2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 観念としての愛、観念としての害。 | トップページ | 文体とは大江健三郎だ。 »

2008年1月18日 (金)

盲人は

心の目明き(盲という不具の意識体験が分っている)、目明きは心の盲人、御互いの目明きを分かち合うのだ。また、目明きが心の盲人と弁えないと、目明きにそれをよく分からせてあげるために、盲人は座頭市のように悪人化する。 彼等魔の勢力に、赦してくれと言っている神。 勝って人を悔しがらせても、勝っていて人を悔しがらせていても、結局、自分が空しくなるだけだったのだ。

« 観念としての愛、観念としての害。 | トップページ | 文体とは大江健三郎だ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盲人は:

« 観念としての愛、観念としての害。 | トップページ | 文体とは大江健三郎だ。 »