2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 認識(表現)の抽象水準。 | トップページ | 文学は、 »

2008年5月26日 (月)

神は内なる非神の価値を

エロティックに高めざるを得なかったのだ。だから先ず、係累(家族なる)非神=被造物を分出して首尾よく愛し、成長させんとした。然るに係累非神のなかに、已み難く非係累化しないでいられない者が現れた(つまり、魔の勢力ということだ)。然るに神は、今では彼等こそ、自分が無意識下で求めていた者であり、行く行くは彼等に一体化しないではいられないだろうと言っている。こうして恐らく、神とエデンの園ということ、にあった一切の、一切の認識の抽象水準における事物それぞれが、感情を宿す魂として実存しつつ、神とエデン園ということに、一切の認識の抽象水準において、非を立て(共通性を無にし、つまりこれが狭義の非神ということ)、互いにも非を立て、乱舞することになるであろう。超神力

« 認識(表現)の抽象水準。 | トップページ | 文学は、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神は内なる非神の価値を:

» インプラント [インプラント]
インプラントの特徴としては、例にとって下顎の歯が機能しなくなった場合を考えてみると分かりやすいかもしれません。インプラントを治療する前に厳密な診査・診断と治療計画を立てた後で、失われた歯の部分に切開手術で人口歯根を一本埋入します。これが第一段階になってきます。約3ヶ月にもう一回切開して、人工歯根が結合していることがチェックできたら、支台部と呼ばれるアパットメントを取り付けて、その後、人工歯冠を取り付けます。これが第二段階... [続きを読む]

« 認識(表現)の抽象水準。 | トップページ | 文学は、 »