2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 行き着いた能力者は、 | トップページ | 小沢一郎氏が »

2008年5月12日 (月)

超神実存とは普遍的に、

一定の有知有能と、その裏の無知無能故の辛い感覚・感情体験ということだ。そしてこの裏の感覚・感情体験は恐らく、その知、その能が有知有能である者には決して分からない。だからこの星の神も、エデンのアダムとイヴのことが実際は良く分からず、しかもそのことの自覚が十分ではなかった。それが故にこの星はここまで来てしまい、現前のこの有様だ。そして誰が、その神の不具を彼に、心底から分からせようとして来たのか?

« 行き着いた能力者は、 | トップページ | 小沢一郎氏が »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超神実存とは普遍的に、:

« 行き着いた能力者は、 | トップページ | 小沢一郎氏が »