2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お早う、家族。 | トップページ | ミロのヴィーナスに罅が入って、 »

2008年5月19日 (月)

空腹観。

 休日、昼近く、しかし食事をとらないで、この世で何が大事かと瞑想に入ると、その瞑想を阻む酷いう空腹によって、人間の心が思いつきの瞑想(どこそこの宗教がよくする)へ向かおうとしても、体の飢えがそれを阻み、従って一生この世では、心が自分の素朴な要求を排して、体への食料の獲得の布施に明け暮れなくては仕方がないことがよく納得出来たであろう。かようにして一生かけての自分の体に絡めての布施の心の培い、それがこの世で一番大事なことなのだ。北朝鮮の餓死大衆のことを考えてみても。然るにそれだから逆に、この星の反抗者達の意志の半端でないこともよく納得出来たであろう。

« お早う、家族。 | トップページ | ミロのヴィーナスに罅が入って、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空腹観。:

« お早う、家族。 | トップページ | ミロのヴィーナスに罅が入って、 »