2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 私達は超神の、観念としての愛、の記号として。 | トップページ | 超神。 »

2008年3月23日 (日)

魂にとって誰よりも優れているということより、

隣なる魂を深く満たしてあげること、つまり他への愛の方が価値高きことだ。何故ならそれは、一切の価値上下の地平を超えた、超神が魂皆に促す超価値だからだ。私はそこで、失敗者の前にして、超神に失敗していない自分にも失敗の運命を恵んで下さいと祈るだろう。また超価値は、一切の価値に(価値観同士の価値上下もあるので)に済みませんと頭を下げることだろう。また超神も一切存在に済みませんと頭をを下げることだろう。

« 私達は超神の、観念としての愛、の記号として。 | トップページ | 超神。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魂にとって誰よりも優れているということより、:

« 私達は超神の、観念としての愛、の記号として。 | トップページ | 超神。 »