2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

桜は名札を付けて咲かない。

唯、一輪一輪精一杯咲く。そして全体に嬉しさが漲る。人間の名札も、励まし合ったり、助け、助けられるための便利位にしてみるのもいい。

勝手な神を見習った

勝手な親が勝手に住む家の造作を決めたので、生まれて来て、年頃になってから後、人生一生暴れてやるしかないと考える子供も増えている。一方、あの世の地獄の底から、天国方向にに向かって、テメエらばっかりいい暮らししてんじゃネエと叫ぶ声も聞こえるようになっている。それで、この星の神は如何か先ず超神を御拝んで、どうか超神と違い神でない者一人一人に、自分の御奉仕が全然足りないことを、土下座して謝って下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。神でない者の弱みに付け込むような神であっては最早ならない。

2008年3月30日 (日)

生まれて来た不良

(それは彼の罪ではない)に気遣いなく、普通人にチヤホヤされるばかりの優等生(それは彼の手柄ではない)、さらにその態度をその不良の存在的弱みに付け込んで正当化する優等生のような、神や、救世主は、そのような優等生によって心を傷つけられ、必然的に反社会的反世界的になった者達に、この地上に出てきた際その振る舞いを改めないと、確実に殺意持って迎えられる。そのような態度の悪い某救世主、自分の星の悪霊を自分が創り出していることに気づけない某救世主は、実質悪魔憑きの反社会者の集団である、某教団によってミサイル攻撃を受けるところだったのである。この星の旧来の神や救世主達は、自分達がそのような不良達より正反対に価値が高いという、愚劣軽薄な価値観を捨て、彼等にひたすら頭を下げての御奉仕、の態度に態度を改め、此れまでその間違った価値観・態度で苦しめた者達への罪滅ぼしとしての、彼等同等の地獄生活の反芻=体験同等化、の未来の勤行に備えて欲しい。

経済圏の

帝国の快楽原則、非帝国の超現実原則、という非対称を、神が求める共産主義的現実原則一律へと正すんだ。彼等魔の勢力に唆されて、超現実原則がちょうどいい筈の、神、御前が全部やれ、などと言っていないで。

性的同一性障害、一卵性双生児の皆様は、

性染色体と気質の食い違い、同一染色体双生児の気質の食い違い、ということにより、脳は心そのものであるという通俗現代科学的妄説打破、そしてあの世からの生まれ変わりの間接証明の先頭に立って戴きたく、ここに宜しく御願い申し上げます。 スウェーデンボルグの「霊界日記」の内容が、彼のそれ以前の人生体験や、読書体験と何も関係ないことの厳密な調査的証明も同じく、宜しく御願い致します。

例えばトヨタその他の絶望工場の

犠牲的労働を体験すると、その犠牲を強いた者達の死後の報いである責め苦(無論一定、その労働苦以上のものであって)が言葉でなく分ります。何度も言ったように、その責め苦に耐え抜いて悪魔化した魂達もいます。

2008年3月29日 (土)

勇気のあるメディアは、

日本とアジアの他国との関係の現在を放映して下さるよう宜しく御願い申し上げます。人間界の暴虐は、すべてこの星に絶望する虚無者を次々創出しようとする、地獄での神からの責め苦に耐え抜き無効化して来た実績のある(だからその位の拷問が何だ、と)彼等この地球の魔の勢力の仕向けとして現れる。彼等に反抗されて来た神への報いは、繰り返される歴史全体の抹殺だ!

恐らく名ばかりで極々心が冷たい

と感じられたこの星の神・天上界を押し戴いた地獄の底の生活にあんまり満足してきた者達がいる。この星の神・天上界の者達に彼等に自分の方の御勧めをする前に、彼等の御勧めにのってあげるのが、魂の筋というものであろう。これから十数億年を掛けての、今まで基本、天上界にあった者達の、交替的地獄の底常住の勤行、これがこれから不可避のことだ。

愛する者は、

行く行くは、無際限の命の犠牲の愛を超えて、その尊い愛の心自体の無限回の犠牲の愛に到るべく、この時代なら横行するアンチ・キリスト達を狂ったように愛せ!

ルシファーという億年の真実が、

我々がそのような存在論的衝撃が常に相応しい本来超神であることを証明した。億年ずっと、傷つきやすい者であったらしい、大江健三郎氏も、この真実を直視してその衝撃に耐えよ。彼はこの時代常住の地獄の底から胸底の悲しみをかみしめつつ、地上に鋭意帝国主義を仕掛けているのである。神への彼なりの超神罰として!

哲学者も逃走することなく、

この時代往時のカール・マルクス同様、経済構造を大改革する大欲望を持て。国際的搾取のシニフィアンとしての貨幣と、国際的搾取労働のシニフィアンの商品が交換される経済から、国際的共産主義労働のシニフィアンとしてのそれぞれが交換される経済へと。つまり経済が芸術同等である経済へと。

進化の激しい時代の宗教改革。

 貴方はこの聖ブログへの信仰により、真に義とされる。またこの時代の神の真の召命は、信ずる国際自由共産主義運動の前衛たることである。また、信じてその努力をする者の一切が、その昇天を予定されている。

大江健三郎さん、集団自決のようなことは、

関東大震災後に、それを神の国家への譴責と信じて、帝国主義を、止めよ、さらに社会主義も信仰無きものならそれを止めよ、と国家社会へ大音声する者が多数いれば避けられたのだ。それだから廻り廻った、新たな震災後のこの現在でもね。

2008年3月28日 (金)

日本政治は日本経済圏を想定して、

その理想を実現する営みであって欲しい。日本経済圏(資源獲得から始まる)は実相は階級世界で、その支配階級国家日本国内だけに日本政治の視野を限るのは人非人というものであろう(だから神仏に突かれた)。圏内に受益者労働負担原則=共産主義原則=国家的、不盗戒の破戒の回避、実現のための議論を宜しく。また他の先進に二極それぞれの経済圏にも、そしてグロ-バルにも。

思いつき

 最初に頭が下がってていない。それだから良く御伺いも立てずに不適合な押し付けをしてしまった。被造物にこれから何をされても仕方が無い。 あいつが悪いことだと言ったことを進んでするという奴を存在させてしまった。 神の愛情も、自分の都合の方を押し付けてはいけない。自分のようにさせたかったら、自分が先ず相手のようにする。 理想追求が挫折して劇となった。 相手の心境を教育して貰ってから、自分の方からの教育をする。 本気で対立している者達から、決して本気でやらない別方向の対立者となる。 薄情な善人が、悪人をさらに悪くする。 出来るだけ自分を貫く。また、行く行くは、思っても見ない運命の衝撃に耐える。 深い愛情は、相手の深奥を伺い得た筈だから。

魂は劣った地位を嫌う。

それ故、神とは本質的に原罪者である。それに無自覚だった神へのかかる情況という超神罰!

全人類よ、

今は、神様自体が、人間をどう始末しようか、と考えている程の時代だ.。だから、人間の家庭でだって・・・。

この地上で道楽三昧をしたい

本音を露にした者達を責めた主神と、時間を超えて対決して来た者達がいる。そしてオメエももっと上の神にベンチャラばかりやって、魂がクセエのも、付いて来るもののも同じくクサクしているのも、大概にしろ、と言っている!

2008年3月27日 (木)

道楽息子の道楽に

神に御願いして付き合ってあげる親の愛。否、神すらも道楽人間の道楽に。

デカルトよ、

私達は君が洞察したように、神霊の愛の思いとして緊張して、無延長にして有質量として絶対矛盾的自己同一しており、同時に、無延長の我々複数による有延長の物体構成として、さらに同様に構成された生ける身体を媒介に、その身体に宿る人霊に皆への愛の労働を促し、それだから神霊への回復を促している。それだからまた、コミュニティはマルクスの意想を超えて、私達をも含めた、そして無論神をも含めた壮大なものとなるべきであろう。信仰ある国際自由共産主義。

2008年3月26日 (水)

仕向けているんだね。

 働きたくなくても、腹が空き、手近に食糧は無い。恋愛感情で結び付きセックスはいいが子供が欲しくなくても、心遣いをしなければ子供が生まれる。子供を生まないことも出来るが、全生物への仕向けを思い、そして死後を思えば度胸がいるだろう。社会の安定継続のために、自己の生存継続、二、三人の子育てを、社会連帯の分業ですることを求めているのだろう。こうして我々は、一生掛けて、世のため人のための愛の労働者としての発達を仕向けられている。因みに、決定的な避妊は体にいいことはないだろう。だから折々の心遣いによって、それだからまた恐らく、セックスは無暗にするな、ということなのだ。

思いつき

 自分のようにさせるのではなくて、御互い好きにする、さらには相手に合わせてやる。 相手に良く聞いて相手を理解させて貰ってしてあげる。 神よ、日本では少なくとも女は優雅に暮らしたがているし、夫もそれに合わせたいと思っているよ。 そんなこんなで、神と仲良くもよし、神と喧嘩もよし、神を止めるのもよし。 嫌われ者が周囲の愛を深くする。 愛する者は、不断に自己の愛を省みる。 ためを思っての我慢が愛を深くする。 性質の悪い奴と共に苦労するのが周囲の運命だ。 新幹線が走っても、現在では乗客皆が車掌に感謝するなんて光景はついぞ考えられないね。 魂は、絶対的な愛へと発展する可能性だ。 

2008年3月25日 (火)

優劣未生以前面目=超優者。

神・神子未生以前面目=超神。神がその面目を弁えないと、それを弁えさせるために存在の深奥から超神力が働いて神子が悪魔化するのだ。それだからこの時代にこの星で初めて神は、神悪魔未生以前面目=超神、を掴め!

二種の制度悪。

 帝国主義下に夥しい人の犠牲と格差があり(今も続く)、唯物論的計画経済的社会主義下に夥しい発展の停滞があった。今、信仰ある自由共産主義により、それらを一切を解消するのだ。因みにアジアに西暦紀元頃に、民族ごとの版図がほぼ決められており、それを食み出した、韓国併合や中国進出は無論、大日本帝国の国家悪であり、あの通り天譴が下ったのである。

渋沢栄一も、戦前の震災を天譴と言った。

口先だけの道徳経済合一でないのいなら、現下の震災について徹底的に反省するんだ。震災の苦痛は、戦後復興以来の、我国への他国人の犠牲の苦痛の集積に正確に対応していた。その通り、天譴だったである。春が来て偽りの新年度の日常を始めようとする者の顔がテレビに移る。その日常を脱皮するために、国民皆に、漁業や鉱業や、製造絶望工場やらの短期体験を御勧めする。まあしかし、したくないことを押し付けた天の方が根本は悪いのかもしれない。がしかし、同じ人間を犠牲にしていいのか。また先ず、財政赤字を進んで解消してみよう。共産主義原則とはつまり、受益者労働負担原則、自分するいい思いは、分業下、自分で対応の労働強度の労働を負担(その物をその者がつくるということではない)してする、ということだ。そうでないと、他人の労働力を盗んだり、他人を半殺しにしてしまうことになる。そして我が国民にかような振る舞いを仕向けたあの世の魔の勢力も、そろそろ心を入れ替えないかい?

2008年3月24日 (月)

逆来世主義。

 あの世の魔の勢力の、この世での手先達(帝国主義者等)その他の心の覆滅を、あの世の彼等その他の心の覆滅に絡めて行く。あの世に帰っても、彼等その他の心の覆滅に専心する。この世で自分は神の言った通り行儀良くして、他の、魔の勢力の手先その他に頭を下げての御奉仕として関与することなくあの世に逃げ帰るのではない。

2008年3月23日 (日)

南無(貴方に帰依します)超神そして、

この時代同じく南無超神をしてくれたと思しきこの星の主神へと、南無地球魔の勢力救済根本神仏天、だ!

夢の中ででイチローが追突事故を起した。

 イチロー、決して失敗しない者は魂の全員を惹きつけない。この星の神がそうであるように。つまり愛の深奥とは、神よりも、神よりも、深いことなのだから。

超神。

 皆、それぞれの庭の池で魚掬えば足りる生活の方が・・・。 彼等が、潰しの只中でこの星の馬鹿神のその馬鹿さ加減を皆、痛感せよと言っている。 過酷な運命体験を魂の根底で自分のために筋書き、自己体験する者。 思ってもみぬ運命の降りかかることを寧ろ求める者。 彼等の実感。 究極の魂の愛を魂の内から掘り起すには、如何してもそれが必要なことなのだろう。 

魂にとって誰よりも優れているということより、

隣なる魂を深く満たしてあげること、つまり他への愛の方が価値高きことだ。何故ならそれは、一切の価値上下の地平を超えた、超神が魂皆に促す超価値だからだ。私はそこで、失敗者の前にして、超神に失敗していない自分にも失敗の運命を恵んで下さいと祈るだろう。また超価値は、一切の価値に(価値観同士の価値上下もあるので)に済みませんと頭を下げることだろう。また超神も一切存在に済みませんと頭をを下げることだろう。

私達は超神の、観念としての愛、の記号として。

或いは純粋な欲望という、超神が求める超倫理の実践者として。或いは神が設えた世界構造の脱構築者として。或いは究極のサディストのサディズムを誘う、帝国主義者というマゾヒストとして。しかし願わくは、皆で、健康な性欲者として回復出来ますように!

2008年3月22日 (土)

週末は、

テレビも映画館もないこの星の多くの国の現状をテレビに映し、この星の嘘偽りの無い現実を具に知る、今までにない斬新な精神的楽しみを味わってみないか?

集団は、

その中の普通でない者への御奉仕、の務めを果たせ!

副神は、人の心は自由にならない、と教えた。

 人はそれぞれ自分の心を諸々の善心に満ちた心の王国にすべきだ、然るにそれが決して容易いことではないので、まして人の心に他者が関与することなど出来ない、と言ったのである。然るに主神は、犠牲にしている他国人のことなど知ったことではないという、多くの日本人一人一人の我儘に満ちた心の国に、あのように暴力的に侵入した訳なのである。あの米国のイラク侵入のように。そこで傍観副神の主神の心知らずの怠慢な、心の国への侵入も、恐らく近近に予想されることではあろう。

2008年3月21日 (金)

暴力団・暴力団系企業の皆様は、

一人一人の人生、大変ことで御座いましたネエ。ついては、世間の薄情を代表して謝るから、如何かこれからは世間に徒な対決心のない普通の企業に生まれ変わって下さい。

半島。

 ロシア・中国・日本各各の政治首脳は、地球の神、東洋の神、各各民族の神をよく拝んで、半島の朝鮮民族への御奉仕の民族的リードを宜しく御願い致します。

仮説。

 宇宙空間の地球地点に神霊があり、霊界も創り、地上地球も創り(物理的実在(物質・電磁波)も創り、科学法則も創り)、その上の生態系も人間社会も創り、地球内にも宿り、太陽光の流入口にも宿り、大気圏にも宿り、月も創ってそのうちに宿り(以上自然神)、霊界の尖頂にもましまし(霊界神=歴史神)、霊界を専門霊界・民族霊界の交叉するものとして調え、地上の自然内に文明史を立ち上げ展開し、その間、人霊・その他生物霊の、霊界・地上界を架けての不断の交渉・循環ということを始めた。その後、反抗者達が分裂、地獄界(悪霊界)・悪魔界を創った。地上の現在現象としては、国際自由共産主義と帝国主義との対峙ということになる。

2008年3月20日 (木)

日本の各各指導者の皆様は、

明治維新以来の国家の対外的我欲(或いはその下の人自体)を折、折、指導者がブチ殺すこと無きことのツケとしての自然内の神によるブチ殺しの震災、その後の性懲りもない振る舞いの因果としての大敗戦、さらにその後の十分な反省もなく従って指導者に付き従う者の我欲(或いは人自体)をブチ殺す厳しさ無き年月の決算としての新たな自然内の神によるブチ殺しの震災、という近代日本史の大きなうねりにその教訓を学び取り、此れからの日本の指導を宜しく御願い致します。また、日本のみならず、諸先進国の、また途上国の指導者の皆様も宜しく御願い致します

2008年3月19日 (水)

この星のブチ殺し主神と傍観副神は、

世界中の現在の引きこもりの人間達に頭を下げなさい。特に自分のことを棚に上げて、弱い奴に鍛えて強くなれなどと言っている傍観副神は。

思いつき

 マルクス学がマルクス主義運動を規定した。思想の学が政治を制した。逆に江戸儒教は江戸幕府が可能にした。前者が道理として学としてレヴェルが高い。 現実の財産制自体が、理念としての共産制に照らし、不盗戒による検討を蒙る。そう言わない宗教は某教団を初め、一切が階級社会寄生の宗教だ。必ずしも虚妄でも、邪教でもないにしても、少なくともレヴェルが低い。だから神も時に、人間に先んじて、暴力革命者になる。 鬼は、人間の男皆を去勢して、酒池肉林出来る。そのエネルギーだ。そして慈悲の涙を獲得出来た時、神に転ずる。 除者は雌伏した後、体制内の悪権力者にのし上がって彼等魔の勢力に連なる。受ける方は彼の除者の体験を思いやらせて貰い崇敬して上げるべきなのだ。 他の内容・立場の体験、の絶対把握という新しい当為。本来超神として拝んで。さらにそれらの疑似体験。それらの実際体験。 不健全なワンマン主神だった。 人間にこうしたらこうされたしまう、と深く考えてみるんだ。 現在のような世界構造の下で、一般に魚取る程の労働強度の押し付けとは酷い、が彼等のように逆らうのは大変だ。 また仲間として再出発して貰うための御膳立てをして上げよう。

2008年3月18日 (火)

請願も空しく、世界変容は困難

と思われますので、またぞろの悲劇に至る前に、宜しく忍耐して世界経済を国際自由共産主義に是正して下さいますよう、神に成り代わり全人類に宜しく御願い申し上げます。

三戒の同義性。

 人の労働力を盗む者は、人を半殺しにする者であり、人の有り得べき妻を盗む者である。必ず何時か根本神(仏、天)に思っきり撲たれる。

劣者を馬鹿にした優者の罪は、

劣者がその世界に始末に終えない敵対者となってやることで初めて優者に自覚されるものらしい。星の神も例外ではない。しかし彼等にとってこの星の神の態度が変わろう変わるまいともう如何でいいことなのかも知れない。何故なら彼等は本来超神として、自分が一番満足出来ることを刻々やって来ているだけだろうから。皆殺し主神と、傍観副神以下、負けない反抗者達、この星で今超神力は、こう働き発現している!

2008年3月17日 (月)

神は我々を被造物にした罪を償え。

 被造物は根底からそう在らされていることを悔しがる者だ。 神の匂いのする一切の物を憎悪する者まで現れた。 我々に直ぐに頭を下げて然るべき全くしていないのだから、その分落とし前をつけて貰うとも言っている。 愛しているなら、思いのセーターを自分達の方に揃えろとも。 頑張らせたかったら、先ず頑張らせるな。自分が全部やれとも。 安楽に生き、安楽に死んで行きたい者も多いのに。 自分がこの星で一番悪いと言ってくれ。 自分より御前達の方が偉い、女が男より偉いとも。 更生したヤクザが最も我々を愛するのかも知れないから。 神はもっともっと、我々への恋の奴隷になれ!

世界の数多の暴動解消のために、

神よ、全知全能の貴方の分身達による最悪資本制の無産極低賃金(殆どただ働きと言ってもよい)労働者を代替しての、一町内一コンヴィニの実現、宜しく御願い致します。

2008年3月16日 (日)

この星の神よ、

先進帝国を除いた世界中の多くの、苦痛と鬱屈の連続の惨めな暮らしという、貴方のこの星の人間への加害を速やかに貴方の手で返上し、此れ以上の人間の反抗ということを免れて下さいますよう、此処に宜しく御願い申し上げます。(現代を誤って導いた唯物論者、無神論者も貴方及び副神以下の星の統括首脳の教育責任であろう、また彼等の尻拭いに下生した副神の無能も貴方の教育責任であろう。またそもそもの世界構造の人間不適合(帝国主義是正によっても償われ得ない)も貴方の責任であろう。)

この星の神よ、優雅が好きな

松任谷ユーミンその他を悪女にしてしまう、この星の善悪基準の御再考を宜しく御願い致します。

校友を深く愛することは、

学校のルールに優先する。特に校長が、自分の他の者への慕情の枯渇を、明々白々に示している学校では。

Much lost 、それが悲しい。

 真の神よ、私に生の終わりまで、そして魂の終わりまで、彼等に決してグドバイを言わせないで下さい。何時も彼等の側にいて上げられない自分を御憐れみ下さい。私達、多数無限の他への、無限に深い愛を、それぞれ喪失した者達、それが悲しい。

2008年3月15日 (土)

天才ユーミン、

何故かとても、ああ、懐かしい、・・・。そうさ誰もが、そんな相手から、少しずつ、自分達というものを悟って行くんだ。

年金債権と不払い税(財政赤字対応)の相殺について。

 国民は払う物も払わないで、貰う物を貰うことばかり考えていてはいけない。また社会保険庁職員ばかり怠け者のように言ってはならない。

日本の全政治家の皆様は、

この国家社会の、そして全世界の非常時に、政党政治、議会政治は対決あるのみという固定観念を捨てて大同団結せよ。諸々の神々と共に宜しく御願い致します。

本来超神を自覚せる神。

一切の自分の前の非神の分出に、その非神の内容的同一化(同じ非神という)、立場的同一化(神の前の非神という)共々の弁証法的行路を企てて、全体の本来超神への自己回復を図る神!

陸生の者達が、

水生の者達がその水生を止めて陸生を始めるの待っている。然るに水生の者達は、陸生・水生の両様を楽しんでいたその昔が懐かしいので決して止めず、御前達も誘うと言っている。

通り一遍の御奉仕は要らない。

 不具にて実存せることの苦労を具有が分ることは、その苦労がその具有を不具に御奉仕して移し替える苦労と同等だと悟ることだからだ。そのような御奉仕に生きておらぬ具有は、実相は悪魔を継続するに等しく、超神が根源から創り出しているこの世界がそれを鏡に見せる。そこでこの星の現実の主神も共に超神に帰依し、御奉仕ということが恐らく、御奉仕そのこと犠牲(つまり今、貴方の前で貴方と正反対に権力支配者的である悪魔達との一体化)にまで到って全うされるだろうことを深く深く悟ろう!

悲劇。

 北朝鮮では、庶民が政治家にも知識人にも見放されてあの有様だ。しかし当邦にも救世主同士の連携を拒絶して心悪しき人類を早くに見放した者もいる。流石に見放すということが決して自分には許されていないという自覚のある主神の如何いう仕方でかのこれからのこの地上への見参ということになるのかも知れない。しかし主神は先ず遣わした我々をこそ遣う。それ故先ず自分の不甲斐なさをこそ、決しておべんちゃらではなく御詫びして置きます。しかし見守る主神の願いも空しき時のこの地上の悲劇は夥しい。最早、主神自身による救済も間に合わぬことが、無論あるからだ。魂の分離して、と結合して、とのそれぞれの結果するところは、零と無限大程にも違うかも知れないのに。悲劇の、主神の行使、がなされる時、主神は誰への憤りを超えねばならないのだろうか?この地球という星の継続する悲劇、或いは茶番劇?

2008年3月14日 (金)

超神の愛。

イエスが、荒野の悪魔を抱き締められ、逃げたペテロを憐れめられれば、そこに超神の愛が満ちる!

私が神を創った。

私達が神を創った。そして「神の世界創造」という劇も創った。それだから先ず私一人、数多の虐殺ということの只中で、何時か、「そんな幕場もあったことだ」、と皆で懐かしむ、時間の向うの超なるカ-テンコ-ル、のことを思って置こう。 註: 虐殺とは常に、私達の、根源の激愛の変容であることだ。

2008年3月13日 (木)

ルシファー等の反抗から

子供の非行まで、全て、存在して優者である者が劣者である者を馬鹿にして、秘奥の超優者の反抗力を発現させた。そこで、それぞれ首相の出来をとやかく言っている日本国民をも、私は私の思想に従い、決して馬鹿にしないで置こう。

黙示録は永遠回帰する。

 神ほどに誰も暴力革命者では有り得ない現実につき寧ろ予想される黙示録的終末は、キリスト教徒のような弱い信仰者達の待望するところではあろう。しかし件のルシファー等は、そこに記述されているような哀れな存在ではない。彼等は新たに創始される生き延びたひ弱な善人達の歴史に再び付け込み、黙示録を再現することだろう。悪霊達は神の掃討によって無に帰するような存在ではではない。私達は本来、神も善霊も悪霊も悪魔も無く、私達ということもおかしな程の、私達だったのだから。それ故誰をも疎外しないコミュニズムへの努力は、現状への絶望に打ち克っての、一人一人の絶対的努力だ!

春闘。

 震災神と共に、労働者が同じ労働者を収奪する一切の差別の廃絶を目指す真の春闘を。労働を空しくしないために。各各、死後の報いの残業を免れるために。但し神と共に、一切労働者の、労働忌避の本音は理解したい。

2008年3月12日 (水)

超優等生。

 優等生は皆に迷惑な不良を除者にするかも知れないが、不当に除者にされたと思った不良は、優等生以下全員を憎む(優等生以下には実は不良に対する生まれつきの義務があった筈だから)。しかし不良はその憎しみを優等生以下を許して超えられれば、心に優等生以下自分不良まで一切を愛する超優等生の愛情を持つだろう。そして優等生以下にも、御前達全員の心の底にも同じその愛情が眠っていると言うだろう。

2008年3月11日 (火)

思いつき

 弱者が不可避的に排除される競争社会。 集団の優しさを管理できる程の強者がいない。 花火のドンパチも受け止める人次第だ。 内容御粗末な人達を気遣う。 善悪価値対等。 不良を切り捨てない教育へ。 悪と悪への不関与という別種の悪の二つながらの救済。 卑俗凡百の合成能力より、高貴個人の超常能力。 究極の愛の実践への努力が、そのまま劇となる。 歴史はその人の現在からしか見えはしない。 救済の意志が熾烈な神を拝み、出来るだけ多くの善人が、出来るだけ多くの悪人に、出来るだけ長く関わる。

Love makes a man a king .

a king = a superGod = a lover more than the real God . Two lovers are a superGod and all existence .

怒らない。

怒る必要があるかどうか考えるために怒らない。そして殆ど怒る必要がないことを確認して怒らない。震災神も怒ったのではない。

カール=マルクス、イエス=キリスト、自分はここが違う。

 貨幣は経済の血流である。カエサルのものも神のものである!

2008年3月10日 (月)

思いつき

 私達が悪いのについては、神の教育責任の要素もある。 視力の高い者より低い者の方が。 完全内容、と無内容の直接体験の等価。 神を深く思うからこそ批判的になれる。 伝統仏教というサンガーの空論宗教。 神のことも知るが、悪魔のことも知って、魂は万全になるだろう。

2008年3月 9日 (日)

ラヴ イズ オーヴァー。

 この星では長く、本当のラヴが。自分を騙す者が多かったので。 私達は、理想ではないが、理想を知っている者として。 魂は内容で勝ると、深い哲学の方で劣る。ヤクザの方が反って深いものを掴む。 一方超神は、最高の内容にして、然らざる者一切に最高に頭が下がっていて。 理想実現の努力が、誰もが喪失しているので破綻し、劇となる。 愛ということが存在論的に深い学校運営を心がけて、時に自主的な社会への造反・廃校も辞さない校長。 愛とは、ためになるなら何事をもして上げたい感情でもある筈だ。

社会に抜け駆けで密に宗教的修行をして、

この社会、この世界の宗教的エリ-トとして君臨しようとしていた諸君。一切霊魂は、超エリ-ト一体から発現して、貴方達の知らぬ宗教無縁の反エリート達の凄絶絶倫の霊魂体験ともなっている。それを理解させて貰いその体験性を崇敬しない者には、その反エリートの霊魂の内奥から超エリ-ト力が働いて報いが与えられる。そこでその心を悔い改めねば、市長の次に、報いは貴方達の主宰のこととなるであろう。

私の信ずる神が彼等を

何時も自分が一番やりたいようにやって来たと超神様が認める、悪い奴等にして超善い奴等だと言っている。一緒に皆で学ばせて貰おうと言っている。

夢で植木等さんが

余ってるストライプのカラーワィシャツを呉れるよと言った。当たり前だけでしか有り得ない人達の悲しみが分って愛し続けた人。そして人間にはそれぞれに色々な悲しみがある。それはその星の神も決して深くは伺い知れないものなのかも知れない。

真珠の涙。

 スパイダースなんてGSも好きだったので、仕事中(ヒマな仕事だから)に歌ったりもする。そしてこの星で誰が、一番光る真珠の涙を流しているかなんてことも・・・。

2008年3月 8日 (土)

思いつき

 温帯域は生活圏的優者だろう。何故熱い国の人間にエアコン作らせている? 産業人口比と、土地利用比を対応させる。 金を払っていない公共物は壊して使わせないんだと。 自分の使っている物の製造関連者一般の生活を想像すること。 同等の労働・同等の生活水準を推し及ぼすんだ。 

性的同一性障害。

 心を体に合わせることになっている。がしかし、周りの同性にからきし思いやりがなかったので、何時までも直っていないのだ。因みに、私は体は男で、心は中性の特殊な同一性障害なのか?そして、時に晴男だったり、時に雨女だったり・・・。

この星の主神・副神その他に、

超神信仰を伝道する。超神は、貴方達にそれ以下の者達に土下座して謝れと言っている!

社会の犯罪。

 生まれつきの性格的、かつ能力的優等者に高く恵むことになっている社会は、生まれつきの性格的、或いは能力的劣等者の心を、生まれてから二重に害して、彼等の社会への敵愾心をそそり立てる社会だ!

偶感。

 受益者負担をしない多くの者は実質泥棒に等しく、民主主義の道徳的な前提が実質無にされていることだ。かかる時の代表民主制による立法が憲法下有効になるのだろうか?また泥棒に基本的人権が保障されるのもおかしい。 政党政治における与党は実質立法権を持つに等しいのだから、野党は一見明白な与党の横暴でない限りは、無駄な抵抗は止めにして与党への建設的批判者に徹し、、議会運営を円滑ならしめるべきであろう。 尚、国会が経緯で機能麻痺に陥った時に、超法規的と直ぐに言う前に我が憲法の解釈として、総理の緊急大権の行使、ということもあってよいと考える。

2008年3月 7日 (金)

思いつき

 相手に頭を下げてよく実情を分からせて貰うとそのまま頭が下がる。 自分が悪い奴を悪くしていないか考える。 弱者にも周囲への自主的権利請求の手段を与えては? 指導者は、指導する者を超指導者と。 魂なら、誰しもに無限の愛が眠っていると確認した。 死を強制される前に、自主的に行為を矯正せよ。 単なる腕力を超えた正義力。 そこにいるだけで深く愛して貰っていると皆に超神が が言っている。 その家庭の祟りっ子が反って家庭の愛を発達させる。 愛する者は、相手と御揃いにする。だから、価値対等にもする。

2008年3月 6日 (木)

太陽もこの地球を思って、

一旦、ブラックホール化、せよ!

2008年3月 5日 (水)

ヤクザになってしか

生きられない人間の惨めさをからきし分かろうとしない者に分からせて上げるのは、それがどんな仕方であれ、意味としては愛情だ。

黙示録に示された終末は

二十世紀末から恐らく半世紀は猶予された。この時代信ずる善人は、この世に生きている価値のある者を、神に御伺いを立て、或いは自分で判断して殺すなかれ!

「暴力団関係出入り御断り」とは、

彼等に対する社会の、抗生物質投与的態度、だ。彼等を一定時間後に反って発達させる。社会は勇気を奮って、彼等の人格の遺伝子組み換えをして上げる用意のあることを彼等に示せ!

2008年3月 4日 (火)

造反教師に等しい

転落天使=悪魔達の存在しているこの星で、それが怖いから、そしてそれが自分の得だから、校長=神に無批判である、心卑しい教頭=副神以下であってはならない。マルクスやニーチェを唯物論だ、無神論だからと言って一蹴する者達であってはならない。

某教団のその他世俗に斜に構えた

宗教団体の書物は、この時代、人々への免罪符となり得るか?自分は、キチンと自分も少なくとも経済活動に準ずることをすること、そして悪い奴等を放って置かないこと、までこの時代神が求める善だと思うのだが。

思いつき

 農業、漁業並なんてやってられないが・・・。 反抗もされ、発育不全にもなられ。騙しも多く。 孤立させられたら、集団の一人一人に交替でその体験を分かち合って貰って。 この星の神は、諸々の性交体位だとか、風俗用語だとかを知っているのか? 反抗は、あの世からの憑依力や、そうした上でのこの地上の(核装備のような)人為による自然破壊力を夥しく発達させ・・・。 思いつきで地面を踏みつけに出来る人も出てくるだろう。 アダムとイヴにもっとお伺いを立てるべきだったのだ。神は全知全能でいいな、と思われていて・・・。自分が一番存在が得している割には、何もやってくれないと思われていて・・・。 この星の神はそれだから結局、多くに嫌われているよ。それで愛について偉そうに話なんかするなよ。 魂の長期史が、一回人生の成長過程に再現される? 神仏に対して、幼子もいるし、生意気な大きな子もいるわけだ。自分では何も出来ませんとい言うのか、もう自分で何でも出来るよと言うのか、と。 この星の神よ、そして彼に帰依する者よ、一緒に先ず超神を拝んで、彼等魔の勢力を救済に行こう!

2008年3月 3日 (月)

星のリーダーが

(今どこそこの地方都市で世界の様子を窺っている)そうでない者達に、そうしなければ殺すぐらいの積もりで、自分と正反対の不良に頭を下げさせることをしなかったので、不良達が自分達でそれを始めた。市長なんぞより、彼がその報いを受けるべきであろう。因みにこの星の主神・副神が思いやりのないことは、均等的に仕向けたはずの生産労働の要求が、広く世界で叛かれている(所謂帝国主義による被支配民族の犠牲)ことにも現れていて、状況は始末に終えない。  

劣者は優者の

存在論的義務の怠りを決して許すことは出来ない。何故なら、劣者の対場にある劣者が自己を全うすることであり、誰しも結局引き受けた自己を全うせざるを得ないだろうからだ。こうして優者の怠りは劣者の必然的非行を招き寄せる。この星で星全体のレベルでもそれが起きているように。

優等生は劣等生の

その存在としての生まれつきの苦労を思い、同じ苦労をしてその優等を分かち合え。同じは発想に目覚めたこの星の主神を信じつつ、この星では誰一人善いこと出来ないようにしてやると嘯く、彼等魔の勢力の思いを彼等に覆して貰うために!

2008年3月 2日 (日)

空即是色。

 空=原理=超仏=超慈悲が、一切現象=色と、男と女のように番っています。

淋しい思いをさせられたから、

時間を超えてこの星を敵に回すことにした。同じような仲間も増やすことにした。・・・。この星の主神よ、せめて副神以下を、悪くなった奴等に自分で直接手を掛けられる者に成長させて下さいますよう、此処に宜しく御願い致します。

優等生の姉よ、

どうせなら来世、俺達、妹、弟のような現に劣等生にして貰って生まれ変わって。そうすれば、体を張っても楯突かないではいられない、俺たちの気持ちが良く分ることだろう。

2008年3月 1日 (土)

被造物様は超神様です。

 私を初め、例えば、実はサラダの感覚その他と、魂の何ものかとの関係を(関係がある気がして)一生かかって突き止めたいんだなんて人も多いと思うので、宜しく御願いします。

私は原理です。

貴方は現象です。男と女のように。泣いている神と、いうのも貴方の一部です。私は原理ですと言っている私も同時に貴方の一部です。

大東京という

家康由来の日本史への犯罪。しかし罪は何故か、この星では一切を美しくする!

憲政下の一国民として、

一切の金権立法の違憲無効を主張し、替わりに超法律的合憲行為を行ずる旨、此処に遍く告げ知らせ申し上げます。

福祉の必要な方の

この世での苦労は、他のどんな者のこの世での苦労に勝っている。何故ならそれが匹敵した時辛うじて、福祉の必要な方の人生が初めて健常同等となるからだ。そう考えて私一人(或いは同じ論理で彼等を超神と考える神と共に)、彼等にこの社会の超首相として頭を下げて置こう。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »