2020年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« どんなときも、どんなときも、 | トップページ | 神は内なる非神の価値を »

2008年5月26日 (月)

認識(表現)の抽象水準。

 そこに一つの現象が在る時、傘をさした男がうなだれている、と言うか、男がいる、と言うか、人間がいる、と言うか、生き物がいる、と言うか、物が在る、と言うか、一存在が存在する、と言うか、一超存在(存在、無、非(存在、無)、・・・の内の一つ)が超存在する、と言うか、の違い。

« どんなときも、どんなときも、 | トップページ | 神は内なる非神の価値を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認識(表現)の抽象水準。:

« どんなときも、どんなときも、 | トップページ | 神は内なる非神の価値を »