)

神よ貴方も(また彼の信仰者も)、

思い悩む前に裸になって、非神に跳ぶんだ。神は単独では空しくて、被造物=係累非神を分離し、愛し高めようとした。然るに、係累非神のうち、その仕向けを嫌ったものが、係累外(その主観において、つまり御前とはもう何も関係ないと)に踏み出した。彼等こそ何時の間にか神にとって、対等に、そして一等、エロティックなものになっている。こうして神であることがそのまま、その深いところで、非神の価値をエロティックに高めていたのだ。そこでいっそ神は(そして未だ主観が係累なる非神(つまり信仰者)も)、彼等に一体化すべく(自分が全部仕事してやるを超えて、自分も如何にかして彼等と同じく仕事しないで)跳ぶんだ!

« この星のホームレスを | トップページ | 不安で依存的な幼児を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神よ貴方も(また彼の信仰者も)、:

« この星のホームレスを | トップページ | 不安で依存的な幼児を »