2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 民主哲人主義。 | トップページ | ドストエフスキー、神に放置された »

2008年2月17日 (日)

・・・・・・ 二人の性は息を止め ・・・・・・

 (某詩人、御免なさい、でも自分はコミュニストなので)。こうして愛の結晶として新しい生命を生み出すこと、此れが神一身(中性)の内部で、敢えて男・女に自己分割しながら行われることなのかも知れない。私達の心の深奥に、父母の息遣いを超えた、神の息遣いが。父母未生以前面目。しかし、逆子であるような人間(広義、神でない者)が、神未生以前面目=超神を証明した。父母も、神も、逆子を呪うことなく、自己の、愛の絶対からの喪失、を悲しみ、しかし負けずに乗り超えて行こう。

« 民主哲人主義。 | トップページ | ドストエフスキー、神に放置された »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ・・・・・・ 二人の性は息を止め ・・・・・・:

« 民主哲人主義。 | トップページ | ドストエフスキー、神に放置された »