2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 階級社会の文化精神。 | トップページ | 一個性として、 »

2008年1月17日 (木)

すぐ近くのコンビ二

(今時、必ず酒も売ってる)を愛して、神を愛さず。誰もしてあげる前に、自分の方がよーく教育して貰おう。 命の犠牲って、その時から自然に死ぬまでのその者のこの世で愛の可能性の犠牲なんだね、それだから・・・。 しかし、イメージ大川栄策の顔、の社会は、その通り美しくない。だから人一倍、富を分捕ってる者がね・・・。 しかし、自分を決して誤魔化さない、その大変なことが最優先みたいだ。真の美が祝福する。 生まれて来た一人の非普通でない者に周りのその他がすぐ謝るという決して見果てぬ夢。 先ず、相手の澄まし顔(村上隆のドップくんじゃないが)の陰で、自分が深く嫌われてないか、と。 だけど、恐らく道徳サボった役人と業者ののせいで、やる気のしない冬場の多量な仕事だ。自分ひとり、迷惑をかけている、冬眠中の生き物達に深く謝って置こう。

« 階級社会の文化精神。 | トップページ | 一個性として、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すぐ近くのコンビ二:

« 階級社会の文化精神。 | トップページ | 一個性として、 »