2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 思いつき | トップページ | 社会の犯罪。 »

2008年3月 8日 (土)

偶感。

 受益者負担をしない多くの者は実質泥棒に等しく、民主主義の道徳的な前提が実質無にされていることだ。かかる時の代表民主制による立法が憲法下有効になるのだろうか?また泥棒に基本的人権が保障されるのもおかしい。 政党政治における与党は実質立法権を持つに等しいのだから、野党は一見明白な与党の横暴でない限りは、無駄な抵抗は止めにして与党への建設的批判者に徹し、、議会運営を円滑ならしめるべきであろう。 尚、国会が経緯で機能麻痺に陥った時に、超法規的と直ぐに言う前に我が憲法の解釈として、総理の緊急大権の行使、ということもあってよいと考える。

« 思いつき | トップページ | 社会の犯罪。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偶感。:

« 思いつき | トップページ | 社会の犯罪。 »