2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 思いつき | トップページ | 超神定立。 »

2008年1月13日 (日)

超神失格の神。

 超神失格の神の下の、同じくまだ増しでも超神失格の天使達の下の、同じくもっと増しでも超神失格の普通人の下の、放置されて人間失格している太宰治が最も超神合格していて、偉い存在である。我等は喪失した物が夥しくかつ他に放置されている者ほど、惨めな喪失体験の只中で超神合格している。より以下の者は、その喪失体験を分かち合って貰って彼等に奉仕して、辛うじて超神失格を免れて行く。「金閣焼亡」で狂人を悪人として切り捨て、自らの超神失格を露にした小林秀雄は、同じ時に太宰とは別様に人間失格し然るが故に超神合格している三島由紀夫と、情況に働いた見えない超神力により対談を促された(強いられた?)のであった・・・。大事なことは皆が、より以下の内容の者に、超神失格者で済みませんと言うことだ!

« 思いつき | トップページ | 超神定立。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超神失格の神。:

« 思いつき | トップページ | 超神定立。 »