2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 拳骨主神は | トップページ | 思いつき »

2008年1月20日 (日)

彫刻・影絵というネガ・カンディンスキー。

 一切の形は色と固有に番わされているので。感じる者には、形と色の結合その時、の抱擁感、そして性感すら感得出来るであろう。 テネシーワルツ、マイオールドフレンドのランボーを、マイスイートハートの小林秀雄に紹介した富永太郎から、小林の心が離れて言った。女達(詩人達)は共に死に、男(批評家)はその後、その追想に生きるしかなかった。 中原中也という反世界者。その星の神にも満たされないという真実を示して。それだから芸術は何よりも、嘘偽りなく自分である、言葉を、音を、色と形を、・・・。 しかし、美は隣人愛のイメージをとは仕向けられている。 愛しい者は水のようにあって、ふと見るとやはり、水のように消えて失くなっていた。 十分に愛されなかった者の胸底の悲しみが実は、この星の真の全体の美を表しているのだから。

« 拳骨主神は | トップページ | 思いつき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彫刻・影絵というネガ・カンディンスキー。:

» 出産 [出産]
出産 [続きを読む]

« 拳骨主神は | トップページ | 思いつき »