2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 無始無終と、無限遠彼岸との | トップページ | 上にもっと上の神を控えさせた »

2008年2月 6日 (水)

思いつき

 相手に理解があって反抗された例はない。理解出来ないなら頭を下げて。 被造物に頭が下がってなかった。 実存は存在世界に先立っていて、しかも存在世界に入り込みその内なる愛を先ず感覚判定する。 努力の前提の個性をまず評価する。 田植も一定期間が限られて厳しく。 少なからず軽労働を望んでいる。さらに軽勉強と軽労働の人生過程を。 労働強度と収入とのバランスを求めて。 殺すより強姦の方がまだしも 非エリートを気遣ってエリート。犯罪者の身になって裁判官。 仏の衆生への深い慈悲心が、衆生の修行意欲となって返る。 対霊恐怖が、何時か対霊旦那として覆る。 体の主人の、臓器への、御奉仕と反対の我儘が癌となって返る。

« 無始無終と、無限遠彼岸との | トップページ | 上にもっと上の神を控えさせた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき:

« 無始無終と、無限遠彼岸との | トップページ | 上にもっと上の神を控えさせた »