2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 御前のためだ、と撃っても | トップページ | 某大学哲学精神へ。 »

2008年1月 8日 (火)

思いつき

 神も絶対的権威ではないこの星で、それぞれ私賞の創設は自由だ。 地上生命の死まで、否、魂の死まで、自分よりもの不具者には頭を下げよ。その辛さは俄には分からない筈だ。 厄介者の厄介が貴方を成長させる。 神が泣いて謝るまでなどと言っている・・・ 自分達が自分達を恨む者達を作り上げているのに気付けなかった・・・ 師に反って頭を下げて貰う。それを既に納得している神を先に拝んでいて、彼にその態度を真似て貰うのだ。 市長は別れ話が下手だったんだろう。 ゴサッタドン、何時か両極端のスーパーゴッド同士の極限のエッチを。 つまり私達一人一人には、深い井戸のような愛が秘められているのだ。 そしてその愛によって、時空の果てまでも、今此処に牽引出来ることだろう。

« 御前のためだ、と撃っても | トップページ | 某大学哲学精神へ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき:

« 御前のためだ、と撃っても | トップページ | 某大学哲学精神へ。 »