2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 只管、働くのが好きな神が、 | トップページ | 単独行為にて不利益を与え続けた神は、 »

2008年5月 6日 (火)

思いつき

 広く信頼を得られぬ神だった。 魂は誰も、誰にも負けたくないらしく、現に誰かに劣っていると著しく不快になる。そしてその者が、さらに深い哲学へと向い掴み取る。 眠っている超神の愛の確信を伝える。 取り敢えずの神の生活の強制、子女への一定の躾をも不可避にする。 超神の深い全体的共感は、この地上の一切の性感の共感にすら到る。 色々経験すること、倫理的あることの両立。敢えて悪へ向い、その罪滅ぼし。 その他、善が悪の覆滅のために進んで尽力するのだ。 生まれつきの酷い性格は、結局その者の不幸な人生行路の予定だ。 神仏と心をまったく通じ合えずに来た者達の悲劇の解消に、鋭意取り組もう。 

« 只管、働くのが好きな神が、 | トップページ | 単独行為にて不利益を与え続けた神は、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき:

« 只管、働くのが好きな神が、 | トップページ | 単独行為にて不利益を与え続けた神は、 »