2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 芸術と財政赤字。 | トップページ | 人間特異点の解消。 »

2008年4月13日 (日)

思いつき

 態度落ち着いていても、信者に機械的に寄進を受ける宗教家であってはねえ。教えを及ぼす、商売をしている一般人と、本質的に生活形態が違うということになってしまう。坊さんみたいに呑気に俺達はヤッテランネエ、と。 殆ど不可能な、貨幣が流通する経済圏の、一人一人の公共心を持っての労働の同時履行が、本当は必要なのだ。自由共産主義。少しでも。 言っても仕方が無いが、実は生産労働の押し付けが、人の犠牲を結果させるという根本矛盾があるのだ。彼等反抗者達、魔の勢力が人を犠牲にする者に無言で、本当に悪いのは御前等、この星の統治者神仏と威張っている奴等の方だ、だと非難させているのだ。 生まれ変わりにより、気に食わない同士の親子関係の組み合わせも押し付けられいる(努力して仲良くしてみろ、と)。そこで子供の虐待や、非行(つまり此れは実相は、親への反抗を超えて、この星の神仏への反抗なのだ)も少なからず生じている。 こうしてこの星の善悪基準に従い、悪に善を御勧めするのは実は、大変困難なことになっている。

« 芸術と財政赤字。 | トップページ | 人間特異点の解消。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき:

« 芸術と財政赤字。 | トップページ | 人間特異点の解消。 »