2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 勝とうとする碁士は | トップページ | 超神失格の神。 »

2008年1月12日 (土)

思いつき

 詩と経済の対位法ということだったが何時も無調となった。 悲しみとは自分、とも語れない砂利のような民衆がいた。 水色とは約束だ。 愛とは文学だ。 御前はもっと溶鉱炉のようだったと泣いている者がいるので。 

« 勝とうとする碁士は | トップページ | 超神失格の神。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき:

« 勝とうとする碁士は | トップページ | 超神失格の神。 »