2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 思いつき | トップページ | 思いつき »

2008年4月 4日 (金)

小林の無意識が詩人の葬儀の席で、

自分も何時か同じように発狂せねばならぬ、と呟いた。また作家との対談の席で、自分も何時か同じように人皆を恨まねばならぬ、と呟いた。 古今は、新古今も、奥の細道も予感していた。 私達とは、神の調和と、非神の乱舞と、超神としての祝福、として繰り返さねば済まぬす弁証法だ、何時(なんどき)もその者の絶対光に包まれてある。 

« 思いつき | トップページ | 思いつき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林の無意識が詩人の葬儀の席で、:

« 思いつき | トップページ | 思いつき »